消費者金融おまとめローンの意外に多いメリットの数々

ガッツポーズ

消費者金融のおまとめローンは、銀行のおまとめローンにはないメリットが多くあります。まず第一に「借りやすい」ということ。これがメリットの大部分を占めます。

そもそも、多重債務というのは「一本化するだけ」で、十分低金利になるのです。銀行のおまとめローンも確かに低金利ですが、審査落ちすることも多く、そこで時間を取られるくらいなら、消費者金融ですぐにまとめた方がいいんですね。

借金の一本化は金利よりも「審査に通る」ことが重要

借金の一本化をする時に一番重要なのは「審査に通る」ということ。当然ですが、おまとめローンの審査に通らなくては、借金の一本化自体ができないのです。

金利は当然安い方がいいのですが、冒頭にも書いた通り、多重債務は一本化するだけでも、十分金利が安くなるんですね。

逆に、まとめないで多重債務のまま放置していると、どんどん利息が膨らんでいきます。

ということで、何よりもまず、多重債務は「すぐにまとめる」ことが大事なのです。

その点で、銀行より審査に通りやすい、消費者金融のおまとめローンは、メリットが大きいんですね。

少額の場合、アイフルは銀行並の低金利

金利についても、消費者金融のおまとめローンは決して銀行に負けていません。

たとえばアイフルのおまとめローンの場合、上限金利(高い方の金利)は「15.0%」となっています。

100万円未満などの少額の借金の一本化で適用される金利ですが、これを銀行と比較してみましょう。

たとえばオリックス銀行で借金の一本化をする場合、100万円未満だと「17.8%」という金利になります。

なんと、アイフルの方が「2.8%」も安いんですね。これがどのくらいの違いかというと、100万円を1ヶ月借りたら、大体1700円ほど利息が安くなる…という計算です。

月1700円安くなるということは、年間で約2万円安くなる、ということですね。消費者金融の方が、銀行よりそれだけ安いというのは、驚く人も多いでしょう。

300万円のおまとめローンの場合、プロミスの方が安い

さらに高額のおまとめローンの場合も、実は消費者金融の方が安いのです。たとえば「300万円」の場合、プロミスのおまとめローンでは、「6.3%」という金利。

これに対して、みずほ銀行は300万円の場合「7.0%」という金利なんですね。「みずほ銀行の金利が高いだけじゃね?」と思う人がいるかも知れませんが、それは違います。

みずほ銀行は、三菱東京UFJ銀行などの大手のカードローンの中でも、ほぼトップで低金利なのです。

そのみずほ銀行と比較しても、300万円のおまとめローンの場合、プロミスの方が低金利なんですね。そして、300万円の時これだけ安いということは、途中の金額(200万円など)でも、プロミスの方が安い可能性は高いのです。

200万円の時の金利は、正確にはわからないが…

銀行カードローンは、借入金額ごとに適用される金利が明記されています。

しかし、消費者金融の方は明記されていません。その人の信用度によって、同じ金額でも金利が変わるのです。

というわけで、200万円や150万円のような「途中の金額」の場合、消費者金融のおまとめローンの金利がどれだけかは不明です。ただ、「300万円」の時はわかるんですね。

というのは、プロミスとアコムのおまとめローンは、限度額が300万円だからです。ということは、300万円では、下限金利(安い方の金利)が適用されるんですね。

プロミスのおまとめローンは「6.3%~17.8% 」、アコムのおまとめローンは「7.7%~18.0%」という金利です。これを見れば「300万円の時の金利」はわかるわけです。

消費者金融でも当然、総量規制の対象外

当然ですが、おまとめローンと銘打っている以上、消費者金融でも当然、総量規制対象外になります。つまり、すでに年収の3分の1まで借りてしまっている人でも、その制限を超えて、大きい金額を借り入れできる…ということですね。

消費者金融のおまとめローンは、正式名称に「貸金業法に基づく」という一文が入っています。これは、貸金業法の中の「総量規制の例外」に該当する、という意味ですね。

「顧客に一方的に有利になる借り換え」に該当

貸金業法では、総量規制の対象外になるケースとして「顧客に一方的に有利になる借り換え」という条件が記されています。(他の条件もいろいろあります)

おまとめローンはこの条件(顧客に有利)に該当するので、総量規制が適用されない、ということ。

そのように金融庁から認められた、正しいプランである…というのを伝えるために、消費者金融の各社は「貸金業法に基づく」という文言を、おまとめローンの正式名称に入れているわけです。

…というように、総量規制もクリアできるし、金利も銀行カードローンより安いケースがあると考えると、「おまとめローンは消費者金融の方がいい」とも言えるでしょう。

消費者金融でおまとめローン対応業者一覧

イメージ カードローン名 おまとめローン 金利
アイフル アイフル おまとめMAX 12%~15%
プロミス プロミス プロミスのおまとめローン 6.3%~17.8%
アコム アコム アコムおまとめローン 7.7%~18%

あなたにピッタリのカードローン

おまとめローンも展開中!人気の消費者金融はこちら!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-
横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP