キャッシングの審査に落ちる原因ベスト3!審査落ちの理由は大体この3つ

借入までの審査 2020/10/14 4527view

審査落ちする人

「手元にお金がなくてピンチ!」そんなときに助かるのがキャッシングです。

ところが審査に落ちてしまったらショックですね。「何が悪かったんだろう?」と落ち込んでしまいますが、理由は聞いても教えてくれません。「キャッシングの審査落ちの理由とは?」詳しく解説します。

キャッシングの審査落ちの原因ベスト3

キャッシング(銀行カードローン)の申し込み条件や審査方法などを理解した上で、キャッシングの審査に落ちる理由を見てみましょう。

審査落ちの最大の理由は下記の3つに絞られます。

  1. 年収と融資希望額のバランスがとれていない
  2. 他社からの借り入れ件数と残高が多い
  3. 返済遅延や金融事故がある

年収と融資希望額のバランスがとれていない

カードローンの落とし穴に落ちるキャッシングの利用時に「年収が低いから借りられないかも知れない」と悩む人が多いかも知れません。

しかし、「年収が低い」という理由だけでキャッシングの審査に落ちるわけではありません。また、申し込み条件に「年収〇〇万円以上」と書いていないことからも、年収に対しての条件やしばりがないことがわかります。

年収に見合わない金額を望むのはNG!

正社員と非正規雇用者の格差社会の現実キャッシングの申し込み条件のひとつに「返済能力があること」があります。

これも具体的な数値があるわけではありませんが、年収が200万円の人が300万円の融資を希望した場合、「それ、どうやって返すつもり?」と思われてしまいます。

特に消費者金融には「総量規制」があり、融資は他社を含めて年収の3分の1までと決められています。なお、この場合の他社は消費者金融とクレジットカードのキャッシングが対象で、銀行カードローンで借りた分は含まれません。

消費者金融の限度額は総量規制に注意!

あふれ出るお金総量規制ができたのは返済能力を超える額を消費者金融が貸していた時代があり、返済不能に陥った人が自己破産するなど社会問題になった背景があります。

その結果、「貸し過ぎ」を防ぐために「年収の3分の1まで」と決められました。

例えば年収150万円の人は、3分の1である50万円までは借りることができます。しかし、すでに他の消費者金融で40万円を借りている場合は、別会社で新規に申し込んでも10万円までしか借りられません。

同じように他社ですでに50万円を借りていれば、その人は別会社に申し込んでも審査に落ちてしまいます。

なお、総量規制がない銀行カードローンが際限なく貸してくれるか……と言えば、決してそんなことはありません。その人の年収や返済能力を見て融資額を決定します。

他社からの借り入れ件数と残高が多い

借金を背負った男性他社からの借り入れ件数や残高が多いと、審査に悪い影響を与えます。ただし、この場合も「他社での借り入れが何件以上なら審査が通らない」とか「他社での借り入れ残高が〇〇万円以上ならダメ」といった数値的な基準はわかりません。

一般に公開されていないだけで各保証会社では決められているのかも知れませんが、それを知ることはできないのです。

ただ、これもバランスが重要で、特に消費者金融の場合は残高が年収の3分の1以上あれば審査は落ちてしまいます。

消費者金融で収入証明書類が必要な場合

消費者金融では次の場合に、収入を証明する書類の提出を求めています。

  • 融資希望額が50万円以上の場合
  • 他社(消費者金融、クレジットカードのキャッシング)での借り入れ額と新規融資希望額の合計が100万円をこえる場合

なお、これ以外の場合でも会社が収入証明書類の提出を求めることがあります。

収入証明書類は以下の書類を提出します。

  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書など

他社の借り入れ状況は信用情報機関でわかる

他社でどれだけ借りているかということは、申し込み時に自分で記入します。しかし、それは自己申告なので、審査時は信用情報機関に登録内容を照会しています。

ちなみに他社の利用状況に関して、信用情報機関では次のような内容を登録しています。

契約内容 契約した会社名、契約年月日
契約金額 融資限度額
利用した内容 どの会社でいつ、いくら借りたか

キャッシングだけでなくクレジットカードの契約や各種ローンの契約なども登録されています。

総量規制の対象になるのは消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングですが、それ以外の借り入れ件数や金額もすべてわかってしまいます。

返済遅延や金融事故がある

他社で借りている額が少額であっても、返済の遅れは審査落ちにつながります。また、過去に自己破産や任意整理などの金融事故を起こしている場合も審査は通らないと考えていいでしょう。

信用情報機関に一定期間登録される

返済遅延や金融事故は信用情報機関に登録されます。

返済内容 返済した会社名、契約年月日
完済の記録 完済した会社名、完済年月日
返済遅延の記録 どの会社でいつ、いつ返済が遅れたのか
金融事故の記録 自己破産、任意整理、個人再生、特定調停をした年月日

信用情報機関によって異なりますが、返済遅延や金融事故は1年~5年間くらいは登録されています。

携帯電話代金の支払い遅延にも注意

スマートフォンのローン地獄意外と忘れがちなのが携帯電話(スマホ)の本体代金です。これは分割して携帯電話の通話料と一緒に毎月支払うようにしている方が多いのではないでしょうか。

このような分割払いは「個別信用購入あっせん契約」と言って、契約内容は信用情報機関に登録されます。これは「割賦販売法」で決められていることで、支払いが遅れた場合はその遅延情報も一定期間登録され、キャッシングやローンの審査時に影響を与えます。

携帯電話(スマホ)の本体代金は通話料と一緒なので支払いが遅れてもそれほど意識されない人が多いようですが、実は住宅ローンが組めないことがあるほど審査への影響は大きいので注意しましょう。

きちんと返済すれば審査でプラス評価に

このように他社の利用履歴や返済遅延情報は審査落ちにつながる可能性があります。
しかし、きちんと返済していれば、「この人に貸したらまじめに返済してくれる」と高い評価が得られます。

一度もキャッシングやクレジットカードの利用がない人は審査で不利に

パソコンを使って申込みをする男性逆に今までで一度もキャッシングやクレジットカードを利用したことがない人は信用情報機関に利用履歴も返済履歴も記録されていません。

そのため、審査をする際に返済能力が読めないので不利になりやすいと言われています。そのような場合は携帯電話の通話料や電気代、プロバイダ代などを口座引き落としではなくクレジットカード払いにして返済履歴を残すといいでしょう。

それだけのことで審査の評価がプラスになりますよ。ただし、クレジットカードの支払い日を忘れないように預金口座の残高を確認しておきましょう。

【厳選】カードローンおすすめ解説記事