消費者金融の審査基準あなたは大丈夫?キャッシング前にチェックしたいポイント

審査

消費者金融はいざというときにお金が借りられるもので、困ったときに助かります。しかし、融資には必ず審査があります。この審査は消費者金融だけでなく、お金を借りる場合はどんなときでも行われます。

消費者金融に限らずお金を借りるときは審査が必要

お金を借りるときの審査は、その人にお金を貸してきちんと返してくれるかどうかという「返済能力」を見るために行われます。

特に消費者金融や銀行のカードローンなどは「無担保ローン」になります。担保とはもし借りたお金が返せないときに、返済金の代わりに貸し主に差し出すもののことです。

お金を借りるときの審査は何のため?

住宅ローンのように高額ローンの場合は、無担保で貸してくれることはありません。購入(または建築)した住まいを担保にしてお金を借り、もし返せない場合は担保にした家が返済金の代わりに没収されます。

無担保ローンだからしっかり審査!金利も高めとなります

しかし、消費者金融は無担保なので、貸した人がお金を貸してくれない場合に没収するものがありません。そのため通常の担保有りのローンよりも無担保のカードローンは慎重に審査を行います。さらに有担保融資よりもキャッシングの金利が高く設定されるのです。

消費者金融の審査基準と審査項目を知っておこう

消費者金融の審査項目は会社によって若干異なりますが、主に次のような内容を審査します。

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態…正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、個人事業主、法人経営者
  • 勤続年数
  • 他社の借り入れ状況

申し込み時にはこれ以外の住所や電話番号なども聞かれますが、審査項目としては「安定した収入があるかどうか」「他社での借り入れがないかどうか」が中心になります。

安定した収入がないと消費者金融の審査には通らない?

パートやアルバイトは正社員に比べると収入が少なくなります。また、勤め先の業績次第では正社員よりも先に人員整理の対象になるなど、雇用が不安定というデメリットがあります。

しかし、消費者金融ではパートやアルバイトでも収入があれば申し込みが可能というところが多くあります。融資額は審査結果次第で増減があります。一般的に正社員よりも低額になります。

不安定な雇用や収入では審査に通っても限度額が少なくなる

一方、フリーランスなど個人事業主は収入が不安定で、収入が多いときもあれば少ないときもあって波があります。それでも個人事業主やフリーランスだから審査に通らないということはありません。審査は総合的に判断して結果が出されます。

消費者金融でも銀行カードローンでも審査基準は公表されていない

消費者金融の審査に通るかどうかは不安でしょうが、審査基準は公表されていません。
そのため、まずは申し込みをしてみましょう。

消費者金融の審査を通るにはうそは禁物!

消費者金融の審査の項目は上記の通りですが、審査に通るかどうか不安だからと言って、申し込み時にうそをつかないようにしましょう。

申し込み時にやってはいけないポイント

やってはいけないことは次の通りです。

  • 年収をごまかす
  • 勤め先をごまかす
  • 勤続年数をごまかす
  • 他社での借り入れでうそをつく

これらはうそをついても、すぐにバレてしまいます。ではくわしく説明していきましょう。

年収をごまかす

年収は少しでも多い方が審査に通りやすいだろうという気持ちはわかります。しかし、実際は年収が250万円しかないのに年収500万円と申告するのはやめておきましょう。

簡易審査ではそれで通るかも知れませんが、後で「収入証明書」として「源泉徴収票」や「納税証明書」の提出を求められたときにうそがバレてしまいます。

また、アルバイトなのに年収500万円など不自然な金額を申告するのもやめておきましょう。

勤務先をごまかす

申し込み時に勤め先をごまかして書いても、在籍確認が行われるのでバレてしまいます。

在籍確認とは消費者金融会社の担当者が個人名で勤め先に電話をかけてくることです。もちろん電話に出た人に、消費者金融の社名やあなたがお金を借りようとしていることを伝えることはありません。

在籍確認では下記の2パターンが多いようです。

  1. A:本人を電話口に呼び出して、「〇〇さんですか。A社ですが在籍確認です」と伝える
  2. B:電話に出た人に「〇〇さんはいますか?」と聞いて、いることがわかればそれで電話を切る

申し込み時に書いた会社に本人が確かに勤めていることがわかればそれでOKなのです。

ところが申し込み時にうそを書いて、勤めていない会社名や電話番号を書いて在籍確認をしても本人が確認できなければ審査は通りません。注意しましょう。

勤務年数をごまかす

勤続年数が長い方が収入が安定していると判断されます。
新卒の人ならまだしも、ある程度の年齢になっている人の勤続年数が短いと、「今勤めているところもすぐに辞めるのではないか」と思われる可能性があります。

仕事を辞めると収入が一時的に途絶える=返済が滞るという不安があるため、審査は通りにくくなります。

しかし、だからと言って勤続年数をごまかすのはやめておきましょう。
社会保険の保険証には「資格取得年月日」の欄があります。
これは勤め先の社会保険に加入した日ということで、これで勤続年数がわかります。

本人確認として保険証を提出する場合は特に注意しましょう。

他社の借り入れをごまかす

消費者金融でお金を借りる場合は他社での借り入れ件数や借り入れ金額を聞かれます。

他社ですでに何百万円も借りている人に、さらに無担保でお金を貸すと返済されない可能性があります。または返済が遅れている人や過去に自己破産した人なども信用度が低いために審査は通りにくくなります。

他社の借り入れ状況は消費者金融の審査でチェックされる

消費者金融での融資だけでなく、教育ローンや自動車ローン、銀行ローン、クレジットカードを作るときなどは申し込み者の他社の借り入れ状況や返済状況は金融機関が調べています。

借り入れ状況は信用情報機関に記録される

現在、日本には次の3つの信用情報機関があります。

(株)日本信用情報機構(JICC) 消費者金融会社の約80%が加盟
C・I・C 信販会社やクレジット会社が多く加盟
一般社団法人全国銀行協会 銀行が加盟

信用情報機関に記録される情報とは

上記の信用情報機関には、次の情報が登録されています。

  • 本人情報…氏名・生年月日・住所・電話番号・運転免許証番号など
  • 借り入れ情報…契約日・契約の種類・支払い回収・契約額(限度額)・契約終了予定日・契約会社名など
  • 返済状況に関する情報…返済日・完済日・残額・入金額・返済履歴・遅延の有無
  • 事故情報…延滞・破産・債務整理などの有無

信用情報機関によって若干内容は異なりますが、このように本人情報や借り入れ状況、返済状況、事故状況などが登録されています。

消費者金融の審査は信用情報機関のデータが利用される

融資の申し込みを受けた消費者金融業者は、信用情報機関に登録内容を照会し、審査を行います。そのため、他社借り入れがあるのに「他社の借り入れ0」などのうその申告をしてもバレてしまいます。

また何社も同時に申し込むのも審査にはよくないと言われています。1社に決めて申し込み手続きを進めましょう。

消費者金融の審査は専業主婦は通りにくい!おすすめは銀行カードローン

消費者金融の融資は本人に安定した収入があることが条件になっているところがほとんどです。そのため専業主婦は申し込めない傾向にあります。

専業主婦なら銀行系のカードローンで申し込みが可能なところが多いので、そちらで検討してみましょう。

銀行カードローンは専業主婦専用の貸出枠を用意してくれています

たとえば『楽天銀行スーパーローン』は専業主婦専用の借入枠を用意してくれています。限度額は最高50万円ですが、安定した収入が無い専業主婦にしては高額です。

みずほ銀行カードローン』や『三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック』でも、専業主婦は30万円までお金を借りられます。専業主婦は銀行カードローンがおすすめです。

あなたにピッタリのカードローン

審査基準で選ぶとおすすめのキャッシングサービスはどれ?

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-
モビット

モビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP