消費者金融のおまとめローンってどんなもの?メリットはあるの?

ガッツポーズ
消費者金融に「おまとめローン」があるのをご存知ですか?消費者金融の大手アイフル、アコム、プロミスには他社の借り入れを一本化するための「おまとめローン」があります。

「おまとめローンは今も借金があるのにさらに借金を増やすことになるんじゃないの?」と不安に思う人がいるかも知れません。しかし、消費者金融のおまとめローンには多くのメリットがあるんです。

消費者金融のおまとめローンとは

一般に消費者金融で申し込むのはカードローンやキャッシングと呼ばれるものです。ところがそれ以外の商品も取り扱いをしています。消費者金融の大手3社の一般的なキャッシングの名称と、それ以外の商品を書き出してみました。

消費者金融の商品比較
消費者金融 キャッシング商品 それ以外の商品
アイフル キャッシングローン ★かりかえMAX(アイフルの利用が初めての人専用)
★おまとめMAX(アイフルを利用したことがある人専用)
・事業サポートプラン(事業性資金用ローン)
・SuLali(女性専用ローン)
・ファーストプレミアム・カードローン(23歳以上で一定の年収がある人が対象)
・目的別ローン(用途に合わせたローン)
アコム カードローン ★借換え専用ローン
・カードローン付きクレジットカード
・ビジネスサポートカードローン
プロミス フリーキャッシング ★おまとめローン
・レディースキャッシング
・自営者カードローン
・目的ローン

このように多くの商品を扱っています。この中で★がついたものが「おまとめローン」です。

消費者金融のおまとめローンの正式名称は「貸金業法に基づくおまとめローン」

お金を持って受付をする女性担当者消費者金融で扱っているおまとおめローンの正式名称は「貸金業法に基づくおまとめローン」(プロミスの場合)です。アイフルは「貸金業法に基づく計画返済支援」、アコムは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」と言います。

どこも「貸金業法に基づく」と書いてありますね。これが消費者金融のおまとめローンの重要なポイントです。つまり貸金業法という特別な法律によって通常の消費者金融を縛っている規制を乗り越えた商品、ということなんです。

消費者金融を縛る貸金業法とは?

では、ここで貸金業法についてご説明しましょう。貸金業法は消費者金融やクレジットカード会社を対象に守るべきことを定めた法律です。この法律ができる前は高金利で複数の貸金業者からお金を借りて返済できなくなる「多重債務者」が増加し、社会問題になったことから制定されました。

貸金業法の規制のポイント

貸金業法の中でも重要なポイントは以下の通りです。

  • 総量規制を設ける……年収の3分の1以上は貸してはいけない
  • 上限金利の引き下げ……借り入れ金額に応じて上限の金利を15%~20%に設定すること
  • 貸金業者の規制強化……貸金業者は「貸金業務取扱主任者」を各営業所に置いて、法令遵守の助言や指導を行うこと

消費者金融のおまとめローンはこの貸金業法に基づくもので、合法的にこれらの規制の一部を例外的に乗り越えられるんです。言い換えると年収の3分の1以上を借りている人でも一本化して早くに完済することを目的にしています。

消費者金融のおまとめローンが可能な理由

借金を背負った男性複数の会社でキャッシングしている人は、返済のために他社で借りるという自転車操業を繰り返す傾向があります。さらに借り入れ件数が多い場合や借り入れ残高が年収の3分の1を超えていると借りられないということも知っていることが多いようです。

そのため、「おまとめローンは自分は借りられない」と思い込んでいるのではないでしょうか?しかし、そういった人を救済するために消費者金融のおまとめローンはあるのです。

消費者金融のおまとめローンは年収の3分の1以上でも融資が可能

すでに年収の3分の1を超える額を借りている人が、どうしておまとめローンを借りられるのでしょうか? その理由は「総量規制の例外」です。

総量規制の例外とは

総量規制の対象となるのは、消費者金融とクレジットカードのキャッシングです。ただ、この中でも例外となるものがあります。

  • 顧客に一方的に有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者の年収と合わせて3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」にかかる貸付

この中で1番目の「顧客に一方的に有利となる借換え」が、「おまとめローン」の対象となります。

なお、銀行カードローンや住宅ローン、自動車ローンなどは総量規制から除外されているので、年収の3分の1以上でも借りることができます。

消費者金融のおまとめローンは顧客に一方的有利になる借換え

消費者金融のキャッシングは契約した金利でお金を貸しています。顧客が借りる金額が大きいほど、また借りる期間が長いほど、利息が収入として入ります。しかし、おまとめローンで一括返済されると、利息収入が入らなくなります。

一方、顧客はおまとめローンで不利益を受けることなく、利息の支払いを抑えるなどのメリットがあります。つまり、顧客にとっては一方的に有利になる借換えだと言えます。

そのため、おまとめローンは貸金業法でも認められたものであり、年収の3分の1を超えた額でも借りることができます。

消費者金融のおまとめローンは他社返済以外は利用できない

消費者金融のおまとめローンは顧客にとって有利な面が多いのですが、以下のように一般のキャッシングとは異なるルールがあります。

  • 借りたお金は自分が手にすることなく、消費者金融から借りている金融機関に返済される
  • 他社で借りていることを証明する書類(契約書や利用明細書など)の提出を求められることがある
  • 借りたお金はすべて返済に充て、新たに借りることはできない

このように通常のカードローンとは意味合いが大きく異なります。それぞれの内容を詳しくご説明します。

おまとめローンは消費者金融から相手の口座に振り込まれる

一般のカードローンやキャッシングはATMでカードからお金を借りたり、自分の預金口座に振り込んでもらったりします。しかし、おまとめローンは融資されるお金を自分が手にすることはありません。

例えばA社、B社、C社で借りている分をY社のおまとめローンで返済する場合、Y社の審査に通ったらY社からA社、B社、C社に直接返済されます。その後はY社に毎月返済をしていきます。

他社で借りている内容を見せる

おまとめローンを利用する場合は、どこでいくら借りているかを見せることになります。これは信用情報機関に照会されてもわかることですが、本当に借りていることを証明するために契約書などを提出するように言われることがあります。

おまとめローンは返済のみ

一般のキャッシングは、例えば50万円という融資枠が認められた場合、その額までなら何度でも借りることができます。50万円を借りて10万円を返済したら融資枠は10万円残っているので、次にお金が必要なときに10万円までなら借りられます。

しかし、おまとめローンは借りたら先方に一括返済されて、自分は毎月返済するだけです。残高が減ったからといって追加で借りることはできません。これが消費者金融のおまとめローンの特徴です。

消費者金融のおまとめローンのメリット

消費者金融のおまとめローンのメリットは、次の3点になります。

  • 複数の借り入れ先の返済をひとつにまとめることで返済の管理が楽になる
  • 返済の手数料が抑えられる
  • 低い金利で借りられる
  • 借りたお金はすべて返済に充てるので借りたい誘惑に流されなくなる

では、ひとつずつ見ていきましょう。

おまとめローンにすれば返済が楽になる

複数で借りていると、借り入れ先によって毎月の返済日が異なるため、返済日や返済金額を管理するのが大変になります。うっかり返済日を忘れてしまうと、「返済遅延」の記録が信用情報機関に残り今後のマイナス要素になってしまいます。

しかし、おまとめローンで一本化すれば返済は月1回だけなので忘れることがありません。

返済の手数料が抑えられる

消費者金融のキャッシングは借りるのも返済するのもコンビニや銀行など提携先のATMが利用できます。自宅近くや通勤途中などにあるのですぐに利用できるのは便利なのですが、手数料がかかります。

返済時は1万円以下なら108円、1万円を超えると216円という手数料がかかる場合があります。(手数料は提携先によって異なります。)おまとめローンで返済をひとつにすることで、こういった手数料が抑えられるというメリットがあります。

低い金利で借りられる

消費者金融の金利は17.8%~18.0%に設定されていますが、おまとめローンの金利は下記のようになっています。

消費者金融3社の金利
アイフル 12.0%~15.0%
アコム 7.7%~18.0%
プロミス 6.3%~17.8%

毎月の返済額が減らせる

金利が低いおまとめローンにすることで、毎月の返済額を減らすことができます。次のようなケースで計算してみましょう。

消費者金融3社からの借入のケース
借り入れ先 残高 金利 毎月の返済額
A社 70万円 18.0% 24,000円
B社 60万円 18.0% 21,000円
C社 70万円 17.8% 21,400円
合計 200万円 66,400円

A社、B社、C社の3社から合計200万円を借りていた場合、毎月の返済額は66,400円になります。これを15.0%のおまとめローンで借り換えたらどうなるでしょうか?

消費者金融のおまとめローンで一本化したケース
おまとめローン 200万円 15.0% 48,000円

消費者金融のおまとめローンでも借金を一本化すれば、このように毎月の返済額は48,000円となります。毎月18,400円も少なくなる上に、返済日も1日だけなので精神的にも楽になるでしょう。

新たに借りることがなくなるため完済が早くなる

急いでいるサラリーマンおまとめローンは審査が通るとその金融機関から直接借り入れ先に返済されます。自分が大金を手にすることはありません。さらに新たに借りることができないので、ひたすら返済するだけです。

一般のカードローンやキャッシングは融資枠の中なら何度でも返済しては借りることができますが、それではなかなか完済できません。しかし、おまとめローンはそれがないために、早く完済できるようになります。

複数で借り入れがある人は消費者金融のおまとめローンがおすすめ

複数で借りている人は高い金利で借りているので、利息も高くなります。毎月所定の額を返済しているだけでは、なかなか元金が減っていきません。

そんな場合は思い切っておまとめローンを申し込んでみましょう。毎月の返済額が少なくなりますし、元金も早く返せるようになります。

そして何よりも「困ったときは借りればいいや」という安易な気持ちを持たなくなるという点でもメリットがあると言えます。まずは複数の借り入れを少しでも返済することが重要ですね。

あなたにピッタリのカードローン

おまとめローンも展開中!人気の消費者金融はこちら!

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP