パートをしている主婦は消費者金融でも融資可能!収入次第で融資はいくらまで?

パート

「主婦は収入がないからお金を借りることはできない」と思っていませんか?
主婦でもパートとして働いていれば消費者金融でも融資が可能です。
大手消費者金融には「無利息期間」があるので、上手に利用すると財布がピンチのときに乗り越えられますよ。

主婦でもパートで働いていれば消費者金融でキャッシングが可能!

消費者金融の利用条件を見てみましょう。ここでは当サイトがおススメする大手4社(アイフル、アコム、プロミス、モビット)についてご説明します。

消費者金融のキャッシング利用条件

大手4社の消費者金融を利用できるのは、次の条件を満たしている人です。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること
  • 返済能力があること

なお、年齢の上限は69歳までとしているところが多いようです。

パートは「安定収入」とみなされる

パートやアルバイトでも毎月きちんと収入を得ているわけですから、消費者金融の「安定した収入がある」と判断されます。収入の額の多い・少ないは申し込み条件には関係ありません。

つまり、パート主婦でも消費者金融で借りることは可能ということになります。

パートの主婦が消費者金融でキャッシングするときの審査は厳しい?

パートの主婦でも利用は可能ですが、融資には審査があります。

消費者金融のキャッシング審査のポイントは「返済能力があること」

上に書いた消費者金融の利用条件の中に「返済能力があること」という項目があります。
20歳以上で安定した収入があっても、その人に返済能力がないとお金は貸してもらえません。返済能力を確認するために審査が実施されるのです。

返済能力はどうやって確認する?

返済能力の確認は次のような方法で審査をして判断されます。

  • 職場への在籍確認
  • 信用情報機関への照会
  • (必要な場合のみ)収入証明書類の提出

ただし、具体的な審査基準は公開されていません。ここでは審査内容の概要についてご紹介していきます。

パート主婦でもカードローン会社は職場への在籍確認を実施

在籍確認は消費者金融でも銀行カードローンでも融資を申し込むと実施されます。
どこで働いているかという点については申し込み時に記入しますが、それは「自己申告」に過ぎません。過去に勤めていたところかも知れないし、まったく働いた経験がない勤務先名かも知れません。
そこで、消費者金融では実際に勤務先に電話をかけて、そこで働いているかどうかの探りを入れるのです。

キャッシングの在籍確認の方法

本当に働いているかどうかを探ると言っても、職場に電話をかけてきて「〇〇さんは本当に働いていますか?」「収入はどれくらいもらっていますか?」「何年くらい勤めていますか?」などと聞き出すことはありません。

実際の在籍確認は個人名で行われ、電話の内容は以下のようなものになります。
次のようなケースで見ていきましょう。

  • 〇〇さん:消費者金融Aを申し込んだ人
  • △△さん:消費者金融Aのスタッフ
  • □□会社:〇〇さんの勤め先

電話のやり取りの一例です。

  • □□:はい、□□会社でございます。
  • △△:△△(個人名)と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?
  • □□:申し訳ございません。〇〇は本日はお休みをいただいておりますが。
  • △△:お休みですか。では後日、改めてかけ直します。
  • □□:どういったご用件でしょうか?何か伝言をお伝えしましょうか?
  • △△:いいえ、結構です。失礼します。

このように消費者金融Aという社名も、お金を借りるということも一切口にすることはありません。また、用件を聞かれても答えないので安心してください。

なお、「またかけ直します」と言っていますが、それは方便で実際に再度電話がかかることはありません。

パートの主婦で在籍確認が不安な場合

勤め先や勤続年数などにもよりますが、パートの主婦は多くの場合、あまり責任のあるポストに就いていないケースが多いようです。その場合に社外の人から電話がかかるのは不自然と思われる可能性があります。

在籍確認はほぼ確実に実施されるので、それに備えて口実を考えておくといいでしょう。

  • 携帯電話を自宅に忘れてきたが、友達が急ぎの連絡だったので。
  • 〇〇の修理を頼んでいたが、携帯電話がつながらなかったので。
  • 子どもの緊急連絡先を携帯電話の次に勤務先にしておいたから。携帯電話に出なかったらこちらにかけてきたみたい

このように不自然に思われないような口実を考えておくと安心です。

モビットのWEB完結申し込みは在籍確認がない!

ほとんどの金融機関で在籍確認は実施されますが、モビットのWEB完結申し込みは在籍確認がありません。利用できるのは次の条件を満たしている場合のみです。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり、モビットの融資と返済用口座に利用すること
  • 本人確認書類として運転免許証またはパスポートがあること
  • 現在の収入を証明できる書類として「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「(直近2ヶ月分の)給与明細書」のいずれか1点の写しを提出できること
  • 勤め先を確認できる書類として「健康保険証(社会保険証または組合保険証)」または「給与明細書」の写しを提出できること

パートの主婦でも旦那さんの扶養家族になっている場合は自分の勤め先の健康保険証がありませんし、運転免許証またはパスポートのいずれも持っていない場合もこの条件に該当しませんが、もしすべての条件に該当する場合はモビットのWEB完結申し込みを検討されるといいでしょう。

パート主婦でも信用情報機関に照会される

パートとして毎月給料をもらっていても、すでに何社からも借り入れている場合や返済に遅れた経験がある場合は消費者金融の審査に通らない可能性があります。

信用情報機関の内容とは

信用情報機関は主に消費者金融業者や信販会社が加盟している「日本信用情報機構(JICC)」、主にクレジットカード会社、信販会社が加盟している「CIC」、主に銀行、信用金庫が加盟している「全国銀行協会」があります。

それぞれの機関では次のような情報を登録し、新たにカード作成や融資申し込みがあった際にその人の情報を調べて審査を実施しています。

本人に関する情報 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号など本人を特定するための情報
契約状況 借りている会社名、商品名、契約日、借りた日、契約金額(融資可能額)、実際に借りた金額など
返済状況 返済日、返済金額、残高、返済遅延に関する情報など
金融事故情報 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生などの有無と年月日など)

申し込み時にも他社の借入状況(件数と金額)を記入しますが、そこでウソを書いても信用情報機関に照会すればすぐにバレてしまいます。

申し込み時は正直に書くようにしましょう。
なお、何件以上なら審査が通らないといった基準は明確にされていません。

パート主婦が消費者金融の申し込み時に収入証明書は必要?

消費者金融では下記のケースでは、申し込み時に収入証明書類の提出が必要になることがあります。

  • 50万円以上の融資を申し込む場合
  • 他社(消費者金融・クレジットカードのキャッシング)と新規申し込み分の合計が100万円を超える場合
  • 会社から提出を求められた場合

申し込み先から提出するように言われたら収入証明書類として「源泉徴収票」「(直近2ヶ月分の)給与明細書」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」などのいずれかのコピーを提出します。
(提出する収入証明書類は金融機関によって多少異なります。申し込み先の指示に従ってください。)

パートの主婦は消費者金融でいくらまで借りられる?

パートで働く場合は正社員よりも収入は少なくなります。消費者金融で融資を受ける場合は、いくらまで借りることができるのでしょうか?

融資額上限は貸金業法で決められている

消費者金融は貸金業法という法律でさまざまな取り決めがなされています。その中の「総量規制」で、「融資額は年収の3分の1まで」と規制されています。

融資額は総量規制の範囲内

総量規制は消費者金融やクレジットカードのキャッシングが対象で、すでにこれらの会社で借りている場合はその額も年収の3分の1までに含まれます。

例えば年収120万円の人は3分の1である40万円まで借りることができますが、すでに他の消費者金融で20万円を借りている場合は新規融資は20万円が上限ということになります。

融資額は審査の結果で決まる

総量規制では年収の3分の1まで融資が可能となっていますが、誰もがその額まで借りられるというわけではありません。それぞれの人の信用状況など審査を行った上で融資額が決まります。

なお、銀行カードローンには総量規制がありません。そのため、年収に関わらず審査の結果次第で融資額が決まります。人によっては年収の3分の1以上でも融資が可能になることがあります。

パート主婦のキャッシング利用は家族にバレない?

ここまででご説明してきたように、主婦でもパートとして働いている場合は消費者金融で借りることができます。その場合に心配になるのが「家族バレ」という問題です。

消費者金融の利用はほぼバレない!

結論から言うと、主婦に限らずほとんどのケースで消費者金融の利用は家族にバレることはありません。その理由は次の通りです。

申し込み時 郵送での申し込み以外は自宅に郵便物が届くことはない。特にネット申し込みは安心
審査時 ・審査で自宅に電話がかかることはない
・夫の同意書は不要
カード発行時 ・カード郵送は社名なしの封筒で送付される。
・自動契約機でカードを受け取れば郵便物はないのでさらに安心
借りるとき カードでATMで借りる、または振り込みなので家族にバレる可能性はない
返すとき 口座からの引き落とし、またはATMで入金するので家族にバレる可能性はない

最も安心なのは自動契約機でカード受け取り

消費者金融の申し込み方法でもっともカンタンで安心なのはネットで申し込んで、カードを自動契約機で受け取る方法です。特にスマホから申し込めば、夫に見つかる可能性はほぼありません。

また、自動契約機でカードを受け取れば自宅に郵便物が届くこともないので安心できます。

家族にバレるのは本人の不注意が原因!?

消費者金融では申し込みから返済までの各段階で家族にバレる可能性はほぼないのですが、本人の不注意が原因でバレることがあります。例えば次のようなケースは注意しましょう。

  • 夫と共有のパソコンで申し込んで消費者金融からのメールを見られた
  • ATMのご利用明細書を見られた
  • カードを見られた
  • 返済が遅れて自宅に電話がかかってきた

これらは自分でしっかり管理をしていれば防げるものばかりです。パソコンメールのやり取りやご利用明細書、カードなどは家族の目に触れないように気をつけましょう。
また、返済が遅れると、まず携帯電話に連絡があります。それでも返済されない場合は自宅に電話や郵便物が届く可能性があります。それだけでなくあなたの信用情報にも傷がつくので、遅れないように注意しましょう。

あなたにピッタリのカードローン

パート・アルバイト収入のある主婦は消費者金融もおすすめ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短で融資可能!
  • スピード審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
スピード審査
Web完結
最短での融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP