銀行カードローンで100万円のキャッシング~金利は?審査は厳しい?

銀行ATM
キャッシングは消費者金融やクレジットカードというイメージがあるかも知れませんが、大手都市銀行やネット銀行、地方銀行など多くのところで実施しています。

銀行カードローンで100万円を借りる場合の金利や審査、消費者金融との違いなどについてご説明していきます。

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違い

キャッシングとは金融機関から無担保、無保証でお金を借りることを言います。使い道が決まっている住宅ローンや自動車ローン、教育ローンと違って使い道は自由です。(銀行カードローンの場合は、事業性資金は省きます。)

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングはここが違う!

銀行と消費者金融の特徴を比較すると次のようになります。

銀行カードローン 消費者金融
法律 銀行法 貸金業法
総量規制 なし あり
金利 低い 高い

ざっくりとした比較ですが、それぞれを詳しく見ていきましょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外

カードローンの落とし穴に落ちる銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは「総量規制」があるかどうか……という点でしょう。総量規制とは「貸金業法」で定められた規則で、「年収の3分の1以上を貸してはいけない」というものです。

これは以前はなかったものですが、その人の返済能力を超えるほどに借りてしまい多重債務に陥る人が多かったために設けられました。

例えば年収が300万円の人が消費者金融で借りられるのは他社(銀行カードローンを除く)と合わせて100万円までです。

銀行カードローンの金利は融資可能額で決まる

お金を持って受付をする女性担当者消費者金融は借りた額に応じて金利が設定されますが、銀行カードローンはその人に認められた融資可能額によって決まります。後で詳しくご説明しますが、例えば融資可能額が100万円の人が10万円だけ借りたとしても、金利は100万円のラインで設定されるということになります。

これが消費者金融と銀行カードローンの大きな違いだと言えるでしょう。

銀行カードローンと目的ローンの違い

銀行にはカードローン以外にもいくつかのローンがあります。
それぞれの違いを知っておきましょう。

銀行の目的ローンとは?

東京三菱UFJ銀行の例を見てみましょう。用途に合わせてさまざまなローンがありますね。これらは「目的ローン」と呼びます。

ローン 使い道 金利
住宅ローン 住宅の購入、建築費用 0.55%~1.85%
教育ローン 学費(入学金、授業料、入学時の費用など) 3.975%
マイカーローン 自動車の購入費用 1.85%~2.5%
リフォームローン 住宅のリフォーム費用 1.99%~2.875%
多目的ローン 結婚、旅行費用など 5.475%
カードローン 自由
(事業性資金は除く)
1.8%~14.6%

金利は経済情勢などによって変動しますが、カードローンと比べるとかなり低いことがわかります。

目的ローンは見積もり書などの提出が必要

目的ローンは申し込み時に見積もり書やパンフレットなど、使い道がわかる資料の提出が必要です。もし先に支払った場合は請求書や領収書が必要になります。

また、申し込みに関してはさまざまな条件が決められています。事前によく確認することが大切です。

目的ローンは融資まで日数がかかる

卓上カレンダー目的ローンは申し込んでから融資を受けるまでに数日~1ヶ月ほどかかります。特に住宅ローンは高額融資になりますし、提出書類も多くなります。

さまざまな角度で審査が行われるため、融資までには相当な時間がかかります。マイカーローンや教育ローンなども同様です。

一方、カードローンは早ければ申し込んだその日のうちにキャッシングが利用できます。時間がかかったとしても数日で借りることができます。

急ぐ場合はカードローン、使い道がはっきりしている場合は金利が低い目的ローンを利用するといいでしょう。

銀行カードローンで100万円をキャッシングする場合の金利を比較

銀行カードローンと消費者金融キャッシングを比較銀行カードローンの金利は各銀行によって異なります。また、上でも書いたように、同じ金額を借りる場合でも、その人の融資可能額(銀行によっては契約極度額や利用限度額などと呼ばれます)によっても異なります。

そのため、銀行カードローンを選ぶ場合は、金利をよく比較するようにしましょう。

銀行カードローンの金利

各銀行カードローンの金利は下記のようになっています。銀行によって100万円未満と以上に分かれていたり、100万円以下と100万円超(100万1円以上)に分かれていたりとさまざまですが、いずれも実際に借りる額ではなく、その人の利用限度額(契約極度額)によって決まります。

銀行名 100万円未満 100万円以上~200万円未満 200万以上~300万円未満
楽天銀行 14.5% 9.6%~14.5% 6.9%~14.5%
三井住友銀行 12.0%~14.5%(100万円以下) 10.0%~12.0%
(100万円超~200万円以下)
8.0%~10.0%
(200万円超~300万円以下)
三菱東京UFJ銀行 13.6%~14.6%
(100万円以下)
10.6%~13.6%
(100万円超~200万円以下)
7.6%~10.6%
(200万円超~300万円以下)
みずほ銀行 14.0% 12.0% 9.0%
イオン銀行 11.8%~13.8%
(90万円まで)
8.8%~13.8%
(100万円~190万円)
5.8%~11.8%
(200万円~290万円)
オリックス銀行 12.0%~17.8% 6.0%~14.8%
(100万円以上~150万円以下)
5.0%~12.8%
(150万円超~300万円以下)
新生銀行レイク(※) 15.0%~18.0% 12.0%~15.0% 9.0%~15.0%

(※:新生銀行レイクは200万円までは契約限度額ではなく基準残高に応じた金利が適用されます。200万円超は利用限度額に応じた金利になります。)

なお、銀行によっては、金利は審査の結果で個別に設定されるというところもあります。

契約限度額が100万円の人ならどこの銀行カードローンがいい?

契約限度額が100万円の人がキャッシングするなら、上の表で見てみるとみずほ銀行が12.0%でもっとも低い金利で借りられます。

上限金利と下限金利について

金利(利子・利息)がどんどんと下がる上の金利表を見ると、銀行によっては9.6%~14.5%と金利に幅があることがわかります。この低い方の金利を「下限金利」、高い方の金利を「上限金利」と呼びます。

楽天銀行の例を見てみると、契約限度額が100万円以上~200万円未満の金利は9.6%~14.5%となっていますが、この場合下限金利が適用されるのはもっとも高額を借りた場合です。この例では200万円未満までの人の金利なので、この幅でもっとも高い199万円を借りたときに9.6%が適用されることになります。

100万円の場合は上限金利の14.5%で借りることになります。

パッと見た感じでは「100万円でも9.6%で借りられるのかな?」と思いがちですが、そういうことではないので注意しましょう。

銀行カードローンで100万円をキャッシングする場合の審査

銀行カードローンで100万円を借りる場合、審査は厳しいのでしょうか?

銀行カードローンの審査は保証会社が実施

銀行カードローンの審査は銀行が行うと思っている人が多いかも知れません。しかし、実際は保証会社が審査を実施しています。そのことは申し込み条件にも書いてあります。

銀行カードローンの申し込み条件

銀行カードローンの申し込みができるのは、下記の条件を満たす人が対象です。

  • 20歳以上であること(年齢の上限は銀行によって異なります。)
  • 安定した収入があること(銀行によっては配偶者に安定した収入があれば専業主婦の申し込みも可能)
  • 保証会社の保証が受けられること
  • 日本に居住していること
  • 外国人の場合は永住許可を受けていること

「保証会社の保証を受けられる人」とありますが、自分では保証が受けられるかどうかはわかりません。これは実際に申し込みをしてみて、保証会社が判断します。

そのため、それ以外の条件を満たせば申し込みが可能です。

各銀行カードローンの保証会社

銀行カードローンでは、下記の会社に保証と審査を依頼しています。

銀行 保証会社
三菱東京UFJ銀行 アコム(株)
イオン銀行 イオンクレジットサービス(株)、オリックス・クレジット(株)
みずほ銀行 みずほ銀行、(株)オリエントコーポレーション
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(株)
楽天銀行 楽天カード(株)、(株)セディナ
じぶん銀行 アコム(株)
オリックス銀行 オリックス・クレジット(株)、新生フィナンシャル(株)
ソニー銀行 アコム(株)
新生銀行レイク 新生フィナンシャル(株)

これらのうち、アコム、オリックス・クレジット、SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融です。また、セディナ、オリエントコーポレーションは信販会社ですし、楽天カード、新生フィナンシャルは貸金業者です。

つまり日ごろからキャッシングなど融資を本業としている会社に保証と審査を依頼しているのです。

過去にトラブルがあった保証会社は要注意

バツマークを出している女性例えば、過去にアコムでお金を借りて返済が何度も遅れた……というトラブルがあった人が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」を申し込んでも審査は通らない可能性があります。

それは「バンクイック」の審査をアコムが行っているからです。

他の銀行カードローンも同様で、過去にトラブルを起こした会社が保証会社になっているカードローンは審査が厳しくなると考えられます。

銀行カードローンの審査ポイント

審査の目的は「返済能力があるかどうか」を見ることです。
そのために主に次の点を審査すると考えられます。

  • 本人確認
  • 職場への在籍確認
  • 信用情報機関の登録内容の照会

これらはいずれも審査に大きな影響を与えます。

本人確認は書類でチェック

本人確認は他人のなりすましを防ぐためだけでなく、信用情報機関への照会時に必要になります。そのため、運転免許証やパスポート、個人番号カードなど顔写真入りの本人確認書類の提出を求められます。

在籍確認は必須

電話を受けている男性会社員在籍確認は申し込み時に書いた勤務先で本当に働いているかどうかの確認のために行われます。多くの場合、個人名または銀行名で電話がかかってきます。ただ、電話の内容は「〇〇さん(申し込んだ人)はいますか?」と聞くだけです。
キャッシングのことは一切触れないので、自分が不在時でも心配することはありません。

ただ、融資額が100万円となると高額なので、在籍確認なしで審査を行うという可能性は低いと言えます。必ずあると思っておきましょう。

もし職場の人に何か言われたら、「口座を作ったから」とごまかしておくと安心です。

信用情報機関の登録内容は重要

信用情報機関にはその人の氏名や生年月日などの本人情報の他に、どこでどんなローンやキャッシングを契約しているか、いくら借りているか、返済はきちんとできているかどうかなどの情報が登録されています。

特に重要になるのは他社の借り入れ件数と残高、返済遅延の有無、金融トラブル(自己破産や任意整理など)の有無です。これらに問題があると審査に通らないとか、融資額を下げられる可能性があります。

口座を持っている銀行はキャッシングが便利

真面目そうな銀行員銀行カードローンは審査が厳しい傾向がありますが、金利が低い上に預金口座を持っている銀行で契約すると振り込み融資やATMなどが便利に利用できるというメリットがあります。

大手都市銀行のカードローンはもちろん、地方銀行も最近は融資に積極的です。それぞれの銀行カードローンの特徴をよく比較して選ぶようにしましょう。

あなたにピッタリのカードローン

限度額10万円~OK!少額融資で人気のカードローンはこちら!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
モビット

モビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-

「少額融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP