キャッシング審査で在籍確認の電話があった!通過は確実なの?

電話での在籍確認

キャッシング審査では、在籍確認の電話は大体最後でかけられます。この段階まで行ったということは、審査に通る確率がかなり高いということです。

しかし、これで審査通過が確実というわけでは、当然ありません。在籍確認に失敗して審査落ちすることもあるので注意してください。

在籍確認に失敗して審査落ちするケース

その職場に本当に勤務しているなら、在籍確認をしたらそのまま審査通過するはずです。しかし、稀に失敗することもあるんですね。

申込者を知らない職場の人が、電話に出た

電話連絡

大きい会社の場合は、その申し込み者を知らない人も、当然たくさんいます。そうした人が電話に出てしまった場合、「○○さんお見えでしょうか」と在籍確認しても「さあ、わかりません」となってしまいます。

「どなたか、わかる方はお見えでないでしょうか」などと言っても、仕事が忙しい時で、その職場の人の態度が悪かった場合など、取り次いでくれない場合もあります。

在籍確認ができずに審査落ちということはあります。

こうなると、たとえその職場の人が悪いにしても、在籍確認はできなかったということになります。なので、やむを得ず「在籍確認ができなかったため、審査落ち」となることもあります。

再度、在籍確認を依頼することはできるのか?

こういう場合、もう一度在籍確認を頼むことができるかは、業者・銀行によります。業者・銀行によっては受け付けていますし、受け付けていない場合もあります。

このあたりはその時期の審査の混み具合にもよるでしょうし、その申し込み者の信用度や、在籍確認した時の職場の人の反応など、あらゆる条件によって決まります。一概に「再度、在籍確認できる」とはいえませんが、状況によっては可能でしょう。

必ず、自分を知っている人が出る電話番号を登録しましょう

このような在籍確認のトラブルを防ぐのに必要なのは「自分を知っている職場の人しか出ない電話番号にする」ということ。どれだけ広い会社でも、部署ごとの電話番号があるはずなので、そういう電話番号を指定しましょう。

実際、カードローンの審査では在籍確認の電話よりも先に本人の携帯に電話がかかってきます。そして、その時審査項目についていろいろ確認されますが、職場の電話番号についても確認されます。

「この電話番号は、○○さんをご存知の職場の方が出られるものでしょうか?」というような確認ですね。

「そんな人はいません」と言われたら在籍確認は失敗します

この確認が絶対あるというわけではありませんが、あることが多いです。その時に、ここまで書いたような不安がある場合、電話番号を修正しましょう。

逆に言えば、このようにカードローン会社が事前に確認したにもかかわらず、上のような理由で在籍確認ができなかったという場合、それは認められません。なので、電話番号の指定には、くれぐれも注意してください。

申込者を知っていても、電話が不審がられたケース

もし電話に出た職場の人が申し込み者を知っていても、電話の内容を不審がって、わざと「知りません」と答える場合もあります。キャッシング審査の経験がある人などは、すぐに何の電話かわかるので、不審がらずに「はい、います」と答えてくれます。

しかし、経験がない人は何の電話かわからないので、「○○さんに電話がかかってくるのはおかしい」と思った場合、わざと「いない」という可能性があるんですね。

これは職場の人の良心ということでありがたいのですが、残念ながら、これが原因で審査落ちすることもあります。
これを防ぐには、電話確認が来る前に職場の人に「今日、保険屋さんから俺あてに確認電話が来るから」というように、無難な説明をしておくといいでしょう。

自分が出られる日時を指定するのが一番無難

ここまで書いたような在籍確認失敗のリスクを減らすには、自分が職場にいて、確実に確認電話に出られる日時を指定する…という方法もあります。在籍確認の時間は完全に指定できるわけではありませんが、業者・銀行によってはある程度まで配慮してくれます。

要望を伝えておけば最大限配慮してもらえます

特に営業など外回りが多い部署でなければ、職場にいる時間も長いでしょう。その中のどこかであれば、さほど細かい指定ではないので、業者・銀行もそれに合わせてくれるでしょう。

電話での在籍確認自体を回避するのもあり

そもそも電話での在籍確認自体をなしにする、という方法もあります。たとえばモビットなら、電話による在籍確認をなしにして、書類による在籍確認に切り替えてもらえます。プロミスは申込後、電話で相談します。もちろん要望に添えない場合もありますが、きちんと在籍さえ確認できれば、電話が必須なわけではないのです。

相談して他の在籍確認方法で審査してもらいましょう

モビットで申し込むなら在籍を確認できる内容の「会社の保険証」や「給与明細」を提出するのがポイント。モビットはさらに「三菱東京UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座がある、という条件も必要ですが、これらの条件を満たせば、この3業者は電話による在籍確認をなしにできるのです。

アコムは限度額10万円以下という条件で、電話による職場への連絡なしでも審査してもらえます(※もちろんご要望に沿えない場合もあります)。

というわけで、在籍確認のせいでキャッシング審査に落ちるのが嫌な場合、こういう方法を使うのもありです。職場バレを防ぎたいという人も、ぜひ参考にしてみてください。

あなたにピッタリのカードローン

電話の在籍確認を回避するならこの消費者金融がおすすめ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

  • テレビ窓口で最短40分で融資
  • 専業主婦も融資可能!30万円まで
  • 土日祝でも審査可能で即日融資

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
審査回答
最短40分500万円4.6%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP