専業主婦でもキャッシング審査に通りやすい銀行カードローンを調査

専業主婦のキャッシング審査
毎日の生活費やママ友との交際費、親戚の冠婚葬祭など、主婦は何かと費用がかかります。「どうしてもお金が足りないがダンナに言えない」というときはキャッシングという選択肢があります。

しかし、専業主婦は自分で働いて収入を得ていません。そのため、キャッシングの審査では不利になります。専業主婦でも利用が可能なキャッシングとは?
詳しくご説明いたします。

専業主婦が利用できるキャッシングサービスが銀行カードローン

キャッシングには、次の3通りの方法があります。

  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング
  • 銀行カードローン

このうち消費者金融とクレジットカードのキャッシングは貸金業者でなので、貸金業法のルールを守るようになっています。貸金業法では融資は年収3分の1までという総量規制があり、基本的に収入を得ている人が融資の対象です。そのため、専業主婦は申し込みができません。

総量規制の例外で専業主婦が借りることができる!?

消費者金融などの貸金業者は専業主婦は利用できませんが、例外があります。それが「配偶者貸付」という制度で、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる書類(住民票や戸籍抄本など)、配偶者の収入証明書類などを提出し審査に通れば専業主婦でも借りることができます。

しかし、これは配偶者の同意が必要という点が大きな壁になっています。そのためか大手消費者金融のほとんどで配偶者貸付は扱っていません。

当サイトでも配偶者貸付の説明は省かせていただきます。

銀行カードローンなら専業主婦でも利用可能!?

銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法でさまざまな取り決めがなされています。貸金業者の総量規制が適用されないのが特徴で、年収によって融資額が制限されるということはありません。融資額は審査の結果で決まります。

銀行カードローンの中には専業主婦でも利用できるものがあります。しかも、配偶者貸付のように配偶者の同意書などが不要なので、安心して申し込めます。

ここからは銀行カードローンを専業主婦が利用する場合について、詳しくご説明していきます。

専業主婦が安心して利用できる銀行カードローンのキャッシングとは?

大手銀行の中で専業主婦が利用できる銀行カードローンは下記の通りですが、それぞれに融資額の上限が設定されています。

銀行名 利用額の上限
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
30万円
みずほ銀行カードローン 30万円
ソニー銀行カードローン 50万円
楽天銀行スーパーローン 50万円
イオン銀行カードローン 50万円

専業主婦の銀行カードローン申し込みは夫バレなし

上記の銀行カードローンは専業主婦での利用が可能で、しかも配偶者の同意は不要です。本人は働いていないので、もちろん収入の証明や職場への電話確認(在籍確認)もありません。ダンナさんの会社に電話がかかることもないので、安心して申し込めますね。

専業主婦に対する銀行カードローンのキャッシングの審査

専業主婦が銀行カードローンでキャッシングを申し込む場合の審査について詳しく見ていきましょう。

専業主婦がキャッシングに申し込みするときの必要事項

キャッシングの申し込みは次のように多くの項目を記入します。しかし、専業主婦は〇の箇所だけの記入で申し込みができます。

記入項目 具体的な記入内容 専業主婦の記入
本人に関する情報 氏名、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、独身か既婚か、同居の家族数など
住居に関する情報 住所、住居の形態(持家か賃貸か、自己所有か家族所有か、社宅・公営住宅・借家・アパート・賃貸マンション・寮など)、居住年数、家賃・住宅ローンの自己負担額など
勤務先に関する情報 勤務先名、住所、電話番号、所属部署、業種、職種、役職、従業員数、勤続年数、雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイト、出向、自営業など)、給与形態(固定給、一部歩合給、完全歩合給、事業収入)、年収、給料日など ×
他社借り入れに関する情報 他社の借り入れ件数、残高
希望融資額 希望する融資額、使い道など

申し込み画面の最初で「お勤めの人」か「専業主婦」かを選択できるようになっています。そこで「専業主婦」を選ぶと勤務先に関する情報は出てこなくなります。銀行によっては配偶者の年収を記入するところがありますが、それは参考程度に聞くだけで、収入を証明する必要はありません。

主婦に対する銀行カードローンのキャッシング審査項目

キャッシングの審査内容はほとんどが非公開なので、実際はどんなことを調べているのかはわかりません。ただ、一般に次の項目を審査していると言われています。これを見ると、申し込み時に記入する内容は審査や契約に必要な項目ばかりだということがわかります。

  • 本人確認
  • 収入確認
  • 勤務先確認
  • 信用情報の確認

自己申告の申し込み内容を証明する必要がある

申し込み時に記入する内容は自己申告になります。そこで、それが本当なのかを裏付ける証明が必要になります。

本人確認は他人のなりすまし申し込みを防ぐという大きな意味があります。また、信用情報機関に照会するためにも正確な本人情報が必要です。それを証明するために、運転免許証やパスポートなど本人確認書類を提出します。

収入確認は源泉徴収票などの収入証明書類を提出して確認しますが、指示された場合のみです。専業主婦は収入がないので、提出の必要はありません。勤務先確認は働いて収入を得ている人の場合のみで、専業主婦は不要です。

専業主婦キャッシングの審査には在籍確認なし

働いて収入を得ている人は、申し込み時に記入した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認します。それを「在籍確認」と言って、職場に審査スタッフから電話がかかってきます。
キャッシングの申し込みではこの在籍確認が一番不安とか緊張するという人が多いようです。それは職場の人にキャッシングがバレるのではないか…と思うからなのですが、専業主婦はどこにも勤務していないため在籍確認がありません。

融資額の上限が30万円~50万円と限度はあるものの在籍確認がないのは、精神的にもストレスが少ないと言えます。

専業主婦のキャッシング審査は信用情報が大きなポイント

在籍確認がないということは、審査は信用情報に重きが置かれるということになります。信用情報機関には次の3機関があります。

  • JICC(日本信用情報機構)……消費者金融、信販会社、流通系カード会社などが加盟
  • CIC……クレジットカード会社、信販会社などが加盟
  • 全国銀行個人信用情報センター……銀行、信用金庫などが加盟

これらの信用情報機関に登録されているのは次の項目です。

本人を特定する情報 氏名(ふりがな)、生年月日、性別、住所、電話番号など
契約に関する情報 契約している金融機関、商品名、契約金額、契約年月など
借り入れに関する情報 借り入れ先、借り入れ金額
返済に関する情報 返済先、返済年月、返済金額、残高、返済遅延の履歴など
金融事故に関する情報 自己破産、任意整理、個人再生などの有無と実施年月

専業主婦が銀行カードローンのキャッシング審査に落ちる場合

今はどこからも借りていないという人でも、過去に消費者金融やクレジットカードのキャッシング、各種ローンなどを借りていた人は要注意です。

返済の遅れや自己破産、任意整理などをしていると、その情報は5年から最長でも10年間は登録されています。自分では「もう返済したから大丈夫」「過去のことだから」と思っていても、それが審査に影響を与えることがあります。ただ、永久に記録が残るわけではないので、今は審査に落ちた人でも年数が経過すれば借りられる可能性があります。

再度、申し込んでみるといいでしょう。

銀行カードローンは専業主婦に特におすすめのキャッシングサービス

ここまででご説明した通り、専業主婦が利用できるキャッシングは限られています。大手では上でご紹介した銀行カードローンが専業主婦の申し込みを受け付けています。

その中でも特におすすめなのは楽天銀行カードローンです。

楽天銀行のカードローンは専業主婦専用の申し込みページがある!

楽天銀行カードローンは専業主婦向けの申し込みページがあります。当サイトの「主婦融資」から楽天銀行カードローンを選んでいただくとスムーズに申し込み画面に進めます。

楽天会員なら入力がカンタン

楽天銀行カードローンは楽天会員でなくても申し込みができますが、事前に会員登録しておくと入力の手間が省けます。また、楽天銀行に普通預金口座があれば24時間振り込みが可能なので、急ぐときなどに助かりますよ。

楽天銀行スーパーローン以外に主婦が申し込む場合

楽天銀行以外の銀行カードローンを希望される場合は、それぞれの申し込み入力画面の業欄で「専業主婦」や「お勤めではない方」を選択します。

配偶者の年収を聞かれる場合がありますが、これは参考程度に聞いているだけです。審査の参考にはされますが、それだけで審査結果が決まるわけではありません。
また、配偶者の勤務先なども記入しないので、夫の勤め先に電話がかかるということもないので安心してください。

銀行カードローンは各銀行によって、また融資可能額によって金利が異なります。銀行独自のサービスや特典なども用意されているので、申し込む前に比較してみるといいでしょう。

あなたにピッタリのカードローン

内緒で審査を受けるならこのカードローン!

プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間
SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP