妻や夫の同意が必要な配偶者貸付と専業主婦OKの銀行カードローンはどちらがおすすめ?

専業主婦はマル?バツ?

専業主婦・専業主夫は自分で収入を得ていないため、お金を借りられるところは限られています。一部の銀行カードローンは専業主婦(専業主夫)でも融資が可能ですが、一般に消費者金融は無収入の人は利用できません。

しかし、「配偶者貸付」という制度を利用すると専業主婦(専業主夫)でも消費者金融で融資が可能です。

専業主婦(専業主夫)でも借りられるキャッシングの配偶者貸付とは

「配偶者貸付」という言葉をご存知でしょうか?
あまり知られていないものですが、貸金業法で定められている制度です。

消費者金融のキャッシングである配偶者貸付制度とは

配偶者貸付は貸金業法で設けられている制度で、消費者金融やクレジットカードのキャッシングが対象です。
貸金業法では総量規制で融資は年収の3分の1までと決められています。収入がない専業主婦は借りることができません。

しかし、総量規制には例外があり「配偶者の年収と合算して年収の3分の1までなら融資が可能」とされています。つまり、専業主婦(専業主夫)で本人に収入がない場合でも配偶者の年収の3分の1までなら借りることができるという制度です。

また、パートの主婦で年収が少ない場合でも配偶者貸付を利用すれば、夫の年収と合算してその3分の1まで借りることができます。

消費者金融の配偶者貸付の利用条件

配偶者貸付を利用して融資を受けるには次の書類を提出しなければなりません。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票または戸籍抄本)
  • 配偶者の年収を証明する書類(一定額以上を借りる場合)

配偶者貸付は配偶者に内緒で借りることはできない

このように配偶者貸付を利用してお金を借りる場合は必ず配偶者の同意書が必要になります。夫(または妻)に内緒で借りることはできません。

配偶者貸付はクレジットカードのキャッシングも可能

この配偶者貸付は貸金業法で定められているものです。そのため貸金業法の対象である消費者金融やクレジットカードのキャッシングも含まれます。

もし専業主婦(専業主夫)でクレジットカードにキャッシング機能が付けられない場合も配偶者貸付制度を利用すれば作ることができます。

ただし、実際にはあまり利用されていないのが現実です。

専業主婦も利用できるキャッシングの配偶者貸付と銀行カードローンの違い

専業主婦(専業主夫)でもお金を借りる方法には「銀行カードローン」があります。配偶者貸付と銀行カードローンの違いは、大きく分けると以下のようになります。

配偶者貸付 銀行カードローン
融資を行う金融機関 消費者金融・クレジットカード会社 銀行
法律 貸金業法 銀行法
専業主婦(主夫)の利用条件 配偶者の同意が必要 配偶者の同意は不要
融資可能金額 配偶者と本人の収入を合算して年収の3分の1まで 銀行が定めた上限まで

貸金業法と銀行法の違い

貸金業法は消費者金融やクレジットカード会社など貸金業者が対象で銀行法は銀行を対象にした法律ですが、どちらも利用者保護の目的で定められています。融資に関しては貸金業法では総量規制によって年収の3分の1までと規制されていますが、銀行法には総量規制がありません。融資額は審査の結果で決定します。

配偶者貸付とクレジットカードの家族カードの違い

配偶者貸付は貸金業法の総量規制で例外として認められているものです。そして、貸金業法は消費者金融だけでなくクレジットカードも対象になっています。

では、クレジットカードの家族カードは配偶者貸付に該当するのでしょうか。それぞれの違いを見てみましょう。
次の例でご説明します。

  • Aさん(専業主婦)
  • Bさん(Aさんの配偶者)
配偶者貸付 クレジットカードの家族カード
契約者 Aさん Bさん
審査対象者 Aさん Bさん
融資可能額の上限 AさんとBさんの年収の合計の3分の1まで(※) Bさんの年収の3分の1まで

(※:この例の場合、Aさんは専業主婦で無収入なので、実質はBさんの年収の3分の1までとなります。)

このようにクレジットカードの家族カードを専業主婦であるAさんが持っていたとしても、それは配偶者貸付とは関係ありません。あくまでもBさんの名前でクレジットカードを作り、そこに家族名義のカードを追加で作ったということになります。そのため、カードの契約者はBさんで審査もBさんの信用状況を調べます。

一方、配偶者貸付はAさんが契約者となりますが、配偶者であるBさんの同意が必要になります。審査の対象はAさんです。ただ、Bさんの年収などは審査の参考にされます。

専業主婦がお金を借りるなら配偶者貸付?それとも銀行カードローン?

専業主婦(専業主夫)がお金を借りる場合は、消費者金融で配偶者貸付を利用する方法と専業主婦(専業主夫)でも利用可能な銀行カードローンのいずれかになります。
それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

配偶者貸付と銀行カードローンのメリット・デメリット

借り入れ先 配偶者貸付 銀行カードローン
メリット 配偶者の年収の3分の1まで融資が可能なので銀行カードローンより多く借りられる可能性がある 融資の上限は30万円~50万円に限られる
デメリット 配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類が必要 配偶者の同意が不要

配偶者貸付は配偶者に内緒で借りられない

キャッシングで最大の不安は家族、特に配偶者にバレないかという点ではないでしょうか。
配偶者貸付は申し込み時に配偶者の同意書が必要になります。つまり、配偶者に内緒で借りるということは不可能です。

また、多くの消費者金融では配偶者貸付を全面に出していないことからも、利用は難しいと言えるでしょう。

専業主婦(専業主夫)におススメの銀行カードローン

どこの銀行カードローンでも専業主婦(専業主夫)が利用できるというわけではありませんが、以下の銀行カードローンは融資額の上限を設けた上で専業主婦(専業主夫)にも融資を行っています。

銀行名 利用額の上限
みずほ銀行カードローン 30万円
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
30万円
ソニー銀行カードローン 50万円
楽天銀行スーパーローン 50万円
イオン銀行カードローン 50万円

楽天銀行カードローンは専業主婦(専業主夫)専用の申し込み窓口あり

楽天銀行スーパーローンは専業主婦(専業主夫)でも利用でき、最大で50万円まで融資が可能です。しかも、専業主婦(専業主夫)専用の申し込みページがあるので、そこからスムーズに申し込むことができます。

専業主婦(専業主夫)の場合は必要書類は本人確認書類だけです。どこにも勤めていないので在籍確認はありませんし、もちろん配偶者の同意も不要です。楽天会員になっていると氏名や住所の入力が省略できるので、さらにスピーディに利用できます。

専業主婦(専業主夫)でもキャッシングは審査がある!

すでにご説明した通り専業主婦(専業主夫)が利用できる銀行カードローンはありますが、いずれも審査は一般の人と同様に実施されます。

ただ、働いていないので勤務先に関する審査(在籍確認)や年収などを答える必要はありません。一方、現在や過去に複数の金融機関から借りている場合や返済が遅れた場合はその履歴が信用情報機関に登録されています。

また、過去数年間の間に自己破産や任意整理などの債務整理をしている場合も審査には通りにくくなるでしょう。
これらの記録は信用情報機関で一定期間は登録されているので、審査すればすぐにわかってしまいます。もし審査に落ちたとしたら、それは専業主婦(専業主夫)だから審査に通らなかったというわけではなく、あくまでも本人の信用情報に問題があるということです。

その場合は記録が消滅するまで申し込みを控えるようにしましょう。

結論!専業主婦が安心して借りられるのは配偶者貸付よりも銀行カードローン

消費者金融の配偶者貸付は配偶者の同意が必要という大きな壁があります。現実にはこの壁を乗り越えるのは難しいと言えるでしょう。

配偶者にはキャッシングのことは内緒にしたいという人がほとんどだと思われるため、やはり安心して利用できるのは銀行カードローンということになります。

信用情報に不安がある専業主婦(専業主夫)は配偶者貸付しか利用できない

上でも書いた通り、専業主婦(専業主夫)が利用できる銀行カードローンを申し込んでも審査に落ちてしまうというケースがあります。それは何らかの理由で本人の信用情報に問題があるからです。
その場合でどうしてもお金を借りなければならないというときは、配偶者貸付を利用するしか方法がありません。
ただ、信用情報に傷がついているということは過去に多重債務に陥ったとか返済が何度も遅れたという前科があると考えられます。配偶者もそのことを知っている場合は「本当に返せるのか?」と不審に思われるでしょう。

やはり現実的ではないと言えます。

専業主婦(専業主夫)が自分名義で借りるには

専業主婦(専業主夫)がどうしても自分名義で借りようと思うならば、信用情報に傷がつかないように返済遅延を起こさないことが大切です。信用情報機関には携帯電話の本体代金(分割払い)の支払い状況も登録されています。キャッシングをしていなくても延滞履歴が残るので注意しましょう。

また、派遣やアルバイトなどで少しの間でも働くこともおススメです。勤務実績があれば消費者金融でも審査に通る可能性があります。
自分に合った方法を検討してみましょう。

あなたにピッタリのカードローン

家族に内緒で借りたい!専業主婦OKなキャッシングはこちら

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP