【完全版】おまとめローンで一本化する時に注意する3つのポイント

悩む男性

借り入れを複数の金融業者から行っている方は、毎月の支払い日や金利の違いなどがあって困っていませんか?

その場合は金融業者が行っている「おまとめローン」を利用すると、ローンを一本化できるので、返済の管理がとてもしやすくなります。返済の管理にお悩みの方はこちらの記事を読んで、「おまとめローン」を検討してみてはいかがでしょうか。また実際に「おまとめローン」を利用したことにより、金利が安くならずに「高くなった」という方もおられます。実は金融業者全てが「おまとめローン」を利用者に有利に提供しているわけではありません。

「おまとめローン」で一本化する場合には、必ず気をつけるべきポイントがあるので、合わせてご紹介します。

  • おまとめローンのメリット・デメリット
  • おまとめローンで一本化する時に注意する3つのポイント
  • たくさんの金融業者の中から選び抜くこと

おまとめローンとは、簡単に説明すると「複数の借り入れ先」がある場合、ローンをまとめて「一本化」することで、金利が下がったり毎月の支払日がまとまったりし、返済の管理をスムーズに行えます。

おまとめローン

多重債務者に借金を一括返済するための資金を融資する貸付商品。銀行や貸金業者などが扱う。
[補説]債務の一本化や金利負担の軽減をうたって勧誘するものがあるが、利息制限法による債務の減額や過払金の返還請求が可能かどうか、また、私的整理・個人再生・自己破産など他に適切な債務整理方法がないか、事前に検討する必要がある。
出典:コトバンク(デジタル大辞泉)

おまとめローンのメリット・デメリット

喜ぶ男性

「おまとめローン」がおおよそどのようなサービスか分かったところで、メリットとデメリットについて説明します。

おまとめローンのメリット

おまとめローンを利用することで、大きなメリットを得られます。

毎月の返済額が抑えられる

おまとめローンとは、銀行と金融業者それぞれが利用者の負担額を下げることを目的にサービスを提供しています。利用することで「返済額」を抑えられるので利用者に大きなメリットがあります。

返済日がまとめられる

複数の借り入れ先があった方は、返済日にバラつきがあって把握しにくい状況にあったかと思います。おまとめローンを行うと、銀行や金融業者1社へのみの返済に変更されるので、返済日はもちろん1日にまとまります。こちらもおまとめローンをお勧めする大きな理由の一つです。

金利が低くなる

サービスを提供する銀行や金融業者は「利用者への救済」を目的としたサービスになりますので、金利が低くなる場合が多いです。この後で説明いたしますが「金利が上がる」場合もあるので注意が必要です。

結果的に返済総額に負担が少なくなる

金利が下がることにより、もちろん利息も減少します。複数の金融業者へそれぞれ返済するよりも、トータルの返済額を抑えられます。

おまとめローンを行う前に、「複数の金融業者へ返済した場合の総額」と「おまとめローンを利用し1社の金融業者へ返済した場合の総額」をしっかりと計算し、返済総額が下がる金融業者で「おまとめローン」を申請しましょう。

おまとめローンのデメリット

メリットだけではなく、実はデメリットの側面もあります。一般的なデメリットを説明していきます。

再度審査が必要になる

おじさんが悩んでいる「おまとめローン」を申請する場合は、ローンの一本化になりますので、別の(もしくは現在利用の)金融業者で「ローンを組み直す」ということです。キャッシングを行った際に「審査」があったのと同様に、再度審査が必要になってきます。

また、複数の借り入れを1社へまとめることにより「借り入れ金額」が大きくなるので審査が厳しくなります。このため、銀行での「おまとめローン」は高い審査基準となりますので、審査を通過させることは難しいでしょう。

再び複数の金融業者で借り入れしてしまう可能性も

「おまとめローン」を利用することで金利が下がり「返済額が下がる」と、借り入れ額が減少したと思い込んでしまう人もいるようです。また、おまとめローン利用後は、かつて利用していた金融業者では「借り入れの完済処理」がされるので、それらの金融業者から再び「融資提供の案内状」などが届く場合もあるでしょう。

甘い誘惑に負けて再度キャッシングをしてしまうと「多重債務」になり、窮地に追いやられてしまう可能性も含んでいますので、十分に注意してください。

おまとめローンで一本化する時に注意する3つのポイント

先生のイラスト

実際に「おまとめローン」の利用先を決める前に、必ず押さえておくべき3つのポイントを紹介します。金融業者が提供するサービスによっては「利用者が不利になる」場合もあるので、これから説明するポイントに十分注意してください。

金融業者を選ぶ時に必ず注意するポイント
  • 高い金利を設定している金融業者
  • 月々の返済額を少なく設定している金融業者
  • 闇金などと呼ばれている違法の金融業者

では各項目の説明をいたします。

高い金利を設定している金融業者

通常のおまとめローンであれば、各業者が「利用者のメリット」を優先的に考えてサービスを提供していますが、反対に高い金利でサービスを提供している業者を選択してしまうと、返済額が増加してしまいます。

例 100万円の借り入れで、毎月3万円の返済を行う場合
金利 返済回数 返済総額
15% 44回 1,295,791円
18% 47回 1,388,142円

このように、一本化前の複数の金融業者からの加重平均金利が15%だった場合、18%の金利の「金融業者」でおまとめローンでを利用すると、92,351円も返済総額が高くなります。

加重平均金利について

簡単に説明すると、「複数の金利の合計金額」を「借り入れ残高の
合計」で割った値になります。
例えば、残高10万円金利10%と残高10万円金利15%の2社からの借り入れがある場合、金利の総額は2万5千円となります。2万5千円を借り入れ総額の20万円で割ると12.5%となり、その数値が加重平均金利となります。

おまとめローンで一本化する前には、今借り入れを行っている複数の業者の残高と金利について把握し「加重平均金利」を計算しておく必要があります。また、まとめ先の金融業者の金利の上限の確認が必要になります。下限の金利は借り入れの最大限度額での金利ですので適用されることはまず無い、と考えておきましょう。

月々の返済額を少なく設定している金融業者

月々の返済額を少なく設定している業者を選ぶと、結果的に返済額が増えてしまうので要注意です。これは残高に対して利息がかかってしまいますので、返済期間が長引くとその分利息が上乗せされるからです。月々の返済額が少なくご自身の負担が少なくなったと思っても、長期的にみれば数十万円損をする場合もあります。毎月の返済額をご自身で調整できる金融業者を選ぶようにしましょう。

ヤミ金などと呼ばれている違法の金融業者

ヤミ金
あなたはもちろんヤミ金などには引っかからないと考えられていると思いますが、油断していると間違って契約してしまう可能性もあります。

やみ‐きんゆう【闇金融】

闇金融(やみきんゆう)は、日本において、ヤミ金融、ヤミ金、闇金などとも書き、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、その業務を指す。さらに、正規に貸金業の登録をしていながら出資法に違反する高金利を取る業者、または、その業務も広義の闇金融に含める。
出典:Wikipedia 闇金融

ヤミ金は大手新聞や大手出版社の雑誌などには広告が載ることはまずありませんが、地方紙やギャンブル雑誌、アダルト雑誌などに広告を載せている場合があります。これは大手新聞者や大手出版社に比べて広告出稿の審査基準が低いためです。いくつかヤミ金を見分けるポイントがあるので、いくつか紹介します。

広告の掲載内容を確認する

先ほどお伝えしたようにヤミ金は、地方紙やギャンブルなどの雑誌、またインターネット、ダイレクトメールなどで広告を出稿している場合があります。広告内容は通常、店舗名、登録番号、電話番号、金利、返済期間や回数、ホームページアドレス、メールアドレスが記載されています。もし1つの項目でも欠けていれば、ヤミ金の疑いがあるので、記載内容をよく確認してみることをお勧めします。

甘い言葉に注意する

ヤミ金業者は高い金利を払わせるために、利用者を常に探しています。下記のような甘い言葉や誘いによって、あなたに近寄ってくる場合もあります。

ヤミ金がよく使う甘い言葉
  • ブラックでも融資可能
  • 審査不要
  • ご契約で10万円プレゼント

など。

冷静な状態であれば、「明らかなウソ」と分かりますが、切羽詰まっていると甘い罠にかかってしまう可能性もあるので、注意してください。

登録番号を確認する

貸金業者は登録制になっていて、登録番号が与えられています。またヤミ金業者対策に、登録番号で検索をすれば、業者登録がされているが分かる仕組みになっています。

下記のリンク先にて登録番号を調べられますので、怪しいと思った場合はすぐに調べるようにしましょう。

参考:登録貸金業者情報検索入力ページ

参考:悪質業者の検索

たくさんの金融業者の中から選び抜くこと

選びぬく男性
あなたがおまとめローンへ乗り換えを考える場合、先ほどの3つのポイントに気をつけながらたくさんの業者を選びましょう。また、おまとめローンに向いている金融業者には特徴があるので、これからお伝えするポイントも考慮しながら探すと、比較的早く最適な業者を見つけられますf。

おまとめローンに向いている金融業者とは?

  • 金利が低い
  • 利用限度額が大きい
  • 返済金額をご自身で調整できる

それではひとつずつご紹介いたします。

金利が低い

注意するポイントでもお伝えしましたように、いくらローンを一本化できても金利が高くなってしまっては本末転倒です。加重平均金利を計算し、必ずそれ以下の金利で借り入れできる業者を選定しましょう。

利用限度額が大きい

良い借り入れ先が見つかったとしても、利用限度額以上の借り入れがあればおまとめローンを利用できません。現在複数の業者から借り入れている総額を計算し、それ以上の限度額を提示している業者を選びましょう。

返済金額がご自身で調整できる

おまとめローンに乗り換え後はスムーズに返済を行いたいものです。返済金額がご自身で選択出来ず、毎月少ない金額の返済しか認められない場合は、長期間に渡り返済を続けなければなりません。長期間であればあるほど、利息が高くなりますので、必ず返済金額をご自身で調整できる金融業者を選びましょう。

審査が通るかどうかお悩みの方は、インターネット上でカンタン審査を行なってみるか、またはお電話で窓口へ問い合わせてみると相談に乗ってもらえますので、一度問い合わせてみるのはいかがでしょうか。

まとめ おまとめローンで一本化する時はポイントを押さえながら業者選びをしましょう

嬉しいお猿

  • おまとめローンのメリット・デメリット
  • おまとめローンで一本化する時に注意する3つのポイント
  • たくさんの金融業者の中から選び抜くこと

今回はおまとめローンで借り入れの一本化を行なう場合の、必ずチェックしておきたいポイントをお伝えしました。是非参考にして、おまとめローンで返済の負担を少しでも減らしてみてください。複数の金融業者から借り入れしていると、毎月の返済額や利息の計算など、苦労されていると思います。この記事が、少しでもあなたの返済負担が小さくなるようなヒントをご提供できていれば幸いです。

あなたにピッタリのカードローン

おまとめローンで借金を一本化したい

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

来店不要!WEBで完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP