7万円キャッシングできたら何を支払う? 毎月の支払いの優先順位

何を支払う?

キャッシングで7万円借りることができたら、何の支払いから充てるか。これは、もし有利子の支払いがある場合、それが優先でしょう。

ただ、もし光熱費などのライフラインに関しても支払いがやばい…ということであれば、これらを優先しましょう。私の経験からいっても、光熱費や家賃が危なくなると、マズローの欲求の「下から二番目の「安全の欲求」や、一番下の「生理的欲求」が脅かされます。

となると、それより上の高度な欲求が全部どうでもよくなるので、心が荒むのです。そのため、ライフラインの支払いは絶対に最優先しましょう(携帯電話も含みます)。

生活費が払えない場合、国の融資を受ける方法もある

もし7万円キャッシングしても、これらの生活費・光熱費が支払えないという場合。これはかなり危ない、完全に生活に困窮している状態です。

この場合、国の融資を受けることができます

生活福祉資金というお金ですが、申し込みから3週間もあれば、本当の困窮している人の場合、融資してもらえます。

融資なので返済は必要ですが、金利は当然激安になっています。もし3週間くらい時間がかかってもいいという場合は、キャッシングよりこのような国の融資を使った方がいいかも知れません。

多重債務で困っている場合は、債務整理も考えよう

国の融資の延長として「債務整理」もあります

借金を整理して、減額したり、利息を免除してもらったり、過払い金を返還してもらう…というものです。

7万円借り入れしても、まだ全ての支払ができないという場合。その人は多重債務の可能性も高いでしょう。他の借り入れの返済に、かなり取られているということですね(私も経験があります)。

そういう場合、数百万円を超える多重債務だったら、債務整理ができます。債務整理をした方が明らかに楽になるし、根本的に解決できるので、まずこれをおすすめします。

個人再生だったら、借金総額が5分の1になる

たとえば、一番わかりやすい債務整理の方法が「個人再生」です。これは「借金総額を5分の1にする」「代わりに、5年以内の短期間で返済する」というもの。

「5分の1」「5年」というのはあくまで目安で、数字はその状況で変わります。何にせよ、このくらい借金総額を減額できるということです。

借金総額を5分の1にできれば、大抵の多重債務は返済できます。何しろ、1000万円という「絶対自己破産」というレベルの借金すら「200万円」まで小さくなるわけです。

200万円を5年で完済するなら、大抵の人は頑張れば何とかなるでしょう。

債務整理をすれば「毎月利息を支払いまくる」という生活を、根本的に改善できます。もしこうした多重債務が原因で「いくら借りても足りない」という状況になっているなら、ぜひ債務整理しましょう。

必ず家計簿をつけて、自分の支出をしっかり把握する

日本人の多くは、家計簿をつけていません。一生働き続ける最大の理由はそれである、と言ってもいいくらいです。

特に生活費のためにキャッシングをしなくてはいけない…というような人の場合、大抵は家計簿をつけていないものです。急なケガや病気などによって、働けなくなってしまったという例外もあるかも知れません。

しかし、そうした例外を除けば、大抵家計簿をつけず「野放図に買い物している」というのが、多いパターンです。

こうした方は、月々の様々な支払いの順番を考えるのも大事ですが、まずは家計をしっかり管理しましょう。そして、自分が買ってきたものは、どれだけ必要だったかどうか、しっかり冷静に反省しましょう。

「本当に必要な買い物」は、誰でも少ないもの

それは、頭ではわかっていても、家計簿などの客観的に見える形で管理しないと、ついついコントロールできなくなるものなのです。

というわけで、繰り返しになりますが、月々の支払いが多すぎて困っている人は、まずは家計簿をつけましょう。それだけでも生活は大幅に改善されるでしょう。

収入を大幅に増やす方法を考える

次に重要なのは「収入を大幅に増やす」ということ。というのは、別に贅沢なショッピングをするためではありません。

真面目な生活をするために、お金が必要ということは結構多いのです。たとえば「絶対フリーズしない、ハイスペックなパソコンを買う」などですね。

宮本武蔵も「商売道具には富貴を惜しむな」という名言を残しています。これは現代でも通じる言葉で、お金よりも大事な時間をしっかり節約するために、そしてお客さんや同僚を喜ばせる仕事をするために―。お金というのは、どうしてもある程度必要なのです。

節約だけでは限界があることを知る

今の30代や40代が高齢者になる頃には、年金はまともにもらえないと思った方がいいでしょう。つまり、70才になっても普通のサラリーマンのように働ける…というくらいの仕事力が、これからの時代は要求されるのです。

高齢者になってもそのくらいのスキルを持つには、若い頃からある程度仕事ができる必要があります。そのためには、節約はほどほどにした方がいいでしょう。

それより、使うべき所には徹底して注ぎ込み、常に自分の仕事のレベルを上げていくことです。若いうちからそのくらいしていて、ようやく「働かずに済む老後」が手に入ると思った方がいいでしょう。(皮肉なことに、そのように「働かなくていい人」の方が、おそらく老後もしっかり働けるのですが…)

あなたにピッタリのカードローン

7万円借りて一息つくなら、こちらのカードローンがおすすめ!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

  • WEB完結!スマホから申込可能!
  • 銀行口座開設不要で申し込める!
  • ローン契約機で土日もカード発行

三井住友銀行口座とキャッシュカードでWEB完結

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
来店不要-最高800万円4.0%~14.5%融資OK-

「少額融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP