アコム

アコム

  • 審査も短い!最短30分で完了
  • 平日以外も土日・祝日も審査OK!
  • 初めてなら30日間無利息

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分契約後最短即日800万円3.0%~18.0%融資可能初回30日間

アコムの無利息期間はお得? ATM手数料は? 金利と利息を知って上手に返済しよう!

アコムの金利は他社と比べて高いのでしょうか? また、はじめての方なら金利が0円になる無利息期間がありますが、利用には条件があります。アコムを利用する前に知っておきたい金利と利息の計算方法について説明します。

アコムの金利(実質年率)について

アコムの金利を見てみると、下限金利は3.0%~上限金利は18.0%とかなり幅があります。これは融資限度額や借りる人の信用度などによって金利が大きく異なるからです。

キャッシングの金利、実質年率、利息の違い

レンタルビデオ屋のイラストお金を借りるときは、「タダで借りる」というわけにはいきません。手数料やお礼を一緒に払います。レンタルのDVDなどを借りる場合に必要なレンタル料のようなイメージです。これを「利息」と言います。

そして、利息を計算する際に必要なのが「金利」です。金利は借りるお金に対していくらの利息をつけるかという割合を計算するために使います。

キャッシングの実質年率とは

アコムの金利は、正確には「実質年率」と言います。アコムなど消費者金融でお金を借りる場合の利息は「年利」(1年間借りた場合、いくらの利息になるか)を計算しますが、ここに手数料や印紙代などの必要な経費を上乗せして計算します。

アコムと大手消費者金融の上限金利は18%前後

こういった必要経費を最初から上乗せしているのが「実質年率」です。アコムと大手消費者金融の金利を比較してみましょう。

アコムと大手消費者金融の金利比較表
会社名 金利(実質年率) 融資限度額
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円

これを見ると、プロミスだけはもっとも高い金利(上限金利)が17.8%ですが、それ以外は18.0%になっています。

一方、もっとも低い方の金利(下限金利)はアコムとモビットは3.0%、アイフルとプロミスは4.5%になっています。この違いは何によるのでしょうか?

金利の幅(上限金利と下限金利)とは?

金利(利子・利息)がどんどんと下がる上限(じょうげん)金利とは、その金融機関でお金を貸す際にもっとも高い金利のことを指します。逆にもっとも低い金利のことを下限(かげん)金利と言います。

その金融機関で最大融資限度額を借りる場合に下限金利が適用されます。一方、それ以上高い金利では貸さないという金利を上限金利と言います。

利息制限法による上限金利

以前の消費者金融では高い金利で融資をしていたため、返済できずに苦労する人が多くいました。そこで、利息制限法で「これ以上高い金利で貸してはいけない」という上限が設定されました。この上限金利は融資額によって次のように分かれています。

  • 融資額が10万円未満…20.0%
  • 融資額が10万円~100万円未満…18.0%
  • 融資額が100万円以上…15.0%

それぞれの融資額でこれより高い金利で貸している業者があれば、それは違法ということになります。

アコムの上限金利と下限金利

お金を見つめてニヤけている男アコムは上限金利が18.0%となっているため、10万円未満でも金利は18.0%で借りることができます。

一方、下限金利は3.0%とかなり低くなっていますが、これはアコムの最大融資額である800万円を借りた場合に適用されます。同様に最大融資額が800万円のモビットも同じく下限金利は3.0%になっています。

この2社では800万円を借りたら3.0%という低金利で借りられるのですが、実際にはそれだけの金額を借りられる人は少ないのが現実です。

総量規制に注意!下限金利で借りるのは非現実的!

金欠の女性実は消費者金融では、貸金業法の中の「総量規制」というルールによって年収の3分の1までしか借りられないということになっています。

そのため、800万円を借りようと思ったら、年収は3倍の2,400万円必要ということになります。しかし、実際にそれだけの収入を得ている人が少ないことから、これは非現実的な金利だと言えるでしょう。

アイフル、プロミスの下限金利が4.5%でアコムよりも高いのは、この2社の最大融資額が500万円だからです。

いずれにしても借りる場合は下限金利ではなく、上限金利を意識して検討するようにしましょう。

アコムの金利0円サービスとは?

お金に目がくらんだ人アコムでお金を借りる際の金利は100万円未満は3.0%~18.0%、100万円以上800万円は3.0%~15.0%となっています。実際の金利は借りる金額などによって異なりますので、融資を受ける際に確認が必要です。

ただ、アコムを初めて利用する人に対しては、契約してから30日以内の利用に関しては「金利0円サービス」を実施しています。

アコムの金利0円サービスの条件

アコムの金利0円サービスを利用するには、次の条件を満たす必要があります。

  • アコムでの契約が初めての人
  • 返済期間を「35日ごと」で契約すること
  • 無担保のカードローンであること
  • 契約の翌日から30日間が無利息になる

特にこの中で注意が必要なのは、「返済期間」と「契約の翌日から30日間」の2点です。

金利0円になるのは返済期間を35日ごとにすること

アコムの返済には、「35日ごと」と「毎月指定日」の2通りの方法があります。

  • 35日ごと返済……前回返済日の翌日から数えて35日目に返済する方法。早めに返済したら、次回はその翌日から35日目に返済する。初回返済は借り入れの翌日から35日後。
  • 毎月指定日返済……契約時に自分が指定した日に毎月返済する方法。口座振替の場合は毎月6日に引き落とし。

金利0円を利用する場合は、契約時に「35日ごと返済」を指定する必要があります。

金利0円は契約の翌日から適用

円マークアコムで金利が0円になるのは、「契約した翌日から30日間」です。初めて借りた日ではないので要注意です

なお、この無利息期間の30日以内なら何度借りても期間中は無利息になりますが、30日を超えるとその日数分の利息がかかります。

アコムと他社の金利0円を比較

金利0円サービスはアコム以外の会社でも実施しています。比較してみましょう。

大手消費者金融の無利息機関と条件
アコム 契約日の翌日から30日間は無利息
アイフル 契約日の翌日から30日間は無利息
プロミス 初回利用日の翌日から30日間は無利息
モビット 金利0円(無利息サービス)はなし
レイク 5万円を180日間無利息または借り入れ額全額が30日間無利息

このようにモビット以外は無利息サービスを実施しています。いずれも初めて利用する人が対象です。

アコム、アイフル、レイクは「契約日の翌日から」が対象ですが、プロミスは「初めて利用した日の翌日から」が対象になります。契約してもすぐに利用しないという場合は、プロミスがおススメです。

アコムの金利0円サービスの上手な利用方法

アコムの金利0円サービス(無利息期間)は、次のような場合に使うと便利で助かります。

  • 給料日の前で手持ちの現金が少ないとき
  • 急な飲み会や女子会などに誘われたとき
  • 銀行口座の引き落とし日に残高が少ないとき
  • 子どもの学校の集金など急な出費のとき

OKサインを出す女性このように「急にお金が必要」という場合や、給料日前など「もう数日でお金が入ることがわかっているが、今必要なお金が足りない」という場合に利用すると便利です。

クレジットカードを使うと利息がかかりますが、アコムの金利0円サービスなら30日以内に借りた額だけを返済すればそれでOKです。

ただし、無利息期間は契約の翌日から30日以内なので、「いつでも利用できる」というわけではありません。ご注意ください。

アコムの金利から利息を計算

アコムなど消費者金融でお金を借りる人の中には、「自分がいくらの利息を払っているのかよくわからない」という人が多いのではないでしょうか。

利息の計算方法はそれほど難しいものではないので、覚えておきましょう。

利息は金利と残高がわかれば計算できる

利息は次の計算式で算出できます。

利息=残高×金利(実質年率)÷365日×利用日数

18.0%で30万円を30日間、借りた場合の利息を計算してみましょう。

30万円×18.0%÷365日×30日=約4,438円

30万円借りた場合の利息は約4,438円になります。

アコムの返済例

電卓アコムの公式サイトには返済シミュレーションができるコーナーがあります。また、返済早見表があるので、自分が借りた金額と返済期間で毎月どれくらい返済すればいいのかを見ることができます。

ちなみに30万円を18.0%で借りて46回で返済すると、毎月の返済額は9,075円になります。このうち、利息は上で計算したように約4,438円なので元金の返済には4,637円が充当されます。

返済期間を短くすると毎月の返済額は増えますが、その分早くに完済できます。

アコムの返済方法とATM手数料

アコムの返済の方法は、基本的には他の消費者金融や銀行カードローンと同じです。口座引落・銀行ATM・コンビニATM・専用ATM・来店…という風ですね(来店する人はめったにいないでしょうが)。

しかし、これらの方法とは別に、アコム独特の返済方法もあります。それが「ペイジーを使った、インターネット返済」という方法ですが、ここではそれも含め、アコムの返済方法と、それぞれの手数料をまとめます。

アコムの専用ATMで返済(手数料無料)

アコムの店舗窓口街中にある「アコム」の看板の建物、あの中に専用ATMがあります。この専用ATMを利用すれば、借入・返済ともに手数料無料です。

アコムの専用ATMはあちこちにあるので、特に都市部の人など、何かの用事のついでに偶然見つけるということもあるでしょう。そういう時に返済できる分だけでも返済すると、どんどん完済しやすくなります。

コンビニ・銀行のATMで返済(手数料がかかる)

ATMマシーンこれが一番やりやすい返済方法ですが、コンビニ・銀行のATM(提携ATM)は、アコムの場合すべて手数料がかかります。1万円以下なら100円、1万円超なら200円…という手数料です(税別)。

という風に手数料がかかるので、たとえば返済日当日など急ぎの時だけにした方がいいでしょう。それ以外の返済では専用ATMを使う方がいいです。(何度も返済している場合、この手数料だけでも累計でかなりの金額になりますから…)

銀行口座で毎月引き落とし(手数料無料)

携帯料金やクレジットカードの支払いなどと同じように、毎月決まった日に引き落としてもらう…という方法ですね。これは手数料無料です。

この方法の最大メリットは「忘れない」ということ。勝手に自動的に引き落としてくれるので、返済忘れがありません。よって、遅延のリスクも減ります。

ペイジーを使ったインターネット返済(手数料無料)

ペイジー(Pay-easy)というのは、ネットでの様々な決済のサービスです。どこかの銀行のオンラインバンキングを使えれば、このペイジー経由で、アコムに返済することができます。こちらも手数料無料です。

「思いついた時にすぐ返済したい」という場合、コンビニ・銀行を使うのでなく、ペイジーを使うといいでしょう。

ペイジーを使って、スマートフォンなどで返済するということですね。オンラインバンキングの登録が必要ですが、それさえすれば一番便利な方法です。

アコムの金利と返済まとめ:アコムで早く完済するには!?

アコムで借りたお金を少しでも早く返すには、次の点を意識しましょう。

  • 毎月の返済額を増やす
  • 臨時収入が入ったらそのつど返済に充てる
  • 融資限度額の範囲内で何度も借りない
  • アコムで返済するために他社で借りない

アコムでは「最少返済額」といって、「これだけは最低でも入金してください」というラインを設定しています。しかし、その金額で返済をしていると、元金がなかなか減っていきません。返済期間が長くなるとそれだけ支払う利息の金額が増えてしまいます。

返済金額は多めに、そして手元にお金があればこまめに返済することが大切

ATMを操作する女性借金の負担を軽くするためには返済額は常に多くしておきましょう。また余裕ができたときは常に繰り上げ返済をすることが大切です。時間が経てば経つほど負担は膨らみます。

また、「融資限度額」を貯金通帳の残高のように思ってしまうと、つい借りてしまいます。利用はどうしても必要な場合のみにしましょう。

さらにアコムでの返済のために他社で借りるとか、他社の返済のためにアコムで借りるということのないように注意しましょう。もし複数の借り入れがある場合は、アコムの「おまとめローン」を利用して一本化するのもひとつの方法です。

返済できる範囲で借りるようにしましょう。

今すぐ【3秒診断】アコムに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「【3秒診断】アコム」今すぐ申し込む

TOP