即日融資を受けるための必要書類は何があるの?

カードローンでは、その日に申し込み、すぐに融資を受けられる即日融資という仕組みがあります。
お金を今すぐ必要としている人にとっては、ありがたいサービスでしょう。
お金を借りることになるので、契約書など書類が必要となっており、提出しないといけない必要書類は何があるのでしょうか?

即日融資では必要書類として本人確認書類があります

カードローンで即日融資を受けるときは、申込者は必ず審査を受けます。
審査では必要となる書類がいくつかあり、消費者金融系または銀行系のカードローン、どちらを利用するにも提出しないとなりません。
ただどちらの場合にしても、提出する書類は、ほぼ同じです。

カードローンの申し込みで必要となる書類は、大きく分けると2つあります。
1つは本人確認書類であり、もう1つが所得を証明する書類です。
所得を証明する書類は、一定金額以上借入希望となると必要となり、本人確認書類はどのような場合でも提出必須です。

必要書類となる本人確認書類について

本人確認書類は、申込者が本人であるかどうか確認するためであり、なりすましでの利用を防止するためです。
そのために、書類としても顔写真付きの公的書類が望ましいとされますが、中には用意できない方もいるので、その他の書類も対応しています。

本人確認書類には、本名・住所・生年月日などが記載されており、これにより申込者本人かどうか判断します。
また、申込者の信用情報も確認し、提出書類は、信用情報照会時にも使われます。

申し込みで必要となる本人確認書類は、どのカードローン会社でも指定があり、使える書類に違いはほとんどありません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住証明書

このような書類となっており、提出するときには、運転免許証・パスポートのどちらかが良いです、
この2つの書類には、顔写真が入っており、公的書類となっており、また偽造もしにくくなっているために、身分証明書として信頼性が高いです。
本人確認書類として必要となるこれらについては、それぞれ特徴があります。

運転免許証

運転免許証は、現在はICチップ入りとなっており、昔以上に偽造しにくくなっています。
本人確認書類として信頼性が高く、多くのカードローン会社では、運転免許証を提出するように指定しています。
運転免許証を提出すれば、他の書類を求められることはありません。

記載の住所が引っ越し前の住所ならば、カードローン申し込み前までには、更新して新しい住所に書き換えておきましょう。
昔のままの住所だと、他の書類の提出も求められます。
もちろん有効期限ないの運転免許証でないとならず、更新期限が過ぎていると使えません。

パスポート

パスポートにも顔写真が入っており、公的書類であり、こちらも本人確認書類として信頼性が高いです。
カードローン審査でも使うことが可能となっており、提出前には、所持人記入欄という記入欄に名前と住所、連絡先を記載しておきます。

この所持人記入欄は任意なので、必ず記入しないといけないとはなっていません。
しかし、カードローンの審査では、ここが空白だと本人確認書類として使えないのです。
ローマ字で記載する必要はなく、本人のサインとなるので、日本語で記載すればよいです。
もしも記載の住所が、引っ越しで現住所と違うなら、二重線を引いて、新しい住所を記入します。

健康保険証

健康保険には、国民健康保険、社会保険、組合保険、船員保険とあります。
このどの機関から発行の保険証も本人確認書類として提出可能ですが、保険証1つだけでは不十分というカードローン会社が多く、別途公共料金の領収書など、名前や住所のわかる書類をもう1つ提出しないとなりません。
保険証の他に何が必要かは、カードローン会社により違うので、申し込み前に確認しておきましょう。

住民基本台帳カード

お住まいの地域の市町村役場で作ることの出来るICカードです。
公的な身分証明書となっており、カードローンの申し込みの他でも使えます。
顔写真付きと顔写真なしバージョンがあり、顔写真なしの住民基本台帳カードであれば、健康保険証と同じく、別途公共料金の領収書などの提出が求められます。
マイナンバーカード発行に伴い、平成27年12月で新規発行は終了しました。

マイナンバーカード

個人番号カードとも呼ばれており、公的な身分証明書です。
こちらも顔写真なしであれば、別途公共料金の領収書などの提出が求められます。
もしも、カードローン申込時に提出するとなれば、マイナンバーの数字を隠して、提出します。

在籍カード・外国人登録証明書・特別永住証明書

外国人の方でも、日本国内に住んでおり安定した収入がある方であれば、カードローンの申し込みは可能であり、即日融資も受けられます。
審査では同じように、本人確認書類を提出しないとならず、在籍カード・外国人登録証明書・特別永住証明書の書類が使えます。

申し込むカードローンによっても、何が必要か違ってきます。
また安定した収入があるか、仕事をしているのか確認のために、職場への在籍確認も行われます。

運転免許証を持っていない方の必要書類

カードローンの即日融資の申し込みでは、運転免許証を提出するのが良いですが、持っていない方もいるでしょう。
そのような方は、パスポートがあればそれを、または他に保険証やマイナンバーカードと一緒に公共料金の領収書や住民票の写しを提出します。
パスポートを持っていれば、本人確認書類として他の書類は提出必要ありませんが、保険証などであれば、何か他にもう1つ提出しないとなりません。

一定額以上の借入希望の方は収入証明書が必要

どのようなカードローンの申し込みでも、一定額以上の借入を希望する方は、収入証明書も一緒に提出します。
高額な金額の融資では、貸し倒れリスクが高くなるので、審査はより慎重になり、申込者の収入状況を確認します。
通常は50万円以上借入希望であれば、収入証明書の提出を求められます。
または、他社との借入総額が100万円を越える場合も、同じく収入証明書の提出を求められます。

収入証明書を確認しいくら収入があるか確かめ、さらに個人信用情報を確認し、問題ないかチェックされます。
収入証明書としてはいくつかありますが、以下の書類が提出可能です。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書

これらの書類は、すべて直近のものを用意することとなり、給与明細書は直近2ヶ月または3ヶ月分を、その他の書類は前年度のものを用意します。
ただ申し込む時期によっては、前々年度のものしか用意できないこともあるので、場合により前年度の書類でなくても構いません。
給与明細は勤務先の会社が発行しており、その他の書類は役所や税務署で発行しています。

ちなみに給与明細書と源泉徴収票は、社判が押していないと有効とならず、社判なしのものは使えません。
確定申告書は、税務署の受領印が無いと使えませんので、これらは印鑑があるか確認しましょう。
特に、給与明細書と源泉徴収票は、手書きで発行することがあるので、注意です。

必要書類はいつまで用意すべきか?

必要となる書類は、カードローン会社に申し込みするときまでには用意します。
申込時には審査が必ず行われ、本人確認書類や収入証明書の提出を求められ、中でも本人確認書類は提出必須で、誰が申し込んでも提出しないとなりません。
さらに、一定金額以上借りるなら、収入証明書の提出も行います。

審査の前には、提出することとなるので、申し込み前までには用意しましょう。
ほとんどのカードローン会社では、契約時でなく、申し込み段階で提出を求めます。
また、申し込みを決めてからギリギリになって用意するより、事前に用意し、余裕を持って申し込んだ方が、ミスが少なくてスムーズに申し込みが出来るでしょう。

申込書の記入ミスに注意

即日融資の申込時でも、提出する書類の他に、申込書を提出します。
申込書には、本人の名前や住所、電話番号、年齢、他社借入金額、勤務先住所や電話番号などを記入します。
この申込書を持って、カードローン会社は勤務先に電話し、在籍確認を行います。

即日融資でも、在籍確認は必ず行われ、これは借入希望額に関係しません。
注意しないといけないのは、申込書への記入ミスであり、特に勤務先電話番号のミスには気をつけましょう。
万が一電話番号を間違えて記入してしまうと、カードローン会社が電話したときに、繋がらないまたは他の会社に繋がるなどして、在籍確認出来ません。

カードローン会社は、電話番号が間違っていました、などと教えてくれるほど優しくないので、電話番号の記入ミスにより在籍確認出来ないとなると、その時点で即融資不可となります。
申込書には、記入した後は一度間違いがないか確認しましょう。

即日融資に申し込むなら必要書類の用意は確実に!

即日融資の申し込みを行う場合の必要書類をご紹介しました。
書類としては、公的書類であり、中でも顔写真が載っている書類を用意するのが好ましいです。
運転免許証やパスポートであり、これらがあるなら、即日融資申込時に提出するようにしましょう。
また一定額以上借入を希望するならば、収入証明書も提出必須となっており、給与明細書や源泉徴収票などを用意しましょう。

あなたにピッタリのカードローン

必要書類がそろったらこちらがおすすめ

プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で即日の融資可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間
SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

「即日融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP