スーパーアルカの審査基準を知りたい!自分で審査基準をチェックする方法はある?

地銀・信金のカードローン 2018/9/20 10255view

北洋銀行カードローン・スーパーアルカの審査通過のポイントは、まず申込資格をクリアしていることが大前提。その上で北洋銀行との取引内容が優良であることも審査基準の一つです。

カードローンの商品詳細や紹介などから、そのカードローンの大まかな審査基準をチェックすることもできますが、細かい審査基準はほぼ企業秘密となっています。

スーパーアルカの審査基準も同様ですが、大まかな情報から審査基準を知ることができますし、そこからある程度の細かい部分まで見えてきます。

北洋銀行カードローン・スーパーアルカの審査!基準を知りたい!

審査基準を知ることで借りやすさがわかります

カードローンへ申し込む前に、まずはそのカードローンの審査基準について把握しておくことも大切です。かといって、審査の細かい基準は各カードローンによってバラバラで、ほぼ企業秘密状態です。我々消費者がその細かい基準までを知ることは容易ではありません。

大まかな審査基準を知ることはそれほど難しくありません

しかし、審査基準が全く分からないというわけではありません。カードローンの商品概要や簡易診断、申込資格などから大まかな審査基準というのも知ることができるのです。そしてそれを突き詰めていけば、審査の裏に隠れた細かい部分にも気付くことができます。

それでは北洋銀行カードローン・スーパーアルカの借りやすさはどうなのでしょうか? 審査基準を推定していきます。

スーパーアルカの審査基準をチェック!まずは申込資格を満たしていることがスタートです

カードローンには、申し込みに際して必ず申込資格というものがあります。これはカードローンの商品概要にも書かれている、「ご利用いただける方」といった項目がそれにあたります。

年齢や職業、居住地など、事前に定められた要件を満たしていなければ、申し込むことができません。これを満たしているかいないかも審査基準のひとつとなるわけですね。

スーパーアルカの申し込み資格

では、スーパーアルカの申し込み資格はどうなっているかといいますと、以下のような基準になっています。

  • 満20歳以上69歳未満
  • 安定した収入のある人(年金受給のみはNG))
  • 居住地もしくは勤務先が北海道内であること
  • 北洋銀行のカードローンを利用していない人
  • 保証会社の保証が受けられること

以上が申し込みのための条件です。つまり、この条件さえ満たせていなければ、審査を受けるための資格すらないということになります。

保証会社はプロミスでお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンス!

消費者金融の審査だからと侮ってはいけません!プロミスの単独審査とは異なります!

上の表の5番目にある「保証会社の保証が受けられること」という条件は、審査における最重要項目ともいえるものです。ご存知のように、銀行カードローンは銀行が単独で審査を行うのではなく、保証会社を通して審査を行います。つまり、保証会社における審査をクリアしないと、カードローンの契約へと至ることはできません。

SMBCコンシューマーファイナンスが審査します

銀行カードローンの保証会社は、消費者金融や信販会社などが主となっていますから、スーパーアルカの保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスだというのも至極普通のことです。「消費者金融が関わっているから不安」だと感じる必要すらありません。安心しましょう。

消費者金融の審査と比較すれば、銀行カードローンの方がやや厳しめ

保証会社の審査は、自社審査する場合とその基準も少々異なります。やはり保証会社という立場もあるため、審査における基準も少々厳しめになってしまうことは否めません。

万が一貸し倒れということになると、保証会社がその責任を負わなければならないことになっているため、そうしたリスクも考えると、必然的に審査ハードルを上げてしまうことも容易に推測できますよね。

SMBCコンシューマーファイナンスの場合も同様で、自社審査を行うプロミスでの審査と、保証会社になっているスーパーアルカとの審査では、その基準も異なるわけですね。当然、保証会社となっているスーパーアルカでの審査の方が、自社審査よりも慎重にならざるを得ないわけです。

問題は審査を”丸投げ”しているかどうか!そこがポイントです!

審査を保証会社へ丸投げしているのかどうかといった部分も、審査基準を知る上でポイントともなり得ます。審査を丸投げせず、銀行側でもある程度の審査を行ってくれるところもあるのです。

審査を丸投げされてしまうと、保証会社としても慎重な審査が必要になりますが、銀行側でも何かしらの審査を行っていれば、銀行側の意向が反映される形で審査結果が出されることもあるわけです。

多少属性が悪くても審査通過の可能性もある!?

銀行側の意向が審査へ反映されるということは、言い換えれば「やや属性悪でも審査通過の可能性もあり得る」ということになります。

では、どういった部分で審査が有利になるのでしょうか? それは”銀行とどの程度の取引実績があるか?”という部分です。取引実績が優良であれば、ある程度審査も有利になることがあるのです。

口座を持っていればスムーズに振込融資ができる!ここからも審査基準を知ることができます

例えば、スーパーアルカの場合は、口座を持っていれば審査回答後の振込融資にも対応しています。契約時に「カードローンスーパーアルカ振込融資依頼書」を提出することで、契約と同時に振込による借入を申し込むことができます。

FAX送信でも可能ですが、振込融資希望の場合は電話でその旨を伝えなければならないという条件もありますが、いずれにしても北洋銀行に口座があれば最短での融資OKだというのは事実です。

銀行での融資は口座への入金というのが普通なので、口座を持っていなければならないという条件も分からなくもありません。しかし、銀行系カードローンの中には、他行宛て口座でもスムーズな振込OKというところもあります。

口座を持っていることで審査は有利に働く!これも審査基準の1つ

それと照らし合わせて考えれば、スーパーアルカの審査では口座の有無もある程度関係しているということが分かるのです。

もちろん、スーパーアルカは原則口座開設不要で申し込めますから、属性に全く問題ない人なら何の問題もありません。逆に、やや属性に不安があるという場合は、口座を持っているなど、北洋銀行と何らかの取引があった方が有利になります。

「アルカ支店」の存在も心強い!在籍確認も北洋銀行で行います!

保証会社よりも深く審査に関わっている可能性も否定できません!

さらに、北洋銀行にはスーパーアルカの専用支店とも言うべき、「北洋銀行アルカ支店」が存在しています。”部署”ではなく、”支店”というところが本気度を感じられますよね。

アルカ支店では、申し込みの受付や問い合わせ対応だけでなく、在籍確認などのような、審査に大きく関係していることまで行っているのです。

保証会社は個人信用情報を提供するだけ?実質的には北洋銀行が主導?

基本的に、在籍確認というのは審査を請け負う保証会社が行うというのが一般的です。しかし、スーパーアルカの在籍確認は北洋銀行アルカ支店の仕事になっているので、審査は北洋銀行が主導している可能性も十分に考えられます。

保証会社はあくまでも個人信用情報だけを銀行側へ提出し、それを踏まえた上でアルカ支店が審査をするという流れになっていると考えても、決して行き過ぎた考えというわけではないはずです。

審査の主導をアルカ支店が握っているなら当然取引内容も重視される!

アルカ支店が審査の中心を担っているとすれば、その審査基準は当然ながら北洋銀行との取引内容も大きく関係してくることになりますよね。

単に、口座を持っているというだけでなく、給与の振込みに利用していたり光熱費の引き落としがされているなど、最低でも『メイン口座として利用しているレベル』の取引実績が必要になってくるでしょう。