生活費が足りない!4万円を今日中にキャッシングする方法

家計簿

生活費が足りないので、4万円今日中にキャッシングしたい。という場合でも、消費者金融だったら問題なく借りられます。

即日融資は21時まで受け付けていますし、土日・祝日でもOKです。限度額は、大抵の場合は10万円はもらえるので、そこから必要な4万円だけ借り入れば大丈夫です。

少額の即日融資だったら、銀行よりも消費者金融

4万円のような少額を即日融資で借りたい場合、銀行カードローンよりも断然消費者金融で申し込むべきです。もともと銀行カードローンは即日融資には向いていません。

審査にかかる時間についても、消費者金融は「最短30分」ですが、銀行カードローンは「最短即日」と書いている所がほとんどです。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などは「最短30分」と書いていますが、これはあくまで「最短」であって、消費者金融のように「多くの人が30分で終わる」わけではありません。

低金利な以上、審査時間が長いのは当然

審査

理屈で考えればわかりますが、低金利で融資するということは、貸し倒れがあったらまずいわけです。せっかく出た利益が、貸し倒れした(自己破産された)分でチャラにされてしまうからですね。

というわけで、銀行カードローンのように低金利で融資する場合は、必ず審査が厳しくなります。そのため、銀行カードローンが消費者金融より審査にかかる時間が長くなる、というのは当然なんですね。

だから、即日融資では断然消費者金融を選んだ方がいいのです。

4万円のような少額なら、金利差は関係ない

さらに、4万円程度の少額だったら、銀行カードローンと消費者金融の金利差はまったく影響ありません。

両者の利子の差は、1万円を1ヶ月借りた場合で、「30円」だけです。ということは、4万円を1ヶ月借りても「120円」の利子の差しかないんですね。

半年間借りても、単純計算で「720円」の利子の差しかありません。この程度の差だったらいちいち比較するまでもない、ということがわかるでしょう。

特に急ぎでお金が必要な時は、必ず消費者金融で申し込む

特に生活費などで、急ぎでお金が必要な時は、必ず消費者金融で申し込むべきです。銀行カードローンの多くは「最短即日」の融資なので、その日中に間に合わないことはよくあります。

一応、15時程度までに申し込めば「原則即日回答」という銀行カードローンは多くあります。しかし、これもあくまで「原則」なので、必ず即日回答をもらえるわけではありません。

消費者金融なら20時の申し込みまで、必ず即日回答

これに対して、消費者金融で申し込みした場合、20時までに申し込みしたら、ほぼ確実にその日中に審査回答をもらえます。遅くとも19時までに申し込めばOKです。

このようにすぐに審査回答をもらえれば、万が一審査落ちしていたら次の業者に申し込みできます。

また、次で申し込みするのでなくても、その4万円をどう用意するか、すぐに考えることができます。

というように、急ぎでお金が必要な時にはとにかく「審査回答が早い」ということが大事なんですね。その点で、銀行カードローンより消費者金融で申し込みする方が、断然おすすめです。

生活費が常に足りない場合、生活福祉資金を受けるのもあり

小口キャッシング自体は、ここまで書いた通りとても簡単

しかし、恒常的に生活費が足りないという場合、カードローンでお金を借りて解決…というのは枝葉の対策でしかありません。

問題を根本的に解決するには、もちろん「稼ぐ」というのが一番重要。しかし、体力やスキルなどの問題で「すぐには無理」という人も多いでしょう。

生活福祉資金」という国の融資を受ける方法もあります

これは生活全般の困窮に対して融資されるもので、住宅を借りる、単純に食費を借りる、教育費の足しにする…など何でもOKです。

実際に困窮している人でないと借りられませんが、キャッシングをしないと生活できないような人の場合、大抵OKです。

申し込みをしてから、実際に融資されるまでに3週間ほどかかりますが、そのくらい待てる人なら、申し込んでみるのもいいでしょう。

母子家庭・シングルマザーなら「母子福祉資金」

さらに生活費で困るケースとして「母子家庭・シングルマザー」という場合もあるでしょう。この場合、生活福祉資金だけでなく「母子福祉資金」というのもあります。

これもやはり、生活福祉資金と同じように、生活全般・住宅の借り入れ・結婚・就学…と、あらゆる場面で申し込みすることができます。母子福祉資金のこれらの利用用途は、生活福祉資金よりも細かく分かれています。

そのため「何にでも使えるお金」は借りづらいですが、「利用用途がしっかり決まっている」という場合、逆に借りやすいといえるでしょう。また、生活福祉資金も母子福祉資金も、どちらも国の融資なので、当然低金利です。

国の融資は、他にもいろいろあります。生活費で困っている場合、カードローンの小口融資に頼るのもいいですが、これらの国の融資も一度検討してみましょう。

あなたにピッタリのカードローン

生活費で4万円を借りられるのは?少額融資ならこのカードローン!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

  • WEB完結!スマホから申込可能!
  • 銀行口座開設不要で申し込める!
  • ローン契約機で土日もカード発行

三井住友銀行口座とキャッシュカードでWEB完結

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
来店不要-最高800万円4.0%~14.5%融資OK-

「少額融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP