銀行おまとめローンの落とし穴! 実はデメリットだらけってホント!?

銀行

「おまとめローンは消費者金融より銀行の方がいい」というのは、多くの人が思っていることでしょう。

確かに金利は銀行のおまとめローンの方が安いですし、借入限度額も大きくなっています。ただ、銀行のおまとめローンにはデメリットもあるということは知っておきましょう。

銀行のおまとめローンは審査に通りにくい

銀行のおまとめローンの最大のデメリット

それは「審査に通りにくい」ということ。

どれだけ低金利で、どれだけ借入限度額が大きくても、審査に通らないことには、話になりません。借金の一本化で一番重要なことは、低金利でもなく、限度額でもなく「一本化できる」ことなのです。

何よりもまず、借金の一本化をすることが大切

借金

多重債務者の人にとって何よりも大事なのは、借金の一本化をすることです。

金利や限度額も大事ですが、それは二の次。一本化をするだけでも、金利は充分安くなるのです。

金利の問題だけでなく、まとめることによって正確な借入残高もわかり、完済のモチベーションも上がります。

一本化すること > 金利・手数料

また、個別の業者・銀行の返済にかかる手間・手数料もなくなり、さらに出費が減ります。

というように、たとえ消費者金融のおまとめローンでも「借金の一本化をする」というだけで、十分なメリットがあるのです。

銀行でも消費者金融でも良いからおまとめしよう

多重債務者の人はまず「消費者金融でも銀行でもいいから、おまとめローンを利用する」ことが大事なんですね。

銀行のおまとめローンは審査に通らないことが多いので、この点で、一番重要な「第一歩」を踏み出せない…というデメリットがあるのです。

銀行は消費者金融ほどおまとめに積極的ではない

もともと、銀行カードローンの方が審査が厳しいというのは常識です。しかし、おまとめローンの場合はさらに厳しくなるんですね。

それは「おまとめローン」専用コースを、どの大手都市銀行のカードローンも用意していないことでわかります。

都市銀行はおまとめローンにあまり積極的でない

一般に大手都市銀行のカードローンは借金の一本化や乗り換えについて「おまとめ・借り換えOK」という文言を、普通のカードローンの公式サイトに入れているだけです。消費者金融のように「おまとめローン」という専用コースやプランは用意していないんですね。

「おまとめ・借り換えOK」としか書いていない

一番「おまとめローン」専用のコースに近いのは、イオン銀行カードローンBIGの「おまとめローン・ネットフリーローン」というもの。

これも「おまとめローン専用」ではなく、あくまで多目的の「フリーローン」の一部という扱いになっています。

おまとめローン専用コースならイオン銀行やじぶん銀行カードローン

おまとめローンについては、地方銀行やネット銀行の方が積極的なようです。独自性を打ち出す目的や、後発組がユーザーを取り込む上で、多少リスクがあっても果敢に専用コースを打ち出しています。

その中でも専用の「借り換えコース」を儲けたのがじぶん銀行カードローンのじぶんローンです。auユーザー向けにおまとめや借り換え専用コースが用意されています。

消費者金融は専用のおまとめローンを用意している

これに対して、消費者金融の大手は、おまとめローンの専用コースを持っています。

たとえばアコムの「借換え専用ローン」アイフルの「おまとめMAX」などです。

それぞれ正式名称は「貸金業法に基づく 借換え専用ローン」のように、もっと長いのですが、一応愛称は上の通りです。

消費者金融は専用コースを用意して、積極的に借金の一本化を推進しています。

しかし、銀行カードローンはそれをしていないんですね。こういう面からも、「銀行のおまとめローンは審査に通りにくい」ことがわかります。

総量規制の問題があるため、消費者金融ではおまとめコースを作る必要がある

銀行カードローンは総量規制対象外のため、おまとめローンのように借入金額が大きくなる可能性が高い時にも対応できます。

しかし、消費者金融だと原則として、総量規制以上の借入はできないため、おまとめローンのコースで例外的に総量規制以上の借入を可能にしているということもあります。(一応補足情報として)

銀行はなぜおまとめローンに積極的でないのか?

銀行カードローンが借金の一本化に積極的でない理由は面倒だから

これは「借金の一本化の審査は面倒」だからです。

これは当然ですね。吟味する借り入れ先の件数も、これまでの返済状況も、すべてが多いのです。普通のキャッシング審査だったら、ほんの少し、これまでの個人信用情報を調べるだけでOKですからね。

新規で申し込むユーザーと比べて、費用対効果のコストパフォーマンスが悪いのです。

おまとめローンの申し込み者は、全員多重債務者

しかも、おまとめローンということは、申し込み者は全員多重債務者です。

当然ですが、多重債務者というのはかなりの割合で破産者予備軍も混ざっており「かなりハイリスクな利用者」なんですね。

そういう人たちしか申し込んでこない…、ということは、それだけ審査が複雑になるということ。
その手間やコストを考えると「割に合わない」と考える銀行も多いわけです。

借金の一本化に積極的な銀行の狙いは?

逆に、イオン銀行カードローンBIG・楽天銀行スーパーローンオリックス銀行カードローンのように、借金の一本化を積極的にすすめている銀行カードローンもあります。

これらの銀行の狙いは「他社の売上を奪って、自社の売上を伸ばせる」ということ。企業だったら、当然考えるし、考えるべきことですね。

ネット銀行や地方銀行のおまとめローンは期待できる

書類提出おまとめローンに申し込みするのは、確かに全員多重債務者です。

しかし、その多重債務をすべてしっかり返済してくれるなら、それだけ大きな利息を自社にもたらしてくれる…ということなんですね。

いわば、おまとめローンや借金の一本化というのは、キャッシング業者・銀行にとって「ハイリスク・ハイリターン」なのです。

そのリターンの部分に注目している銀行は、楽天銀行やオリックス銀行などのように、おまとめローンに積極的なんですね。

おまとめローンに積極的な銀行カードローン

あなたにピッタリのカードローン

おまとめローン利用者も多い!使いやすい消費者金融はこちら

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-
横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP