アルバイトしていればキャッシング審査は楽勝?利用限度額は10万円~どれぐらいまで?

アルバイトでは収入が少ないため、キャッシングの審査に通るのは難しいのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

ただ、実際の審査は収入の金額や勤続年数で左右されます。また、現時点の借入状況や過去の信用情報にもよります。
これらの総合的な条件によって審査結果が決まるので「アルバイトをしていればOK」などの絶対的な基準はありません。

職業がアルバイトでもキャッシングは利用できる?

そもそも収入がアルバイトだけという人は、キャッシングが利用できるのでしょうか?

消費者金融と銀行カードローンの利用基準(申し込み条件)を見てみましょう。

アルバイトの方のキャッシングの申し込み条件は?

消費者金融は次の条件を満たす人が利用できます。

  • 20歳以上であること
  • 本人に安定した収入があること
  • 返済能力があること
  • 当社の基準を満たすこと

なお、当社とは「キャッシングを申し込む会社」のことを言います。銀行カードローンの場合は「保証会社の保証を受けられること」が条件になっています。

キャッシング審査で問われる保証会社の保証とは

銀行カードローンは審査を自分の銀行では実施していません。保証会社に依頼して審査をしてもらっているのです。保証会社はキャッシングする人の保証人代わりになるということを意味しています。そのため、キャッシングした人がもし返済できなくなると、保証会社が代わりに銀行に返済しなければなりません。このことを「代位弁済(だいいべんさい)」と言います。

代位弁済をすると保証会社が損をしてしまうので、そうならないためにキャッシングの申し込み時にしっかり審査を行っています。なお、保証会社は一時的に代位弁済するだけで、お金を借りた人は後日保証会社に返済しなければなりません。

主な銀行カードローンの保証会社は次のように消費者金融や貸金業者、クレジットカード会社などが保証と審査を行っています。

銀行カードローン 保証会社
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
アコム★
じぶん銀行カードローン アコム★
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス★
イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス▲、またはオリックス・クレジット★
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション■
楽天銀行カードローン 楽天カード■★、セディナ■
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス★

★:消費者金融・貸金業者
■:信販会社・クレジットカード会社
▲:保証事業

アルバイトの場合もキャッシングの審査はこれらの保証会社が実施しています。

アルバイトでも審査に通ればキャッシングの利用は可能

アルバイトでも審査に通ればキャッシングは利用できますが、審査の基準は各金融機関によって異なります。また、キャッシングを申し込む本人の状況によっても審査結果は異なります。
そのため、1ヶ月に同じ額の給料を受け取っているアルバイト同士でも、Aさんはキャッシングの審査に通ってもBさんは落ちるということが起こり得ます。

学生のアルバイトでもキャッシングの審査は通る?

アルバイトをしている人の中には、20歳以上でも学生という人もいると思います。学生でもキャッシングの審査は通るのでしょうか?

各金融機関の対応を見てみましょう。

学生の方が消費者金融でキャッシングする場合

当サイトでご紹介している消費者金融の大手4社では、学生でもアルバイトなどで収入を得ていれば利用は可能です。ただし、その場合も20歳以上であることと審査に通ることが条件です。

消費者金融会社 学生の利用
アイフル
アコム
プロミス
SMBCモビット

アルバイトの方が銀行カードローンでキャッシングする場合

大手銀行カードローンでも、多くのところが学生でも利用が可能となっています。

銀行カードローン 学生の利用
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
三井住友銀行カードローン
楽天銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
イオン銀行カードローン
(申し込みは運転免許証を持っている人のみ)
ソニー銀行カードローン
オリックス銀行カードローン ×
横浜銀行カードローン ×

大手銀行カードローンの中ではオリックス銀行と横浜銀行が学生の利用は不可となっていますが、それ以外はアルバイトなどで収入があれば申し込みはできます。

アルバイトがキャッシングで10万円を借りることは可能?審査内容は?

では、アルバイトの人がキャッシングで10万円を借りることは可能なのでしょうか?また、審査は厳しいのかどうか詳しく見ていきましょう。

アルバイトの人のキャッシング限度額

キャッシングは職業や雇用形態によって融資額が決まるということはありません。雇用形態とは正社員、派遣社員、契約社員、パート・アルバイトなどの違いのことを言います。

雇用形態も審査の対象にはなりますが、それだけでなく、その人の年収、勤続年数、給与形態(固定給、一部歩合制、完全歩合制)、そして何よりもその人の信用度が重要になります。

消費者金融のアルバイトの方の融資限度額

ただ、消費者金融などの貸金業者は総量規制という法律で融資額の上限が「年収の3分の1まで」とあらかじめ設定されています。
アルバイトで10万円を借りたいと思うならば、最低でも1年間のアルバイト収入が30万円は必要ということになります。単純に1ヶ月に換算すると25,000円です。時給1,000円でアルバイトをした場合、1ヶ月に25時間働くことになります。1日に3時間のアルバイトを10日間働くだけで30時間になるので、1ヶ月で25,000円のアルバイト料を稼ぐのはそれほど難しいことではないでしょう。

銀行カードローンのアルバイトの方の融資限度額

銀行カードローンには総量規制はありません(2017年10月現在)。今後は何らかの規制があるかも知れませんが、現状では融資額は審査の結果で判断されます。

一般的に銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいと言われているので、多額のキャッシングは望めないかも知れません。しかし、本人に特に問題がなければ、10万円のキャッシングなら審査に通る可能性は高いと言えるでしょう。

アルバイトのキャッシング審査はどんな内容?

アルバイトでもキャッシングの審査は正社員などと同様に実施されます。ただ、どこの金融機関でも詳しい審査内容や審査基準は明らかにしていません。

そのため、もし審査に落ちたとしても、その理由はわからないようになっています。ここでは「こういう内容の審査をしているであろう」と思われる内容について書いていきます。

予測されるキャッシングの審査内容

そもそもキャッシングの審査は、その人にお金を貸してきちんと返してくれるのかどうかを見極めるのが最大の目的です。そこで次のような内容を審査して判断材料にすると考えられます。

審査内容 具体的な内容 目的
本人確認 運転免許証、パスポート、個人番号カード、健康保険証などの写しを提出 別人が名前を借りて申し込む(なりすまし)のを防ぐため
収入の確認 在籍確認
(必要な場合は収入証明書を提出)
・返済能力を判断するため
・消費者金融は総量規制の限度額を判断するため
信用度の調査 信用情報機関に登録内容を照会 ・返済能力を判断するため
・金融トラブルの有無を確認するため

アルバイトでも在籍確認の電話連絡はある

これらの中でアルバイトの人が特に気になるのが「在籍確認」ではないでしょうか。

在籍確認とは勤務先に審査担当者が個人名(銀行カードローンの場合は銀行名)で電話をかけることです。電話では「〇〇さんはおられますか?」と聞くだけなので、特に不審に思われることはありません。

アルバイトの人は在籍確認の口実を考えておくと安心

正社員の場合は外部から名指しで電話がかかってきても、特に不思議なことはないでしょう。しかし、アルバイトの人に社外から電話があるのは不自然というケースがあります。

その場合はそれぞれの立場で「なるほど」と思われるような口実を考えておくと安心です。例えば次のような口実はどうでしょうか。

  • 学生の場合……携帯電話に出られないときの連絡先をバイト先にしておいた。学校からの急な連絡だった。
  • 携帯電話が不調……携帯電話の電源が入らなくて、友達(または家族)が仕方なくバイト先に電話をかけてきた。
  • 自転車の修理……自転車を修理に出していて、この時間はバイトなのでこちらに電話するように頼んでいた。
  • 子どもがいる場合……バイト中は携帯電話に出られないので、店にかけるように伝えていた。

「なるべく職場には私用電話はかけないように言っておいて!」と叱られるかも知れませんが、在籍確認は1度だけなので素直に謝っておきましょう。

学校や自宅に電話がかかることはある?

申し込みから融資までの間でキャッシングの会社から自宅に電話がかかることは、まずありません。利用中に返済が遅れて、本人が携帯電話に出ないなどで連絡が取れない場合はやむを得ず自宅に電話がかかることはあります。ただ、その場合も個人名でかかってくるので、よほどのことでない限り家族が不審に思うことはないでしょう。

一方、学生のアルバイトの人で学校に電話が入るかどうかを心配されることがありますが、学校には電話は一切かかってきません。その点は安心して利用してください。

アルバイトでもキャッシングは返済できる額で利用すること

アルバイトは何かと不利な立場にあります。アルバイト先の経営が悪くなれば、正社員よりも先にアルバイトを人員整理します。また、経営状況によって勤務時間を減らされるということもあります。すると、ある月は7万円のバイト料があったのに、ある月は4万円に減ってしまった……ということが起こります。

するとキャッシングの返済にも支障をきたします。
キャッシングの審査では、そういったアルバイトの不安定な立場ということを考慮して、多額な融資はしないと考えられます。借りる人も自分の返済できる範囲で利用することが大切です。

あなたにピッタリのカードローン

パート・アルバイトでも審査に通過できるのはこのカードローン!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 最短翌日で融資可能な早めの審査
  • 内緒で借りやすいと評判が良い
  • 借り換え可能でおすすめ

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
-契約後早めの融資800万円1.9%~14.5%融資可能-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP