専業主婦OKの銀行カードローンと配偶者貸付は違うの?|悩める主婦のキャッシング術

専業主婦はマル?バツ?

専業主婦(夫)が消費者金融系カードローンや信販系カードローンを利用するためには単独申込ではなく配偶者貸付制度を利用しなければなりません。

銀行系カードローンでも専業主婦(夫)が申し込めるタイプのものがありますが、これは配偶者貸付制度とは違うものです。

専業主婦(夫)キャッシングのキーワード!配偶者貸付とは?

貸金業者のカードローンが専業主婦NGなワケ

消費者金融系カードローンや信販系カードローンは貸金業法という法律で縛られています。この貸金業法が、収入の無い専業主婦や専業主夫の借り入れを禁じています。

貸金業法という法律には、総量規制というルールが設けられていることは有名ですよね。これによると、年収の1/3を超えた借り入れが原則NGとされています。

総量規制では、年収のあることが前提となるルールとなっていますから、収入がまったくない専業主婦(夫)では申し込み資格すらありません。

専業主婦(夫)は消費者金融&信販系カードローンには申し込めない

貸金業者というのは、いわゆる銀行以外の金融会社のことで、代表的なものが消費者金融であり信販会社(クレジットカード会社)などですね。

これら貸金業者には貸金業者という法律が適用されるため、総量規制の対象となります。それを無視した貸付を行うと法的に罰せられることになっています。

貸金業者から専業主婦(夫)が唯一借りられる方法!それが配偶者貸付

そんな専業主婦(夫)NGの貸金業者ですが、唯一借りられる方法もあります。それが配偶者貸付制度と呼ばれるもので、配偶者の同意を得られることを条件に、配偶者と本人の年収を合計し、その合計年収の1/3までを借りることができます。

これなら、収入の無い専業主婦(夫)でも配偶者の年収を基準にして借り入れをすることができます。

配偶者貸付制度の注意点|利用できない貸金業者もある!

専業主婦(夫)が利用できるのは実質信販系カードローンだけ!?

配偶者の同意が必要という前提条件があるにせよ、収入の無い専業主婦(夫)は配偶者貸付制度を利用することで貸付を受けることができます。

しかし、そんな配偶者貸付制度も、消費者金融系カードローンと信販系カードローンとでは少々事情が異なっています。

消費者金融の配偶者貸付制度は本人にも収入がなければならない

信販系カードローンでは、収入の無い専業主婦(夫)でも配偶者貸付制度を利用できますが、消費者金融系カードローンで配偶者貸付制度を利用するためには申込者本人にも収入がなければならないという付帯条件が付いているからです。

そのため、例え配偶者貸付制度を利用したとしても、専業主婦(夫)は必然的に信販系カードローンしか利用できないことになっています。

法律で専業主婦(夫)NGと決められているわけではありません

現状、専業主婦(夫)が貸金業者を利用するためには、配偶者貸付制度を利用するという選択肢以外に方法はありませんが、法律で明確に定められているわけではありません。

しかし、総量規制というルールを鑑みると、やはり収入がなければ申し込むことができないのが現状となっているのです。

銀行カードローンと配偶者貸付制度の関係は?

専業主婦(夫)でも申し込める銀行系カードローンは配偶者貸付制度とは違うの?

専業主婦(夫)とカードローンといえば、銀行系カードローンなども外せません。すべての銀行系カードローンとまではいかないまでも、カードローンによっては専業主婦(夫)でも申し込めるタイプのものもよく知られていますよね。

銀行系カードローンと配偶者貸付制度とは何の関係も無い!?

専業主婦(夫)でも借りられるということから、こうした銀行系カードローンのことを「配偶者貸付だ!」と断言してしまっているサイトなどもあります。

しかし、ちょっと待ってください。配偶者貸付制度というのは貸金業法に則った制度のことで、そもそも貸金業法の対象外である銀行系カードローンに対して当てはまめるべき制度ではありません。

銀行は独自の判断で専業主婦(夫)への貸付を決めています!

もし、銀行が配偶者貸付制度に則って専業主婦(夫)への貸付を決めているのであれば、すべての銀行系カードローンで専業主婦(夫)の申し込みがOKでなければなりませんよね。

しかし現実にはどうかといえば、専業主婦(夫)OKのカードローンもあれば、NGのカードローンもあり、銀行ごとにバラバラな基準を設けています。これはつまり、配偶者貸付制度に則ったものではないことを意味しているのです。

銀行系カードローンと呼ばれる、銀行やネット銀行、信金などなどで取り扱うカードローンは、各金融機関によって専業主婦(夫)への貸付基準を独自に設けているのです。

配偶者貸付制度のデメリットを考えれば銀行系カードローンの方がおすすめ

配偶者貸付制度は、配偶者との婚姻関係を示す書類を提出しなければなりませんし、何より配偶者の同意を得なければなりません。つまり、内緒で借りるということができないのが大きなデメリットです。

一方、専業主婦(夫)OKの銀行系カードローンの場合、配偶者に一定の収入があれば同意も不要で申し込むことができるというメリットがあります。

どちらを選ぶかはご本人次第ですが、申し込みのしやすさという視点で見れば、銀行系カードローンの方が圧倒的に有利であることは間違いないでしょう。

あなたにピッタリのカードローン

家族に内緒で借りたい!専業主婦OKなキャッシングはこちら

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-
横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP