一人暮らしの生活費はいくらかかる?足りない時は少額キャッシングがおすすめ!

一人暮らし女子

  • 一人暮らしの1ヶ月の生活費の目安金額は?
  • 急な出費が重なった場合はどうする?
  • 生活費が足りない場合はキャッシングを利用してみるのも良いでしょう

大学への進学や就職を行うタイミングで、親元を離れて一人暮らしを行うようになる人も多いと思います。一人暮らしを始めたけど、新生活に慣れておらず生活費がまだ把握できてない方もいるかもしれません。実際にどのくらい生活費がかかるか気になりますよね。

この記事では、はじめて一人暮らしをする人に向けた「1ヶ月の生活費の目安」について、また生活費の工面に困った時の良い解決法についてご紹介いたします。

一人暮らしの生活費の平均は?

大学生大学生と新社会人に向けて、ここでは一人暮らしの平均的な1ヶ月の生活費をご紹介させていただきます。

大学生の1ヶ月の生活費の目安
家賃 50,000円
食費 20,000円
水道光熱費 10,000円
交際費 5,000円
通信費 10,000円
娯楽費 5,000円
衣類購入費 5,000円
交通費 3,000円
雑費 3,000円
合計 111,000円
社会人の1ヶ月の生活費の目安
家賃 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
交際費 10,000円
通信費 10,000円
娯楽費 5,000円
衣類購入費 10,000円
交通費 5,000円
雑費 3,000円
合計 163,000円

項目ごとの生活費の解説

家賃

一般的には、手取り月収の約3分の1までの家賃で抑えるべきだと言われています。
また管理費や共益費、駐車場代などが別途かかる場合もあります。

食費

生活スタイルによって様々ですが、自炊やお弁当の持参などをすれば月10,000円以内に抑えることも可能でしょう。
外食ばかりの方は、1日1,000円としても最低月30,000円はかかります。
多くの方は自炊と外食が半々ぐらいの頻度、という方が多いのではないでしょうか。

水道光熱費

水道料金は2ヶ月ごとに集金される地域が多いです。シャワーをよく使っている場合は思っているよりも水道代が高くなりますので、節水は日頃から気をつけましょう。
電気代とガス代については、季節ごとに大きく変わります。
夏はエアコンで電気代が高くなり、冬場はお湯を使う機会が増えるのと暖房費もかかってきますのでガス代と電気代どちらも高くなるでしょう。
夏と冬は予想外に費用がかかる傾向にありますので、省エネを心がけておきましょう。

交際費

大学生ならサークル内の付き合いや、また友人宅で遊んだりする場合も多いと思いますので比較的費用は抑えられるかと思います。
社会人になると先輩や上司との付き合いもありますので、必要な生活費、経費として計上しておく必要があります。

通信費

インターネット費用と携帯電話費用です。契約するマンションによってはインターネット費用が無料のところもありますので、通信費を抑えたい方は契約する前に不動産仲介業者に確認しておきましょう。
携帯電話も最近では格安SIMなどがありますので、安く抑えたい方はネット上の口コミなどを参考にメリットの大きい通信会社を調べてみましょう。

娯楽費

趣味に使うお金も必要です。ゲーム購入費やDVDのレンタル費、雑誌購入費などがここに含まれます。

衣類購入費

おしゃれに興味がなくても毎日清潔な服装でいたいものです。ファストファッションに代表される量販店などで済ませれば、比較的出費を抑えられることでしょう。

交通費

実家へ帰ったり、友人宅へ向かったり、車を持っておられる方はガソリン代などがかかってきます。

雑費

風邪を引いた時の薬代や、ティッシュ、トイレットペーパー、石鹸などの日用品を購入する費用です。
病気になった場合には、通院費などで出費が大きくなるでしょう。

生活費を安く抑えるコツは?

一人暮らしは意外とお金がかかり驚かれたかもしれません。
この項では、生活費を抑えるコツをご紹介させていただきます。


食費の抑え方

お弁当女子自炊やお弁当を持参することです。
外食で500円かかっていた一食分の食費が自炊をすれば200円以内に抑えることもできます。たくさんの量を作っておく方が費用を抑えられますので、余った分は冷凍保存などしておき、お弁当などへ利用するのもいいかもしれません。
また、食材が余った時はレシピサイトなどを参考にして無駄にしないように心がけましょう。

水道光熱費の抑え方

光熱費水道代はこまめな節水を心がけます。水の出しっ放しは絶対にやめておきましょう。電気代は使わない照明をすぐに落としたり、またエアコンの費用を抑えることにより出費を抑えられます。
夏場は扇風機を使い、冬場は厚着をしたり湯たんぽを使ったりして温まる工夫をしましょう。

通信費の抑え方

先ほどもお伝えしたように、インターネット費用が含まれているマンションがおすすめです。また携帯代は格安SIMを利用しましょう。

節約することは大変ですが、日頃から心がけることでおおよそ3〜5万円ほどの費用を抑えることができるでしょう。
無駄な出費を極力抑えて、ご自身の勉強のための費用や趣味に使う費用に回してもいいかもしれません。

急な出費が重なった場合はどうする?

日頃から節約を心がけていても、出費の重なる月は生活費がピンチになる可能性もあります。どうしても生活費が足りない場合は、思い切ってご両親に頼んでみましょう。
またインターネットのオークションサイトで不用品を売るのも、お金に困った場合の定番の方法ですね。

頼れる人がいなかったり売れる不用品が無かったり、どうしてもお金の工面ができない場合は少額のキャッシングを利用してみるのもおすすめです。
キャッシングというとあまりイメージが良くないかもしれませんが、うまく利用することで大きなメリットがあります。
次の項目で詳しく説明いたします。

生活費が足りない場合はキャッシングを利用してみるのも良いでしょう

生活費
少しだけお金が足りないという場合は「キャッシング」を利用すれば、即日に資金を調達することができます。
キャッシングの対象者ですが「20歳以上の安定した収入がある方」に限られます。アルバイトで安定した収入がある方は学生であってもキャッシングを行うことができます。また親元からの仕送りがある場合も「安定した収入」と見なされる場合がありますので、各金融業者で確認してみましょう。

なぜ少額のキャッシングがおすすめ?

少額のキャッシングであれば、金利でかかる負担額(利息)が格段に安いからです。
各金融業者や毎月の返済額によって最終的な利息が変わってきますが、3万円程度のキャッシングであれば「1500円〜4000円」程度の利息で融資を受けることができます。
また「30日間無利息サービス」を行なっている金融業者も多いです。
下記の表にまとめてみました。

30日無利息サービスを行なっている金融業者や銀行
金融業者名・銀行名 適用される条件
アイフル 契約が初めての方
プロミス 契約が初めての方
web明細を利用すること
アコム 契約が初めての方
返済期日が「35日ごと」で契約された方
新生銀行カードローン 契約が初めての方

表からわかるように、基本的には「初めて利用される方」に限り30日無利息となります。
少しの生活費が足りなくて翌月に返済できる見込みがあれば、「30日無利息サービス」をうまく活用できると思います。

キャッシングを利用する場合の手順は?

契約書
さて実際にキャッシングを利用する場合の手順について説明していきます。

利用手順

  1. キャッシングを行う金融業者を選ぶ
  2. インターネットから申し込む
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 審査終了
  5. 契約後に資金を受け取る

それでは順を追って見ていきましょう。

1.キャッシングを行う金融業者を選ぶ

まずはキャッシングを行う金融業者を選びましょう。
初めての方は先ほどお伝えした「30日間無利息サービス」を利用できる金融業者が良いでしょう。

2.インターネットから申し込む

最近では来店が不要なインターネット申し込みでも「即日振込み」を行なっている金融業者がほとんどで、上記でお伝えした全ての金融業者で実施されております。
来店の手間がいらず、申し込みができるので「インターネット」から申し込むのがおすすめです。

3.本人確認書類を提出する

インターネット申し込みの場合は「本人確認書類」をアップロードして提出します。スマホから書類の写真を撮って提出するだけですので、とても簡単に済ますことができます。

4.審査終了

メールにて契約内容の確認メールが送られてきますので、確認の上同意すると「契約完了」となります。

5.契約後に資金を受け取る

契約が完了すれば「指定の銀行口座」へ振込が行われます。

とても簡単に審査を受け取ることができますので、初めてご利用される方もスムーズに資金を調達することができるでしょう。

まとめ 少額融資は利息が安くて利用しやすいのが最大のメリット

これから一人暮らしを始められる方は「お金」の問題に悩んでいる方もおられるかもしれません。
しっかりと「本業」や「アルバイト」に精を出すことが生活を安定させるベストな方法だと思いますが、どうしてもお金が足りない状況になる場合もあるでしょう。
お金が足りない場合は「少額のキャッシング」で生活費を工面してみるのも良い方法です。

  • 一人暮らしは意外と出費が多い
  • 生活費が足りない場合は利息の安い少額のキャッシングがおすすめ
  • 本業に精を出して生活を安定させるために少しのキャッシングは有効

キャッシングを利用する場合は、返済の計画をしっかりと立てておきましょう。

あなたにピッタリのカードローン

少額でイイからスグにお金を借りたい!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

  • WEB完結!スマホから申込可能!
  • 銀行口座開設不要で申し込める!
  • ローン契約機で土日もカード発行

三井住友銀行口座とキャッシュカードでWEB完結

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
来店不要-最高800万円4.0%~14.5%融資OK-

「少額融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP