ご祝儀に包むお金がない!即日キャッシングの活用術

ご祝儀

  • 結婚式は祝福する側もされる側もお金が必要
  • 急な出費が重なった時は、無理せずにキャッシング利用がおすすめ
  • 即日で融資を受けるまでの流れ
  • 土曜日や日曜日でも借入できるの?

まさかと思っていた友人が結婚することになって急に「ご祝儀」が必要になったり、出費が多い月に結婚式が重なってご祝儀の「資金不足」に悩んだ経験はありませんか?

どうしても捻出できなくなった場合は、キャッシングを上手に利用して即日融資を受けてみましょう。
とても簡単に融資を受けることができて、資金不足のピンチを切り抜けられます!

結婚式は祝福する側もされる側もお金が必要

結婚式 結婚式は参加者みんながとても幸せな気分になる場ですが、招待される側の中には「お金がなくて」ご祝儀を捻出するのが大変だという人もいるでしょう。
同じ月に別の出費が多くなったり、はたまた友人の結婚式が土日に連続してしまったりする場合もあるかもしれません。

特に社会人になりたての方は使えるお金も多くはないと思いますので、浪費していなくても「ご祝儀の資金不足」を経験した方もおられることでしょう。

メモご祝儀の金額の目安
兄弟 5万円
知人・友人 3万円
上司 3万円
同僚 2万円
部下 2万円
取引先 3万円

あくまでご祝儀の目安金額となります。
ご自身の年齢や、地域によっても目安金額は変わりますので、周りの方に合わせる方が良い場合が多いでしょう。

もちろん「お金の心配」なく、結婚する2人を祝福してあげたいですよね。
欠席するなんてもってのほか。
そんなピンチの状態に陥った場合はこれから説明する、「はじめて利用する方でも簡単でリスクがなく即日にキャッシング」ができる方法をお伝えいたします。

急な出費が重なった時は、無理せずにキャッシング利用がおすすめ

様々な理由で急な資金が必要になった時は、無理をせずにキャッシングを利用してみることをお勧めします。
キャッシングの利用がはじめての方は「難しい」とか「融資を受ける方法が分からない」などの問題にぶつかるかもしれませんが、コツさえつかめば誰でも簡単に融資を受けることができます。
また、即日ローンというと「消費者金融」などのマイナスのイメージがあるかも知れませんが、最近では「大手銀行の傘下」である専門業者がほとんどで、有名芸能人なども専門業者のコマーシャルに出演していたりしていますので、イメージも一昔前とは変わってきています。

まずは専門業者でお金を借りる前に、「貸金業のルール(貸金業法)」について詳しく見ていきましょう。

貸金業法について

平成18年から抜本的に改正された法律です。
新しく改正された大きなポイントをご紹介いたします。

  1. 総量規制
  2. 上限金利の引き下げ
  3. 貸金業者に対する規制の強化

ではひとつずつ紹介していきます。

1.総量規制

総量規制とは、借りられる限度額に上限を設ける規制のことを指します。
具体的には、貸金業者の借入額がご自身の年収の3分の1以上になった場合は、新規で貸金業者からの融資を受けることができません。

もちろん総量規制の対象となるのは「個人が貸金業者から借り入れる場合のみ」です。
銀行からの借入や、法人名義での借入などは対象外となります。

2.上限金利の引き下げ

融資を受けた際の金利が引き下げとなり、最大29.2%だったものが借入額に応じて変動し、最大15〜20%へ引き下げになりました。
具体的には借入額が10万円未満では20%の金利、10万円〜100万円未満が18%、100万円以上が15%となりました。

3.貸金業者に対する規制の強化

純資産が5000万円以上の貸金業者でなければ、貸金業を行うことができなくなりました。
また、法令遵守のための助言や指導を行う貸金業務取扱責任者については、資格試験が導入されて、試験の合格者を各店舗に配属させることが義務付けられました。

これらの項目に限らず全般的に貸金業者への取り締まりが強化され、一般消費者にも「利用しやすく」改正されております。
また貸金業法改正後はほとんどの貸金業者が銀行との提携を結ぶために「銀行の傘下」になりました。

今まで貸金業者は「消費者金融」などのあまり良くないイメージがあったかも知れませんが、近年このような法改正に伴って業務内容に大きな変化が起こりました。

融資を受ける場合でも「大手銀行の傘下」である場合がほとんどですので、安心して申請、融資を受けることができます。

改正貸金業法

多重債務を防ぐため2010年6月に完全施行。個人が借金できる総額を年収の3分の1に制限する「総量規制」が盛り込まれた。出資法の金利上限も29.2%から20%に引き下げられ、利息制限法による上限金利(15~20%)との間で矛盾が指摘されていた「グレーゾーン」が撤廃された。

出典:コトバンク(朝日新聞)

なぜ銀行は貸金業者と提携しているのか

銀行融資
貸金業者が「銀行」と提携していることが多いとお伝えしましたが、なぜだかお分かりでしょうか。
きっかけとなったのが「貸金業法」の改正です。
貸金業法が改正された時に、金利の上限が明確化され、またそれまでにグレーゾーン金利で貸し付けを行なっていた場合、法改正後の金利との差分金利金額を利用者へ返還することが義務付けられました。
この為、多くの貸金業者が過払い金の返還を求められ経営難に陥る事態となり、銀行の傘下へ入り、苦難を乗り越えた経緯があります。

貸金業者が銀行と提携するメリット

貸金業者は銀行と提携すると、多くの恩恵を受けることになりました。
資金が豊富になり経営難に陥る心配がなくなり、それと同時に高い信用性も手に入れました。
銀行の名前が入っているだけで利用者のイメージアップや安心感があります。
貸金業者は取り立てや高い金利についてマイナスのイメージでしたが、銀行の傘下になることによりイメージを向上させることに成功し、新規顧客の獲得に繋がりました。

銀行が貸金業者と提携するメリット

銀行側も貸金業者と提携することで大きなメリットがあります。
銀行は事業者向けへの融資を行なってきましたが、貸金業者と提携することにより個人向けの融資サービスも展開することが出来るようになりました。

また銀行は、冒頭にお伝えした総量規制の対象とはならず、出資を行うことができます。
これは、銀行側で出資額の上限を決められるということです。
総量規制以上の融資を希望されている方へ融資を行いやすい為、ユーザーからの利用も期待できます。

実は利用者にもメリットがある

貸金業者と銀行が提携したことにより、店舗数が増えて各地域に支店ができることで、利用者も利用しやすい環境になりました。

また、融資の取り扱い業者が増えたことで様々な利用者にとって有利な融資サービスが生まれ、提供されています。

即日で融資を受けるまでの流れ

はじめてキャッシングを行う方へ、手続きのフローを説明していきます。
手続きはとても簡単で下記の5つの工程だけで、即日融資を受けることができます。

  1. 貸金業者を選ぶ
  2. 申し込む
  3. 審査される
  4. 必要書類の提出
  5. 融資が行われる

順番に見ていきましょう。

1.貸金業者を選ぶ

まずどこの業者から融資を受けるか決めます。
申請後はすぐに融資を受けられますので、少し時間をかけて、じっくりと業者を選定しましょう。
おすすめはやはり知名度のある銀行の傘下の業者が安心で、利用者からも人気を集めています。
闇金と呼ばれる悪徳業者も存在していますので、十分に注意してください。
初心者の方はネットなどの口コミを参考にして、できるだけ大手の業者を選ぶようにしましょう。

2.申し込む

即日融資を希望の場合は、直接店舗窓口で受け付けを行なってください。
はじめて借りられる方は不安だと思いますが、窓口で相談ができますのでスムーズに手続きを行うことができます。
顔を知られたくない場合は無人受付機でも即日融資を受けることが可能ですので、検討してみるのもいいでしょう。
無人受付機を利用する場合は、前もってインターネットで受付を済ませておくと、審査をスムーズに進めることができます。

3.審査される

受け付けが問題なく終わると、審査がはじまります。審査手続きが早い業者だと30分程度で終わるでしょう。
審査時間も業者選定の重要なポイントだと思いますので、じっくりと比較検討しておきましょう。

4.必要書類の提出

審査が通過すると契約書類の提出が必要となります。

必要書類は
  • 本人確認書類
  • 収入証明

収入証明ですが、利用限度額が50万円を超えている場合と、他業者からの借り入れがあって借り入れ総額が100万円を超える場合のみです。
窓口に行く前には二度手間にならないように、必ず本人確認書類を持参して伺うようにしてください。

5.融資が行われる

提出するとすぐに融資が行われます。
窓口であれば直接お金が支払われ、自動受付機ではキャッシュディスペンサーからお金を受け取れます。

はじめてご利用される方は、スムーズに借りられるので驚くかもしれません。
即日で現金を調達することができますので、どうしても急な資金が必要になった時に利用してみましょう。

土曜日や日曜日でも借入できるの?

休日のイラスト「土曜や日曜に急にお金が必要になった場合は?」
自動契約機を用意している業者もあり、土日や祝日も受け付けを行なってもらえます。
即日融資をしてもらえる最終時間ですが、おおよそ19時頃までの受け付けとなっている場合が多いですので、確実に即日融資を受けたいなら、夕方には受け付けを行なっておきましょう。

自動受付機がない業者では、窓口かインターネットでの受け付けとなります。
その場合、土曜日は営業していても日曜日が休みの業者もありますので、下調べを行なっておきましょう。

ただし、注意しておかなければならないことは契約時に「在籍確認も必要」となることです。土日や祝日はあなたが勤めている会社がお休みで、在籍確認ができないことが場合は、休みが明けた月曜日に審査が通ります。

在籍確認って?会社にバレない?

勤務先への在籍確認は審査では必須の項目となります。
たとえ土曜日や日曜日に勤務先が営業していたとしても、どのような方法で在籍を確認するのか気になりますよね。
同僚や上司にバレたくないと思う方がほとんどだと思います。

在籍確認は勤務先への電話確認です。
ただし貸金業者は「会社名」を伝えず、「個人名」を名乗って在籍の確認を行っておりますのでバレません。ご安心ください。

まとめ 急な出費で困った時は、無理をせずにキャッシングを利用してみましょう

喜ぶ女性
めでたい結婚式に招待されたのに、内心はお金の心配してるなんて嫌ですよね。
この記事を読んだあなたは、最近のローンは銀行とも提携していて、安心して利用することが理解できたかと思います。

また即日でお金を工面することができますので、急な出費などが重なった時は無理をせずにキャッシングを活用しましょう。
ただし、借りる金額は必要最低限で控えめにしておき、返済できるように計画立てて上手に活用しましょう。

あなたにピッタリのカードローン

今日中にお金を借りられるカードローンは?

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • 最短即日融資!急ぎの方もOK[
  • 30万円まで専業主婦も借入可能
  • 来店も郵送も不要で手軽に利用できる

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日
来店不要
最短即日融資1,000万円3.5%~14.0%
3.0%~7.0%
融資可能
専業主婦もOK
-

「即日融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP