沖縄県のキャッシング・カードローン一覧

沖縄県の青空とシーサー

貧困率ワーストトップの沖縄県!年収に占める負債割合も多いのが特色

ワーキングプアの割合は全国ワースト

沖縄県の経済状況は、全国的に見ると決して高いとは言えない状況が続いています。貧困率やワーキングプアはいずれも全国ワースト、県民所得にしても全国平均の80%にも満たないのが現状です。

沖縄県民は現実派? 支出は生活密着型

沖縄県は、一般会社員の平均収入が全国ワーストでありながら、年収に占める負債の割合が非常に高い傾向にあり、残念ながらそれも全国ワーストとなってしまっています。

無駄な消費を抑えるという傾向が見え隠れします

そんな沖縄県ですが、1,000世帯当たりでみたパソコンやDVDなどデジタル機器の保有数や、家電でなくてはならない電子レンジの保有数も全国ワーストとなっています。これは、高齢化率が高いということもありますし、収入に占める負債の割合も高いため、無駄なものにはお金を使わないという現実的な県民性が見て取れます。

経済は観光に依存。自粛ムードは痛手

沖縄県と言えば、南国の特性を活かした観光地としても有名ですが、そうしたイメージどおり、産業に関しても観光に対する依存度が非常に高い傾向にあるのも特徴です。

そのため、日本で大きな災害があったり、国内景況の悪化が進んだりしてしまうことが原因で旅行への自粛ムードが高まってしまうと、そのダメージをストレートに受けてしまう脆さをも孕んでいます。

米軍基地への依存度は低下

一方で良く言われる米軍基地への依存は、「昭和47年の復帰直後の15.5%から平成23年度には4.9%と大幅に低下」(沖縄県のホームページより)しているようです。

県内の金融を引っ張るのは地銀!メガバンクの進出も少ない

金融機関が少ないため競争率も低い

全国の各主要都市には、いわゆるメガバンクと呼ばれる大手都市銀行の支店が必ず置かれています。しかし、沖縄県に進出しているメガバンクはわずかに1行のみ。加えて信用組合も設置されていません。信用金庫はあるものの、各金融機関における競争率というのも、他県と比べて非常に低い傾向があります。

競争率の低さが災いして金利もなかなか下がらない

金融機関同士の競争率の低さは、そのまま貸出金利へも影響を及ぼします。競争率が高くなれば、より多くの顧客を獲得するために貸出金利を低くするなどして、顧客の囲い込みを行うこともありますが、沖縄県は金融機関同士の競争率が低いため、貸出金利もなかなか低くなりません。

沖縄県には離島が多く、出店コストがかかります

それに加えて離島を多く抱えているため、各離島への支店設置のためのコストも金利の高さに影響を及ぼしています。銀行からの融資を希望しても、他県と比べて消費者の選択肢が少ないというデメリットを慢性的に抱えている地域と言えます。

市場を牽引する三大ローカル銀行

沖縄県内のほとんどの市場を占めているのが、三大ローカル銀行と呼ばれる、琉球銀行・沖縄銀行・沖縄海邦銀行です。上述したとおり、沖縄に進出しているメガバンクは1行のみで、これは国際通りに支店を設置している「みずほ銀行」です。

経済規模が小さく、メガバンクには旨味が少ない

なぜ、大手都市銀行は沖縄へ支店を設けていないのかというと、沖縄の経済自体が、支店を開設するほどの規模でないというのがもっとも大きな理由だとされています。では、なぜみずほ銀行だけが支店を設置しているのでしょうか? その理由は宝くじです。ご存知のように、宝くじはみずほ銀行が実施しています。その関係で、沖縄県にも支店を設置しなければならないためなのです。

琉球銀行・沖縄銀行・沖縄海邦銀行の独壇場

また、先に説明したように信用組合はゼロ。信用金庫はコザ信用金庫1つのみとなっており、その他でいえば、ゆうちょ銀行、沖縄ろうきん、JAバンク、JFマリンバンクなどの金融機関が名を連ねます。

沖縄の消費者金融事情

大手消費者金融は軒並み進出しています

大手メガバンクは1行しか進出していませんが、アイフル、アコム、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、モビットなど、大手消費者金融といわれる金融会社は、店舗や自動契約機などを幅広く展開しています。

中小貸金業者が多いのも特徴

衰退する地方経済が顕著になってきているのに伴って、各地方都市における中小貸金業者の数も減少傾向にありますが、こと沖縄県に至っては、そうした地元の貸金業者も根強く営業している特徴があります。

貸金業者数は全国7位! 人口比では全国トップ!

都道府県別の貸金業者数は、東京、大阪、福岡、愛知、兵庫、北海道に次いで7番目の多さを誇り、大都市を除いた地方だけでみれば全国トップです。人口比でみた貸金業者の数も、沖縄県が全国トップとなっています。

沖縄県は日賦貸金業者の割合が高い

他の都道府県と比べて、沖縄県は日賦貸金業者の多さが顕著です。通常、貸金業者は毎月の返済が基本となっていますが、日賦貸金業者の場合は日ごとに返済を行う形態となります。特に、金融機関からの借り入れが難しい小規模な事業者にとっては利用しやすいという特徴があります。

借りやすい昔ながらの街金が生き残っています

日賦貸金業者には、毎日の売り上げの中から返済を行うわけですが、今では出資法などの制限もあり、日賦貸金業者の数は全国的にかなり減少しています。そんな中でも、沖縄県にはそうした貸金業者が多く存在しているのです。昔からの街金と呼ばれる金融業者が多いという地域性があるわけですね。

大手消費者金融以外の貸金業者

沖縄県にある貸金業者は、2014年の統計で58件、うち2015年10月の時点で日本貸金業協会の会員名簿に名を連ねているのは39件あり、その多くが事業者向けの融資だけでなく、消費者向け融資も行っています。

沖縄で安心のカードローンはどれ?

銀行以外で安心のカードローンは?

以上のように、沖縄県には銀行系や大手消費者金融以外にも数多くの貸金業者が存在しているため、消費者にとってもキャッシングが非常に身近であるという傾向が見られます。

そうした中で、気になる情報も入ってきています。貸金業者からの借入を申し込んだ際、「共済」への加入を勧められたというニュースです。

無担保ローンなのに担保金?

例えば、10万円借りたらそこから共済費として2万円支払わなければならないというもので、言い換えれば担保措置のようなものです。しかし、基本的に無担保ローンとして取り扱っている以上は、貸金業法の違反ともなり得ます。共済加入を勧めるということが事実であるなら、中小の貸金業者からの借入は避けた方が無難であると言えるでしょう。

安心なのは大手消費者金融!地元の信販会社もおすすめ

そうした背景にあって、銀行系以外でもっとも安心なカードローンといえば大手消費者金融ということになりますが、実は沖縄県には地元に本社を置く信販会社もあります。

安心の地元資本信販会社

それが株式会社オークス(OCS)という信販会社です。「OCS-VISAカード」・「OCS-VISAゴールドカード」などのプロパーカードを始め、各種社会貢献型クレジットカードや、提携クレジットカードなども数多く発行している安心の信販会社です。

もちろん、キャッシング専用のローンカードなども発行しているため、中小貸金業者へ融資を申し込む前に、まずこうした大手の金融会社からの借り入れを模索してみるのがおすすめです。

沖縄県のキャッシング・カードローンのまとめ

沖縄の金融市場活性化は観光の振興にかかっている

沖縄県の特色は、日本でもトップクラスの観光資源です。特に、透明度の高い海は多くの海好きを魅了し続けていますし、最近では方言や郷土料理など、魅力的な文化も広く知られるようになってきています。

観光への依存は避けられないのが現状

しかし、それが沖縄の金融市場に大きく影響しているのかといえばそうとも言い切れません。何より、大企業の誘致が難しい沖縄県にあって、その経済を支えているのは観光です。

金融市場の活性化を模索した場合、必然的に観光へ偏らざるを得ない現状があるからです。観光で地域が潤うことは当然ですが、逆に観光産業が衰退した場合を考えれば、それも諸刃の件となってしまいかねません。

観光の活性化→金融市場活性化→地域経済の活性化

今後、那覇空港の拡張も予定されていることを踏まえ、さらに欧米からの観光客にも力をいれていくことも念頭に、観光産業の活性化を期待する声も多く聞かれます。

そうしたことが実現されて行くことで、今後の金融市場の活性化も期待できますし、ひいては金融機関間の競争率アップ→貸出金利の低下といったことにも繋がっていくことが期待できます。

カードローンコンテンツ一覧

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP