今すぐにお金を借りる!どうしてもお金を借りたいときにカードローンで必要なものとは?

お金を借りたい
どうしてもお金を借りたい状況というのは、意外と日常生活にあふれています。そんなときは目の前が真っ暗になったような気持ちになりますが、まずは落ち着いて冷静に行動しましょう。

このページでは「どうしてもお金を借りたい」「今すぐお金が必要」「なんとかお金を準備しなきゃいけない」というときにお金を借りる方法と借りるための条件をご紹介します。

ピンチ!どうしても今すぐお金を借りたい状況は意外に多い

お金の額にもよりますが、日常生活の中でどうしてもお金を借りたいという状況は次のようにたくさんあります。

  • バーゲンセールで散財しすぎて給料日までのお金が足りない
  • 前から欲しかったものが半額以下で売っているが手元にお金がない
  • 急な飲み会や食事に誘われたがお金がない
  • 同僚が転勤になって送別会や餞別(せんべつ)のお金が必要
  • 友達の結婚式が続いてご祝儀や結婚式に出席する衣装などにお金がかかる
  • 親が倒れたと連絡があり帰省するのにお金が必要
  • お葬式があり、香典や交通費が必要
  • 急病で病院通いが続き、検査費用や薬代などが高くなった
  • 車が壊れて修理代が予想外に高くついた

このように突発的な出来事によって、お金が必要になる場面は多くあります。

どうしてもお金を借りるしかない!そんな状況に備えて貯金は必要?

毎月の予算を立ててやりくりしている人でも、突発的な出来事によって思いがけず高額な出費に見舞われることがあります。

そういった場合に備えて貯金をしておくのが一番なのですが、非正規雇用の人やボーナスが支給されない人、給与がなかなか増えない人などが多い現在では貯金をするのは難しいのが現状です。

若年層の貯蓄率は約21%

経済産業省が公表しているデータによると、29歳以下の男性・単身世帯の貯蓄率は21%だそうです。しかも国民全体で見ると貯蓄率はマイナスになっていて、多くの人が貯蓄を切り崩していることがわかります。

今すぐにお金を借りるときはカードローンがおすすめ

今すぐにどうしてもお金が借りたい時は、「即日融資」が可能なカードローンやキャッシングがおススメです。

平日なら午後2時半くらいまでに申し込めば、当日自分の銀行口座にお金が振り込まれます。週末や夜間などの場合は、アイフルやアコム、プロミスなどのように無人契約機や店舗がある金融業者を利用すると早くにお金が借りられます。

最近は30分程度で融資が可能というカードローンもありますが、今すぐに借りるには何を準備すればいいのでしょうか?
イザという時に備えて、今すぐにお金を借りる場合に必要なものと融資が可能な条件をチェックしておきましょう。

カードローン

すぐにお金を借りる方法としておすすめなのが、カードローンです。ただし、利用できる条件は金融機関によってそれぞれ決められています。

カードローンの申し込み条件

借り入れ時の審査で重要になる条件は次の3つです。

  • 年齢
  • 収入の有無
  • 他社の借り入れ状況

年齢条件|カードローンを利用する

年齢条件は多くの場合、20歳以上からとなっています。上限は65歳や70歳など金融機関によって異なります。

たとえ就職して安定収入があっても、20歳未満は借りられないところが多いようです。
一方、学生や主婦でも20歳以上なら借り入れが可能なところがあります。

収入の有無|今すぐ借りるには収入が必要?

安定した収入があることが前提のところが多く、申込時に勤務先や勤続年数、年収などを申告するようになっています。ただ、最近は収入証明書(源泉徴収票や確定申告書など)がなくても借り入れが可能なところがあります。

また、本人に収入がない主婦でも、配偶者に安定収入があれば借り入れできるところがあります。

住宅ローンや自動車ローンなど高額な融資を受ける場合は勤め先や勤続年数、年収などが厳しく審査されますが、カードローンやキャッシングの場合はそれほど厳しくないのが現状です。

他社の借り入れ状況|多重債務者の即日融資は厳しい

年齢条件を満たしていて、就職して働いているという場合でも、他社での借り入れがある場合や返済が遅れている場合、自己破産や任意整理をしてからの年数が浅い場合などは借り入れができないことがあります。

他社の借り入れ状況はカードローン申込時に自己申告しますが、うそやごまかしを書いても金融機関ではきちんと調べるのですぐにバレてしまいます。

ここは正直に申告することが大切です。

金融機関によって条件は異なる

借り入れを申し込んだときにまずチェックされるのが上記の3点ですが、それ以外にも次の点を審査条件にあげているところもあります。

カードローンの審査条件
雇用形態 正社員・派遣社員・パート・アルバイト・自営業
収入の形態 固定給・完全歩合制・一部歩合制
勤続年数 現在の勤め先に何年勤めているか、勤続年数が短い場合は前職での勤続年数
保険証の種類 社会保険・国民健康保険・共済保険など
住居 持ち家(自己所有か家族保有か)・借家



さらに勤め先の従業員数や自分の入社年月日などを聞かれる場合もあります。

これらがどれだけ審査に影響するかは公表されていないのでわかりませんが、それぞれの金融機関ごとに基準が設けられています。

今すぐにお金を借りる場合に必要なもの

申込時には必要な書類があります。事前にそろえておきましょう。

カードローン審査の必要書類
本人確認書類 免許証・パスポートなど
収入を証明するもの 源泉徴収票・納税証明書・確定申告書など
保険証 健康保険証
銀行の口座番号 融資金を振り込んでもらう際に必要


借りるためには収入證明書は不要のところが多い

金融機関によっても異なりますが、借り入れ希望額が100万円以下や200万円以下の場合は、収入證明書が不要というところが増えています。

その分、申し込みの手間が省けますし、借り入れがしやすくなっています。アルバイトやパートなどで年収が少なく、審査が通るかどうか不安という場合は、収入証明書が不要で今すぐに借りることができるところを探すのもいい方法です。

今すぐ借りるには金融機関に口座があると便利

銀行系のカードローンの場合は、お金を借りようと思う銀行の口座があると申し込みの手続きも振り込みもスムーズになります。カードローンを探す場合は、まずは口座を持っている銀行でカードローンをやっているかどうかを調べてみましょう。

また、auのように携帯電話会社でもカードローンを扱っているところがあります。すでに本人の住所や年齢などが記録されているので、申し込みがスムーズになります。
さらに携帯電話のユーザーは特典や融資が早いなどのメリットがあります。

楽天などの大手通販サイトや大手流通チェーン店などのポイントカードを持っている場合も事前に氏名や住所の登録が済んでいるため、申し込みがスムーズになります。

今すぐにお金を借りるのはネットで完結が便利!

カードローンの申し込みは、以前は店頭の窓口に行ったり、電話をしたりと時間や手間がかかりました。しかし、最近はネットで完結できるところが増えています。

ネットでの申し込みは早くてスムーズ

カードローンは「お金を借りる」という行為なので、店頭で担当者と顔を合わせるのは抵抗があります。
電話も同じで、電話口であれこれ聞かれるのは避けたいものです。

ところがネットでの申し込みは深夜でも早朝でも、自分の都合のいい時間に必要事項を記入するだけで申し込みが可能です。

必要書類は写真で撮って送るだけ

本人確認書類や収入証明書はスマートフォンや携帯電話で写真に撮って送るだけでOKです。
パソコンの場合はスキャンしたデータを送ることも可能です。

後日郵送するといった手間も不要のところが多いので、後は審査結果の連絡を待つだけです。

今すぐにお金を借りるなら時間にも注意

カードローンの多くは即日融資が可能ですが、申し込み時間によっては無理な場合があります。

時間の条件をチェックしておきましょう。

口座への振り込み希望なら午後2時まで

ネットでの申し込みでも電話での申し込みでも、自分の銀行口座にその日のうちに振り込んでもらいたいなら、申し込みは午後2時までに終わるようにしましょう。

金融機関では申し込みを受けてから審査を行います。その結果が出て、振り込みを完了するまでに1~2時間かかるからです。

「即日融資可能」と書いてあっても、午後3時を過ぎてから申し込むと、物理的にその日のうちに振り込むのは難しくなります。

午後3時以降に借りるなら無人契約機がおススメ

午後3時以降に申し込んでその日のうちに借りたいという場合は、口座への振り込みは無理ですが、無人契約機があるところなら可能です。

店頭の窓口を夜までやっている場合は窓口に行ってもいいでしょう。

ただし、無人契約機なら担当者と顔を合わせずに申し込みができ、その場でお金を借りることができます。

急ぐ場合はカードローン審査が早いところを選ぶ

カードローンによっては「最短30分で融資が可能」など短時間をアピールしているところがあります。今すぐ借りたい場合は審査時間が早いところを選ぶといいでしょう。

saifu

今すぐにお金を借りるのは難しい…ローンカードを事前に作っておこう!

どうしてもお金が借りたいという時は、急なことが多くパニックになりがちです。

即日融資の場合でも、本人確認書類や収入証明書、勤務先の在籍確認などが必要になる場合があります。そこで、「いますぐお金を借りたい」状況ではない時に、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングサービスのためのローンカードを作っておくと安心です。

いざという時にあわてないためにカードを持っておくと安心

たとえ申し込み者の条件が良くても今すぐに契約してくれ、と言うのは難しいです。特に条件が良いカードローンであればあるほど審査にはどうしても時間がかかります。職場の在籍確認を休日すぐに行うなんてことも不可能ですしね。

それならばお金をすぐに借りなくても、念のためにカードローンで契約しておくというのが賢い選択です。

キャッシングや銀行カードローンのローンカードを持つメリット

事前にローンカードを持つメリットには、次のようなものがあります。

  • 落ち着いて手続きができる
  • 複数の金融機関を比較できる
  • コンビニのATMが利用できる
  • 気持ちに余裕ができる

手元にいつでも融資が受けられるカードがあると、それだけで安心できます。急な飲み会や冠婚葬祭があっても、「大丈夫」と対応できるのは大きなメリットです。

また、多くのカードはコンビニのATMで借り入れが可能です。夜間でも、地方でもお金を借りることができるので、いざという時に助かります。

キャッシングのローンカードを作る時の注意点

金融機関によってはさまざまなサービスや特典があります。また、金利も異なるため、よく比較検討してから申し込むようにしましょう。

キャッシングのローンカードを作る時のチェックポイント

カードを作る時は次の点をチェックしてみましょう。

  • 金利(実質年率)
  • 無利息の期間があるかどうか
  • 借り入れの締め日と返済期日
  • 融資限度額
  • 使えるATMが近くにあるかどうか
  • コンビニのATMでも使えるかどうか

特に無利息の期間があるカードならば、急な出費の際に借りても無利息期間中に返済すれば利息はかかりません。事前によく調べておきましょう。

ただし、無利息期間のサービスはキャンペーン期間中だけという場合があります。その点も合わせて注意が必要です。

返済日も事前に把握しておくことが大切です。返済日が給料日前になると返済に苦労することになります。

これらを総合的に判断して、1~2枚のカードを作っておくといざという時でもあわてずに済みます。

自分が利用している銀行でもカードローンを行っている場合があります。そこでもカードを作っておくと、今すぐお金が借りたいという時に助かります。

借りずにお金を作ることはできる?

一方でどうしてもお金が必要。だけど貯金がない。という時は、やはり借りるか、何らかの方法でお金を得るしかありません。最後にお金を借りる以外の、その他の方法があるかどうかを見てみましょう。

どうしてもお金が必要な時、借りる前にできること

お金を借りると利息がかかります。そのため、できれば借りずに乗り越えたいものです。その場合の方法を考えてみましょう。

  • 古い本やCDなどを売る
  • まだ使えるものをリサイクルショップに持っていく
  • オークションやフリマサイトで売る
  • 日払いバイトをする
  • 質屋を利用する

どの方法も金額はそれほど多くはありませんが、すぐにお金が必要な時には助かる方法です。ただ、どれもデメリットがあります。

お金を作る際のデメリット

本やCDを売る 買い取り価格は本来の価格の10分の1程度になる
リサイクルショップ 美品でないと買い取ってくれない
オークションやフリマサイト 必ずしも売れるとは限らない。商品代は相手が受け取ってから入金というケースが多い
日払いバイト 仕事を探したり登録したりに時間がかかる
質屋 査定価格が低い。利息が高い

このようなデメリットを詳しく見ていきましょう。

今すぐお金を作るときのデメリット

オークションやフリマサイトのデメリット

自分の物をリサイクルショップなどで売る場合、価格は買い手側である店が設定します。そのため、安い値段をつけられる可能性があります。

一方、ネットオークションやフリマサイトは自分で自由に値段を設定できるのがメリットですが、出品した商品を魅力的に見せる努力が必要です。

また必ずしも売れるとは限りません。買い手がついた場合でも、最近はトラブルを避けるために買い手が商品を受け取ってから支払うというシステムを取っているところがあります。

そのために出品からお金を手にするまでには数日かかってしまいます。

日払いバイトはその日のうちにお金がもらえない!?

日払いバイトはその日の仕事が終わったらバイト代がもらえるというイメージがありますが、実際は必ずしもそうではありません。

バイト代の計算は1日単位で行われますが、支払いは翌週の月曜日などにまとめて行うというところや、日払いで欲しければ事務所までお金を取りに行かなければならないなどの条件があります。

事前によく確認しておきましょう。

勤め先で借りる方法もあるが…

勤め先で従業員に融資する制度を設けているところもありますが、申請から融資までに時間がかかることや、融資を受ける理由を細かく書かなければいけないなどのデメリットがあります。

また、担当者に「お金に困っている」と知られるのはつらいものです。教育ローンや自動車ローンなど急がない場合で堂々と理由を説明できる時以外は避けたいものですね。

スマホやパソコンを売ってはいけない!

どうしてもお金が借りたいという状況になって、「何かを売ろう」と思っても買い取り価格は驚くほど低くなります。だからと言って、切羽詰まってパソコンやスマホなどを売りに出さないようにしましょう。

これらは今や日常生活になくてはならないものです。売って当座のお金を手に入れたとしても、スマホやパソコンが必要になって購入しようと思うと余計にお金がかかってしまいます。

質屋も現代では縁遠くなって久しいです。決して早まらずに、やはりお金を借りて凌いで、早めに返すようにするのが良さそうです。

あなたにピッタリのカードローン

今すぐに借りる!今日借りられるカードローンは?

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

  • 最短30分のスピード審査で即日融資
  • 銀行口座開設不要で申し込める!
  • ローン契約機なら土日も当日融資

原則300万円まで所得証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日
来店不要
最短即日融資800万円4.0%~14.5%融資OK-

「即日融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP