おまとめローンの借入は難しい?申し込みから他社一本化までの過程を解説!

おまとめローン後の借入
おまとめローンは複数の借入先を一本化できる最適な方法です。しかし、すでに何社からも借りている場合、さらに借りるのは難しいのでは?と不安になりますね。

そこでおまとめローンの申し込みから審査、他社返済までの課程を詳しくご説明します。複数の借入返済でお困りの方はぜひ参考にしてくださいね。

おまとめローンってどんなもの?

まず「おまとめローン」とはどういうものなのかについて見ていきましょう。

おまとめローンは複数の借入があってもOK

借金を頼む男性そもそもおまとめローンを検討するという方は、すでに複数のところから借入をしていて、毎月の返済に困っているという状況です。その状態でさらに借りられるのか不安ですよね。

ところがおまとめローンはそういった複数の借入先を一本化するために設けられているものです。そのため、すでに複数から借りている人でも利用できます。

ただしおまとめローンの利用目的は「他社の借り換え、一本化」に限られています。それ以外の目的では利用できないので、注意しましょう。

消費者金融のおまとめローン

消費者金融は貸金業法の総量規制で「融資は年収の3分の1まで」と規制されています。ところが例外があるのです。そのひとつが「顧客に一方的有利となる借換え」で、これを利用しておまとめローンを提供しています。

貸金業法に基づくおまとめローン

喜ぶ女性消費者金融のおまとめローンは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」などの名称がついています。これは「貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2に基づく商品」という意味で、借入を段階的に減らすことを目的にしています。

また、おまとめローンは上に書いた「総量規制」の例外として認められたローンに該当します。そのため、すでに年収の3分の1以上を借りている人でも利用が可能で、借入を一本化することができます。

消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入が対象

アコムとプロミス、アイフルのおまとめローンは上に書いた「貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2に基づく商品」に該当しますが、これは消費者金融など貸金業者からの借入が対象で、次のものは対象外なので注意しましょう。

  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピング

もし複数の借入先の中に銀行のカードローンがある場合は、完全に一本化はできません。また、追加の融資はないので、最初に必要額を申し込む必要があります。

アイフルは銀行カードローン、ショッピングの返済も可能

ただし、アイフルのおまとめローン(おまとめMAX)は規則第10条の23第1項第1号に基づく借換えも対象で、やや範囲が広くなっています。そのため、消費者金融からの借入だけでなく、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング(リボ払い)の返済も対象に含まれます。銀行カードローンからも借りている場合はアイフルのおまとめローン(おまとめMAX)がおすすめできます。

銀行カードローンにはおまとめローンはない!?

銀行カードローンには「おまとめローン」という商品はありません。ただ、使い道は自由で、融資額の上限が500万円~800万円と高額なので、融資枠を利用して他社返済に充てることができます。

銀行カードローンには総量規制はない

真面目そうな銀行員銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法の対象です。そのため、総量規制はありません。融資額は審査の結果次第で決まりますが、年収の3分の1以上を借りることが可能です。

しかし、すでに複数から借入がある場合は、審査に通るのが難しいかも知れません。銀行カードローンを利用して他社借入を一本化するのはややハードルが高いということを理解しておきましょう。

おまとめローンで借入を一本化する流れ

ここからは消費者金融のおまとめローンを利用して複数の借入を一本化するまでの流れをご説明していきます。

おまとめローンの申し込みから他社返済まで

おおまかな流れは下記のようになります。

  • 申し込み
  • 必要書類(本人確認書類・収入を証明する書類)を提出
  • 審査が始まる
  • 審査結果が届く
  • おまとめローンを契約する
  • 借入先におまとめローンの金融機関から直接振り込んで一括返済される(※)
  • 毎月おまとめローンを返済する

おまとめローンの大きな特徴として、借入先に自分で振り込み返済するのではなく、おまとめローンを申し込んだ金融機関から直接借入先に振り込まれるという点があります。ただ、金融機関によっては申し込んだ人の口座に振り込まれて、自分で借入先に返済するという場合もあります。

おまとめローンの申し込み方法は金融機関によって異なる

一般のカードローンはどこの金融機関でも、ネット、電話、郵送、店頭窓口、自動契約機などの選択肢がありますが、おまとめローンは金融機関によって申し込み方法が異なります。

借り入れ先 申し込み方法
アイフル ネット申し込み後に契約関連書類を郵送または店頭で契約
アコム おまとめローン専用の窓口に電話をして指示に従う
プロミス 自動契約機または店頭窓口で申し込む(ネット申し込みはなし)

このようにおまとめローンは一般のカードローンとは別の窓口で受け付けて、対応も異なります。

おまとめローンの必要書類

おまとめローンの必要書類には、次のものがあります。事前に融資を希望する金融機関のホームページなどで確認しておきましょう。

  • 本人確認書類
  • 収入を証明する書類
  • 他社の借入がわかるもの

おまとめローンは借りる額が大きくなるため、書類も顔写真付きのものなど、条件が厳しくなります。それぞれの内容を詳しく見てみましょう。

おまとめローンの申し込み時に必要な本人確認書類

女性の運転免許証おまとめローンの申し込み時には、下記のように顔写真付きの本人確認書類が必要になります。どうしても顔写真付きの書類がない場合は、別途住民票などが必要になります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など

おまとめローンの申し込み時に必要な収入証明書類

給与明細書消費者金融の一般のカードローンでは、融資希望額が50万円超または他社との借入合計額が100万円超の場合に収入証明書類が必要になります。しかし、おまとめローンでは融資希望額に関わらず収入証明書類が必要になります。

必要な書類は以下のいずれか1点です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • 賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書
    など

他社の借入を証明する書類も必要

利用するおまとめローンによって多少異なりますが、現在他社で借り入れていることがわかる書類が必要になります。それを元に融資と返済が行われます。

他社の契約書や利用明細書などを準備しましょう。

おまとめローンの融資と借入先への返済

おまとめローンの審査が通ると契約をします。そして融資となるのですが、お金は自分の手元(通帳)に入るわけではなく、直接借入先に振り込まれます。もちろん振り込み人の名前は借りている本人ですが、おまとめローンを借りた会社から直接送金されるので、確実に他社返済が完了します。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンを利用する際にはメリットもありますがデメリットもあります。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットには、次の点があります。

  • 返済日が毎月1回になるので、各借入先の返済日を覚える必要がない
  • 一本化することで毎月の総返済額が減る
  • 金利が低くなることで支払う利息が減る
  • 追加融資ができないため、確実に元金を減らせる
  • 精神的に楽になる

このように金銭面でも精神面でも多くのメリットがあります。

おまとめローンのデメリット

一方、おまとめローンのデメリットには、以下のものが考えられます。

  • 一般のカードローンよりも審査が厳しい
  • 審査の結果次第ではすべて一本化できない可能性がある
  • 銀行カードローンやクレジットカードのショッピングの支払いは返済できない場合がある
  • 追加融資ができないためお金に困ったときに借りられない

おまとめローンの審査結果次第では一本化できないことも!

大喜びする女性のイラスト複数の借入でお悩みの人にとって、どこか一社にまとめて、しかも返済額が少なくなるのなら、これほどうれしいことはありませんよね。

ところが必ずしも他社を完済できるとは限らないのです。それは「審査があるから」です。特に今までの返済が遅れた経験がある人は審査は厳しくなるでしょう。審査結果によっては希望する金額が借りられず、他社の借入をすべて完済できない可能性があります。その場合はおまとめローンと一本化できなかった分の借入を平行して返済しなければなりません。

おまとめローンを申し込んだら、審査結果が届くまでは気を抜かないようにしましょう。

おまとめローンの借入で借金をスッキリしよう

銀行カードローンは使い道が自由なので、他社の返済やそれ以外のことにも利用できます。しかし、消費者金融のおまとめローンは他社の借入を返済することのみに制限されています。しかも、融資されるお金は自分が手にすることはありません。

さらにカードローンのように返済した分の融資枠ができるわけではないので、追加で借りることができません。
それは一見不便なように感じるかも知れませんが、これをきっかけに借入を一本化してスッキリさせましょう。

あなたにピッタリのカードローン

おまとめローンでまとめた後で借りるなら!消費者金融キャッシング

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP