三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

  • テレビ窓口で最短40分で融資
  • 専業主婦も融資可能!30万円まで
  • 土日祝でも審査可能で即日融資

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
審査回答
最短40分500万円4.6%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-

東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの金利・返済時の手数料

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの金利は「4.6~14.6%」。銀行カードローンの金利の平均値が大体「4.5%~14.5%」なので、ほぼ平均通りです。

返済方法は銀行引き落とし、ATMからの返済のどちらも可能。コンビニATMがすべて無料で利用でき、三菱東京UFJ銀行ATMの手数料も、もちろん無料です。

特に時間外でも三菱東京UFJ銀行のATMの手数料は無料なので、思いついた時に小まめに返済しても、手数料を気にしなくてすむのが魅力です。

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利は、始めにも書いた通り銀行カードローンの平均レベルです。やや高金利という人もいますが、それはみずほ銀行などと比較した場合です。

確かにみずほ銀行は「4.0~14.0%」なので、バンクイックよりかなり安くなっています。しかし、たとえば楽天銀行は「4.9%~14.5%」なので、バンクイックの方が安いといえます。

高金利の銀行カードローンはたくさんある

さらに、オリックス銀行の金利は「3.0~17.8%」、じぶん銀行は「3.9~17.5%」となっています。下限金利こそバンクイックより安いですが、上限金利は断然高いのがわかるでしょう。

多くのキャッシングの場合、適用されるのは上限金利(高い方の金利)なので、バンクイックとオリックス銀行・じぶん銀行のどちらが高金利かといったら、個人的にはオリックス銀行・じぶん銀行だと思います。(このあたりは、キャッシングの知識のある人でも意見が分かれますが)

というように、三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は、決して高くはありません。もちろん安くもありませんが、要は最初に書いた通り「銀行カードローンの普通レベル」ということです。

バンクイックの返済方法と手数料

バンクイックの返済方法は、主に銀行引き落としとATM返済です。どのカードローンでもこの返済方法は大体同じですが、バンクイックの場合、特に手数料無料で使えるATMが多数あるというのがメリット。

コンビニATMは全部無料ですし、三菱東京UFJ銀行のATMも当然無料です。特に時間外でも手数料無料になるというのが魅力。
普通の三菱東京UFJ銀行の貯金の引き出しでは、有料になる時間でもカードローンは無料になる、ということですね。

みずほ銀行・横浜銀行などは時間外手数料が有料

三菱東京UFJ銀行カードローンの「時間外手数料無料」というのがどのくらいのメリットかというと、たとえばみずほ銀行・横浜銀行の場合は有料です。
他にも銀行カードローンで「時間外手数料有料」というところは多く、この辺、バンクイックは使いやすいといえます。

ただ、これにはもうひとつの見方もあります。時間外手数料無料にしているから、金利が高いというものです。

低金利の銀行カードローンほど、時間外手数料有料

先に書いたみずほ銀行・横浜銀行の共通点は「低金利」ということ。みずほ銀行は「4.0~14.0%」、横浜銀行は「1.9%~14.6%」となっています。

みずほ銀行は上限金利・下限金利ともにバランスよく安いですし、横浜銀行は上限金利は普通ですが、下限金利の安さは、全銀行カードローンの中で最安となっています。

というようにどちらも低金利なのですが、その低金利の銀行カードローンが、両方共ATMの時間外手数料を有料にしている…これは偶然ではありません。

手数料無料のサービスは、金利に上乗せされている

経営は数学なので、どこかでサービスをしたら、どこかにその分が上乗せされている、ということ。三菱東京UFJ銀行のように時間外手数料無料の場合は、その分高い金利を取っている、ということですね。

「それでも手数料がない方が、好きなときに返済できていい」という人もいるでしょう。

もちろん、そう思うからバンクイックもそういうサービスをしているわけです。

しかし、逆に言えば「時間内にだけ返済する」という努力をすれば、みずほ銀行・横浜銀行はより低金利で借りられるわけです。このどちらを取るかは、その人の時間の自由度にもよるでしょう。

専業主婦やフリーターの人など、時間の自由が比較的効く人の場合、みずほ銀行・横浜銀行のようなスタイルがいいです。
逆に残業の多い正社員の人など「営業時間内には返済できない」という場合、時間外手数料がかからない方がいいでしょう。

というように、バンクイックのスタイルも、横浜銀行・みずほ銀行のスタイルも、それぞれのメリット・デメリットがあります。どちらが正しいというわけでもないので、ご自分の生活スタイル・返済スタイルに合った方で申し込んでください。

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP