配偶者貸付で夫婦の年収を合算して融資枠を増やす

夫婦

配偶者貸付は「夫婦の年収を合算して、融資枠を増やす」ということが可能。限度額を大きくしたい時におすすめの方法です。

たとえば夫婦それぞれの年収が300万円の時、一人だったら100万円しか借りられません。しかし、配偶者貸付で合算することで「200万円」まで借りられるわけですね。

別々で借りると、金利が高くなる

上に書いた配偶者貸付のシステムを見て「夫婦別々で借りて、自分たちで合算すればいいじゃん」と思われるかも知れません。しかし、これは夫婦どちらも高金利を払うことになるので、おすすめできません。

金利というのは、借入金額が大きければ大きいほど安くなるのです。つまり、100万円を借りているより、200万円を借りている方が低金利になるんですね。

夫婦別々で100万円ずつ借りていると、損する

夫婦それぞれが100万円ずつ借りている…という状態は損なのです。まとめて200万円にしてしまえば低金利で借りられるのに、わざわざ二人とも高金利で借りている…というわけですね。

多重債務を一つにまとめると低金利になるという話は知っている人も多いでしょう。夫婦別々にキャッシングしているというのは、この「多重債務」と同じ状態。
そして、配偶者貸付で合算して借りるのは、「おまとめローン」と同じ原理なわけです。

配偶者貸付の意味は「夫の収入で借りる」ではない

キャッシングの知識がある人の間でも、配偶者貸付の意味はよく勘違いされています。「夫の収入で借りる」という意味だと思われがちなんですね。(私もわかりやすく、そう説明することはよくありますが…)

しかし、本当の配偶者貸付の意味は「夫婦の年収を合算して借りる」ということ。つまり、「夫の収入だけ」ではないんですね。

無収入の専業主婦が使うことが多い

本来、配偶者貸付は「夫婦の収入を合算」するものですが、実際には収入がない専業主婦が使うことが多いのです。自分の収入がある場合は、配偶者貸付を使わなくても、自分で借りられますからね。

自然と無収入の専業主婦が配偶者貸付を使うようになる。そうすると、「配偶者貸付=夫の収入で借りる」という意味になるという流れで「夫の収入で借りる」と思われるようになったわけです。

配偶者貸付をするのに必要な条件・書類は?

配偶者貸付でカードローン融資を受けるのに必要な条件・書類。条件は「配偶者がいる」程度で、必要なのは書類です。

配偶者貸付に必要な書類

  • 本人確認書(運転免許証・パスポートなど)
  • 配偶者の同意書(夫・妻の同意書)
  • 住民票(婚姻関係の証明書)

最後の住民票については、住民票でなくても「婚姻関係を証明する」書類であれば何でもOKです。

たとえば戸籍抄本とか戸籍謄本…などですね。しかし、これらの書類を用意するのは面倒くさいので、多くの場合は住民票で対応します。(住民票の方が、実際に審査に通った体験談も多く、安心できます)

事実婚でも配偶者貸付は利用できるか?

同棲などの事実婚をしている人でも、配偶者貸付は利用できます。審査基準は業者・銀行によって違いますが、大抵の場合は事実婚でも配偶者貸付で借りられます。

事実婚の場合「事実婚契約書」「内縁契約書」などの書類によって事実婚を証明します。あるいは、住民票の続柄の部分に「夫(未届)」「妻(未届)」などと書かれていればいいようです。(住民票だけでは弱いので、事実婚契約書などの書類を用意していた方がいいと思われます。

何にせよ、事実婚でも配偶者貸付の制度は利用できるので、借入限度額を大きくしたい人などはぜひ活用してみてください。

借入限度額を大きくするメリットは何か?

そもそも、配偶者貸付を利用してまで借入限度額を増やすメリットは何か。これは重要な問題です。内容によっては、普通におまとめローンを利用したりした方がいいからです。

たとえば借金の一本化では確かに大きい金額が必要です。特に総量規制の限界まで借り入れしている人は、一つの業者を残して他をすべて完済するために、まず、まとまった資金が必要です。

しかし、もう総量規制いっぱいまで借りているので、これ以上借りられないという場合には、確かに配偶者貸付などを使って、借入限度額を増やしたいでしょう。

おまとめローンなら総量規制対象外になっている

しかし、おまとめローンとして正式に認められているコースの場合、消費者金融でも総量規制対象外なんですね。たとえばプロミス・アイフル・アコムがそういうプランを持っていますが、これなら総量規制いっぱいまで借りている人でも、追加で借りることができるのです。

あえて配偶者貸付で限度額を増額する…という必要もないんですね。もちろんやってもいいのですが、こういうおまとめローンを利用する方法もあるので、こちらも参考にして見てください。

あなたにピッタリのカードローン

配偶者貸付を検討するなら、おまとめローンも考えよう!

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP