みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • 最短即日融資!急ぎの方もOK[
  • 30万円まで専業主婦も借入可能
  • 来店も郵送も不要で手軽に利用できる

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日
来店不要
最短即日融資1,000万円3.5%~14.0%
3.0%~7.0%
融資可能
専業主婦もOK
-

みずほ銀行カードローンは口座があれば即日融資!今日中にキャッシング

みずほ銀行カードローンは即日融資も可能。みずほ銀行の口座がある場合は簡単ですが、ない場合は口座開設から始めます。

この場合、朝イチでみずほ銀行の支店に行くことが必要。口座開設とカードローンの申し込みを同時にするので、早めの行動が必要です。

みずほ銀行カードローンの即日融資のやり方

みずほ銀行カードローンで即日借り入れする方法は、普通にネット申込みをするだけです。他の銀行カードローンや消費者金融と同じく、みずほ銀行も即日融資が基本になっているので、申し込み時間が遅くなければ「審査に通る=即日融資」となります。

みずほ銀行の口座があると早い

これはどの銀行カードローンでも同じですが、みずほ銀行も、やはりすでに口座があると即日融資が早いです。
口座があるという時点で、住所確認などに審査がすでに済んでいますし、利用実績があれば、それがそのまま信用につながります。

ずほ銀行の口座があれば、午前中に申し込めば即日融資の可能性が高い。

というわけで、みずほ銀行の口座がある人が午前中に申し込めば、かなりの確率で即日借り入れできるでしょう。もちろん、審査に通るだけの年収や職業、現時点の借入総額(が少ない)などの条件を満たしていればですが。

みずほ銀行の口座がなくても即日融資可能

みずほ銀行カードローンは、銀行口座がなくても即日借り入れできます。ただし、口座開設をしてから、という条件です。(つまり、最終的にはみずほ銀行の口座が必須ということ)

みずほ銀行は口座開設も即日できます。

ネットや電話ではできないので、この場合店舗に行きます。店舗に朝イチで行けば、大体1~2時間で開設できるでしょう。(その日の混み具合にもよりますが)

口座開設を同時にする場合の注意点

口座開設から含めて即日する…というやり方の場合、注意点があります。それは、みずほ銀行カードローンの審査に通って振り込んでもらっても、そのお金をATMでは引き出せない、ということ。

まだキャッシュカードがないからです。口座開設もできたし、通帳も発行されていますが、キャッシュカードだけはないわけですね。

キャッシュカードは住所確認も兼ねて、後日郵送されます。どうしても5日ほどはかかるわけです。

キャッシュカード無しでどう引き出すか?

キャッシュカードがない場合、銀行の窓口で引き出します。非常に面倒ですが、順番待ちの紙を取り、用紙に希望金額などを記入し、それを窓口に提出し、印鑑を押して、引き出すわけです。

ATMだったら一瞬でできる作業が、窓口だとこのように面倒なわけですね。面倒ではありますが、当日口座開設をしたばかりなのだから、これしかありません。

つまり、みずほ銀行カードローンで「口座開設から即日」する場合、この「引き出しの時間」まで考慮する必要があります。みずほ銀行が閉まる15時までに順番待ちのカードを引けば大丈夫でしょう。ただ、そこから順番待ちの間に30分程度かかるので、その時間も考慮する必要があります。(特に、そのお金を誰かに支払いに行く、などの約束がある場合)

みずほ銀行の即日融資の申し込みは何時まで?

基本的に「午前中」に申し込みしましょう。

即日振込みの手続きは、みずほ銀行でも14時50分には必ず締めきっています(もっと早いかも知れません)。

そして、審査にたとえば3時間かかるとすると、「11時50分」には申し込みが必要ということ。銀行カードローンなので、3時間くらいはかかると思っておいた方がいいでしょう。

みずほ銀行の審査にかかる時間について

上で3時間と書いたのは、大体の目安。人によっては1時間の時もありますし、5時間くらいかかる場合もあります。

これはその人の信用度や借入希望金額で左右されるもの。信用度が高ければ短時間で終わりますし、希望金額が小さければこれもやはり短時間で済みます。

銀行カードローンの審査にかかる時間は、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行が「最短30分」を公言しているくらいなので、早い場合は早いのです。これは消費者金融も同じですが「信用できる人なら、一瞬で決まる」わけですね。

自分の年収や職業、これまでのクレジットスコアなどを客観的に見て「自分なら余裕」と思う場合、1時間で審査に通ることもある…と考えていいでしょう。逆に「自分は厳しいな」と思う場合は、最低でも3時間は覚悟しておいた方がいいでしょう。

何にしても、午前中には申し込みしておくことをおすすめします。

今すぐみずほ銀行カードローンに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「みずほ銀行カードローン」今すぐ申し込む

TOP