ネットキャッシングを安心して利用するために基本やメリット・利用方法を解説

カードローンの基礎知識 2020/7/9 96view
ネットキャッシングを安心して利用するために基本やメリット・利用方法を解説

お金を借りるためのサービスにはさまざまなものがあります。ネットキャッシングもそのうちの1つです。ですが、ネットキャッシングが他のキャッシングサービスとどのように違うのか、理解していない方は多いのではないでしょうか?そこで今回は、ネットキャッシングを安心して利用できるよう、基礎知識やメリット、利用方法などについて解説したいと思います。

安心して利用するために|ネットキャッシングの基本を押さえよう

ネットキャッシングを安心して利用するために、まずはネットキャッシングがどのようなサービスなのかを理解しておきましょう。

ここでは、ネットキャッシングの概要、カードローンやその他のローンとの違いなどについて詳しく解説していきます。

ネットキャッシングとは何か?

ネットキャッシングとは、クレジットカードを利用して現金を借りるサービスのうち、インターネットから申し込みをして借り入れを行なうことをいいます。

クレジットカードを保有していて、借入枠が設定されている場合に、パソコンやスマートフォン、タブレットから申し込みを行ない、指定されているカード利用代金の引き落とし口座に借入金を振り込んでもらうことができます。

そもそも、キャッシングというのは「借り入れをする」という意味です。しかし、現在ではカードローンや他のローンではなく、クレジットカードを使った借り入れという意味で使用されることが多くなっています。

クレジットカードにはシッピング枠とキャッシング枠が設定されている

クレジットカードには「ショッピング枠」が設けられています。その限度額まではクレジットカードを使って買い物や携帯電話などの料金の支払いに使用することができます。

それに加えて、クレジットカードには「キャッシング枠」が設けられています。クレジットカードの申し込みをする際に、キャッシング枠をいくらにするか自分で設定し、それに応じて支払能力があるかどうかが審査されることになります。

また、詳しくは後述しますが、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部として扱われるケースが多くなります。

例えば、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が15万円のクレジットカードを契約しているとします。

そのうち、ショッピング枠の25万円をすでに利用している場合、キャッシングは上限15万円のうち、ショッピング枠の残りの5万円しか利用できなくなることがあります。

このように、それぞれの限度額が担保されているわけではなく、それぞれの利用額がもう一方の金額に影響する可能性があります。

いざというときに困ることがないよう、理解しておきましょう。

カードローンと何が違うのか

一般的に借り入れというとカードローンを想像する方が多いのではないでしょうか?実際、カードローンも「お金を借りる」という意味では、同じサービスのようにも思えます。

ただし、ネットキャッシングとカードローンは似ているようで、全く異なるサービスですので、ここで解説したいと思います。

カードローンというのは、ローンカードを発行し、そのカードを使うことでお金を借りられるローンサービスのことをいいます。

申込時に行なわれる審査によって、「借り入れの限度額」が設定され、その範囲内であれば何度でも借り入れができるという特徴があります。

クレジットカードを使ったネットキャッシングとカードローンの最も大きな違いは、金利の相場です。

クレジットカードのキャッシングでは、年率15.0%~18.0%の金利が設定されているのに対し、カードローンでは年率3.0~18.0%と金利の幅に違いがあります。

そのため、借り入れに掛かる金利を少しでも抑えたいという場合は、ネットキャッシングではなく、カードローンを利用したほうがその可能性が高いといえます。

また、カードローンのほうが、借入限度額が高く設定されているケースが多いです。そのため、まとまった金額の借り入れが必要な場合も、カードローンを利用したほうがいいでしょう。

一般的なローンとの違いは

カードローンのほかにも、さまざまなローンサービスが提供されています。

例えば、銀行などがメインとなって提供しているフリーローンや、自動車購入時に利用できる自動車専用ローン、住宅購入時に利用する住宅ローンなどがあります。

これらのローンサービスとネットキャッシングの大きな違いは、「使用目的が自由かどうか」ということです。

ネットキャッシングとカードローンでは、借り入れの目的が制限されていません。ただし、個人向けローン商品となるため、事業資金としては利用できませんし、ギャンブル目的などでも利用することはできません。

一方、フリーローンや自動車ローン、住宅ローンなどは、その使用目的が制限されており、その用途意外に使うことはできなくなっています。

また、申し込み時には使用目的と金額を証明するための見積書や請求書などといった書類の提出が求められます。

ネットキャッシングでは使用目的についての制限が少ないため、お金が必要になる幅広いニーズに応えることができるといえます。

カードレスキャッシングとの違いを理解しておこう

最近では、同じカードローンでも、ローンカードを発行しない「カードレスキャッシング」というサービスが提供されています。

インターネット上からの申し込みで契約まで完了することができるので、ローンカードを見られて借り入れがバレてしまったり、カードを紛失したりする心配がありません。

そして、こういったサービスのことを一部では「ネットキャッシング」と呼ぶこともあるようです。そのため、ネットキャッシングについてどのサービスのことなのか、混乱してしまうことがあります。

一般的には、ネットキャッシングはクレジットカードを使った借り入れのことを指しますので、間違えないように違いを理解しておきましょう。

また、本記事ではクレジットカードを使ったネットキャッシングについて解説していますので、しっかり押さえておいてください。

ネットキャッシングのメリット

ネットキャッシングの基礎的な部分と、カードローンなどのとの違いについて理解できたところで、ネットキャッシングのメリットについて解説したいと思います。

具体的には、以下の5つのメリットがあります。

  1. ATMに行く必要がない
  2. キャッシングのための追加申し込みが不要
  3. 追加審査も必要なし
  4. 海外でも利用できるサービスが提供されている
  5. ネット以外でも利用できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ATMに行く必要がない

ネットキャッシングのメリットの1つが、ATMに行く必要がないということです。

ネットキャッシングでは、借り入れについてインターネットで申し込みを行ない、クレジットカードの引き落とし口座に入金してもらえます。

そのため、ATMに行く時間が取れない場合でも、簡単に借り入れができます。

銀行の営業時間内(14:50頃まで)なら最短数分で借入金を振り込んでもらえますし、そのあとでも翌日の9時以降には振り込みをしてもらえます。

また、インターネットから借り入れの申し込みをして、振り込み日を指定できるサービスを提供しているクレジットカード会社もあります。

ATMに出向くことなく借り入れができるため、キャッシングの手間を省くことができるというのが、ネットキャッシングの魅力の1つとなっています。

キャッシングのための追加申し込みが不要

クレジットカードを作成する際にキャッシング枠を設定している場合は、ネットキャッシング利用時に再度申し込みをする必要がないというのもメリットといえます。

カードローンやその他のローンを利用する場合、借り入れの申し込みを行ない、審査を受ける必要があります。つまり、借り入れをするための手続きが必要になるわけです。

一方、クレジットカードは契約時にキャッシング枠を作るかどうかを決め、それを含めて審査を受けることになります。キャッシング枠を設定したクレジットカードをすでに保有している場合、いつでもキャッシングを利用することができるのです。

わざわざ申し込みの手続きを行なわなくてもいいため、手軽にキャッシングを利用することができます。

ただし、キャッシング枠を設定していない場合や、設定しているキャッシング枠を広げたい場合は、それぞれ追加で申し込みを行なう必要がありますので注意してください。

追加審査も必要なし

ネットキャッシングでは追加の申し込みが必要ないため、追加の審査を受ける必要もないというメリットがあります。

通常のローンサービスを利用する場合、審査時間にカードローンなら最短でも30分程度、銀行系のローンなら1週間~2週間程度の時間が必要になります。

クレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合、すでに審査が済んでいますので、すぐに借り入れの申し込みができるというわけです。

ネットキャッシングなら、追加申し込みや審査が必要ないため、借り入れを利用しやすいといえるでしょう。

海外でも利用できるサービスが提供されている

クレジットカード会社のキャッシングサービスは、海外でも活用しやすいというメリットがあります。

海外旅行中に買い物やレジャーを楽しんでいて、現地通貨の持ち合わせが足りなくなってしまうことがあります。両替所が近くにない場合や、営業時間が終わっている場合などは困ってしまうでしょう。

そんなときに便利なのが、クレジットカードのキャッシングサービス。ATMを使ってキャッシングをすることで、現地通貨での借り入れができます。両替所に行く手間が省けるばかりか、窓口で外国語のやり取りを行なう必要もありません。

ただし、海外でキャッシングを利用する場合、返済方法が一括返済しか選択できないケースがありますので、各サービスの内容については事前に確認しておく必要があるでしょう。

ネット以外でも利用できる

ネットキャッシングは、インターネット経由でクレジットカード会社から借り入れをする方法ですが、もちろんネット以外の方法で借り入れを行なうこともできます。

場合は電話で借り入れを申し込むこともできますし、外に出る用事がある場合はATMで簡単に借入金を引き出すこともできます。

ネットキャッシング自体はたいへん便利なサービスですが、インターネットが苦手であったり、使えなかったりする場合でも、対応できるというのは使いやすいといえるポイントではないでしょうか。

ネットキャッシングのデメリット

ネットキャッシングにはさまざまなメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

具体的には、以下のようなデメリットがあります。

  1. 金利が高い
  2. 利用限度額は低い
  3. キャッシングを利用するとショッピング枠を圧迫する
  4. 他のクレジットカードやローンの審査に影響する
  5. ポイント還元は受けられない
  6. 法人向けカードでは利用できない可能性がある
  7. キャッシング枠は補償されない

デメリットについてもよく理解したうえで、ネットキャッシングをうまく活用していきましょう。

金利が高い

ネットキャッシングのデメリットの1つが、金利が高いということです。

先述したように、クレジットカードのキャッシングに掛かる金利は年率15.0%~18.0%程度に設定されているケースがほとんどです。

銀行系のカードローンと比較しても高い金利設定ですし、消費者金融カードローンと比較しても、金利が高く金利の幅も狭いといえます。

そのため、計画性なくキャッシングを繰り返してしまうと、返済に価格金額はどんどん大きくなってします。

ネットキャッシングは手軽に利用できる反面、借り入れに対する利息が高いということを理解したうえで活用していくべきでしょう。

利用限度額は低い

利用限度額が低いというのも、ネットキャッシングのデメリットの1つです。

一般的なカードローンの借入限度額の上限は500万円から800万円程度であるのに対して、クレジットカードのキャッシング枠は、高い場合でも上限は100万円程度です。

そのため、まとまった金額の借り入れを希望する場合は、ネットキャッシングではなくカードローンを利用したほうがいいでしょう。

ネットキャッシングは利用限度額が低い分、気軽に利用できることがメリットとなりますので、必要最低限の少額融資を目的に活用するのがおすすめです。

キャッシングを利用するとショッピング枠を圧迫する

クレジットカードのネットキャッシングを利用した場合、ショッピングで利用できる額に影響があるというのもデメリットといえます。

クレジットカードを契約する場合に決めるキャッシング枠ですが、「ショッピング枠の中にキャッシング枠がある」というのが基本的な考え方です。

例えば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が25万円になっている場合、トータル75万円が上限というわけではありません。ショッピング枠50万円のうち、25万円までキャッシングができるということになります。

仮に、ショッピングで40万円すでに使用している場合、キャッシングできる上限額は10万円となります。

このような場合、ショッピングで利用した分を返済しないと、キャッシングの利用額が少なるケースや、キャッシングが利用できないケースが発生します。

いざというときに困ることがないように、このような仕組みになっているということをしっかり理解しておきましょう。

他のクレジットカードやローンの審査に影響する

クレジットカードのキャッシングサービスを利用している場合、完済するまではその他のクレジットカードの契約やローンの審査に影響するというデメリットもあります。

ネットキャッシングを利用している場合、個人信用情報にその内容が記録されることになります。もちろん、ちゃんと完済している場合は、他のローンなどの審査に影響することはありません。

ただし、キャッシングの返済残高が高い場合や、複数のクレジットカード会社でキャッシングを利用している場合などは、新しいクレジットカードやローンの審査に影響し、新たに契約できないケースがあります。

また、返済を滞納している場合も個人信用情報に記録が残るため、新たにローンが組めなくなる可能性もあります。

キャッシングを利用できる金額は、クレジットカード会社との契約だけではなく、個人のクレジットカード・ローンの契約全体に関わってきますので、十分注意しましょう。

ポイント還元は受けられない

クレジットカードを利用した場合、各社でポイント還元を受けることができますが、キャッシングを利用した場合は、ポイント還元は受けられないのがほとんどです。

また、マイルが貯められるクレジットカードでも、キャッシングでマイルを貯めることはできません。

ショッピング枠で利用した場合にこれらの還元を受けることができますで、よく覚えておきましょう。

法人向けカードでは利用できない可能性がある

使用しているクレジットカードが法人契約の場合、ネットキャッシングを利用できない可能性があるというのもデメリットとなります。

法人向けクレジットカードでのキャッシングを可能にした場合、法人向けの融資すなわち用途が事業用の資金という扱いになります。

事業用の融資は、個人向けの融資よりも貸付リスクが高くなってしまうため、多くのクレジットカード会社で法人向けカードでのキャッシングサービスを提供していません。

クレジットカードでのキャッシングサービスを利用する場合は、個人用のクレジットカードにて行なうようにしましょう。

キャッシング枠は補償されない

クレジットカードのキャッシング枠を不正に利用された場合、その損害は補償されないというデメリットもあります。

一般的なクレジットカードは、契約者以外によって不正に利用された場合は補償対象となります。そのため、契約者側が損害を被ることはありません。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠については、不正利用の補償対象外となっているため、契約者が損害を被ることになります。

そのため、キャッシングの必要ない場合は、契約時にキャッシング枠を設定しない、もしくは設定しているキャッシング枠を停止するなど、リスクを避けるための手続きを行なっておきましょう。

ネットキャッシングを安心して利用する方法

ネットキャッシングは計画的に活用すれば、たいへん便利なサービスといえます。そこで、ネットキャッシングを安心して利用するための方法について紹介します。

具体的には、以下のことについて意識するようにしましょう。

  • ネットキャッシングは状況に応じて使い分けること
  • 返済は一括返済で
  • 必要最低限の金額のみ利用する
  • うまく使えば強い味方になることを理解しよう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ネットキャッシングは状況に応じて使い分けること

お金が必要な場合に借り入れができるサービスにはさまざまなものがあります。ただし、それぞれに特徴や長所・短所がありますので、自分の状況に合わせて使い分けることが重要になります。

ここでは、ネットキャッシングとカードローンについて比較してみたいと思います。

まず、ネットキャッシングが向いている場合は以下のようなケースです。

  1. 緊急で一時的に借り入れが必要な場合
  2. 借入額が少額である場合
  3. 一度に返済できる金額の場合
  4. 借り入れの機会が多くない場合
  5. カードを増やしたくない場合

普段キャッシングサービスは利用していないけれど、緊急でどうしてもお金が必要という場合や、借入額が少額かつ一括で返済できるような場合は、ネットキャッシングの利用が向いています。

その理由は、このようなケースではカードローンに申し込むまでもないためです。

特にごく少額の借り入れのみの場合は、使用しているキャッシュカードを使って申し込むだけで簡単に借り入れができますので、手間もそれほどかからないでしょう。

また、借り入れの機会が多くないという方も、カードローンを契約するよりも、ネットキャッシングを利用する方が気軽といえます。

さらに、財布の中のカードをこれ以上増やしたくない場合は、ローンカードの作成の必要がないネットキャッシングがおすすめです。

次に、カードローンが向いている場合は以下のようなケースです。

  1. まとまった金額を借り入れたい場合
  2. できるだけ金利を抑えたい場合
  3. 頻繁に借り入れを利用したい場合
  4. お金が必要な場合に備えたい場合

まず、まとまった金額の借り入れが必要な場合は、カードローンのほうが向いているでしょう。先述したように、カードローンの方が、利用限度額が高く設定されているケースが多いためです。

また、借り入れに掛かる金利を抑えたいという場合も、カードローンの方がおすすめです。

さらに、頻繁に借り入れを利用したい場合や、いざというときのために備えておきたいという場合もカードローンを利用したほうがいいでしょう。

カードローンでは利用可能枠が設定され、その範囲内であれば何度でも借り入れができます。また、実際に借り入れをしなければ、返済の義務も利息も発生しませんので、万が一のときのために契約だけしておいて、いつでも使えるように備える、といった使い方も可能です。

自分の状況に照らし合わせて、どちらを使うべきか正しく判断しましょう。

返済は一括返済で

ネットキャッシングを利用した場合、一括返済するのが最も効果的な返済方法となります。

ネットキャッシングでは「一括返済」と「リボ払いでの返済」を選択できます。

一括返済では1回しか利息を支払う必要はありませんが、リボ払いで返済した場合、月々の返済額と残高に毎回利息が掛かることになり、結果返済額が拡大することになります。

できるだけ返済額を抑えたいという場合は、必ず一括返済するようにしましょう。

必要最低限の金額のみ利用する

ネットキャッシングを利用する場合は、必要最低限の金額のみを借り入れるようにしましょう。

ネットキャッシングは手軽であるがゆえ、ついつい借り過ぎてしまいやすいといわれています。ただし、無計画に借り入れを繰り返していると、返済残高や利息が膨らんでしまい、あとでたいへんな目を見ることになります。

ネットキャッシングに限らず、何らかの借り入れやローンサービスを利用する場合は、何に使い、どのような返済するのか、計画してから行なうようにしてください。

ネットキャッシングをうまく利用して安心快適な生活を!

今回は、ネットキャッシングの基礎知識やメリット・デメリット、使い方などについて解説しました。

ネットキャッシングは追加で手続きや審査をせずに借り入れができるサービスです。そのため、計画的にうまく活用すれば、あなたの強い味方となってくれるはずです。

ネットキャッシングを安心して利用し、より便利で快適な暮らしを実現しましょう。

新着記事

人気の記事