アコム

アコム

  • 審査も短い!最短30分で完了
  • 平日以外も土日・祝日も審査OK!
  • 初めてなら30日間無利息

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分契約後最短即日800万円3.0%~18.0%融資可能初回30日間

アコムのおまとめローンの評価は?借換え専用ローンのメリットとデメリットを調査

アコムには一般のカードローンとは別に、「借換え専用ローン」があります。これは他社での借り入れをひとつにする「おまとめローン」のことです。

アコムのおまとめローンは本当に役立つのでしょうか? メリットとデメリットをくわしく解説していきます。

アコムのおまとめローンとカードローンの違い

アコムの店舗窓口アコムには使い道が自由なカードローンと、クレジットカードにキャッシング機能がついたACマスターカード、個人事業主向けのビジネスサポートローン、そしておまとめローンとして利用する貸金業法に基づく借換え専用ローンがあります。

ここではカードローンとおまとめローン(借換え専用ローン)を比較してみます。

アコムのおまとめローンとカードローンはかなり違う!

下の表のように、アコムのおまとめローンとカードローンではさまざまな面で違いがあります。

アコムの借換え専用ローンとカードローンの比較表
カードローン おまとめローン
利用目的 自由 貸金業者債務の借換え
利用できる人 20歳以上で安定した収入がある人 20歳以上で安定した収入がある人
融資限度額 800万円 300万円
金利 3.0%~18.0% 7.7%~18.0%
申し込み方法 ・インターネット
・電話
・店舗、
・自動契約機
・郵送
電話で申し込み後、店舗または自動契約機、郵送で契約

このようにおまとめローンとカードローンでは融資限度額が大きく異なります。また、申し込み方法も、おまとめローンは「まず電話をすること」となっていて、自由度がかなり低くなっています。

カードローンとおまとめローンの融資限度額の違い

お金の札束カードローンの限度額800万円は誰にでも認められるというわけではありません。カードローンは総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りられません。一方、おまとめローンは年収にかかわらず最大で300万円まで融資が可能です。

アコムのおまとめローンは他社返済のみに利用

アコムのおまとめローンの大きな特徴は、融資されるお金を自分で受け取るのではなく、すでに借りている他社に直接、アコムから返済されるということです。

それだけ「他社返済」に徹底していることがわかります。

アコムと他社のおまとめローンの比較

おまとめローンはアコム以外の金融機関でも扱っています。それぞれの違いを見てみましょう。

アコムと他社消費者金融のおまとめローン比較

消費者金融の中でも大手のアイフル、プロミス、モビットのおまとめローンとアコムのおまとめローンを比較してみます。

消費者金融各社のおまとめローン比較表
会社名 融資限度額 金利
アコム 300万円 7.7%~18.0%
アイフル 500万円 12.0%~15.0%
プロミス 300万円 6.3%~17.8%
モビット※ 800万円 3.0%~18.0%

※モビットには「おまとめローン」という商品はありません。融資限度額が800万円になっていますが、貸金業法の総量規制の対象となるため、融資できるのはその人の年収の3分の1までです。そのため、ここでは説明を省きます。

アコムのおまとめローンは最大300万円まで

上の表からもわかる通り、アコムのおまとめローンは融資の限度額が最大で300万円までです。一方、アイフルは最大500万円なので他社の借り入れ総額が300万円以上ある場合は、アコムよりもアイフルを利用する方がいいということになります。

アコムと銀行カードローンの比較

ではアコムのおまとめローンを銀行のカードローンと比較してみます。

アコムのおまとめローンと銀行カードローンとの比較表
会社名(銀行名) 融資限度額 金利
アコム 300万円 7.7%~18.0%
楽天銀行 800万円 3.8%~13.5%
イオン銀行 700万円 6.3%~17.8%
じぶん銀行 800万円 2.2%~17.5%

ここでご紹介した銀行カードローンはネットバンキングで特に金利が低いところばかりを集めました。アコムよりも融資限度額が多く、しかも金利が低いことがわかります。

もし他社での借り入れが多い場合は、銀行カードローンも視野に入れて検討してみるといいでしょう。

アコムのおまとめローンの利用条件

アコムのおまとめローンの金利や利用条件などを見てみましょう。

アコムのおまとめローンの金利

上の表でも紹介した通り、アコムのおまとめローンの金利は7.7%~18.0%で幅があります。これは融資金額によって分かれています。

  • 100万円未満……7.7%~18.0%
  • 100万円~300万円……7.7%~15.0%

細かい金利は公開されていないのでわかりません。詳しくは融資を受ける際に確認することになります。

アコムのおまとめローンの利用条件

アコムの融資条件は「貸金業者債務の借換え」となっています。貸金業者つまり消費者金融に限られるということで、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング、知り合いから借りたお金の返済などは対象外です。

これは意外と見落としがちな点なので注意しましょう。

アコムのおまとめローンは総量規制の対象外

お金を持って受付をする女性担当者アコムのおまとめローンで利用できるのは消費者金融の借金のみですが、一般の消費者金融の融資は総量規制というルールがあり、年収の3分の1以上は借りられないようになっています。

しかし、おまとめローンは総量規制の対象外で、年収の3分の1を超えた額を借りることができます。アコムのおまとめローンは正式名称は「貸金業法に基づく借換え専用ローン」ですが、それには次のような意味があります。

    貸金業法の総量規制は消費者金融のカードローン・キャッシングとクレジットカードのキャッシングが対象です。しかし、おまとめローンのように顧客に一方的に有利になる借換えは例外として認められています。

そのため、総量規制を超える額でも借りることが可能なのです。

他社への返済はアコムが直接、実施します!

アコムなど消費者金融のおまとめローンの特徴は、他社の返済は借りた人がするのではなく、融資する会社が実施するということです。

つまり、次のような流れになります。

  • おまとめローンを申し込む
  • 審査が始まる
  • 融資のOKが出る
  • 借りている他社にアコムが返済する
  • 借りた人はアコムに毎月返済する

なお、カードローンのようにカードが発行されることはありません。追加融資もないので、一度申し込んだらそれで他社をすべて返済してしまいます。後は口座引き落としで返済をします。

アコムのおまとめローンの審査

アコムでおまとめローンを利用する場合、審査は厳しいのでしょうか?

本人確認書類と収入証明書の提出が必要

給与明細書申し込み時には本人確認書類として運転免許証または個人番号カードの写しの提出が必要です。それと同時に融資金額にかかわらず収入証明書類の提出が必要になります。

必要な書類は次のいずれか1点です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税類通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

また、職場への在籍確認の電話も実施されます。

信用情報機関への照会もある

真面目に審査書類を読んでいる担当者おまとめローンは融資額が多くなることが多いため、その分審査は慎重に実施されます。特に信用情報機関への照会は審査に影響を与えるだけに、注意が必要です。

複数で借りるとどうしても返済が遅れたり、別のところで借りて返済する「自転車操業」になりがちです。借金が増えたためにおまとめローンを利用するのですが、他社での返済がたびたび遅れるということがあると審査に影響を与えます。

そうなるまでに早めに一本化するようにしましょう。

アコムのおまとめローンのメリットとデメリット

ここまでご説明したことを、メリットとデメリットに整理してみます。

アコムのおまとめローンのメリット

ガッツポーズのサラリーマン借りたお金をアコムが直接他社に返済してくれます。誰でも大金を手にするとつい他のことに使ってしまうという誘惑がありますが、アコムのおまとめローンは自分の手にお金が入ることなく他社の返済ができます。

また、審査結果が比較的早く出ると言われています。急ぐ場合に利用するといいでしょう。

アコムのおまとめローンのデメリット

一方、デメリットもあります。

  • 融資限度額が300万円である
  • 金利が高い
  • 利用できるのは消費者金融の借金だけで銀行カードローンやクレジットカードのショッピングには使えない
  • インターネットでの申し込みができない

他社の借り入れ合計が300万円以上の人は要注意

creditcard_syakkin183x200アコムのおまとめローンの融資限度額は300万円と少額です。他社での借り入れ合計が300万円以上ある場合は、一本化できないということになります。

ただ、最近、消費者金融で借りた人は総量規制が適用されているので、300万円を借りているということは年収が3倍の900万円あるということになります。

そのため、おまとめローンの融資限度額が300万円でもそれほど無理はないのではないかと考えられますが、さまざまな理由で300万円以上借りている場合は他社のおまとめローンと比較してみましょう。

おまとめローンの金利をよく比較すること

アコムのおまとめローンの金利は低いとは言えません。もし現在、他社で借りている金利とあまり変わらないようなら借り換える意味がありません。事前によく比較検討してみましょう。

アコムのおまとめローンは申し込みに手間がかかる

カードローン担当者に相談する会社員アコムのカードローンはインターネットでの申し込みが可能なのですが、おまとめローンに関しては電話で申し込みをします。その後、店舗または自動契約機に行って契約をするか、書類を郵送して契約をしなければなりません。

これは意外と面倒です。特に地方で近くに店舗や自動契約機がない場合はわざわざ足を運ばなければなりません。または郵送という方法になります。審査結果が早くに出ても、契約で手間がかかるのがデメリットになるでしょう。

アコムのおまとめローンは消費者金融以外の返済には使えない

アコムのおまとめローンは消費者金融の返済のみが対象です。銀行カードローンやクレジットカードのショッピングもまとめて返済したいという場合には利用できないので、その点のみご注意ください。

その場合は使い道が自由な銀行カードローンがおススメです。それぞれの特徴をよく理解した上で利用するといいでしょう。

アコムのおまとめローンまとめ:使い勝手の良い救済策

アコムのおまとめローンは用途が制限されるものの、銀行のおまとめローンよりも審査が早い特徴や使い勝手の良い面があります。もちろん利用の対象は消費者金融からの借金のみですが、追いつめられている方には救いの手となるでしょう。

このようにアコムのおまとめローンにはメリットもデメリットもあるということをよく理解した上で検討されることをおススメします。

今すぐ【3秒診断】アコムに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「【3秒診断】アコム」今すぐ申し込む

TOP