コンビニATMの即日融資が便利!利用可能なコンビニや利用時間を解説

即日融資 2020/11/20 2119view

今すぐお金が必要だけど、近くにカードローンの店舗がない場合、困ってしまいますよね。そんな時にはコンビニATMでの即日融資を利用してみましょう。 WEBから申し込めば最短30分で融資を受けることも可能。さらにコンビニは全国どこにでもありますから大変便利です。 今回は、「コンビニATMを利用するメリット・デメリット」「キャッシングに利用できるコンビニATM」「即日融資におすすめのカードローン」について解説していきます。

ATM

今すぐお金が必要だけど、近くにカードローンの店舗がない場合、困ってしまいますよね。そんな時にはコンビニATMでの即日融資を利用してみましょう。

WEBから申し込めば最短30分で融資を受けることも可能。さらにコンビニは全国どこにでもありますから大変便利です。

今回は、「コンビニATMを利用するメリット・デメリット」「キャッシングに利用できるコンビニATM」「即日融資におすすめのカードローン」について解説していきます。

コンビニで即座にお金を借りられる時代

急な出費で現金が必要になったり、旅行中や出張中にお金が足りなくなったりしたら、どうしますか?
このようにお金に困った時に大変便利なのが、コンビニATMを利用してお金を借りる「コンビニ即日融資」です。
全国どこにでもあるコンビニですぐにお金を借りることができるなんて、本当に便利な時代になったものですね。

コンビニ即日融資のメリットとは

便利なコンビニでの即日融資サービスですが、どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

どこでも即日融資が可能

コンビニエンスストアは全国どこにでもあるものなので、自分がどこにいてもお金を借りることができるという点が挙げられます。

カードローンの店舗を探したり、カードローンと提携しているATMを探したりするよりも、コンビニを探す方が簡単なので、お金を借りるための手間を大幅に省くことができます。

ほぼ24時間キャッシングができる

コンビニ即日融資ではほぼ24時間好きなタイミングでお金を借りることができるという点も大きなメリットといえます。
自分の都合に合わせて即日融資ができますので、カードローンの店舗や提携ATMの利用時間を気にする必要がありません。
ただし、24時間のうちの1時間程度はコンビニATMでも即日融資を利用できないケースもあるので注意しましょう。

返済も手軽に行なえる

コンビニATMではキャッシグだけではなく、返済も行うことができます。
わざわざカードローン店舗へ出向くことなく、買い物やお出掛けのついでに返済を済ませることができるので、大変便利です。

お金の借りていることがバレにくい

コンビニATMを利用するのは、キャッシングだけではありません。ほとんどの人は、銀行口座から現金を下ろしたり、預金をしたりするためにコンビニATM利用しているでしょう。
そのため、コンビニATMで即日融資をしていても、お金を借りていることが周りの人にバレにくくなるのもメリットの一つです。
また、借入の明細書が自宅に郵送される心配もありませんので、安心してお金を借りることができます。

コンビニ即日融資のデメリット

コンビニ即日融資が便利でメリットがたくさんあることはわかりました。では逆に、コンビニ即日融資のデメリットについても考えてみましょう。

手軽であるがゆえに危険

コンビニ即日融資は全国にあるコンビニで24時間お金を借りることができる手軽さがウリですが、その手軽さはデメリットになる危険性もはらんでいます。
お金を借りるという行為を、自分の口座からお金をおろしているのと変わらない感覚に陥ることが多くなり、返済の計画についてあまり深く考えることなくキャッシングをしてしまいがちになるのが、コンビニ即日融資の怖いところです。
いつでも借りられるから、借りているのがバレにくいからといって、頻繁に利用してしまうと後で痛い目を見てしまうこともありますので注意が必要です。

利用限度額が決められている

コンビニATMでは、キャッシングを含めた1回の利用限度額が決められています。コンビニATMの種類によって違いがありますが、1回のキャッシング額は20万円~50万円に設定されています。
そのため、自分が希望する金額を借り入れるためには、何回かに分けてキャッシングをしなければならない場合があります。

硬貨は利用できない

コンビニATMでは紙幣のみの取り扱いとなるためキャッシングは1000円単位となり、1000円以下の端数を硬貨で借り入れることはできません。
これは返済時も同じで、一括返済時の返済額に端数が付く場合、コンビニATMでは硬貨の取り扱いがないため、端数分を多く返済し、後から返金してもらうなどの対応をしなければなりません。

ATM手数料が必要になる

コンビニATMで即日融資をする時、大抵の場合ATM手数料が発生します。1万円以上の借入や返済で108円、1万円以下の場合は216円と設定されている場合が多いようです。
ATMやカードローン会社によって違いがあるようですが、手数料が気になる場合はコンビニATMでの即日融資を頻繁に利用することは避けた方がいいでしょう。

即日融資が利用できない時間帯がある

コンビニATMでは即日融資を利用できない時間帯があります。利用できない時間帯は、各カードローン会社によって微妙に違うようです。
例えば、アイフルとアコムでの借入・返済を、セブン銀行ATMを利用して行いたい場合、以下のような違いがあります。

例1:アイフルの借入・返済の利用可能時間(セブン銀行ATM利用の場合)
借入
平日 0:00~2:00、3:00~24:00
土曜 0:00~2:00、3:00~23:00
日曜 7:00~24:00
祝日 0:00~2:00、3:00~24:00
返済
平日 0:00~2:00、3:00~24:00
土曜 0:00~2:00、3:00~23:00
日曜 7:00~24:00
祝日 0:00~2:00、3:00~24:00
例2:アコムの借入・返済の利用可能時間(セブン銀行ATM利用の場合)
借入
平日 0:10~23:50
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:50
祝日 0:10~23:50
返済
平日 0:10~23:50
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:50
祝日 0:10~23:50

設定されている利用時間以外にも、ATMのメンテナンスを行う時間帯には利用することができませんし、例えATM利用時間内でも、コンビニ自体が営業していない場合はATMを利用することができません。

コンビニATMを利用できる時間帯は、各カードローン会社によって異なりますので、事前によく確認しておいた方がいいでしょう。

即日融資利用可能な3つのコンビニATMとは?

即日融資に利用できるコンビニATMは、以下の3つのATMがメインとなります。大抵全国各地に設置されていますので、手軽に利用することができますよ。

セブン銀行ATM

日本国内に2万店舗以上あるセブンイレブンや、イトーヨーカドーなどのスーパーなどにも設置されているのがセブン銀行ATMです。
コンビニATMの中でも利用できるカードローンが多く、サービスによっては1000円単位での即日融資が可能で、利用しやすいコンビニATMといえるでしょう。また、引出し限度額は50万円までとなっています。

ローソンATM

全国に1万3000店舗を展開しているローソンに設置されているのがローソンATMです。

引出し限度額は20万円に設定されています。基本的に24時間利用することができますが、午前3:00~4:00の間の15分程度がメンテナンス時間となり、その間は利用できませんので注意しましょう。

イーネット

ファミリーマートをはじめ、さまざまなコンビニエンスストアに設置されているATMがイーネット(E.net)です。
こちらのATMでも引出し限度額は20万円に設定されています。

イーネットが設置されているコンビニ一覧

  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • デイリーヤマザキ
  • セーブオン
  • セイコーマート
  • ミニストップ
  • コミュニティ・ストア
  • ニューデイズ
  • アンスリー

現金に困ったらコンビニATMの即日融資を利用しよう!

コンビニATMを利用した即日融資について解説してきました。コンビニATMは全国各地に設置されているので、ほぼ24時間いつでも即日融資を利用することができ、返済も手軽に済ませることができます。
また、即日融資を希望する場合は大手消費者金融のカードローンを利用するようにしましょう。最短30分程度で審査が完了するので、今すぐお金が必要な場合にも対応しやすくなります。

急な出費が必要で現金に困った時は、コンビニATMでの即日融資を利用するようにしましょう。

【厳選】カードローンおすすめ解説記事