消費者金融の融資額を増やすなら配偶者貸付で夫婦の年収を合算すればOK!でも問題も!?

夫婦

収入が少ない主婦がキャッシングを申し込んでも、期待する融資枠が得られないということがあります。特に消費者金融は貸金業法で「年収の3分の1まで」と決められているため、融資額には限りがあります。また収入がない専業主婦(専業主夫)は融資そのものが受けられません。
そんな場合に「配偶者貸付」という方法が利用できます。

消費者金融で融資枠を増やせる配偶者貸付とは

配偶者貸付とは配偶者の同意を得て、自分と配偶者の年収を合算してその3分の1までの融資枠を得ることを言います。

消費者金融の配偶者貸付は夫婦の年収を合算して融資枠を決定

専業主婦(専業主夫)で自分の収入がない人は消費者金融では借りることができません。これは貸金業法の中の総量規制で決められているもので、年収の3分の1までしか借りられないことになっています。しかし、専業主婦(専業主夫)はそもそも年収がないために融資が認められていないのです。

しかし、総量規制の例外として配偶者の年収と合算してその3分の1までは融資可能と認められています。この制度を利用することによって、本来は融資不可能な専業主婦(専業主夫)でも融資が可能になります。(ただし融資額は審査の結果で決まります。)

配偶者貸付の利用条件

配偶者貸付を利用するには、次のような条件があります。

  • 配偶者の同意を得て同意書を提出すること
  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本)などを提出すること
  • 融資額によっては収入証明書類を提出すること

消費者金融の配偶者貸付のメリットとデメリット

配偶者貸付のメリットとデメリットは何なのか、気になりますね。詳しく見ていきましょう。

消費者金融のキャッシングにおける配偶者貸付のメリット

配偶者貸付の最大のメリットは何と言っても無収入である専業主婦(専業主夫)でもお金が借りられるということでしょう。消費者金融やクレジットカードは上にも書いた通り、貸金業法で「年収の3分の1まで」と決められています。利用条件にも「本人に安定した収入があること」となっています。

収入がない専業主婦(専業主夫)はどう転んでも借りることはできません。しかし、配偶者貸付なら融資が可能なのです。

年収を合算することで融資枠が増える

パートやアルバイトで働く主婦が消費者金融で借りる場合は、年収の3分の1までしか融資枠がありません。年収が90万円の人なら30万円が限度です。

しかし、配偶者貸付は配偶者の年収と合算できます。妻の年収が90万円、夫の年収が300万円の場合、配偶者貸付なら年収を合算できるので390万円で計算してもらえます。年収の3分の1の130万円まで借りることが可能になります。

融資枠が増えることで金利が優遇される!?

一説には融資枠が増えると金利が優遇されるという話がありますが、消費者金融の場合はその可能性は低いと言えます。実際の金利は審査の結果で融資枠とその人の信用度などで決定されますが、ほとんどの場合は上限金利が適用されるでしょう。そのため配偶者貸付で融資枠が増えたとしても、金利面でのメリットはそれほど期待はできないと考えられます。

ちなみに大手消費者金融の上限金利は下記の通りです。

プロミス 17.8%
モビット 18.0%
アイフル 18.0%
アコム 18.0%

なお、上記4社では配偶者貸付は実施していません。

消費者金融のキャッシングにおける配偶者貸付のデメリット

一方、デメリットもあります。それは配偶者の同意が必要だということです。無職で収入がない奥様や主夫から「お金を借りたいから同意書にサインして」と言われて、そう簡単に同意する人は少ないのではないでしょうか。

  • 何のために借りるの?
  • どうやって返済するの?
  • 自分の稼ぎだけではやっていけないのか?
  • 借りずにしのぐ方法はないのか?
  • 借りなきゃいけないほど大変なら、働きに出れば?

など、さまざまな事を言われるでしょう。

同意が得られず夫婦ケンカになることも

このような会話から夫婦ケンカになることも予想されます。どれだけ言い訳をしても、配偶者は納得できないでしょう。
また、「借りるくらいなら働いたらどうなの?」と言われるのも当然です。

働けない理由がある場合は「それならば返済費用はどこから出すの?」と思われるでしょう。

いずれにしても配偶者の同意を得ることは至難の業だと言えます。

配偶者貸付を実施している消費者金融は少ない

配偶者貸付という制度はありますが、実際にそれを実施している会社は少ないのが現実です。
大手消費者金融のアイフル、アコム、プロミス、モビットなどでは扱っていません。そのため、利用したいと思っても受け付けている会社を探すのが難しくなるでしょう。

婚姻関係の証明が必要

配偶者貸付の利用条件にもあるように、婚姻関係を証明する書類が必要です。同棲しているが籍は入れていないというカップルや事実婚の場合はそれを証明するのが困難です。

そういった点も配偶者貸付では問題になると言えます。

銀行カードローンは消費者金融の配偶者貸付よりも利用しやすい

消費者金融は収入がない専業主婦(専業主夫)は利用できませんが、銀行カードローンは専業主婦(専業主夫)でも利用可能なところがあります。

その場合、配偶者の同意は不要です。

消費者金融の配偶者貸付と銀行カードローンの違い

配偶者貸付と銀行カードローンは下記のような違いがあります。なお、ここでは専業主婦(専業主夫)が利用する場合を比較しています。

配偶者貸付 銀行カードローン
配偶者の同意 必要 不要
融資額の上限 配偶者の年収と合算して3分の1まで 30万円~50万円
上限金利 17.8%~18.0% 融資枠によって異なるが消費者金融よりも低いところが多い

専業主婦(専業主夫)でもキャッシングできる銀行カードローンがある!

銀行カードローンなら配偶者の同意が不要で、最大で30万円~50万円まで借りることができます。ただ、どこの銀行カードローンでも利用可能というわけではありません。次の銀行カードローンでは専業主婦(専業主夫)にも融資を実施しています。

カードローン名 融資額の限度
みずほ銀行カードローン 30万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
30万円
ソニー銀行カードローン 50万円
楽天銀行スーパーローン 50万円
イオン銀行カードローン 50万円

銀行カードローンの融資限度額は審査で決まる

銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法でさまざまなことが決められていますが、銀行法には総量規制はありません。そのため、「融資額は年収の3分の1まで」という規制がなく、融資額はさまざまな要素を慎重に審査して決定されます。

銀行カードローンの融資額に配偶者の年収は関係するか?

では、上記の専業主婦(専業主夫)でも利用可能な銀行カードローンでは配偶者の勤務先や年収について聞かれるのでしょうか?それぞれの申し込み画面を調べてみました。

銀行名 配偶者の勤務先の記入 配偶者の年収の記入
みずほ銀行カードローン 不明 不明
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
不要 世帯年収を記入
ソニー銀行カードローン 不要 世帯年収を記入
楽天銀行スーパーローン 不要 配偶者の年収を記入
イオン銀行カードローン 不要 配偶者の年収を記入

このようにほとんどの銀行カードローンで配偶者の勤務先名は答える必要がありませんでした。なお、年収に関しては配偶者の年収を記入するところと世帯年収を記入するところに分かれます。しかし、いずれの場合でもそれを証明する必要はないので、消費者金融の配偶者貸付よりも利用しやすいシステムだと言えます。

パート主婦でも消費者金融よりも銀行カードローンがおススメ

配偶者貸付は配偶者の年収と合算して融資額が決まるので、年収が少ないパート主婦でも融資枠が増える可能性があります。ただし、その場合でも配偶者の同意が必要になります。

一方、銀行カードローンは配偶者の同意は不要です。また、融資額も総量規制の対象外なので年収の3分の1までということはありません。実際の融資額は審査結果で決まりますが、消費者金融で借りる年収3分の1よりも多く融資を受けられる可能性があります。

金利面でも銀行カードローンの方が低いので、パート主婦にとっては銀行カードローンの方が使いやすいと言えるでしょう。

消費者金融の配偶者貸付も銀行カードローンも審査対象は自分

配偶者貸付は配偶者の同意書が必要で、配偶者の年収を答えるようになっています。そのため、審査対象者は配偶者のように感じるかも知れませんが、あくまでも契約者は自分自身です。配偶者の年収は参考程度に聞いているので、まずは自分自身の信用度が重要になります。

銀行カードローンを専業主婦(専業主夫)が申し込む場合も同じで、契約者は自分自身です。

キャッシングの審査は信用情報の登録内容がカギに

審査で特に重要になるのは信用情報機関に登録されている内容です。

特に気をつけたいのが次のポイントです。

  • 現在と過去の借入状況…借入件数と借入金額
  • 現在と過去の返済状況…返済に遅れがないか、残高はどれくらいか
  • 金融事故の有無…自己破産や任意整理、個人再生の経験がないかどうか

これらの項目で何か問題があると審査に通りにくくなり、融資が受けられない可能性があります。

キャッシングの審査基準は金融機関によって異なる

審査基準は公開されていませんが、各金融機関によって異なります。しかし、返済遅延や多重債務、金融事故などがあるとどこで申し込んでも融資は難しくなるでしょう。

信用度を高めて銀行カードローンで借りるのがベスト

今回のテーマである配偶者貸付は扱っている会社が少ないこと、利用には配偶者の同意が必要であることなどから、あまり現実的とは言えません。

一方、銀行カードローンは年収が少ないパート主婦でも年収の3分の1以上を借りられる可能性がありますし、専業主婦(専業主夫)でも利用可能なカードローンがあります。

もし審査に不安がある人は信用情報機関の登録内容が消えるまでの一定期間を待ってから信用度を上げて利用するといいでしょう。

あなたにピッタリのカードローン

配偶者貸付を検討するなら、おまとめローンも考えよう!

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短で融資可能!
  • スピード審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
スピード審査
Web完結
最短での融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP