金欠でピンチ! 給料日前に1~3万円借りる賢いカードローン活用法

金欠

給料日前というのは、誰でも金欠でピンチになるもの。そういう時、1万円~3万円程度の少額をキャッシングして、ピンチを切り抜けるという方法もありです。

キャッシングにはマイナスのイメージを持っている人も多いでしょうが、1万円や3万円のような少額融資だったら、利子もほとんど発生しません。デメリットは何もないのです。

10万円以下の小口キャッシングなら、誰でもできる

給料

まず、キャッシング審査というのは多くの人が考えるより、ずっと簡単。「10万円以下」という小口融資なら、ほぼ誰でも審査に通ると思ってください。

誰でもといっても、過去に自己破産や重度の遅延・延滞など、返済トラブルを起こした人は難しいです。しかし、そうでない「普通の人」だったら、大抵は借りられると思ってください。

10万円の限度額の中で、1万円から3万円を借りる

1万円~3万円を借りたい場合も、この金額で「借入限度額」が設定されるわけではありません。これらの金額では小さすぎて、キャッシング業者も設定をしていないのです。

借入限度額の最小設定は「10万円」が普通

そのため、借りようと思えば、大抵の人は10万円まで借りられます。1万円や3万円が必要な人は、その金額だけを、自分で借りるということですね。

不要な分まで借りないように注意

お金がない

気づいた人も多いと思いますが、このように「10万円まで借りられる」となると、多くの人がついつい借りてしまうのです。

「絶対必要な金額」は1万円や3万円だったはずなのに「できればあれも買いたい」という風に、ついつい追加で借り入れしてしまうんですね。

一度キャッシングし始めるとわかりますが、10万円なんてあっという間です。本当に数日でなくなってしまいます。

幼児にクレジットカードを使わせることを想像するとわかりやすいと思いますが、人間の脳というのは、お金に関してそのくらい危ないものです。

「1万円~3万円だけでいい」というのはいいことですが、10万円の限度額を目の前にしても、その自制心をしっかり維持してください。

小口キャッシングだったら、消費者金融で申し込む

このような小口キャッシングの場合、銀行カードローンより断然、消費者金融で申し込むことをおすすめします。消費者金融の方が断然早く即日借り入れできますし、審査も通りやすいからです。

銀行カードローンのメリットは「金利が安い」ということですが、1万円や3万円では、金利差など影響ありません。

1万円を1ヶ月借りた場合、消費者金融と銀行カードローンの利子の差は、わずか30円。3万円を借りた場合も、わずか90円です。

というように、比較して悩むだけムダというレベルなので、小口融資の場合は、業者・銀行の比較は必要ありません。適当に、有名な所でチャチャッと借りてしまいましょう。

「無利息期間」がある業者・銀行は、おすすめ

「金利差は関係ない」と書きましたが、「無利息期間」がある業者・銀行はおすすめです。たとえばプロミス・アコム・レイクは「30日間無利息」で借りられます。

そのため、「給料日前でピンチ」という場合、次の給料日が来たら、すぐに完済して「利子ゼロ」にできるわけです。(完済できなくても、最初の1ヶ月の利子はすべてゼロになります)

金利差は関係なくても「無利息期間」なら関係します。できるだけ利子を払いたくないという場合、こうした無利息期間のある業者・銀行で借りる…というのがいいでしょう。

レイクなら「5万円まで180日間無利息」で借入可能

さらにレイクは、上に書いた「30日間無利息」に加えて「5万円まで180日間無利息」というシステムもあります。そのため、1万円や3万円の少額だったら、半年間「借りっぱなし」でもいいんですね。

もちろん、このくらいの少額だったらすぐ返済できる人も多いでしょう。しかし「どうしても、しばらくは返済が無理そう…」という場合も、あるかと思います。

そういう場合も、レイクだったらまったく問題ないということですね。利子ゼロで、何事もなかったように借りて、返済できる…ということです。(別途手数料が取られる…などのこともありません)

初回無利息期間のあるカードローン

専業主婦の場合は、銀行カードローンでしか借りられない

「業者・銀行の比較は必要ない」と書きましたが、無収入の専業主婦の方の場合は、少々事情が違います。というのは、アコム・モビットなどの大手の消費者金融の場合「専業主婦は融資不可」となっているからです。

パート・アルバイトなどで自分の収入があればOKなのですが、自分の収入がない場合は、借り入れできないということですね。そのため、専業主婦の方は消費者金融ではなく、銀行カードローンで借りることになります。

専業主婦以外は、消費者金融の方が借りやすい

専業主婦の方でなければ、アルバイト・フリーター・学生など、どんな職業・属性でも消費者金融が一番借りやすいです。

特に学生については、銀行カードローンだと「学生不可」となっていることもあり、この点でも消費者金融が有利。

というわけで、専業主婦という例外を除けば、小口キャッシングの場合は「まず消費者金融で申し込む」と考えてください。

あなたにピッタリのカードローン

給料日前にちょっとだけ借りたい!1~3万円借りるならここ!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

  • WEB完結!スマホから申込可能!
  • 銀行口座開設不要で申し込める!
  • ローン契約機で土日もカード発行

三井住友銀行口座とキャッシュカードでWEB完結

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
来店不要-最高800万円4.0%~14.5%融資OK-

「少額融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP