カードローンはいざというとき役に立つ! 専業主婦は審査だけでも受けておくべき?

お金がない

カードローンの申し込みを済ませておくと、いざという時役立ちます。そのため、現時点では特に利用する予定がない人でも、たとえば銀行カードローンの申し込みだけしておくというのもありでしょう。

特に家計を支える専業主婦の方の場合、家族のために急に出費が必要になる…ということもあるでしょう。そのような時の備えとして、カードローンは役立ちます。

カードローンに申し込みをしても、信用情報の問題はない

多くの人が持っている間違った常識として「カードローン・キャッシングに申し込みすると、それだけで信用情報にキズがつく」というものがあります。

しかし、信用情報でマイナスになるどころか、むしろプラスになることもあるということを知ってください。

信用情報でマイナスになるのは「審査落ち」の履歴だけ

カードローンの申し込みが信用情報でマイナスになるとしたら「審査に落ちた」場合のみ。それも記録されるのは6ヶ月だけです。

これとは逆に「審査に通った」場合、これはむしろ個人信用情報でプラスになります。というのは「それだけ他社から信用されている」という証拠になるからです。

たとえばプロミスの審査を受けて、通過した経験がある。そして、その後モビットで申し込みした―。

この場合、モビットの審査部の人は「おお、プロミスさんの審査に通ってる。ということは、信用できる人だろう」と思うわけです。(わかりやすく言うと)

そのため、カードローンの申し込みの履歴は、「審査通過さえすれば」むしろプラスになるんですね。これも立派なクレジットヒストリーとして評価されるのです。

審査通過しても、すぐに借り入れする必要はない

消費者金融でも銀行カードローンでも、審査に通った後、すぐに借り入れする必要はありません。とりあえずいつでも借りられるようにしておいて、そのまま放置しておくというのでも別にいいのです。

もちろん、ほとんどの人は「すぐにお金が必要」なので、これらのカードローンに申し込みします。そのため、大抵は「審査通過→そのまま借り入れ」というパターンなのですが、別に必要ない場合、そのまま借りなくてもいいのです。

すぐ借りてすぐ返済するなら、利子はほとんどなし

いざという場面で、カードローンを利用して、数万円だけ借りてすぐ完済するというやり方の場合、利息はほとんど発生しません。

これが逆に、カードローンを利用できない場合

主婦

たとえば眠らせておいた定期預金を解約したり、あるいは手数料のかかる銀行口座から振り込みをしたり…。という風に、何らかのロスが発生します。

上に書いたような原因でなくても「急な出費に対応すると、無駄金が発生する」というのは、誰もが経験で知っているでしょう。

カードローンで現金を用意できれば、無駄金が発生しない

これに対して、カードローンによってすぐに現金を用意できれば、こうしたムダな出費は発生しないことが多いんですね。

カードローンは5万円を1ヶ月借りても、750円の利息しかかかりません

銀行カードローンなら、さらに金利が安い

これは消費者金融の場合で、金利がさらに安い銀行カードローンだったら、せいぜい500円程度です。1ヶ月借りてこれですから、1週間程度で返済するなら、100円かかるかどうか…という程度なんですね。

このように賢く限定的に使うなら、実はカードローンの利息というのはまったく怖くないのです。

慢性的に借金に頼ってしまうような人だけが、カードローンの利息に苦しむのです。「本当に必要な時だけ」使う人なら、むしろ自力で解決するより、よほどお金のムダがなくていいんですね。

上限金利が安い銀行カードローンがおすすめ

銀行

専業主婦のキャッシングの場合、パート収入があれば、プロミス・モビットなどの消費者金融でも申し込みできます。しかし、パートをしていない場合、銀行カードローンしか申し込みできません。

そのため、銀行カードローンからおすすめを紹介すると、やはり「上限金利が安い」というのが重要。というのは、専業主婦の借り入れのような10万円未満の少額融資では、「上限金利」が適用されるからです。

キャッシングの上限金利・下限金利とは何か

キャッシングの金利は、固定ではありません

たとえばみずほ銀行カードローンだったら「4.0~14.0%」というように、幅があります。

借入金額が最大(みずほ銀行なら1000万円)の時は、下限金利(4.0%)が適用されます。そして、普通の金額の借り入れだったら、14.0%の方が適用されるんですね。

このように、専業主婦のキャッシングの場合は大抵「高い方の金利」が適用されます。というわけで、この高い方の金利…つまり上限金利が安い銀行カードローンで申し込む、というのがいいわけです。

専業主婦が借りられない銀行カードローンもある

その他の注意点としては、専業主婦では借り入れ不可という銀行カードローンもあるということ。大手だと三井住友銀行カードローンやオリックス銀行カードローンなどがそうです。

そうした一部の例外を除けば、あとはどの銀行でも、専業主婦で借り入れ可能となっています。

ただ「夫の同意書が必要」という銀行もあるので、夫バレ・旦那バレしたくない人は「夫の同意書不要」の銀行で借りるようにしましょう。

専業主婦が申込できる銀行カードローン一覧

あなたにピッタリのカードローン

困ったときにすぐ借り入れ!専業主婦が押さえておくべきカードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • 最短即日融資!急ぎの方もOK[
  • 30万円まで専業主婦も借入可能
  • 来店も郵送も不要で手軽に利用できる

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日
来店不要
最短即日融資1,000万円3.5%~14.0%
3.0%~7.0%
融資可能
専業主婦もOK
-
横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP