専業主婦でも借り入れできた!初めてのキャッシングを体験談からナビゲーション

専業主婦でもOK
主婦が初めてキャッシングを利用する場合はドキドキしますが、各金融機関の利用方法や準備するもの、注意する点などを事前に知っておくと安心です。

くわしくご説明していきます。

主婦が利用できるキャッシングはどこ?

キャッシングは本人に収入があることを融資の条件にしている金融機関が多いのですが、中には専業主婦でも利用できるところがあります。

キャッシングの利用条件を知ろう

利用条件は各金融機関によって多少異なりますが、大きく分けると次のようになります。

年齢 専業主婦 働いている主婦
銀行カードローン 20歳以上 〇(銀行によっては×)
消費者金融 20歳以上 ×

このようにキャッシングは20歳以上が対象です。
銀行カードローンの中には専業主婦でも借りられるところがありますが、消費者金融では専業主婦への融資は行っていません。

なお、パート・アルバイトでも派遣社員でも正社員でも、自分で働いて収入を得ている主婦ならどちらも利用できます。

専業主婦が利用できる銀行カードローン

多くの銀行にはカードローンがありますが、専業主婦でも利用できるところは下記のように限られています。融資額の上限もあらかじめ決められています。

銀行名 融資限度額
三菱東京UFJ銀行 30万円
みずほ銀行 30万円
イオン銀行 50万円
楽天銀行 50万円
ソニー銀行 50万円

消費者金融は年収の3分の1までなので要注意

働く主婦は銀行カードローンでも消費者金融でも利用できますが、消費者金融は年収の3分の1までしか借りられないというルールがあります。

これは「貸金業法」という法律の中で「総量規制」として決められているものなので、どこの消費者金融でも同じです。

そのため、パートの主婦で年収が90万円の場合は、3分の1の30万円までしか借りられません。
一方、銀行カードローンは総量規制がないので、融資限度額は審査の結果で決まります。

キャッシングが初めての主婦必見!銀行カードローンと消費者金融の違い

専業主婦が利用できるのは一部の銀行カードローンのみですが、働いている主婦は消費者金融も利用できます。
また、今は専業主婦という人も今後働く可能性があるため、銀行カードローンと消費者金融の違いを知っておきましょう。

銀行カードローンと消費者金融のメリット・デメリット

銀行カードローンにも消費者金融にもメリットとデメリットがあります。

借り入れ先 メリット デメリット
銀行カードローン ●専業主婦でも利用できる
●金利が低い
●総量規制がない
●銀行のブランドによる安心感がある
●その銀行に預金口座があると手続きがカンタン
●審査や融資までに時間がかかる
●審査が厳しい
消費者金融 ●融資までの時間が早い
●無利息期間がある
●専業主婦は利用できない
●金利が高い
●総量規制がある
●「借金」のイメージが強い

銀行カードローンも借金 イメージに惑わされないで

上のメリット・デメリットの中にあるように銀行はなんとなく安心感があるが、消費者金融はいかにも「借金」というイメージがあると感じる人がいるかも知れません。

しかし、銀行カードローンも借金であることに変わりはありません。

キャッシングをするときは、それぞれのメリット・デメリットをよく考えて、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

キャッシングが初めての主婦でも安心!申し込みも利用もカンタン

キャッシングが初めてという人にとって、申し込みから融資まではどんな流れで進むのか不安が多いのではないでしょうか。

そこで、申し込み方法や借り方、返し方などの一連の流れについてご説明します。

キャッシングの申し込み方法

金融機関によって多少の違いはありますが、流れや方法はほぼ同じです。

ほとんどのところで次の申し込み方法があります。

  • インターネット(パソコン、スマートフォン、ケータイ)
  • 電話
  • 自動契約機
  • 店舗

最近はスマートフォンのアプリで申し込めるキャッシングもあります。また、金融機関によっては店舗がないところもあります。

キャッシングはネット申し込みがおススメ

初めてのキャッシングでは様子がわからないためにネット申し込みは不安という人がいるかも知れません。
しかし、電話の申し込みは電話がなかなかつながらないとか、電話口であれこれ聞かれるのがイヤなどのデメリットがあります。
しかし、ネット申し込みは夜間でも24時間受け付けているので、空いた時間に落ち着いて申し込みができます。
また、スマートフォンやケータイなら出先からでも申し込みができるのでおススメできます。

キャッシングの申し込み時の入力項目

キャッシングの申し込みには、次のような項目を入力(電話の場合は口頭で回答)します。

本人に関する情報 氏名(ふりがな)、性別、生年月日、メールアドレス
住まいに関する情報 住所、郵便番号、電話番号、住まいの形態{一戸建て(本人所有か家族所有か)、アパート・マンション(本人所有か家族所有か)、賃貸、社宅・寮、}、入居年数、住宅ローンや家賃の負担額
勤務先に関する情報(※1) 勤務先名、勤務先住所、電話番号、業種、職種、入社年月、雇用形態(正社員、派遣社員、パート・アルバイトなど)、年収、給与の種類(固定給、完全歩合給、一部歩合給など)
他社借入に関する状況(※2) 他社の借入件数、残高
希望する融資額 希望額を入力

(※1:専業主婦の場合は配偶者の勤務先名と年収を記入しますが、勤務先に確認の電話が入ることはありません。)
(※2:ここでの他社借入は銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシングの利用件数と残高です。住宅ローンや自動車ローン、ショッピングでのクレジットカードの利用残高は含みません。)

このように多くの項目を入力しますが、ネットの画面の中で選択するだけで入力できる部分が多いため、それほど時間はかかりません。

キャッシングの申し込みから融資までの流れ

では融資までの流れを見てみましょう。

  • 申し込み
  • 本人確認書類を送信する
  • 仮審査が始まる
  • 仮審査に通ると勤務先に在籍確認の電話が入る
  • 審査結果の連絡が届く
  • 契約を結ぶ
  • 融資を受ける

本人確認書類は事前に準備しておくと安心

本人確認書類は必ず提出しなければなりません。
一番安心で確実なのは運転免許証です。顔写真と住所、生年月日などがすべて入っているからです。運転免許証があればそれだけでいいのですが、免許証を持っていない場合はそれに代わる書類としてパスポートや健康保険証、個人番号カード(マイナンバーカード)などを提出します。

なお、どの書類が有効かは金融機関によって異なるので、事前に公式サイトで確認し準備しておきましょう。

一般に「顔写真」が入っていることが条件になっています。健康保険証など顔写真が入っていない書類しか持っていない場合は、住民票や印鑑証明書、公共料金(NTT、電気、水道、ガスなど)の領収書などを一緒に提出します。

しかし、公共料金はほとんどが旦那さんの名義になっていると思われます。主婦がキャッシングする場合は利用できないケースが多いので、住民票などを準備することになります。役所に行く時間なども考慮しておきましょう。

本人確認書類の提出はスマホで撮影して送信するだけ

上記の本人確認書類の提出は郵送やFAXでも可能ですが、もっと手軽にスマホやケータイのカメラで撮影してそのデータをアップロードして送信できます。

その際は画像がブレないように慎重に撮影しましょう。

働く主婦は勤務先に在籍確認の電話アリ

消費者金融でも銀行カードローンでも、勤務先に在籍確認の電話が入ります。これは個人名で「〇〇さん、いらっしゃいますか?」とさりげなく電話をかけてくるもので、キャッシングのことは一切触れません。

そのため、職場の人が電話に出ても不審に思われることはないでしょう。

なお、専業主婦は在籍確認の電話はありませんし、旦那さんの会社に電話をかけることもありません。その点では利用しやすいと言えます。

キャッシングの借り方

審査に通ると、いよいよお金が借りられます。

キャッシングの方法は、次の2通りです。

  • カードを発行してATMで借りる
  • 自分の預金口座に振り込んでもらう

キャッシングの借り方のメリット・デメリット

カード発行と振り込みのそれぞれにメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
カード発行 ●コンビニなどのATMでどこでも利用できる
●早朝から夜間まですぐに利用できる
●カード受け取りに時間がかかる
●自動契約機が近くにないとすぐに受け取れない
振り込み ●カードがなくても融資が可能 ●当日融資は平日の午後2時ごろまでに申し込む必要がある
●土日は利用できない

特に急ぐ場合は、振り込みは時間帯に注意が必要です。一部のネットバンキングを除いてほとんどの銀行が、当日の振り込み融資は午後2時ごろまでに契約と振り込みの依頼を完了させなければなりません。その時間を過ぎると翌営業日の振り込みになってしまいます。

また、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなど一部の銀行では、手持ちの普通預金口座のキャッシュカードで借りたお金を引き出すことができます。

銀行カードローンはこのように利便性に優れているというメリットがあります。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法も金融機関によって多少異なりますが、ほとんどのところで次のような方法の中から選択できます。

金融機関のATMや店舗窓口 手数料は無料。店舗での返済は営業時間内
振り込み 振り込み手数料が必要
提携銀行のATM 手数料がかかる場合がある
コンビニのATM 提携しているコンビニのATMで返済。手数料がかかる場合がある
口座からの引き落とし 事前に手続きをした自分の銀行口座から引き落とす

自分の使いやすい方法で返済しましょう。

初めてキャッシングを利用する主婦は審査に通りやすい

一般に初めてキャッシングを申し込む人は、他社での借り入れがないので審査に通りやすいというメリットがあります。
専業主婦は銀行カードローンだけですが、それぞれの銀行で設定された上限までなら融資が可能です。

また、働いている主婦の場合は消費者金融は年収の3分の1まで、銀行カードローンは審査の結果で融資額が決まります。

借りたらきちんと返すことが鉄則

どこかでお金を借りるとその情報が「信用情報機関」に登録されます。
その登録内容は次にお金を借りたり、ローンを組んだりするときの審査時に参考にされます。

そのときのためにも、借りたら返済期日までにきちんと返すようにしましょう。
返済に何度も遅れると、その情報も信用情報機関に登録されてしまいます。次の審査時に悪い影響を与える可能性があるので注意しましょう。

消費者金融の無利息期間を上手に使おう

専業主婦は利用できませんが、働く主婦なら消費者金融の「無利息期間」が利用できます。

これはその金融機関で初めてキャッシングを利用する人を対象にしたサービスで、アイフル、アコム、プロミスと銀行カードローンでは新生銀行レイクが実施しています。

プロミスは初めて借りた日の翌日から30日間が、それ以外は契約の翌日から30日間なら無利息で借りられます。
ちょっと財布がピンチというときに借りて、無利息期間内に返済すれば利息を払う必要がありません。

上手に利用してみましょう。

あなたにピッタリのカードローン

はじめて専業主婦が借りるなら?おすすめは銀行カードローン!

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP