消費者金融の最低借入額は30万円ってホント?金利と希望限度額を検証!

検証

消費者金融の最低借入額は、特に決まっていません。「30万円」と言われることもありますが、一応、融資の許可が下りる時の最低は10万円程度が多いです。

5万円程度で融資しても、消費者金融の側で人件費などのコストを回収できないので、このような少額で融資することはめったにありません。

借り入れ金額自体は、利用者の方で自由に選べるのですが、限度額については、最低でも10万円程度となることがほとんどです。

そういう意味では「最低借入金額=10万円」と言ってもいいかも知れません。

限度額10万円でも、必ず借り入れする必要はない

上にも書いた通り、消費者金融の限度額は最低で10万円から始まるということが多いです。ただこれは「必ず10万円借り入れしないといけない」というわけではありません。

あくまで「限度額」なので、その範囲内であればもっと小さい金額で借りてもいいのです。つまり5万円や3万円程度の少額を借りるだけでもいいんですね。

キャッシング審査では「10万円借りている」ことになる

注意すべきことは、限度額10万円をもらった場合、実際に借りているのが5万円だけでも、キャッシング審査では「この人は、A社から10万円借りている」という扱いになります。借り入れがゼロでも、そういう扱いです。

「借りられる」=「借りている」というのがキャッシング業界の考え

「借りようと思えば借りられる」という場合、キャッシングの世界では「実際に借りている」というのと同じ扱いなんですね。

そのため、新しくクレジットカードやカードローンの審査を受ける時「全然借りてないのに、審査落ちした」ということもあります。それはこういう原因なわけです。

多くの消費者金融は、10万円~50万円で始まる

初めてキャッシングの場合、ほとんどの消費者金融は10万円~50万円の限度額でスタートします。希望限度額を100万円などで出しても、審査に通ることはまずありません。

学生やアルバイトの人なら10万円、正社員の人なら30万円、勤続年数や年収が多い正社員の人の場合50万円という形で、限度額が設定されることが多いです。そして、そのまま利用してコツコツ返済しているうちに、徐々に限度額が増額されていきます。

学生 10万円
フリーター 10万円
正社員 30万円
正社員(勤続長い・年収多い) 50万円

※上記はあくまで一般的な話なので、参考程度に考えてください。

「消費者金融の最低借入金額は30万円」と言われる理由

冒頭にも書いた通り、消費者金融の最低借入金額は30万円と多くの場所で書かれています。この理由は、上の「10万円~50万円」の中間を取ったものでしょう。

限度額10万円は、決して信用度が高くない属性の場合

限度額10万円というのは、キャッシングの世界では「一番低い信用度」を意味するので、正社員として働いている人や公務員の人などでは、まずありません(少なすぎます)。

逆に50万円というのは、ある程度の信用度がないと、最初のキャッシングkら枠をもらうのは難しいです。ということで、両者の中間をとって「30万円が、消費者金融の最低借入金額」とされているわけです。

100万円までは、消費者金融の金利は変わらない

キャッシングでは、たくさん借りるほど金利が安くなるというルールがあります。そのため「10万円で希望限度額を出すより、50万円で出した方がいいです!」などと書かれているキャッシング情報サイトもあります。

「限度額を高く出した方が良い」は間違い

理由は、消費者金融では100万円前後まで行かなければ、金利は変わらないからです。

消費者金融の借入金額ごとの金利は非公表だが…

消費者金融では銀行カードローンと違い「借り入れ○○万円で、金利○○%」という数字が公表されていません。その申し込み者の信用度(クレジットスコア)に合わせて決めるので、あえて公表していないのです。

ただ、アコムなどの借入診断では「100万円までは実質年率18%」となっています。アコムがこのような基準にしているなら、他の大手の消費者金融も大体同じと考えていいでしょう。

少なくとも、50万円程度で金利が変わることはありえません。

80万円なら変わる可能性もありますが、このレベルまで借りない限り、金利は関係ないと考えてください。(10万円でも、50万円でも金利は同じということです)

希望限度額は小さめにした方が審査に通りやすい

ガッツポーズ

キャッシング審査では、希望限度額を低めに申告した方が、審査に通りやすいと言われています。これについては賛否両論があり「希望限度額は関係ない」という人もいます。

これは業者・銀行にもよりますし、その申し込み者の審査条件にもよるでしょう。ただ、基本的に「小さい希望限度額の方が審査に通りやすい」と思った方がいいでしょう。

銀行カードローンでは在籍確認がなしになることも

たとえば銀行カードローンの審査では勤務先への電話確認が必須です。しかし、少額の融資を希望する場合、これがなしになる…という体験談や口コミもあるんですね。

あくまで体験談ですが、かなりの数存在することを考えると、事実の可能性も高いでしょう。実際、年収600万円の人が30万円を借りる場合など「明らかに返済できるに決まっている」という場合、審査の手順を多少省略することは、正しいのです。

そうすれば、利用者全員の審査にかかる時間を短縮し、消費者の時間をムダにしなくていいわけですからね。大げさにいうと、日本人の時間を有効に活用できるようにするというのと同じなのです。

というように、希望限度額が小さければ在籍確認がなしになることもあるくらいなので、これもやはり審査に影響するといえます。

あなたにピッタリのカードローン

30万円以下の少額融資で選ばれてるのはこの消費者金融!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 内緒で借りやすいネット銀行!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • 銀行カードローンでおすすめ

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「少額融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP