パートの主婦がキャッシングするなら消費者金融?専業主婦が銀行カードローン?

専業主婦
主婦でもパートやアルバイトとして働いていれば、消費者金融や銀行カードローンでキャッシングが利用できます。

さて、どこで借りるのがいいのでしょうか?パートの主婦におすすめのキャッシングをご紹介します。

パート収入があれば主婦でもキャッシング利用OK

消費者金融と銀行カードローンではキャッシングの利用条件が若干異なります。まずはそれぞれの利用条件を見てみましょう。

消費者金融でキャッシングするときの利用条件

消費者金融の利用条件は各業者によって若干異なりますが、ほぼ次のような内容になっています。

  • 20歳以上
  • 定期的な収入があること
  • 返済能力があること
  • 当社基準を満たすこと(※)

(※)「当社基準を満たすこと」というのは各金融機関が設けている審査基準を満たすという意味ですが、審査基準は公開されていません。そのため、実際に申し込んでみないとわかりません。

消費者金融は専業主婦は利用できない!

上の利用条件からもわかる通り、消費者金融は「本人に定期的な収入があること」が条件になっています。そのため、専業主婦は利用できません。

銀行カードローンでキャッシングするときの利用条件

一方、銀行カードローンの利用条件は次のようになっています。

  • 20歳以上
  • 定期的な収入があること(※1 または専業主婦)
  • 日本国内に居住していること(外国籍の人は永住権または特別永住権を持っていること)
  • 保証会社の保証が受けられること(※2)

(※1)一部の銀行カードローンは自分に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも利用できます。
(※2)銀行カードローンは自社で審査を行わず、保証会社に依頼しています。保証会社が審査をして基準を満たせば借りることができますが、この場合も実際に申し込んでみないとわかりません。

結論~パートの主婦はどこでも借りられる

消費者金融と銀行カードローンのそれぞれの利用条件を見てもわかる通り、パートで働いている主婦はどちらでもキャッシングが利用できるということになります。

では、消費者金融と銀行カードローンのどちらで借りるのがいいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

パートの主婦がキャッシングするなら消費者金融?銀行カードローン?

消費者金融とはアイフル、アコム、プロミス、モビットなどの貸金業者のことを指します。銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行や楽天銀行などが提供している使い道自由なフリーのカードローンのことです。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの特徴を比較してみましょう。

消費者金融 銀行カードローン
上限金利 18.0% 14.5%前後(※)
総量規制 あり なし
在籍確認 あり あり
土日・祝日の審査と融資 可能 一部の銀行カードローンのみ可能
無利息期間 あり
(一部の金融機関はなし)
新生銀行レイクのみあり

(※:銀行カードローンの金利は銀行によって、また、借りる人によって異なります。)

キャッシングの「上限金利」とは?

上限金利とは、そのカードローンで設定されている金利の中でもっとも高い方の金利のことを指します。

金利は各金融機関で異なりますが、例えばオリックス銀行カードローンの場合、金利は1.7%~17.8%とかなり幅があります。オリックス銀行カードローンの最大融資可能額は800万円ですが、もっとも低い1.7%で借りられるのは審査結果で800万円の融資枠が認められた場合のみです。

銀行カードローンは融資可能額で金利が決まる

銀行カードローンは審査の結果で申し込んだ人ごとに融資可能額(融資枠)が決まります。そして、融資可能額ごとに設定されている金利で借りることになります。

パートの主婦が借りる場合、800万円という高額な融資枠が得られる可能性は低いため、金利を比較する場合は上限金利を参考にするといいでしょう。

消費者金融を縛る「総量規制」とは?

上の表に「総量規制」という項目があります。これは「貸金業法」で定められているもので、「年収の3分の1までしか貸してはいけない」とされています。消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど貸金業者が対象です。

パートの主婦で年収が120万円の場合は、他社(消費者金融やクレジットカードのキャッシング)を含めて40万円までしか借りられないということになります。

一方、銀行カードローンは「銀行法」の対象なので、総量規制はありません。年収の3分の1以上でも融資は可能ですが、融資額は審査の結果で決まります。

金利は消費者金融よりも銀行カードローンの方が低い

パートの主婦が50万円を借りた場合の金利と1ヶ月の利息を比較してみましょう。

借り入れ先 金利 利息
アイフル 18.0% 利息7397円
アコム 18.0% 利息7397円
プロミス 17.8% 利息7315円
モビット 18.0% 利息7397円
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 13.6%~14.6% 利息5589円~6000円
楽天銀行スーパーローン 14.5% 利息5959円
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5% 利息4932円~5959円
みずほ銀行カードローン 14.0% 利息5753円
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8% 利息4932円~7315円
新生銀行レイク 18.0% 利息7397円

ちなみに利息は次の計算式で算出することができます。自分が実際借りる際に計算してみましょう。

利用残高×金利÷365×利用日数

上の表の利息は50万円を1ヶ月後に一括で返す場合の金額です。実際は毎月一定額を何ヶ月もかけて返済することが多いため、実際の総利息額はもっと多くなります。

キャッシングは金利が低いところで借りるのがお得

上の表でもわかる通り、同じ50万円を借りる場合でも金利によって利息が変わってきます。パートの主婦は少しでも家計のためになるようにと働いているのですから、利息は少なく抑えたいもの。

金利が低いところで借りるのがお得になります。

利息の支払いを抑えるなら無利息期間があるカードローン会社を活用

キャッシングを選ぶ場合は金利をよくチェックすることは大切なのですが、節約を考えるパートの主婦なら無利息期間を活用するのもいい方法です。

消費者金融に多い「無利息期間」とは?

無利息期間とはあらかじめ決められている期間は利息の支払いが不要というもので、次のカードローンが提供しています。

無利息期間
新生銀行レイク ●5万円までは契約の翌日から180日間無利息
●借りた金額全額が契約の翌日から30日間無利息
プロミス 利用の翌日から30日間無利息
アイフル 契約の翌日から30日間無利息
アコム 契約の翌日から30日間無利息

すぐに返済する場合は30日間無利息が便利

プロミスは借りた金額全額が利用の翌日から30日間は無利息になっていますが、それ以外は契約の翌日から30日間が無利息です。契約して30日以内に返済できる場合は利用すると利息がかからないので助かります。

なお、5万円までを借りたり返したりと繰り返す場合は、新生銀行レイクがおすすめです。パートの主婦は子どもの学校行事や病気などで出勤日数が少なくなると収入が減ってしまいますが、そんなときに新生銀行レイクで5万円までを借りて、次の給料日に返済すれば利息はかかりません。

ただし、いずれの場合でも無利息期間が過ぎると18.0%(プロミスは17.8%)の利息がかかるので注意しましょう。

急いでキャッシングしたい場合は土日・祝日審査がおススメ

金利は高いのですが、消費者金融は土日・祝日も審査と融資を実施しています。また、銀行カードローンは下記が土日・祝日の審査・融資に対応しています。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行レイク
  • じぶん銀行カードローン(じぶん銀行への振り込みのみ)

じぶん銀行カードローン以外は自動契約機のみの対応になります。

急ぐ場合は在籍確認が可能かどうかをよく考えて

キャッシングの審査では必ず職場に在籍確認の電話がかかってきます。これはパートでもアルバイトでも同じです。在籍確認の電話自体は簡単な内容で、しかも個人名でかかってくるので職場の人に怪しまれることはないでしょう。

ただし、職場が休みの日に電話があると、在籍確認ができません。スーパーや飲食店など常に誰かが電話に出られるところなら申し込んだ本人が不在でも問題はありませんが、事務所勤務などで休業日がある場合は注意しましょう。

基本的に在籍確認など一連の審査が終わらないと融資は受けられません。急ぐ場合は無利息期間のある消費者金融で一時的に借りるのもいい方法です。

パートの主婦におススメのキャッシングはこれ!

ここまでご説明してきた通り、消費者金融と銀行カードローンはそれぞれにメリット・デメリットがあります。パートの主婦がキャッシングする場合は、自分にとって何を優先するかを考えることが大切です。

長くお金を借りる予定なら低金利を優先

消費者金融(アイフル、アコム、プロミス)と新生銀行レイクは無利息期間がありますが、その期間が終了すると18.0%(プロミスは17.8%)の金利で利息がかかります。もし今後もキャッシングをするなら、無利息期間はなくても金利が低い銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

使い勝手がいい自動契約機があるかどうかを確認

自動契約機の設置場所や営業時間は各金融機関によって異なります。特に急ぐ場合は自分が利用しやすい場所に自動契約機があるかどうかを事前に確認しておきましょう。

即日融資なら消費者金融が早い

キャッシングを利用するときというのは、「今すぐお金が必要」という切羽詰まった状況が多いものです。急ぐ場合は即日融資が可能な消費者金融がおススメです。特に土日や祝日に申し込んで、即キャッシングを利用したいという場合は消費者金融の方が断然スピーディです。

ただ、その場合は職場への在籍確認ができることと自動契約機でカードを受け取ることが条件になります。なお、振り込みで即日融資を希望する場合は、平日の午前中に申し込みを完了するようにしましょう。

なお、銀行カードローンでは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行レイクが土日・祝日の審査と融資に対応していますが、いずれも自動契約機でカード発行する必要があります。三菱東京UFJ銀行バンクイックはカード受け取りに運転免許証が必要で、免許証を持っていない人はカードが受け取れないので注意しましょう。

あなたにピッタリのカードローン

パート・アルバイトよりもおすすめ?専業主婦は銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP