バンクイックの金利と返済時の手数料はかなり低いって本当!?

【厳選】カードローン 2020/10/23 4308view

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンサービスです。お金を借りるには当然、利息を払う必要がありますが、実は「バンクイック」の金利は業界内でも最低水準と言ってもいいほど低いんです。

このページではバンクイックの金利についてご説明します。

バンクイックの金利は1.8%となかり低い!

銀行のカードローンに限らず、住宅ローンや教育ローンなどでもお金を借りる際には、金利が決められています。金利は利息を計算する際に必要なもので、一定のルールによって決められています。ただ、どこの金融機関でも同一というわけではありません。

利用限度額が大きいほど金利が低くなる

バンクイックの金利は利用限度額に応じて次のように決められています。

バンクイックの利用限度額と金利の関係
利用限度額 金利
10万円以上~100万円以下 13.6%~14.6%
100万円超~200万円以下 10.6%~13.6%
200万円超~300万円以下 7.6%~10.6%
300万円超~400万円以下 6.1%~7.6%
400万円超~500万円以下 1.8%~6.1%

利用限度額が多い人ほど金利は低くなっていることがわかります。

バンクイックの利用限度額とは

pose_motsu_card116x200ここで気になるのが「利用限度額」という言葉です。これは「いくら借りたか」ではなく、その人に与えられている「利用できる金額の枠(上限)」といった意味になります。

利用限度額は申し込み時に希望する金額に対して三菱UFJ銀行が審査を行います。その結果で希望通りの融資枠が得られるかどうかで決まります。

同じ50万円を借りるのでも、利用限度額が500万円の人は1.8%~6.1%で借りられますが、利用限度額が100万円以下の人は13.6%~14.6%という高い金利で借りることになります。なお、金利には幅がありますが、それはその人に与えられたり用限度額の枠やその人の信用度などによって変わってきます。

バンクイックの金利は他サービスや他社と比較しても低いことがわかる

では、バンクイックの金利は高いのでしょうか?いくつかの例をあげて比較してみましょう。

三菱UFJ銀行の他のローンとバンクイックの金利を比較してみよう

三菱UFJ銀行にはバンクイック以外にもいくつかのローンがあります。それぞれの金利を比較してみましょう。

三菱UFJ銀行の各種ローンの金利比較
ローンの種類 金利
住宅ローン 0.625%(変動金利)、1.27%(固定金利)
マイカーローン 2.975%
リフォームローン 1.99%~2.875%
教育ローン 3.975%
多目的ローン 5.475%
バンクイック 1.8%~14.6%

このように見てみるとバンクイックとそれ以外のローンでは金利にかなり差がありますね。

目的ローンは金利は低いが見積書などが必要

バンクイック以外のローンはすべて使用目的があるものです。これらを「目的ローン」と呼びます。

こういった目的ローンには、申し込み時には見積書などの提出が必要になります。「確かにこの用途のために使います」ということを証明しなければなりません。

上記の中の「多目的ローン」は旅行などに使えますが、その場合も見積書などが必要になります。また、多目的ローンは融資金額が50万円からとなっています。

リフォーム後のピカピカの家目的ローンの中でももっとも金利が低いのは住宅ローンですが、住宅ローンは保証会社に保証料を支払ったり、購入する住宅を担保にしたりします。そのために金利が低くなっています。

もし使い道がはっきりしていて、見積書などがある場合はそれぞれの目的にあったローンの方が金利が低いのでお得です。ただし、生活資金が足りないとか、急な出費、他社の借り入れのおまとめローンなどに使う場合はバンクイックが便利です。

バンクイックと他行の銀行カードローンの金利比較

次に他の銀行のカードローンの金利とどれくらい違うのか見てみましょう。

代表的な銀行カードローンの金利比較
銀行名 下限金利~上限金利
バンクイック 1.8%~14.6%
三井住友銀行 年4.0%~14.5%
みずほ銀行 3.5%~14.0%
じぶん銀行 2.2%~17.5%
イオン銀行 3.8%~13.8%
楽天銀行 1.8%~14.6%

上の表のように他行と比較しても、バンクイックは決して高くはありません。

一般的にじぶん銀行やイオン銀行、楽天銀行などのネットバンキングは金利が低いというイメージがあります。上の表を見ても確かに低いですね。

バンクイックの金利は高くない!

しかし、ここで注意してほしいのは金利の幅です。最初にご説明したように銀行ローンの金利は「借りる額」ではなくその人に認められた「利用限度額」に応じて段階的に決められています。

バンクイックで一番金利が低くなるのは利用限度額が400万円超~500万円以下で、そのときの金利は1.8%~6.1%です。他行と比較する場合は同じ条件(同じ利用限度額)で比べることが大切です。

同じ利用限度額でバンクイックと他行を比較してみよう

バンクイックでは最大500万円まで融資が可能です。他行との比較も同じ400万円~500万円の利用限度額での金利を比較してみましょう。

限度額500万円で借りたときの銀行カードローンの金利比較
銀行名 下限金利~上限金利
バンクイック 1.8%~6.1%
三井住友銀行 年6.0%~7.0%
みずほ銀行 6.0%
じぶん銀行 審査の結果、個別に決定
イオン銀行 3.8%~8.8%
楽天銀行 4.9%~8.9%

このように見てみるとバンクイックの金利は業界の中でもかなり低いことがわかります。

バンクイックと消費者金融の金利比較

消費者金融の借入限度額と上限金利の関係
借り入れ金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

「消費者金融の金利は高い」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか? このように上限金利が決められていても、バンクイックの上限金利は14.6%なので、消費者金融よりもかなり低いことがわかります。

バンクイックの返済額シミュレーション

借り入れ残高と金利に応じた返済額は以下の通りになります。

バンクイックの借入残高と返済額の関係
借り入れ残高 金利8.1%以下の返済額 8.1%超15.0%未満の返済額 15.0%以上の返済額
10万円以下 1,000円 2,000円 3,000円
10万円超20万円以下 2,000円 4,000円 6,000円
10万円超30万円以下 3,000円 6,000円 9,000円
30万円超40万円以下 4,000円 8,000円 12,000円
40万円超(※) 1,000円を追加 2,000円を追加 3,000円を追加

(※:40万円超の場合は借入残高が10万円を増すごとに表の金額を追加していきます。)

ただし、これは「最低返済額」です。もっと多く返済すれば、それだけ早くに完済できます。支払う利息も少なくなるので、多めに返済するのが上手な利用法です。

バンクイックの金利から利息を計算してみよう

最低返済額の中で利息はどれくらいになるのか、実際に計算してみましょう。
利息の計算は下記の計算式で出すことができます。

利息 = 利用残高 × 金利 ÷ 365 × 利用日数

残高が20万円で金利が8.1%の場合の計算は次のようになります。

20万円×8.1%÷365×30日=1,331.5円

約1,332円が利息ということです。この場合、最低返済額は2,000円ですが、そのうち利息は1,332円も占めているということになり、2,000円返済しても元金は668円しか減っていきません。可能ならばもっと多く返済して、元金を少しでも減らすようにしましょう。

バンクイックは返済手数料も無料!

ATMを操作する女性バンクイックはATMで借りる場合も、振り込みで借りる場合も手数料はかかりません。また、借り入れは利用限度額の範囲の中で1,000円単位で借りられます。

こういったこともバンクイックが使い勝手がいい理由だと言えます。急にお金が必要なときに、必要な額だけを借りて上手に使っていきましょう。

【厳選】カードローンおすすめ解説記事