消費者金融にもおまとめローンがあるって本当?これで借金を一本化できます!

借金一本化

最初は「ちょっと財布がピンチだから」という軽い気持ちでキャッシングを利用したものの、その後もついつい借りてしまい、気がつけば複数で借りる「多重債務者」になってしまったというケースがよく見られます。

毎月の返済に遅れると金融業者から催促の電話はかかってくるし、返済が1日遅れるとその分の利息が付くし…何もいいことはありませんね。

消費者金融にもおまとめローンはあるんです

借金を背負った男性キャッシングは自分の口座からお金をおろすような感覚で借りられるため、いつの間にか借金がふくらんでしまう傾向があります。借りたものは返さないといけませんが、毎月コツコツ返済を続けても元金はなかなか減っていきません。

そこでおすすめなのが「おまとめローン」です。実は消費者金融にも「おまとめローン」があるんですよ。銀行カードローンのおまとめローンとはまた別のメリットがあります。

消費者金融のおまとめローンは年収の3分の1以上でもOK

消費者金融のキャッシングは年収の3分の1までしか借りられないということはご存知ですか?すでに複数で借りている人はそういった情報をご存知かも知れません。

消費者金融はなぜ年収の3分の1までしか借りられないの?

困っている男性会社員のイラスト(スーツ)ご存知ない方のためにご説明します。消費者金融では年収の3分の1までしか借りられないと法律で決められています。これは「貸金業法」の中の「総量規制」で決められたものです。

過去には年収に関わらず多額の借金をする人が多くいました。融資額の規制がなかったために貸金業者がどんどん貸してしまったのです。しかも、当時は金利が高かったために返済できずに借金地獄に陥る人が増えたという事情があります。その対策として貸金業法が改正され、総量規制が設けられました。

総量規制の対象になるもの

総量規制の対象になるのは「消費者金融」と「クレジットカードのキャッシング」です。これらは1社だけでなく他社も含めて、年収の3分の1を超える額を貸してはいけないということになっています。

総量規制から除外されるもの

しかし、次のものは総量規制から除外されています。

  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費の貸付、など

総量規制の例外

一方、総量規制の例外となるものもあります。

  • 顧客に一方的に有利になる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け、など

この中の「顧客に一方的に有利になる借換え」というのが、消費者金融の「おまとめローン」です。

おまとめローンで借り換えることは、低い金利で他社の借り入れを返済するということです。顧客にとっては有利なことになります。

そのため、総量規制で決められている年収の3分の1を超える額でも融資が可能になります。

消費者金融のおまとめローンは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外であることから、「貸金業法に基づく借換えローン」となっています。すでに年収の3分の1以上を借りている人でも安心して申し込めます。

消費者金融のおまとめローンの内容

当サイトでおすすめしている消費者金融大手3社のおまとめローンの内容を見てみましょう。

消費者金融のおまとめローンの特徴

消費者金融のおまとめローンは一般のキャッシングとは内容が大きく異なります。

  • 他社の返済にのみ利用可能
  • 借り入れ先への返済はおまとめローンを借りた金融機関から直接返済
  • 追加の借入はできない
  • 総量規制の対象外なので年収の3分の1以上でも借りられる
  • 一般のキャッシングよりも金利が低い

おまとめローンは他社一本化が目的

天高く積まれた札束消費者金融のキャッシングは「利用目的は自由」なので、何に使っても構いません。しかし、おまとめローンは他社の返済にしか利用できません。

しかも、融資されるお金を自分は手にすることはなく、おまとめローンとして借りた業者から今まで借りていた業社に直接返済されます。(返済は借りている本人の名前で振り込まれます。)

まさに他社借り入れを一本化するためのローンなのです。

おまとめローンは追加の融資はできない

一般のキャッシングならば審査結果で認められた融資枠があり、その枠内であれば何度でも借りたり返したりができます。しかし、おまとめローンは他社の返済(一本化)が目的なので、それ以外の目的で借りることはできません。

また、おまとめローンの返済が進んで残高が減っていったとしても、融資枠があるわけではないので追加融資はできません。

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンは上でも書いた通り、総量規制の例外として認められているものです。

融資額は審査結果で決まりますが、すでに年収の3分の1以上を借りている人でもそれが一本化できるわけですから、精神的にかなり楽になりますよ。

消費者金融のおまとめローンの金利

気になる金利はどれくらいでしょうか。各社の金利を比較してみましょう。

借り入れ先 一般のキャッシングの金利 おまとめローンの金利
アイフル 18.0% 12.0%~15.0%
アコム 18.0% 7.7%~18.0%
プロミス 17.8% 6.3%~17.8%

このように一般のキャッシングよりも低い金利で借りることが可能です。



消費者金融のおまとめローンで一本化する方法

では、具体的に消費者金融のおまとめローンで借り入れを一本化する流れを見ていきましょう。

消費者金融おまとめローンの申し込みから一本化までの流れ

一本化は次のような流れで進めていきます。

  • 申し込む
  • 必要書類を提出する
  • 審査が始まる
  • 審査結果が出る
  • 契約
  • 各社に返済(基本的に利用するおまとめローンの業者から借入先に振り込まれます)

おまとめローン申し込みに必要な書類

おまとめローンの申し込み時には、次の書類が必要になります。

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・健康保険証+住民票
収入証明書 ・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・所得(課税)証明書
・給与明細書

おまとめローンの申し込みに所得証明書は必須

おまとめローンの申し込み時には、所得を証明する書類は必ず必要になります。源泉徴収票など必要なものを準備しておきましょう。

他社の借り入れがわかる書類も必要

他社での借り入れ状況がわかる書類の提出を求められることがあります。契約書、利用明細書など残高がわかるものを準備しておきましょう。

おまとめローンを申し込むときの注意点

お金を持って受付をする女性担当者おまとめローンは他社の借り入れを一本化するために利用するものです。この機会に複数の借り入れを一本化してしまいましょう。

「こんなに借りていると思われるのは恥ずかしい」と考えて、借り入れ先の一部を隠そうとする人がいます。しかし、すべてを一本化せずに1~2社でも残していると、結局その返済に苦労することになります。

おまとめローン利用後はおまとめローンの返済だけに集中することが大切です。隠さずにすべての借り入れを伝えるようにしましょう。

おまとめローンでも怪しい業者に注意

多重債務者をねらって「おまとめローン」の案内のDMやメールなどが届くことがあります。とても簡単に一本化できて、その後の返済が楽になることをアピールしていますが、中には悪質な業者があるので注意しましょう。

一般のキャッシングもそうですが、おまとめローンも信頼できる大手の金融機関を利用することが大切です。

当サイトでご紹介しているアイフル、アコム、プロミスなら安心できるので、おすすめです。

消費者金融のおまとめローンのメリットとデメリット

消費者金融のおまとめローンを利用する際のメリットとデメリットを整理しておきましょう。

消費者金融おまとめローンで一本化のメリット

おまとめローンで一本化することで、次のようなメリットがあります。

  • 今よりも低い金利で借りられる
  • 毎月の返済額が減らせる
  • 返済が1ヶ所で済むので返済日を忘れない
  • 返済手数料が減らせる

喜ぶ女性特に大きなメリットは毎月の返済額が減ることと返済が1ヶ所で済むという点です。

返済額は借り入れ金額や金利、件数などで異なりますが、おおむね今よりも少なくなることが多いようです。また、「今日はA社の返済日。B社は〇日で、C社はいつだったっけ?」と複数の借り入れ先の返済日を管理する必要がなくなります。

キャッシングの返済は遅れると信用情報機関に登録されて、数年間は延滞履歴が残ります。次にローンを組むときなどの審査に影響を与えるだけに、何としても避けたいものです。

一本化すれば返済先は1ヶ所なので忘れることはありません。

返済手数料にも注目

消費者金融の利用は借り入れも返済もコンビニや銀行などの提携ATMでできるのが便利な点です。ところが提携先によっては返済時に108円~216円の手数料がかかる場合があります。

毎月返済手数料を数社の返済で払っていると、年間で数千円になってしまいます。

一本化することで返済手数料が抑えられるのも大きなメリットだと言えるでしょう。

消費者金融おまとめローンで一本化のデメリット

一方、次のようなデメリットもあります。

  • 今よりも金利が大きく下がらない場合がある
  • 追加の借り入れはできない

おまとめローンは金利をチェック

上の金利の表でもわかる通り、おまとめローンの上限金利(高い方の金利)は「今よりも大幅に低くなる」というわけではありません。もし自分が申し込んだときに金利がどれくらいになるか、よく確かめましょう。

おまとめローンを提供しているアイフル、アコム、プロミスの3社では、事前に相談や説明の対応をしています。返済のシミュレーションもやっているので、先に相談してみましょう。

追加の借り入れはできない

おまとめローンは「他社返済オンリー」のローンです。それ以外の用途に借りることはできません。そのため、手元のお金が足りなくなったときに借りるということはできないのです。

それは一見デメリットに思えますが、この機会に借り入れ先の返済を優先させて借金癖を治すようにしましょう。上記3社ではキャッシングの利用に関する相談も応じているので、聞いてみるのもいい方法です。

まずはおまとめローンを利用して、他社での借り入れを一本化するといいでしょう。

あなたにピッタリのカードローン

審査の柔軟さで選ばれてます!消費者金融のおまとめローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP