総量規制対象外が専業主婦キャッシングのキーワード!おすすめはどこ?

専業主婦

一般にキャッシングは働いて安定した収入を得ている人が対象です。そのため、無収入の専業主婦は利用することができません。「専業主婦(専業主夫)だって家事や子育て、家計のやりくりをして家族のために働いているのに……」という気持ちがわかりますが、お金を貸す(借りる)という場面ではやはり収入の有無が重要なカギになります。

ただし、専業主婦(専業主夫)でも利用できるキャッシングがあるんですよ。そのキーワードは「総量規制対象外」です。

専業主婦のキャッシングの鍵となる「総量規制対象外」とは?

「総量規制」という言葉をご存知でしょうか?
総量規制とは「貸金業法」という法律で決められている規則のことで、「融資は年収の3分の1まで」と規制されています。

消費者金融のキャッシングサービスは総量規制の対象

キャッシングには消費者金融が実施するもの、クレジットカードのキャッシング機能、銀行カードローンなどがあります。下記の表のように、これらのうち総量規制の対象になるのは消費者金融とクレジットカードのキャッシングです。

消費者金融 クレジットカードのキャッシング 銀行カードローン
法律 貸金業法 貸金業法 銀行法
総量規制 対象 対象 対象外

貸金業法の対象になるのは消費者金融とクレジットカード会社などの貸金業者で、これらは総量規制を守らなければなりません。総量規制は「年収の3分の1までの融資が可能」とされていますが、そもそも年収のない専業主婦(専業主夫)は借りることができないということになります。

しかし、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法が対象で、その中に総量規制はありません。つまり総量規制対象外ということになり、年収の3分の1以上でも融資は可能になります。

総量規制は個人の貸付が対象

総量規制は個人への貸付が対象で、法人向けの貸付や個人でも事業用資金として借りる場合は総量規制対象外になっています。

消費者金融にも総量規制の例外となるキャッシングサービスがある

総量規制には「例外」が認められています。

  • 顧客に一方的に有利になる借換え(おまとめローンなど)
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と合わせて年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業主に対する貸付
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」として借りる場合

配偶者の年収と合算できる消費者金融の「配偶者貸付」も総量規制対象外

上の例外にもある通り「配偶者と合わせて年収の3分の1以下の貸付」は総量規制の例外として認められています。このことを「配偶者貸付」と言って収入がない専業主婦(専業主夫)でも利用が可能になっています。

配偶者貸付の条件は厳しい!

配偶者貸付は無収入の専業主婦(専業主夫)でも利用が認められていますが、条件はかなり厳しいものになっています。

  • 配偶者の同意を得て同意書を提出すること
  • 婚姻関係を証明する書類を証明すること
  • (希望融資額によっては)収入を証明する書類を提出すること

同棲している場合や事実婚という人は婚姻関係を証明するのが難しくなります。また、籍を入れている夫婦でも配偶者の同意を得ることは相当困難だと言えるでしょう。

なお、配偶者に内緒で勝手に同意書を書いて提出するのはやめましょう。いずれバレますし、文書の偽造になるのでやってはいけません。

正直に配偶者にお金を借りたいことを伝えて同意を得ることが大切です。しかし、納得して同意してくれる可能性は低いと思われます。

たとえ総量規制対象外だと言っても配偶者貸付はかなりハードルが高い方法だと言えます。

消費者金融の配偶者貸付の審査対象は専業主婦本人

配偶者貸付で専業主婦(専業主夫)が借りる場合、配偶者の年収の3分の1までの融資が可能です。しかし、申し込み者(=契約者)は配偶者ではなく専業主婦(専業主夫)本人になります。

当然、審査の対象も配偶者ではなく専業主婦(専業主夫)本人です。仮に配偶者の年収が1000万円あったとしても、それは審査の参考にはされますが、申し込む専業主婦(専業主夫)自身の信用度が低い場合は審査は通りにくくなります。

消費者金融でも配偶者貸付を実施している業者が少ない

もし配偶者の同意を得られたとしても、実際には配偶者貸付を提供している金融機関は多くはありません。安心して利用できる大手消費者金融(アイフル、アコム、プロミス、モビット)では取り扱いをしていません。

あまり聞いたことがない中小の消費者金融会社を利用するのはさまざまな面で不安点があります。その意味でも利用は控えた方がいいでしょう。

銀行カードローンなら総量規制対象外なので専業主婦でも利用が可能

専業主婦(専業主夫)が総量規制を気にせずにお金を借りる方法として、銀行カードローンがあります。上でもご説明した通り、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法を守るようになっています。

そのため、総量規制の対象外なのです。

総量規制対象外の銀行カードローンの利用条件とは?

消費者金融は貸金業法の総量規制があるため、利用できるのは「20歳以上で安定した収入があること」という条件があります。しかし、銀行カードローンの中には「本人に安定した収入がなくても配偶者に安定した収入があれば利用可能=専業主婦でも利用可能」というところがあります。

専業主婦(専業主夫)でも借りられる銀行カードローン

次の銀行カードローンでは配偶者に安定収入があれば専業主婦(専業主夫)でも利用が可能になっています。ただし、融資額には上限が設定されているので注意しましょう。

カードローン名 融資額の上限
みずほ銀行カードローン 30万円
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
30万円
ソニー銀行カードローン 50万円
楽天銀行スーパーローン 50万円
イオン銀行カードローン 50万円

専業主婦(専業主夫)が利用しすい銀行カードローン

上記の中でも専業主婦(専業主夫)が利用しやすい銀行カードローンは「楽天銀行スーパーローン」と「ソニー銀行カードローン」「三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。

楽天銀行は専業主婦専用ページでカンタン申し込み

楽天銀行カードローンには専業主婦専用の申し込みページがあります。申し込み画面で専業主婦であることを選択すれば勤務先情報の入力はありません。最低限の項目だけで申し込みが完了します。

もちろんどこにも働いていないので在籍確認もありません。必要なのは本人確認書類だけです。

ソニー銀行カードローンも三菱UFJ銀行カードローンも申し込みはカンタン

ソニー銀行カードローンは特に専業主婦用のページがあるわけではありませんが、職業の選択時に「お勤めでない方」を選択すれば、勤務先に関する入力は不要です。
三菱UFJ銀行カードローンも最初に職業選択のところで「収入がなく、配偶者に収入のある方」を選択すれば、以後は勤務先情報の入力が不要なので、申し込みがカンタンに進められます。

なお、イオン銀行カードローンは運転免許証を持っている人のみが申し込み可能です。運転免許証を持っていない人はイオン銀行カードローン以外での利用を検討してみてください。

また、三菱UFJ銀行カードローンも自動契約機でカードを受け取る場合は運転免許証が必要です。運転免許証を持っていない人はカードは郵送になります。

キャッシング専用のローンカード郵送は家族バレがなく安心

ソニー銀行カードローンのカード郵送は「本人限定受取郵便」で送付されます。これは自宅または郵便局の窓口で本人しか受け取りができないという方法です。自分がルスのときに家族が受け取ってキャッシングがバレるという心配がありません。

また、楽天銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローンのカードは銀行名が入った封筒で送付されることが多いようです。いずれの場合でも家族に聞かれたら「口座開設をした」「キャッシュカードが送られてきた」などと答えておけば問題はないでしょう。

銀行カードローンの融資額はどうやって決まる?

銀行カードローンには総量規制がないため、年収の3分の1までという規制がありません。消費者金融では、例えば年収90万円の人は3分の1の30万円までしか借りられませんが、銀行カードローンでは30万円以上借りられる可能性があります。

ただし、融資額は審査を行った結果で銀行側が決定します。申し込み時に希望する融資額を記入しますが、その通り借りられるとは限りません。その点は理解しておきましょう。

銀行カードローンで専業主婦の融資額は最大50万円

上の表でもわかる通り、専業主婦が銀行カードローンを申し込んで借りられる額の上限は最大でも50万円までとなっています。ただし、この場合も実際の融資額は審査の結果で決まります。

銀行カードローンは配偶者の同意は不要

銀行カードローンを専業主婦(専業主夫)が借りる場合、配偶者に安定した収入があることが条件ですが、特に同意は必要ありません。
また、配偶者の勤務先名を書く必要はなく、配偶者の勤務先に電話が入ったり、配偶者に直接電話がかかるといったこともありません。

その点でも銀行カードローンは専業主婦(専業主夫)に利用しやすいサービスだと言えるでしょう。

銀行カードローンで専業主婦が借りる場合配偶者の年収は関係ない

一般に銀行カードローンを申し込む場合は、勤務先名や年収などを記入しなければなりません。しかし、専業主婦(専業主夫)が借りる場合はどこにも勤めていないので勤務先の記入は不要です。
上にも書いた通り、配偶者の勤務先名を書く必要もありませんし、配偶者の年収を聞かれることもありません。

銀行カードローンの審査対象は専業主婦本人

専業主婦(専業主夫)が銀行カードローンを申し込む場合は、契約者は専業主婦(専業主夫)本人になります。審査も当然ですが専業主婦(専業主夫)本人の信用度を調査されます。

申し込み時に配偶者の氏名や生年月日などを聞かれないのはそのためです。

配偶者の年収が多くてもそれは参考程度に聞いているのであって、審査は申し込んだ本人(この場合は専業主婦(専業主夫)である人が対象です。

もし過去に複数の借入先から借りていてまだ残高が残っているとか、返済が何度も遅れた、自己破産や任意整理をしたことがあるといった情報が信用情報機関に登録されていると、審査は通りにくくなります。

専業主婦(専業主夫)が銀行カードローンを利用する際には、その点を注意しましょう。

あなたにピッタリのカードローン

専業主婦なら総量規制の対象外のこの銀行カードローン!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • WEB完結!来店も郵送も不要
  • 金利2.0%~14.0%の低金利!
  • 最大限度額800万円

みずほ銀行のキャッシュカードですぐ利用可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
--10万円~800万円2.0%~14.0%融資可能-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP