みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • 最短即日融資!急ぎの方もOK[
  • 30万円まで専業主婦も借入可能
  • 来店も郵送も不要で手軽に利用できる

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日
来店不要
最短即日融資1,000万円3.5%~14.0%
3.0%~7.0%
融資可能
専業主婦もOK
-

みずほ銀行カードローンの金利は安め!返済手数料には注意が必要

みずほ銀行は日本でも三大メガバンクのひとつに入る大きな銀行です。それだけに何かとしっかりしていて信頼ができる金融機関です。でも、その分、金利は高いのでは?というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかも知れません。

そこでみずほ銀行カードローンと他の金融機関との金利を比較してみました。

みずほ銀行カードローンの金利は高い?

疑問に思うエプロン姿の男性お金を借りるときは、金利に注意が必要です。同じ額を借りるにしても、金利が高いとそれだけ多くの利息を支払わなければなりません。

みずほ銀行カードローンの金利は公式サイトには「3.5%~14.0%(コンフォートプランの場合)」とあり、かなり幅があることがわかります。

これでは自分は一体いくらの金利で借りられるのかわかりませんね。金利についてもっとくわしく見ていきましょう。

みずほ銀行カードローンの金利は「借りる額」ではなく「利用限度額」と「プラン」で決まる

OKサインを出す女性一般に銀行系カードローンの金利は実際に借りた額(借入残高)ではなく、契約時に審査の結果与えられた利用限度額に応じて金利が決まります。みずほ銀行カードローンも同様で、審査の結果決定された利用限度額に応じた金利で借りることができます。

なお、みずほ銀行カードローンには「コンフォートプラン」と「エグゼクティブプラン」の2プランがあり、同じ利用限度額でもプランによって金利が異なります。

誰もが「エグゼクティブプラン」を選びたいのですが、プランは審査の結果、自動で決定されます。

みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランとは

金利(利子・利息)がどんどんと下がるエグゼクティブプランは利用限度額が200万円~1000万円という高額のプランです。最低の利用限度額が200万円に設定されています。

エグゼクティブプランはコンフォートプランよりも金利が低く、さまざまな特典がありますが、プランは申し込み者自身で選ぶことはできません。審査の結果によって決定されるため、ここではコンフォートプランについて説明していきます。

みずほ銀行カードローンの金利比較

それぞれのプランと利用限度額で金利はどれくらい違うのか見てみましょう。

コンフォートプランとエグゼクティブプランの金利比較表
利用限度額 コンフォートプラン エグゼクティブプラン
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0% 7.0%
300万円以上400万円未満 7.0% 6.0%
400万円以上500万円未満 6.0% 5.5%
500万円以上600万円未満 5.0% 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5% 4.5%
800万円以上1000万円以下 4.0% 3.5%

驚く女性(2017年6月22日現在)

この表のように利用限度額が多いほど低金利で借りることができます。

例えばコンフォートプランの場合でも、利用限度額が400万円の人はその範囲内であればいくら借りても6.0%で借りることができるということです。

金利の違いは利息に差が出る

金利の違いによって利息がどれくらい違うのか、見てみましょう。

利息の計算は次の計算式で出すことができます。

利息=利用残高×金利÷365×利用日数

みずほ銀行で200万円を30日間、もっとも低い4.0%で借りた場合と、もっとも高い14.0%で借りた場合の利息を計算してみます。

  • 金利が4.0%の場合……200万円×4.0%÷365日×30日=約6,575円
  • 金利が14.0%の場合……200万円×14.0%÷365日×30日=約23,014円

このように利息は3.5倍も違ってきます。やはり金利は少しでも低く借りるのが理想ですね。

みずほ銀行カードローンと他の銀行のカードローンの金利を比較

みずほ銀行カードローンだけを見ていると、その金利が高いのか低いのかよくわかりません。そこで、他の銀行と比較してみましょう。

主な銀行カードローンの金利

大手銀行のカードローンの上限金利と下限金利を比較してみました。

主な銀行カードローンの金利と融資額
銀行名 金利 最大融資額
みずほ銀行 4.0%~14.0% 1,000万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円
楽天銀行 1.9%~14.5% 800万円
オリックス銀行 1.7%~17.8% 800万円
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6% 500万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 500万円

上の表でもわかる通り、銀行カードローンの金利にはかなり幅があります。それぞれのもっとも高い金利を「上限(じょうげん)金利」、もっとも低い金利を「下限(かげん)金利」と呼びます。

銀行カードローンの上限金利と下限金利とは

下限金利はそのカードローンの最大利用限度額に適用される金利で、みずほ銀行カードローンの場合は1000万円の利用限度額の人はもっとも低い4.0%の金利で借りられるということになります。

ただ、他の銀行は最大利用限度額がもっと低いので、同額のところで比較してみましょう。

どちらの銀行が低金利かは、同じ条件の上限金利を比較して初めてわかる

銀行カードローンの上限金利を比較例えば三菱東京UFJ銀行と新生銀行レイクではどちらも最大利用限度額は500万円ですが、仮にこの額を借りた場合、それぞれの銀行の下限金利は三菱東京UFJ銀行は1.8%と低いのに対して新生銀行レイクは4.5%と高く、かなり差があることがわかります。

一方の上限金利はそのローンの中で利用限度額がもっとも少ない場合に適用されます。みずほ銀行カードローンの場合は利用限度額が10万円以上100万円未満の人が対象で、もっとも高い14.0%の金利が適用されます。

誰もが低い金利で借りたいと望むものですが、利用限度額がいくらになるかは審査の結果で銀行側が決定します。そのため、自分が希望する利用限度額が認められない場合もあります。

銀行カードローンの金利を比較する場合は上限金利を要チェック

上で紹介した各銀行の金利は上限金利と下限金利が示してあります。その中で下限金利はその銀行カードローンでもっとも利用限度額が多い人の場合です。

高額の融資はなかなか審査が通らないので、比較する場合は審査が通りやすい少ない利用限度額で見る方がいいでしょう。

みずほ銀行カードローンは本当に低金利なのか検証!

各銀行カードローンの利用限度額ごとの金利比較

ちなみに各利用限度額ごとに金利を比較してみました。

銀行名 100万円未満 200万円未満 300万円未満
みずほ銀行 14.0% 12.0% 9.0%
三菱東京UFJ銀行 13.6%~14.6% 10.6%~13.6% 7.6%~10.6%
三井住友銀行 12.0%~14.5% 10.0%~12.0% 8.0%~10.0%
楽天銀行(※1) 14.5% 9.6%~14.5% 6.9%~14.5%
オリックス銀行(※2) 12.0%~17.8% 6.0%~14.8% 5.0%~12.8%
新生銀行レイク(※3) 15.0%~18.0% 12.0%~15.0% 9.0%~15.0%

※1:楽天銀行は利用限度額が300万円~350万円は4.9%~12.5%、350万円以上500万円未満は4.9%~8.9%となっています。
※2:オリックス銀行は100万円超150万円以下は6.0%~14.8%、150万円超300万円以下は5.0%~12.8%となっています。
※3:新生銀行レイクは利用限度額が200万円以下の場合は基準残高に応じた金利、200万円以上は利用限度額に応じた金利が適用されます。

みずほ銀行カードローンの金利は他行より確かに低い!

審査に通った人のイラスト(女性)利用限度額が100万円未満の場合、みずほ銀行カードローンの金利は14.0%となっています。三菱東京UFJ銀行は14.6%、三井住友銀行、楽天銀行は14.5%で、みずほ銀行よりも少し高くなっています。またオリックス銀行はもっと高く17.8%。新生銀行レイクは18.0%となっています。

同様にそれ以外の利用限度額の金利を比較しても、みずほ銀行カードローンの上限金利は同条件の他行よりもやや低くなっています

みずほ銀行カードローンを低金利で借りるコツ

他の銀行よりも金利が低いみずほ銀行カードローンですが、より低い金利で借りる方法があります。

利用限度額を多く獲得すること

お金に目がくらんだ人利用限度額は審査の結果次第ですが、利用限度額が高いほど低金利で借りられます。

エグゼクティブプランではなくコンフォートプランでも利用限度額が多く獲得できると、それだけ低い金利で借りることができます。そのためにも他社の借り入れは抑えて、返済が遅れないように注意しましょう。

条件を整えてエグゼクティブプランを狙おう!

お金を持って受付をする女性担当者エグゼクティブプランの人はそれだけで金利が優遇されています。それ以外にも特典があるため、審査に通りやすい人ならエグゼクティブプランがおすすめです。

今までに消費者金融や銀行系のカードローンを複数借りていない人や返済遅延がない人、金融事故がない人などは審査に通りやすいと考えられます。

ただし、最低の利用限度額が200万円からと高額になっているので、それぐらいの与信力は必要です。

また、どちらのプランで借りられるかは自分で選ぶのではなくみずほ銀行側が決定します。自分で選択できないのが難点ですが、そういった観点でもみずほ銀行カードローンを検討されるといいでしょう。

みずほ銀行住宅ローン利用者はカードローンの金利が優遇される

みずほ銀行で住宅ローンを利用している人がカードローンを利用する場合は、金利が年0.5%引き下げられます。今でも他行よりも低いのに、さらに低くなるのはお得ですね。

金利は変動する

みずほ銀行カードローンの金利は公式サイトにも掲載されています。しかし、ずっとその金利が続くというわけではありません。経済状況の変動などによって金利が変更になる可能性があります。その点も注意して比較検討することが大切です。

最後に金利以上に気になる返済方法について解説しておきます。

みずほ銀行カードローンの返済方法とATM手数料

みずほ銀行カードローンの返済方法は、銀行引き落とし・みずほ銀行のATMでの返済、他の銀行やコンビニのATMでの返済…が選べます。手数料については、みずほ銀行は少々不利です。

コンビニATMでの返済は有料

24時間のコンビニエンスストアまず、みずほ銀行はコンビニATMでの返済はすべて手数料がかかります

消費者金融はどこもコンビニATMの手数料がかかりますが、銀行カードローンはかからない所が多いです。

それと比較すると、コンビニの提携ATM手数料がかかるみずほ銀行は、少々不利です。

他の銀行のATMでの返済も有料

ATMを操作する女性他の銀行はおしなべてライバルなので当然ですが、他の銀行のATMからの返済も手数料が発生します。

しかし、これについても楽天銀行やオリックス銀行などは「他の銀行からでも無料」ということが多いのです。

それと比較しても、みずほ銀行のカードローンはこの点不利です。

みずほ銀行のATMも、時間外は有料

審査に落ちた人のイラスト(男性)さらに、みずほ銀行ATMからの返済すらも営業時間外だと有料にされてしまいます。平日の昼間の時間帯など、普段は無料ですが、時間外だと預貯金の時と同じように有料になります。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックなど、他の銀行のカードローンの場合、時間外ても手数料無料という所が多いので、これも少々、みずほ銀行が不利な点です。

毎月の銀行引き落としは無料

真面目そうな銀行員毎月銀行口座から引き落とすやり方の場合、手数料はかかりません。基本的にみずほ銀行の口座を指定します。このやり方だと返済忘れもないですし、自分でATMに行く手間もないので、時間も手数料も節約できていいでしょう。

というように返済にかかる手数料については、みずほ銀行カードローンは他の銀行よりやや不利です。しかし、それ以外では金利の安さや限度額の大きさ(最大1000万円)など、あらゆる点で優れたカードローンです。

今すぐみずほ銀行カードローンに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「みずほ銀行カードローン」今すぐ申し込む

TOP