ちばぎんカードローンの審査基準!千葉銀行は極度額低めの少額融資なら借りやすい

千葉銀行カードローン「クイックパワー<アドバンス>」の審査基準は、保証会社のエム・ユー信用保証(株)の審査基準に準じます。エム・ユー信用保証はアコムの子会社なので、アコムに近い審査を行います。

審査基準自体は決してハードルの高いものではありませんが、油断は禁物です。決して”甘い審査”が行われているわけではありません。

保証会社からみるクイックパワー<アドバンス>の審査基準!

審査基準の厳易は保証会社に左右される!?

銀行系カードローンの裏には、常に保証会社の存在があります。銀行系カードローンの審査を語る上で保証会社は避けて通れない存在なのですね。それはちばぎんカードローン「クイックパワー<アドバンス>」も同様です。

保証会社は、消費者金融や信販会社などが務めるケースが多く、中には保証業務専門の企業も存在します。銀行系カードローンの審査は、この保証会社の審査基準に準じて行われているのです。

クイックパワー<アドバンス>の保証会社はエム・ユー信用保証(株)!

クイックパワー<アドバンス>の保証会社はエム・ユー信用保証(株)という企業が務めています。このエム・ユー信用保証(株)は保証業務を専門とする会社で、千葉銀行をはじめ、全国の地銀21行で扱うカードローンの保証業務を行っている会社です。

MUFGの一員!アコムの完全子会社です

エム・ユー信用保証(株)は。三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の企業で、三菱UFJ銀行とアコムによって設立された保証会社です。

現在はアコムの完全子会社となっていますが、そのアコムもまたMUFGの一員です。アコム自体でも保証業務を行っていますから、その子会社であるエム・ユー信用保証もアコム色の強い審査基準だとみることができますね。

エム・ユー信用保証の審査!ズバリ厳しいの?易しいの?

基準はアコム!驚くほど厳格だということはありません!

アコムといえば消費者金融大手としてよく知られていますし、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックソニー銀行カードローンの保証業務を行っていることでもよく知られています。

そんなアコムの子会社であるエム・ユー信用保証の審査基準も、ほぼアコムのノウハウを基準にしていることは間違いありません。結論から言えば、それほど厳格な審査基準ではないと言えるでしょう。

ネックとなるのは保証会社という”立場”!決して”甘い審査”は行われません

ただし、ここで注意していただきたいのは銀行と保証会社という関係性です。保証会社は、万が一カードローン利用者が返済できなくなった場合、その残金を銀行へ代位弁済しなければならなくなります。

もちろん、その後は保証会社が利用者に対して返済を求めることになるわけですが、保証業務を行うという立場上、やはり代位弁済のリスクも考えなければなりません。

そのため、”甘い審査”をすることはまず考えられません。他行カードローンよりもややハードルは低めとは言えますが、当然ながらその許容範囲にも限界があります。

高額な借入となれば審査ハードルも高くなる!

消費者金融など貸金業者には借入限度額の制限が適用されますよね? 年収の1/3を超えて借り入れることはできないというあの有名なルールです。そのため、貸金業者から借り入れる人のほとんどが少額融資メインとなります。

ちばぎんカードローンは銀行カードローンなので低金利で高い限度額

しかし、銀行系カードローンの場合は縛りはありませんから、年収の1/3という基準を気にしなくても、実質的にはそれ以上の借り入れができるわけですね。しかし、いくら銀行カードローンであっても、返済能力を無視した借り入れはできません。

限度額の基準は年収の3分の1ぐらいが妥当です

収入と収支のバランスという点から考えれば、銀行系カードローンでも年収に応じた融資を行っているケースがほとんどです。従って、審査基準が比較的優しいと言われる保証会社であっても、やはり高額融資に対しては相応に厳しい審査で臨むと考えるべきでしょう。

実際の審査基準は極秘事項!その真実は誰にも分かりません!

ただし申し込み基準からその一端を窺い知ることもできる!

その保証会社がどのような審査基準を持っているのか? それはその企業の極秘事項となるため、我々にはそれを知ることはできません。まさに全貌は闇の中というわけですね。

しかし、審査基準のすべてが保証会社の意向に則ったものかというと決してそうではなく、審査には銀行側の意向が反映されることもあります。また、申し込み基準からも審査基準が厳しいか易しいかの一端を知ることができます。

クイックパワー<アドバンス>は少額融資なら借りやすい!

先にも述べましたが、たとえ銀行系カードローンであっても、実際には収入に応じる形での融資が行われています。それは収入と収支のバランスが大事だからだというのも先のとおりです。

事実、クイックパワー<アドバンス>でも、「年収と比較して返済計画に無理がないかどうか」という部分を重視しています。貸すだけ貸して返済がないというリスクを考えれば、それは当然のことでもありますよね。この基準を参考にすれば、クイックパワー<アドバンス>は少額融資なら借りやすいカードローンということになります。

審査基準は柔軟!パート・アルバイト・主婦が借りられるのが裏付ける!

クイックパワー<アドバンス>は、パートやアルバイト、それに主婦でも申し込めるカードローンです。収入の少ない人でも申し込めるということは、やはり少額融資に関しては比較的柔軟性をもった審査基準を要している証拠でもありますよね。

その代わり、高額融資に関しては、やはり少額融資と同等の審査基準ということはあり得ません。収入に対しての融資額が高ければ高いほど審査もシビアになります。

千葉銀行には年収の高い人向けのカードローンがある!

また、千葉銀行にはクイックパワー<アドバンス>以外に、高所得者向けの<プレミアクラス>というカードローンもあります。こちらは年収500万円以上の人が申し込めるタイプですが、わざわざ高年収の人向けのカードローンを用意していることから考えても、クイックパワー<アドバンス>は少額融資に向いているカードローンだと言えるでしょう。

高額融資希望なら<プレミアクラス>の方が有利!

つまり、「高額な金額を希望するなら相応の年収は必須ですよ」という暗黙のメッセージだということです。少なくとも、高額な借り入れをしたいなら、年収500万円以上がなければ審査基準を満たせないというわけです。クイックパワー<アドバンス>と<プレミアクラス>は保証会社が異なりますが、この基準はあくまで銀行側の意向が反映されていると考えるのが自然でしょう。

千葉銀行との取引内容によっては審査優遇もあり得る?

さらに、銀行系カードローンのメリットはその銀行との取引内容によっては審査優遇を受けられる可能性があるということ。ただ借りるときだけ利用するのではなく、普段からその銀行のサービスを利用していることも審査通過の秘訣です。

例えば千葉銀行であれば、千葉銀行の口座をメイン口座として利用しているかどうかによっても、審査に与える影響は違ってきます。当然、預金サービスなどを積極的に利用している人の方が、審査も有利となることは間違いないでしょう。こうした部分も、銀行側の意向が審査に反映されやすいケースなのです。

今すぐ千葉銀行カードローンに申し込む
関連コンテンツ
「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
パートや主婦も最短即日融資!Web完結なら来店不要!

TOP