長崎県のキャッシング・カードローン一覧

長崎県の長崎市平和公園の平和祈念像

意外と貸金業者の多い長崎県!キャッシングは身近?

信金はたった1つ!信組の多さが目立つのが特徴!

長崎県の金融機関は、地銀2、第二地銀1、信金1、信組5という内訳です。金融機関以外の貸金業者は、日本貸金業協会に加盟しているだけでも19団体、非加盟を含めると確認できるだけで24の業者が存在します(2016年3月時点での調査)。

貸金業者の数が多いとされる沖縄県を除けば、大都市を有する都道府県以外の地方でこれだけの数の貸金業者が存在するのは珍しいと言えるでしょう。長崎県民にとってはキャッシングというのはとても身近な存在となっています。

平均年収と最低賃金も全国平均を下回る!ワーキングプア率も高め!

平成28年1月現在、長崎県内の金融機関における貸出金は、ゆうちょ銀行を除く国内銀行で2兆6,000億円規模、信金・信組を合わせておよそ2,000億円、農協が1,800億円、その他(政府系金融機関や漁協など)が3,000億円、合計で3兆円を超える貸出金となっています。

2014年度の長崎県民の平均年収は381万円でした。これは47都道府県中45番目。最低賃金も694円となっており、全国平均の798円を大きく下回ります。また、ワーキングプア率も40%を超えており(2007年度のデータ)、こちらも全国平均(33.7%)を大きく上回っています。

年収の半分以上が借金!?県民の借入額は3兆円

長崎県の人口が140万人なので、先の貸出金の合計である3兆円で割れば、県民一人当たりの貸出金は200万円を超えることになります。

もちろん、貸出額は住宅ローンなども含めた金額ですから、一概に比較できない部分はあります。しかし平均すれば、県民一人あたり年収の半分以上の借金を抱えている計算です。

キャッシングは縁遠い!貸金業者の利用は消極的!

一方、財務局の統計を見ますと、平成27年3月末時点における貸金業者による消費者への貸付は18億円、平成27年時点での長崎県の就業者人口が66万人ほどなので、就業者一人あたり2,700円程度にしかなりません。

貸金業者の数は多くても、積極的に貸金業者を利用する人がそう多くないようです。そのため、どちらかというと金融機関のローンを利用する人の方が多いという印象を受ける数字ですね。長崎県には信用組合が多いため、金融機関の地域密着度が非常に高いのかもしれません。

堅実な県民性が長崎県の特徴!大切な財産はしっかり守ります!

決して見栄は張らない!今あるモノやお金を大切に使うのが長崎県民!

世帯別負債残高を見てみると340万円ほどでした。これは47都道府県中、最も少ない負債残高となっています。しかし貯蓄残高でも全国43番目に低い値となっています。

この年収・貯蓄・負債の3つから見えてくるのは、堅実性です。決して見栄を張らず、収入に見合った生活を送るという県民気質が見て取れます。このあたりの県民性は、どこか佐賀県に近い気質を感じます。

消費の支出も少なめ! ただし火災保険はしっかりかけてます!

これは、長崎県の消費支出データにも如実に現れており、統計局のデータによると長崎県民の消費支出は1ヶ月287,000円ほどで、全国40位となっています。統計からも堅実性の伺える県民性ですね。

また、長崎県民は損害保険料にかけるお金が全国46位となっていながらも、火災保険料にかける金額は全国上位になっているという特徴もあります。家を守る・家財を守るという意識の強さが伺えます。

堅実だけど・・・女性のファッション意識は意外と高い!?

加えて、長崎県民は日用品にかけるお金もそれほど多くないという特徴もあり、ひとつの物を長く使うというこだわりを窺い知ることができます。しかし一方で婦人服やスカート、ブラウスといった女性ファッションに関しては、全国上位の出費となっています。長崎県の女性はオシャレ意識が高く、男性はファッションにあまりお金をかけないという側面も垣間見えます。

景況の回復が期待できる長崎県経済!観光産業が経済を押し上げる!

パートタイマー不足という現状も!キャッシング利用を控えてしまう雇用バランスが課題

ここまで見たきたように、長崎県民は景気の好不況に関わらず、堅実性を維持できる賢い県民性を有しています。不況が叫ばれる地方経済にあって、長崎県の景況も次第に持ち直しつつある傾向にあるようです。

産業は漁業が盛ん! 世界遺産登録で観光業も活況!

長崎県は、観光や漁業などの産業が活発で、特に漁業漁獲量は九州で最も多い県です。また、九州はみかんの生産も活発ですが、九州全体で全国の3割にあたる量を生産しており、長崎県は熊本県に次いで九州で2番目に多い生産量を誇ります。

明治日本の産業革命遺産の軍艦島、長崎の教会群とキリスト教関連遺産など、世界遺産の効果もあり観光産業が活性化しているのも特徴です。

パート不足=賃金の低さ?主婦の活躍の場が少ない

雇用関係では、全体的な新規求人数や求人倍率は上昇傾向にあるものの、パートタイマーが不足しているというアンバランスを生み出しています。これは、先にも述べた最低賃金の低さにも直結することでもあり、景気の下支えとなる中小企業や小売業としても頭の痛い問題に発展しているようです。

長崎県の経済成長には主婦の活躍が期待されます。

全国的にカードローンを利用する理由のほとんどが生活費という点から考えてみても、主婦がカードローンを活用することはもはや当たり前の時代ともなりつつあります。ただし専業主婦でも申し込めるカードローンは全体的な数から見ればそれほど多くはありません。申し込むならやはり何らかの形で働いていた方が確実です。

キャッシング意欲を削いでしまう雇用悪化!早期改善に期待!

パートタイマーの大半を占めるのは主婦ですし、家庭消費の管理を行うのも主婦ですから、主婦の活躍があってこその経済と言えます。少なくとも、パートなどで働いてさえいれば主婦も借り入れができるわけですから、そうしたパート雇用の悪化というのも、カードローン利用の意欲を削いでしまう要因なのかもしれません。

カードローンコンテンツ一覧

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP