地方の銀行、信用金庫、消費者金融カードローン事情

皆さんの住む街の身近な金融機関でもカードローンを取り扱っています。カードローンを取り扱っていない金融機関はまずないと考えて差し支えありません。

スペック的にも大手のカードローンに負けず劣らずのものも増えつつあり、各都道府県に必ずひとつやふたつは利便性の高いカードローンが存在します。

実はこれだけある!あなたの街のカードローン!

全国の地銀・信金にはたくさんのカードローンが""眠って""います!

皆さんのお住まいの地域にも、なじみ深い金融機関が身近に存在していることでしょう。地方であればあるほど、メインバンクとして、地方銀行や信用金庫を利用しているという人が圧倒的に多いはずです。

しかし、これがカードローンとなると事情が異なります。大手の消費者金融や大手都市銀行で扱うカードローンを利用する人の割合がとても多いのです。

知名度なら大手!「有名だから安心」という先入観

その理由は、やはり「知名度」です。大々的にCMをすることで、「カードローン=大手」というイメージが先行しがちになりますし、カードローンを比較しているサイトなどを見ても、人気の上位を占めるのはすべて大手消費者金融やメガバンクのカードローンなかりですから、必然的に「カードローンなら大手が安心」といったような印象を抱いてしまうのです。

また、「自動契約機でカンタン契約!」とか、「来店不要でWEB完結OK!」などといった謳い文句が、そうしたイメージをさらに大きく膨らませてしまうことも要因です。

地方だって負けてません!ローカルにも目を向けてみましょう

しかし、カードローンはなにも大手消費者金融やメガバンクだけが扱っているわけではありません。皆さんが普段メインバンクとして利用している身近な金融機関でもカードローンは扱っているのです。

大手の宣伝ばかりに目が行ってしまうかもしれませんが、地方銀行などでも地域限定のローカルCMでカードローンの宣伝をしていたりもします。

ローカルなCMということもあり、よほどインパクトの強いCMでなければ意識して見ることもないかもしれませんが、各地域銀行や信用金庫には、必ずカードローン商品があり、中には大手消費者金融やメガバンクのカードローンに負けず劣らずのスペックを誇るものもあります。

全国の地銀と信金で扱うカードローンの数はこれだけあります!

では実際に、全国の地方銀行や信用金庫で扱っているカードローンはどのくらいあるのでしょうか? 地銀と第二地銀、それに信用金庫の数、それらで扱っているカードローンの合計数を以下に列挙してみましょう。

都道府県 地方銀行(A) 第二地銀(B) 信用金庫(C) カードローン(A+B+C)
北海道 1 1 23 61
青森県 2 0 2 13
岩手県 2 1 6 21
宮城県 1 1 5 20
秋田県 2 0 2 9
山形県 2 1 4 20
福島県 1 2 8 40
茨城県 2 0 2 11
栃木県 1 1 6 17
群馬県 1 1 7 27
埼玉県 1 0 4 16
千葉県 2 1 5 23
東京都 1 2 23 56
神奈川県 1 1 8 26
新潟県 2 1 9 27
富山県 2 1 7 36
石川県 1 0 5 26
福井県 1 1 4 18
山梨県 1 0 2 7
長野県 1 1 6 23
岐阜県 2 0 6 35
静岡県 3 1 12 63
愛知県 0 3 14 60
三重県 2 1 5 23
滋賀県 1 0 3 7
京都府 1 0 3 14
大阪府 2 2 7 26
兵庫県 1 1 11 43
奈良県 1 0 3 14
和歌山県 1 0 2 10
鳥取県 1 0 3 19
島根県 1 1 3 29
岡山県 1 1 8 30
広島県 1 1 4 28
山口県 1 1 3 27
徳島県 1 1 2 15
香川県 1 1 2 13
愛媛県 1 1 4 23
高知県 1 1 2 11
福岡県 4 1 8 47
佐賀県 1 1 4 20
長崎県 2 1 1 11
熊本県 1 1 4 17
大分県 1 1 3 13
宮崎県 1 1 5 26
鹿児島県 1 1 3 14
沖縄県 2 1 1 7

その他の金融機関も加えるとさらに多くのカードローンが存在します

ざっと挙げてみましたが、名の知れた大手のカードローン以外にも、これだけの数のカードローンが全国にあります。ちなみに上記の表では地銀・第二地銀・信金のカードローンで扱う個人向けのカードローンと教育カードローンの数を挙げています。

事業者向けのカードローンや信用組合などその他の金融機関で扱うカードローンを加えれば、さらに多くのカードローンが私たちの身の回りに存在していることになります。

各都道府県の貸金業者でもカードローンを扱ってるの?

中・小規模業者のほとんどがフリーローン!カードローンは大手消費者金融がメインです

では翻って、貸金業者のカードローンへ目を向けてみましょう。基本的に、カードローンという形態で融資を行うのは、ほとんどが大手の消費者金融や信販会社などに絞られます。

金融機関ほどではないものの、全国の各都道府県にも中・小規模の貸金業者が数多く存在しますが、そのほとんどがいわゆるフリーローンという形態をとっており、カードローンとしての融資は行っていません。

カードローンという融資形態に絞ってみると、大手消費者金融のカードローンと、クレジットカード会社や信販会社などが発行する信販系カードローンが代表的なものとなっています。

実際問題、地方の金融機関で扱うカードローンはどのくらいの利便性がある?

各都道府県の金融機関で扱うカードローンと、大手消費者金融のカードローン、それに信販系カードローンそれぞれの利便性を比べてみましょう。

地方の金融機関でもサービス充実度の進歩が著しい

最近では地方の金融機関でも即日融資や来店不要、口座開設不要というカードローンも増えつつあり、もちろん銀行系カードローンということもあって、専業主婦でも借りられるカードローンはたくさんあります。

金利面でも消費者金融や信販系よりも低い金利が目立っているため、この3者を比較すればたとえ地方の金融機関であっても、利便性や借りやすさでは頭ひとつ抜き出ていると見ていいでしょう。

手軽さでは消費者金融!無人契約機で全国どこからでも借りられる!

消費者金融といえばやはり自動契約機。大手消費者金融はそれぞれ全国に無人契約機を展開していますから、手軽さという意味では注目に値します。

やや金利が高いとはいうものの、それでも未だに多くの利用者がいることも事実ですし、初めてカードローンへ申し込む若い人の多くが、消費者金融を利用しているか、もしくは利用することを検討しているという調査結果もあります。

地方銀行のカードローンよりも消費者金融は敷居が低い

地方であればあるほど、やはり「銀行は審査が厳しい」というイメージがあるのかもしれませんし、先にも触れたような「即日融資・来店不要・口座開設不要」というサービスを展開している金融機関の数も全体から見ればそうは多くありません。

そうしたサービスを展開していない金融機関のある地域では、金融機関の利用よりも消費者金融の方が利便性が高いと感じるかもしれませんね。

独自の「マイペース路線」を貫く信販系カードローン

信販系カードローンは、全国展開しているとはいえ、やはり審査の柔軟性やスピード融資という点では、金融機関や消費者金融の後塵を拝している感があります。信販系という特性上、その部分だけはどうにもならない問題だとも言えます。

しかし、年々顧客獲得合戦も激しさを増しているカードローン業界のその裏で、信販系カードローンはクレジットカードのキャッシングである程度の利益を得ているという側面もありますから、今後も金融機関や消費者金融のような積極的なサービス展開は期待しないでおいた方が良さそうです。

地銀・信金のカードローンコンテンツ一覧

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP