キャッシング審査で在籍確認の電話があった!通過は確実なの?

電話での在籍確認

キャッシング審査では、在籍確認の電話は大体最後でかけられます。この段階まで行ったということは、審査に通る確率がかなり高いということです。

しかし、これで審査通過が確実というわけでは、当然ありません。在籍確認に失敗して審査落ちすることもあるので注意してください。

キャッシングで在籍確認に失敗して審査落ちするケース

その職場に本当に勤務しているなら、在籍確認をしたらそのまま審査通過するはずです。しかし、稀に失敗することもあるんですね。

キャッシングに申し込んだ本人を知らない職場の人が、電話に出た

電話連絡

大きい会社の場合は、その申し込み者を知らない人も、当然たくさんいます。そうした人が電話に出てしまった場合、「○○さんお見えでしょうか」と在籍確認しても「さあ、わかりません」となってしまいます。

「どなたか、わかる方はお見えでないでしょうか」などと言っても、仕事が忙しい時で、その職場の人の態度が悪かった場合など、取り次いでくれない場合もあります。

キャッシングでは在籍確認ができずに審査落ちがざらにあります。

こうなると、たとえその職場の人が悪いにしても、在籍確認はできなかったということになります。なので、やむを得ず「在籍確認ができなかったため、審査落ち」となることもあります。

キャッシングの審査で再度、在籍確認を依頼することはできるのか?

こういう場合、もう一度在籍確認を頼むことができるかは、業者・銀行によります。業者・銀行によっては受け付けていますし、受け付けていない場合もあります。

このあたりはその時期の審査の混み具合にもよるでしょうし、その申し込み者の信用度や、在籍確認した時の職場の人の反応など、あらゆる条件によって決まります。一概に「再度、在籍確認できる」とはいえませんが、状況によっては可能でしょう。

キャッシングの審査では必ず、自分を知っている人が出る電話番号を登録しましょう

このような在籍確認のトラブルを防ぐのに必要なのは「自分を知っている職場の人しか出ない電話番号にする」ということ。どれだけ広い会社でも、部署ごとの電話番号があるはずなので、そういう電話番号を指定しましょう。

実際、カードローンの審査では在籍確認の電話よりも先に本人の携帯に電話がかかってきます。そして、その時審査項目についていろいろ確認されますが、職場の電話番号についても確認されます。

「この電話番号は、○○さんをご存知の職場の方が出られるものでしょうか?」というような確認ですね。

電話応対で「そんな人はいません」と言われたら在籍確認は失敗します

この確認が絶対あるというわけではありませんが、あることが多いです。その時に、ここまで書いたような不安がある場合、電話番号を修正しましょう。

逆に言えば、このようにカードローン会社が事前に確認したにもかかわらず、上のような理由で在籍確認ができなかったという場合、それは認められません。なので、電話番号の指定には、くれぐれも注意してください。

申込者を知っていても、審査側の電話が不審に思われて失敗するケースもある

もし電話に出た職場の人が申し込み者を知っていても、電話の内容を不審がって、わざと「知りません」と答える場合もあります。キャッシング審査の経験がある人などは、すぐに何の電話かわかるので、不審がらずに「はい、います」と答えてくれます。

しかし、経験がない人は何の電話かわからないので、「○○さんに電話がかかってくるのはおかしい」と思った場合、わざと「いない」という可能性があるんですね。

これは職場の人の良心ということでありがたいのですが、残念ながら、これが原因で審査落ちすることもあります。
これを防ぐには、電話確認が来る前に職場の人に「今日、保険屋さんから俺あてに確認電話が来るから」というように、無難な説明をしておくといいでしょう。

電話の在籍確認は自分が出られる日時を指定するのが一番無難

ここまで書いたような在籍確認失敗のリスクを減らすには、自分が職場にいて、確実に確認電話に出られる日時を指定する…という方法もあります。在籍確認の時間は完全に指定できるわけではありませんが、業者・銀行によってはある程度まで配慮してくれます。

キャッシング会社に要望を伝えておけば最大限配慮してもらえます

特に営業など外回りが多い部署でなければ、職場にいる時間も長いでしょう。その中のどこかであれば、さほど細かい指定ではないので、業者・銀行もそれに合わせてくれるでしょう。

在籍確認の電話連絡そのものをなしにできるキャッシングもある

そもそも電話での在籍確認自体をなしにする、という方法もあります。たとえばモビットなら、電話による在籍確認をなしにして、書類による在籍確認に切り替えてもらえます。プロミスは申込後、電話で相談します。もちろん要望に添えない場合もありますが、きちんと在籍さえ確認できれば、電話が必須なわけではないのです。

相談して他の在籍確認方法で審査してもらいましょう

モビットで申し込むなら在籍を確認できる内容の「会社の保険証」や「給与明細」を提出するのがポイント。モビットはさらに「三菱東京UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座がある、という条件も必要ですが、これらの条件を満たせば、この3業者は電話による在籍確認をなしにできるのです。

アコムは限度額10万円以下という条件で、電話による職場への連絡なしでも審査してもらえます(※もちろんご要望に沿えない場合もあります)。

というわけで、在籍確認のせいでキャッシング審査に落ちるのが嫌な場合、こういう方法を使うのもありです。職場バレを防ぎたいという人も、ぜひ参考にしてみてください。

在籍確認

在籍確認で聞かれる内容は、基本的に「本当に在籍しているかどうか」だけ。それも「○○さんという方は在籍していますか?」などという警察のような聞き方はしません。

個人名のよくある電話で「大曽根と申しますが、小曽根さんお見えでしょうか」というように自然に聞き出すだけです。そうやって「本当にいる」ということだけわかればいいんですね。

勤務状況や年収なども、もちろん聞かれません。また、自分がその場にいる必要もありません。自分が電話に出たら、「氏名・生年月日」を聞かれるくらいです。

在籍確認の電話の内容自体は、全く怖くない

先にも書いた通り、在籍確認の電話の内容は、まったく心配するようなものではありません。消費者金融の業者名や銀行名も出さないですし、もちろんキャッシングの審査ということも言いません。

冒頭にも書いたような、個人名での自然な聞き出しをするだけです。この辺は在籍確認をするオペレーターさんはプロなので、極めて自然に聴きだしてくれます。

業者・銀行の評判のために、職場バレを防ぐ

在籍確認の電話によって職場バレしてほしくない…と考えているのは、申し込み者本人だけではありません。
キャッシング業者の方でも、在籍確認の電話で職場の人にキャッシングがバレるというのは避けたいのです。

そうして職場バレしたら、当然その消費者金融や銀行カードローンの評判は悪くなりますし、それは売上の低下に直結します。自社の利益のために、そのような職場バレは防ぎたいんですね。

申し込み者のためではなく、業者・銀行自身のためにしっかりやってくるので、その点は安心してください。

「電話が来るはずがない人」だと、職場バレのリスクも

職場への電話

上のように書いたものの、絶対に職場バレしないわけではありません。というのは「山田さんに、電話が来るわけがない」という人も当然いるからです。

すべての人が電話で外部とやり取りする仕事をしているわけではありません。

特にアルバイトの人など、個人指定で電話がかかってくることなど、まずないでしょう。

そういう人の場合は「電話があった」ということ自体で怪しまれて、それで職場の人にキャッシングがバレる…ということもあります。

この場合は、もう電話が来ること自体がNGなわけですから電話による在籍確認なしにできる業者・銀行で借りるしかありません。ここでは、それが可能な業者・銀行を紹介します。

電話確認を回避できる消費者金融のキャッシング会社

まず消費者金融では、モビットが書類による在籍確認を希望することで、電話での在籍確認を回避できる制度があります。またプロミスも在籍確認の方法について相談に乗ってくれます。もちろん要望に沿えない場合もありますが、両方とも相談しやすいのは同じです。アコムは条件がそうとう落ちてしまいます。

モビット・プロミス・アコムなら勤務先への電話を回避できるかも?

モビットでは「会社の保険証」「給与明細」などの、審査会社による在籍確認が可能な必要書類を提出すれば、勤務先への電話連絡をなしにできる制度があります。アルバイトの人などは会社の保険証がないかも知れませんが、この場合は電話申し込みの窓口から、相談するのがいいでしょう。条件によっては、許可してもらえることがあります。

モビットなら在籍確認が可能な書類を提出する

ただしモビットは書類だけではなく「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座があるというのが条件になります。これを満たせないとモビットでの電話確認回避は難しいです。

プロミスは電話連絡で職場への電話を回避できる

その場合はプロミスで申し込みしましょう。プロミスは申込後、電話をするだけで良いので手軽です。もちろんいくら希望しても電話での在籍確認が必要とされる場合もあるので、その点はご了承ください。

アコムは手続きなしで、限度額10万円以下に

アコムには電話連絡なしにするための方法はなく、在籍確認は必ずされます。そして、その在籍確認に失敗した(職場が休みだったなど)の場合、自動的に限度額10万円以下になる…というシステムです。

そして、「後日確認が取れたら」普通の限度額まで引き上げられる…という形になっています。ある意味一番簡単に在籍確認を回避できるのですが、難点もあります。

アコムは実際に確認され、後日されるリスクも

アコムはあくまで在籍確認必須で「失敗した時に」限度額10万円以下で融資する、というシステムです。つまり「必ず在籍確認される」し「後日またされるかもしれない」わけです。

「電話自体をかけてほしくない」という人の場合、これではダメなんですね。なので、確実に電話確認自体がなくなるプロミス・モビットの方がおすすめです。

銀行カードローンで電話連絡なしにする方法

銀行カードローンは消費者金融と違い、基本的に全部「在籍確認必須」というルールになっています。しかし、例外がいくつかあり、その代表が三菱東京UFJ銀行のカードローンと、楽天銀行スーパーローンです。

楽天銀行スーパーローンで電話確認なしにする方法

楽天銀行スーパーローンでは「30万円以下の少額融資」の場合は、電話連絡なしになることが多い…といわれています。そういう口コミ・評判が多いというだけで、楽天銀行が公式にアナウンスしているわけではありません。

しかし、実際少額融資だと審査がゆるくなる・早くなるというのはよくあることなので、これも事実の可能性は高いです。

三菱東京UFJ銀行で電話連絡なしにする方法

三菱東京UFJ銀行は、テレビ窓口(無人契約機)で土日・祝日や夜間など、勤務先が休みの日時に申し込むと、電話連絡なしになる可能性が高いと言われています。

こちらも体験談や口コミによるもので、事実かはわかりませんが、可能性は高いでしょう。

あなたにピッタリのカードローン

電話の在籍確認を回避するならこの消費者金融がおすすめ

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

限度額300万円までは所得証明不要

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP