配偶者控除が150万円に!?パート主婦のキャッシングはどう変わる?

主婦が配偶者控除を調べる

  • 配偶者控除の見直しって結局どうなる?
  • 配偶者控除の引き下げで出る影響とは?
  • パート主婦のキャッシング上限額も上がる!?

みなさんが気にしている配偶者控除の改正。主婦でパートの賃金を103万円以下で抑えていた人も、改正後には税金が緩和されて税負担額が少なくなる見込みです。家計も少しは楽になりそうですよね。

また、配偶者控除の改正に伴い主婦のキャッシング枠の上限も上がります。なぜキャッシング枠の上限にも緩和が適用されるのでしょうか。本記事で詳しく解説します。

配偶者控除の見直しって結局どうなる?

見直しの改正内容を紹介する前に、配偶者控除についてざっくりと解説しましょう。

配偶者控除とは

配偶者控除はすべての方が平等に受けられる訳ではありません。その年の12月31日に下記のすべての項目に当てはまる方が対象となります。

配偶者控除が対象となる人

  • 配偶者(内縁関係は対象とならない)
  • 納税者と生計を一つにしていること
  • 年間の合計所得金額が38万円以下であること
  • 原則として青色申告者の事業専従者としめ給与の支払いを受けていないこと、または白色申告者の事業専従者でないこと

難しく思うかもしれませんが、簡単に言うとサラリーマンの妻である方が対象になります。「年間所得金額が38万円」という項目が気になると思います。実は配偶者控除103万円という金額には、これから述べる給与所得控除も含まれた金額になっています。

給与所得控除とは

所得税法上の用語。賃金,俸給,賞与,歳費,年金,恩給 (一時恩給を除く) およびこれらの性質を有する給与を税法上給与所得と呼び,所得税および住民税の課税に際して,勤労に伴う必要経費の概算控除として,課税所得の計算にあたって収入金額から控除を認める一定金額。
出典:コトバンク コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

さて、この給与所得控除の金額が65万円です。年間の収入が65万円以内であれば、所得税がかかりません。その上、配偶者控除の38万円を適用できますので、65万円+38万円で103万円までの所得に対して所得税の支払いが不要になります。

では改正後はどうなる?

それでは、「配偶者控除」が改正後について説明していきます。

一時期は「配偶者控除」の話も上がっていましたが、一転して現在では概ね配偶者控除の引き下げ案に落ち着きました。金額は今までの合計103万円から150万円へ引き下げられる見込みです。

今までパートで103万円以内に抑えられていた方は、150万円までが減税対象となりますので今まで以上に稼ぐことが出来ます。配偶者控除の限度額まで稼ぐと年間40〜50万円の収入が増えますので、生活がかなり助かりますよね。また150万円を超えても200万円以内は減税対象の検討がなされています。

配偶者控除の引き下げで出る影響とは?

税務署

配偶者控除の見直しの意図は、国が国民の税負担を軽減して家計を助けることはもちろんですが、今まで配偶者控除内の収入でパートをしていた方へ勤労を推進することも含まれています。これは国内のお金の流れを良くすることで景気回復を図ろうとする意味合いです。
現在でパート主婦の93%が年収200万円以下です。そのためパート主婦のほとんどが減税対象となる見込みです。

特定の人にはデメリットがある?

配偶者控除の見直しからおそらくほとんどの家庭が恩恵を受けられるでしょう。そこで気になるのはデメリットの部分です。

実は法改正されると反対に増税になってしまう方が出てきます。

これは減税により国は税収が少なくなった分を、年収の高い人に対して増税を行うことで減税分の税収の穴埋めをしようと計画されています。具体的に増税対象となる方は、夫の年収が1120万円以上となり、月収にして約93万円ほどです。そこまで高い稼ぎがある世帯は全世帯の数パーセント程度ですので、ほとんどの方は気にしなくても良いかもしれませんね。

パート主婦のキャッシング上限額も上がる!?

家計簿をつける主婦

ではいよいよメインテーマである「パート主婦のキャッシングの今後の行方」について説明いたします。

実は配偶者控除の引き下げを行うと、結果的にパート主婦の「キャッシング利用枠の上限」が上がります。なぜ?と不思議に思っている方もいらっしゃるかもしれません。これは「総量規制」の制限があるためです。

総量規制とは、貸金業法内で「キャッシングできる限度額は年収の3分の1まで」と決められている規則のことを指します。キャッシングする場合に最も重要な項目かもしれません。例えばパート主婦で年収100万円だった人はキャッシングの限度額が30万円程度でした。それが法改正されて年収150万円になるとキャッシングの限度額が「50万円」に増えます。50万円は冒頭にお伝えした通り、法改正後にパート主婦の給料が増える額と同じくらいになります。ですからキャッシングで50万円の借り入れを行ったとしても、かなり返済しやすくなるのではないでしょうか。

いわばパート主婦は減税されて収入も上がり、キャッシングを利用してもとても返済しやすくなります。早く配偶者控除の改正をしていただきたいものです。

総量規制について

貸金業者は、個人向け貸付けにおいて、年収等の3分の1を超える貸付けが原則禁止されました。
年収等とは、個人の年間の給与およびこれに類する定期的な収入の金額を合算した額のことです。
複数の貸金業者から借入れがある場合は、全て合算した金額が、年収等の3分の1を超えるかどうか審査します。
例えば、年収300万円の方に貸金業者が貸付けることができる金額は、100万円が上限となり、複数の貸金業者から借入れがある場合でも合計100万円が上限となります。
(ただし、総量規制の除外・例外となる貸付けもあります。)
年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は原則として新たな貸付けを行いませんので、借入額が年収等の3分の1以下になるまで貸金業者からの借入れは制限されます。

出典:貸金業法について 日本貸金業協会

専業主婦でもキャッシング枠が広がるの?

専業主婦の場合はどうでしょうか。説明していきます。
実は専業主婦は「キャッシング自体が貸金業法で禁止」されています。先ほどお伝えした総量規制のおさらいをしてみると、総量規制は年収の3分の1がキャッシング利用枠でしたよね。専業主婦であれば収入が0円ですから、年収の3分の1で考えても「キャッシング利用枠は0円」となってしまうので利用できないのです。ただこれには抜け道があります。次の項目で説明します。

実は専業主婦でもキャッシングできる抜け道がある!

専業主婦でも「配偶者貸付け(例外の貸付け)」の制度を利用することができます。「配偶者貸付け」とは配偶者と合わせた年収の3分の1まで利用できる貸付制度となっており、例えあなたの収入がなくても夫の収入を証明することでキャッシングを行うことができます。ただ配偶者貸付けを利用する際には、夫の同意書や夫の配偶者であることを表す戸籍書類などが必要になってきますので、バレずにキャッシングを行うのは難しいのではないでしょうか。

専業主婦の方で少額のキャッシングであれば「銀行のカードローン」のご利用をおすすめします。「銀行のカードローン」でしたら「総量規制」の適用外となりますので、配偶者貸付けの制度を利用する必要がありません。

「専業主婦の銀行カードローンのメリット」を以下にまとめてみましたので確認しましょう。

  • 専業主婦の銀行カードローンのメリット
  • 夫や家族にバレずに借り入れできる
  • 申し込みや審査が簡単に行える
  • 消費者金融と違って安心感がある(最近では消費者金融もほとんどが銀行の傘下となっています)
  • 最短では即日借り入れができる
  • 消費者金融に比べて金利が低い

ひとつずつ紹介していきます。

夫や家族にバレずに借り入れできる

基本的にはカードローンを利用する先の銀行のクレジットカードを持っている場合は、「配偶者の同意書」などの必要種類の提出は行いません。ですから夫や家族にバレずに借り入れを行うことができます。

申し込みや審査が簡単に行える

申し込みもとても簡単でインターネットから申し込みを行うことができます。また審査完了まで30分程度と迅速に対応してくれる銀行が増えてきました。

消費者金融と違って安心感がある

最近は貸金業法の改正後からほとんどの消費者金融は「銀行の傘下」となっていますが、やはり直接「銀行」から借り入れできるのは魅力的ではないでしょうか。

最短では即日借り入れができる

審査完了まで最短30分程度ですので、即日で融資を行ってもらえます。即日融資ができる手続きの時間が各銀行でそれぞれ違いますので、お電話か窓口で直接問い合わせてみてはいかがでしょうか?

消費者金融に比べて金利が低い

少額ローンであっても消費者金融よりも銀行の方が金利が低い傾向にあります。

以上のことから、専業主婦には「銀行ローン」を利用されることをおすすめいたします。

まとめ 配偶者控除が改正されるとパート主婦の税負担が軽減されて収入が増える!

喜ぶ主婦

  • 配偶者控除の見直しでパート主婦の年収UP!
  • 配偶者控除の引き下げで、高所得者が増税される!
  • パート主婦のキャッシング上限額も上がり、利用しやすくなる!
  • 専業主婦のキャッシングは銀行カードローンがおすすめ!

本記事では配偶者控除の改正によってパート主婦の収入増について簡単に説明しました。パート主婦であれば今後キャッシング利用枠もグッと広がりますので、急な資金が必要になった場合などは、今まで以上にキャッシングの利用がしやすくなるのではないでしょうか。

専業主婦の場合は「配偶者控除」の恩恵は受けられませんが、キャッシングを行う場合は夫の許可があれば「配偶者貸付け」を利用し、夫にバレたくない場合は「銀行から借り入れ」することをおすすめします。少額の融資に限られますが銀行ローンを利用することで様々なメリットがあります。

「配偶者控除」が改正されて、キャッシングしやすくなったとしても完済させることが最も重要です。キャッシングを利用する場合は、返済計画をしっかりと立てて、完済までの道のりのシミュレーションを行ってみることも大切です。くれぐれも必要以上の借り入れしないように心がけましょう。

あなたにピッタリのカードローン

主婦におすすめのカードローンはどこ?

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-
横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「主婦融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP