銀行カードローンの審査基準を公開!分岐点は年収200万円?

審査基準

銀行カードローンの審査基準は特に決まっていませんが、大体年収200万円がボーダーラインです。以前のオリックス銀行は申し込みの資格として、はっきり「年収200万円以上」という条件を設定していました。

今はオリックス銀行でもその審査基準は表向きありませんが、過去にあった以上、オリックス銀行でも他の銀行カードローンでも、これが一つのボーダーラインといえるでしょう。

年収200万円が銀行カードローンの審査基準になる理由

これは簡単で、「クビにならないレベルの仕事をしている人なら、年収200万円は必ずある」ということ。

それ以下の年収の人は「年収が少ない」というより「いつクビになるかわからない」ということが問題なのです。

たとえば、アルバイト・フリーターの人よりは、当然正社員・契約社員の方がクビになりません。そして、正社員・契約社員として契約しているのであれば、ほとんどの場合年収200万円は超えます。

会社員・OLで年収200万円ない場合、会社自体が危ない

OL

最近は日本人の給料も上がらなくなってきたので、会社員・OLでも年収200万円いかないという人はたまにいるでしょう。この場合、本人は悪くないのですが「会社自体が危ない」といえます。(当然ですね)

ということで、これも「いつ支払不能になるかわからない」ということで、キャッシング審査では不利になるわけです。消費者金融ではなく、銀行カードローンのように審査が厳しい所の場合、ですが…。

フリーター・アルバイトでも、年収200万円あれば大丈夫

逆に言えば、アルバイト・フリーターの人でも「年収200万円レベルまで稼いでいる」人なら、そうそうクビにならないといえます。これまでの職場でそういうフリーターの人を見たことがある人なら、すぐにわかるでしょう。

日雇いバイト

こういうフリーターの人というのは、会社にとって非常にありがたい存在なのです。安いお給料で、正社員よりも遥に上の仕事をしてくれるわけですから。

最近はこれが社会問題化して「ブラックバイト」という言葉も生まれていますが、逆に職場での権力が高いのを鼻にかけて、正社員よりも上の存在として君臨しているバイトの人も、稀にいます。

返済能力があるということが重要

何はともあれ、どちらにしても「そう簡単にクビにならない」=「返済能力がある」ということは確か。

そのため、年収200万円あれば、職業が会社員・OLだろうと、アルバイト・フリーターだろうと、カードローンの審査には通りやすいのです。

消費者金融なら年収100万円以下でも審査に通る

銀行カードローンの場合は一応「年収200万円」という審査基準がありますが、これも絶対ではありません。そして、消費者金融だったら年収100万円以下でも、かなりの確率で審査に通ります。(つまり、キャッシングというのは消費者金融でも銀行カードローンでも、それほど年収がなくても、審査に通るものです)

消費者金融の場合、大体どのくらいの年収から審査に通り、どのくらいの限度額になるのか、簡単にまとめます。

ある程度の信用度があれば50万円、信用度がない場合10万円

簡単にいうと、ある程度の信用度があれば「限度額50万円」になることが多いです。

消費者金融には「年収の3分の1までしか借りられない」総量規制というルールがあるので、50万円の場合、年収150万円は必要ですが。

年収150万円だったら、アルバイトやフリーターの人でも、稼いでいる人は結構いるでしょう。その条件で、勤続年数や借入状況、これまで個人信用情報などに特に問題なければ、50万円借りられることは多いです。

逆に年収が50万円程度だったり、これまでのキャッシングの利用実績がなかったり、あるいは返済トラブルを起こしていたり…、という場合は「限度額10万円」からスタートします。

限度額10万円はキャッシングの最低スタートライン

銀行カードローンでも消費者金融でも、一番小さい限度額は10万円です。これがキャッシングの最低スタートラインと考えてください。

10万円は、たとえばアコムの場合、審査で必須となっている勤務先への在籍確認に失敗しても、融資してもらえるような金額です。そのくらい、業者・銀行にとっては「返済されなくても、痛くも痒くもない金額」なんですね(当然ですが)。

というわけで、10万円だったらよほど問題のある人でなければ借りられます。逆に10万円の融資すら断られたとしたら、年収や借入状況などに、相当な問題があると自覚してください。(ご自身でもある程度わかっているでしょうが…)

その他の銀行カードローンの審査基準

その他の銀行カードローンの審査基準は、消費者金融と同じ内容で「少し厳しい」というもの。ただ、消費者金融との決定的な違いは「無収入の専業主婦でも借りられる」ということです。

収入がない専業主婦は、消費者金融での借り入れはできません。しかし、銀行カードローンだったら30~50万円まで借入可能です。

それも「夫の同意書」は不要なので、夫バレ・旦那バレも完全になしにできます。人によっては「自分の収入で借りる」よりも簡単なくらいなのです。

この点が、消費者金融と銀行カードローンの審査基準の、一番大きな違いといえるかも知れません。

あなたにピッタリのカードローン

年収200万円以下…。それでも借りるならこのカードローン!

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP