銀行カードローンは低金利で便利!メリット、デメリットと上手に使うコツ

カードローンは低金利って本当?

低金利

カードローンは銀行系の金融機関が行っているサービスで、ローンと同じように毎月一定額を返済します。

一方、消費者金融会社がお金を貸すサービスにキャッシングがあります。キャッシングは本来は一括返済するというものでしたが、キャッシングも毎月分割して返済するところが多いため、厳密にはカードローンとキャッシングの違いはほとんどありません。

ただ、銀行系の金融機関が実施しているカードローンは金利が低いという特徴があります。

銀行系カードローンと消費者金融の金利の違い

消費者金融系の金利は4.5%~18%がほとんどです。
上限金利が18%なのでそれより高くなることはありません。

銀行系カードローンは次の表のように金融機関によって差がありますが、消費者金融系よりもかなり低く設定されています。
(金利は借りる人や借りる金額などさまざまな条件で変わります)

楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
じぶん銀行カードローン 2.3%~17.5%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%
住信SBIネット銀行カードローン 0.99%~14.79%

カードローンの低金利以外のメリット

カードローンは低金利が魅力ですが、それ以外にもメリットがあります。

  • 使い道が自由
  • 専業主婦でもOK
  • 即日融資も可能
  • 借入限度額が大きい
  • 他社の借入を一本化できる

ではそれぞれをくわしくご説明します。

使い道が自由

住宅ローンや自動車ローン、リフォームローン、教育ローンなどの「目的ローン」は、融資を受ける際に見積書などを提出しなければなりません。

特に住宅ローンのように高額ローンの場合は抵当権を設定するなどさまざまな手続きが必要になります。
また、申し込んでから審査の結果が出て融資を受けるまでに何日もかかってしまいます。

しかし、カードローンは目的は特に問われないため、自由に使えるのが魅力です。

目的が明確な場合は目的ローンの方がお得

ただし、自動車ローンや教育ローンなど目的が明確な場合は、それぞれの目的ローンを利用する方が金利が低いのでお得です。
少し日数はかかりますが、事前に見積書を取り寄せるなどの準備をしておきましょう。

専業主婦でもOK

消費者金融でお金を借りる場合は、主婦でもパートやアルバイトなどで「安定した収入を得ていること」が条件になります。
しかし、銀行系のカードローンは専業主婦でもお金を借りることが可能です。

ただ融資額の上限は30万円~50万円となっていて少な目ですが、それでも主婦としては毎月の家計の中から返済できる範囲で利用できるので助かりますよね。

しかも多くの場合、ご主人の収入証明が不要なので、家族にバレることもありません。

即日融資も可能

カードローンは申し込む時間にもよりますが、多くのところで即日融資を実施しています。(午後2時以降は翌日の振り込みになるなど条件があります。)

  • 親戚の不幸で急に旅費と香典代などが必要になった
  • 毎月の支払い日が来るのに口座にお金がない
  • つきあいで飲み会が続き、どうしてもお金が必要
  • 急に家や車が壊れて修繕費用がいる
  • 出費続きで給料日までのお金が少なくなった

これらのように急に数万円が必要というケースはよくあります。そんなとき、当日または翌日にすぐに融資を受けられるカードローンはとても助かります。

借入限度額が大きい

銀行系のカードローンの多くは借入限度額が500万円~1000万円と高額になっています。

これは消費者金融に設けられている「総量規制」が銀行には適用されないからです。

総量規制とは

総量規制とは「貸金業法」で定められたもので、借入総額は借りる人の年収の3分の1以下に制限するというものです。

年収が300万円の人ならば、3分の1の100万円まで借りられます。

この総量規制の対象となるのは次のような「貸金業者」に限られます。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社のキャッシング枠

銀行は貸金業法の対象ではなく銀行法の対象なので、この総量規制は設けられていないのです。
そのために1000万円などの高額の借入が可能になります。
(融資額は審査があります。また、収入証明書が必要になる場合があります。)

他社の借入を一本化できる

カードローンは金利が低く、しかも借入限度額が多いというメリットがあります。
これを利用して複数でキャッシングしている場合は一本化することができます。

カードローンの低金利を利用して借金を一本化

カードローンの低金利、借入限度額を利用して、返済をひとつにまとめることができます。
これを「おまとめローン」と言います。

カードローンで返済をまとめる例

A社…残高 50万円 毎月の返済額 15,000円
B社…残高 80万円 毎月の返済額 24,000円
C社…残高 20万円 毎月の返済額 4000円

毎月の返済総額 43000円

これをまとめるためにD社のカードローンで150万円を8.0%で借りた場合、毎月の返済額は30,414円となり、毎月12,586円も少なくなります。

カードローンにデメリットはある?

低金利、高額融資が可能というカードローンですが、デメリットはないのでしょうか?
特にデメリットということはありませんが、借りる額によっては収入証明書が必要の場合があります。

審査が厳しい傾向

どこの金融機関も融資の審査基準は公表していませんが、年収や勤続年数、他社の借入状況などを審査します。
過去に返済の遅れがないかどうかなども見ています。

特に銀行系は審査が厳しい傾向があります。年収が少ないのに、いきなり高額の融資を申し込むと審査が通らない可能性があるので注意が必要です。

借り過ぎに注意!

銀行系のカードローンは総量規制の対象外であるために、つい借入額が多くなりがちです。
借りることに慣れてしまうと、ATMでカードローンを利用するのが自分の口座からお金を引き出すのと同じ感覚になるので注意しましょう。

特に借入限度額が多いと「まだ借りられる」と思い、気が大きくなって使い過ぎになりがちです。
しかし、低金利とは言っても金利がつくので、その分を返さなければなりません。

くれぐれも計画的に無理のない範囲で利用することが大切です。

返済は遅れないように

カードローンの返済は遅れないようにしましょう。
1度~2度くらいはうっかり忘れることがあるかも知れませんが、あまり何度も返済が遅れるとそのデータが記録されてしまいます。
次に住宅ローンや自動車ローンなどを利用する際の審査に影響する可能性があります。
返済日や返済額は手帳に記録して、忘れないようにしましょう。

あなたにピッタリのカードローン

「人気」で選ぶカードローン12月11日現在、当サイトで申込みが多いのは?

SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • WEB完結!来店も郵送も不要
  • 金利2.0%~14.0%の低金利!
  • 最大限度額800万円

みずほ銀行のキャッシュカードですぐ利用可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
--10万円~800万円2.0%~14.0%融資可能-

「カードローンの基礎知識」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP