イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

  • 専業主婦50万円まで借入可能
  • 最強の低金利!3.8%~13.8%
  • 保証人不要!担保も不要

完全WEB完結!郵送不要・口座不要のカードローン!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日-800万円3.8%~13.8%融資可能
専業主婦OK
-

基本的にイオン銀行カードローンも在籍確認は必須です!電話連絡なしの場合はある?

イオン銀行に限らず銀行系のカードローンではほとんどのところが審査の過程で職場に在籍確認の電話をします。この電話連絡自体は避けることができません。

ただし「職場に電話があったらカードローンを申し込んだことがバレるのでは?」と心配される方が多いようですが、実際はそれほど恐れるものではありません。イオン銀行カードローンの在籍確認についてくわしくご説明します。

イオン銀行カードローンの在籍確認は何のため?

カードローンを申し込むとさまざまな角度で審査を実施します。審査の目的は「その人に返済能力があるかどうか」を見るためです。

イオン銀行カードローンの審査は誰がするの?

審査を行う有能なサラリーマン在籍確認についてごお話をする前に、イオン銀行の審査についてご説明しておきます。

イオン銀行カードローンの審査はイオン銀行が実施しているわけではありません。実は保証会社であるイオンクレジットサービス(株)とオリックス・クレジット(株)が実施しています。両社はどんな会社なのでしょうか?

イオンクレジットサービス(株)

イオンクレジットサービス(株)はイオングループの金融事業のひとつで、主にクレジットカードや電子マネー、信用保証に関する事業などを展開しています。

オリックス・クレジット(株)

オリックス・クレジット(株)はオリックス(株)の子会社で消費者金融の会社です。「クレジット」という名前がついていますが、クレジットカードを扱っている会社ではありません。

保証会社が審査するのはなぜ?

真面目に審査書類を読んでいる担当者イオン銀行カードローンの審査はイオンクレジットサービス(株)とオリックス・クレジット(株)が実施するのはどうしてなのでしょうか?

この2社はイオン銀行カードローンを申し込んだ人の保証人代わりになります。これを「保証会社」と言いますが、万が一、カードローンを利用した人が返済できない場合に、保証会社が弁済(代わりにイオン銀行に返済)するのです。

そのためにこの2社は申し込み時にしっかり審査を行っています。

保証会社は信用情報機関で審査を実施

これらの保証会社は申し込み内容を元に、その人に返済能力があるかどうかを調べます。その方法のひとつに「信用情報機関への照会」があります。

信用情報機関は次の3つがあります。

全国銀行協会 協会が運営する全国銀行個人信用情報センターに銀行でお金を借りている人の情報が登録されている。
JICC 正式名称は日本信用情報機構で、主に信販会社や消費者金融会社などが加盟している
CIC 主にクレジットカード会社が加盟している

信用情報機関で照会できること

信用情報機関には、その人の氏名、生年月日、性別などの本人情報はもちろんのこと、次のような情報が登録されています。

  • 契約に関する情報……どこの会社・銀行でどんな商品(カードローンやキャッシング、クレジットカードなど)をいつ契約したか
  • 利用に関する情報……いつ、いくら利用したか
  • 返済に関する情報……返済の履歴(返済日、返済金額など)、残高、返済の遅れの有無など
  • 金融事故に関する情報……自己破産や任意整理、個人再生などを行っているかどうか、その日時など

カードローンの担当オペレーター金融機関はこういった情報を融資の前に調べて審査の参考にしています。

イオン銀行は全国銀行協会に加盟しているので、銀行系のローンの利用状況などは調べることができます。しかし、それ以外の信用情報機関(JICC、CIC)に登録されている情報は調べることができません。

そこで、クレジット系に強いイオンクレジットサービス(株)と消費者金融系に強いオリックスクレジット(株)に審査を依頼して、クレジットカードや消費者金融での利用状況などを調べてもらうのです。

在籍確認はなぜ必要?

このように信用情報機関に照会するなどで、申し込んだ人の現在と過去の金融商品の利用状況がわかります。しかし、それだけではその人に現在、収入があるかどうかまではわかりません。

そこで勤務先に電話をして本当に勤めているかどうかを確認します。

イオン銀行カードローンの在籍確認の方法

イオン銀行カードローンの在籍確認は個人名で職場に電話がかかってきます。ただし、カードローンのことを伝えることはありません。

イオン銀行カードローンの在籍確認のやり取りの例

在籍確認の電話はとてもシンプルで、すぐに終わってしまいます。

  • Iさん:イオン銀行の人
  • Aさん:カードローンを申し込んだ人(〇〇会社勤務)
  • Mさん:〇〇会社の人
  • Mさん:はい、〇〇会社でございます。
  • Iさん:Iと申しますが、Aさんはいらっしゃいますでしょうか?
  • Mさん:あいにくAは本日は休んでおります。お急ぎでしょうか?
  • Iさん:いいえ、お休みなら結構です。またこちらからかけ直します。
  • Mさん:Aは明日には出社する予定ですので、こちらからおかけしましょうか?
  • Iさん:いいえ、結構です。失礼します。

このように「イオン銀行」や「カードローン」という言葉は一切出てきません。用件を聞かれても答えることはないので、安心できます。

在籍確認で社名を名乗るとき

電話を受けている男性会社員イオン銀行カードローンの場合は、基本的には個人名で電話をするようになっています。

ただ、電話を受けた職場の人に聞かれたら「イオン銀行」と答えます。イオン銀行カードローンとは言いません。その場合の流れは次のようになります。

  • Mさん:はい、〇〇会社でございます。
  • Iさん:Iと申しますが、Aさんはいらっしゃいますでしょうか?
  • Mさん:どちらのI様でしょうか?
  • Iさん:失礼しました。イオン銀行のIと申します。Aさんはいらっしゃいますか?
  • Mさん:Aは本日は休んでおりますが、明日には出社する予定です。こちらからおかけしましょうか?
  • Iさん:いいえ、お休みなら結構です。またこちらからかけ直します。失礼します。

このように「イオン銀行」と名乗りますが、それ以上の用件を伝えることはありません。

イオン銀行以外の社名でかけてもらうことは可能?

イオン銀行から電話があったら、「お金を借りるのがバレるのでは?」と不安になる人がいるかも知れません。その場合に、取引先の社名などを使って電話をしてもらいたい……と思っても、残念ながらそれはできません。

イオン銀行とは違う銀行名や社名を使って電話をかけるのは法律違反になるからです。そのようにお願いをしても対応はしてもらえません。

職場の人に「何の用件だったの?」と聞かれたら、「口座を作ったからそのことで」「キャッシュカードを失くして連絡していたからそのことで」などと答えておけば、特に不審に思われることはないでしょう。

イオン銀行カードローンの在籍確認で審査に影響を与えるケース

イオン銀行の在籍確認はその人が本当にそこで働いているかどうかを確認するものです。そのため、次のような場合は審査にマイナスの影響を与えます。

現在の勤務実態がない場合

過去にそこで働いていても、今は退職している場合や長期休業している場合は「そこで働いていない」つまり、安定かつ継続した収入を得ていないと判断される可能性があります。

  • 少し前までは勤めていたが、今は退職している
  • 病気やケガで長期休業中である
  • 育児休業中
  • 介護休業中

電話に出た職場の人が「Aは先月末で退職しました」などと答えると、審査にはマイナスになってしまいます。また、そこの勤務先に在籍していても、何らかの事情で長期休業中の場合も審査にはいい影響を与えないでしょう。

失業して求職中の場合

少し前まで働いていたが、今は失業して次の仕事を探しているという場合は「安定かつ継続した収入がある」とは言えません。その場合は次の勤務先が決まってから申し込むようにしましょう。

働いているのに電話に出た人が「いない」と答える場合

審査に落ちた人のイラスト(男性)従業員の数が多い場合や、最近就職したばかりの人の場合は、電話に出た人がその人の存在を知らないという場合があります。在籍確認の電話口で「Aという人は当社にはおりません」と答えてしまうと大変です。

その場合は申し込み時に勤務先の電話番号に会社の代表番号ではなく自分が所属している課の番号や内線の番号を記入するようにしましょう。

また、在籍確認の電話は自分が出てもかまいません。イオン銀行の申し込みはインターネットからだけなので、夜間の間に申し込みを済ませておき、翌日、職場でなるべく率先して電話に出るようにすると確実です。

イオン銀行カードローンの在籍確認はパート・アルバイトにもある!

イオン銀行カードローンはパート・アルバイトや派遣社員、専業主婦も利用できます。パートやアルバイトでも在籍確認の電話はかかってきます。

パート・アルバイトの在籍確認の対策

弁当屋で働くパートの主婦職場で電話を取るのは主に正社員……という場合は、在籍確認は不安ですよね。

そもそもパートやアルバイトの人に外部から電話があるのは不自然です。特に最近はみんな携帯電話を持っているので、職場の人に「誰?」「何の用?」と不審に思われてしまいます。

さらに「職場に個人的に電話をかけてきたら困るよって言っといて!」と叱られることもあり得ます。

そういった事情は確かにそうなのですが、それでも基本的に在籍確認は避けることはできません。もしかかってきたら、「すみません。携帯電話の電源を切っていたので。知り合いが急ぎの用事だったみたいです。」と謝っておきましょう。

上でもご紹介した通り、在籍確認の電話自体はすぐに終わってしまうので、業務の邪魔をすることは少ないといえます。職場の人に小言を言われたとしても、その場だけで終わるはずです。

その場をうまくごまかしておきましょう。

派遣社員の在籍確認の対策

オフィスに派遣される派遣社員最近は派遣社員として働く人が増えています。その場合は申し込み時は自分が所属している派遣会社を「勤務先」として記入します。

しかし、派遣会社には多くの人が登録していて、中には登録だけで実際は働いていないという人もいます。地域もさまざまなので、電話を受けた窓口ではすべての派遣社員を把握していないということが考えられます。

そういった事情があるからなのか、派遣会社に在籍確認の電話をしても、「個人情報なのでお答えできません」という回答が増えているようです。そういった対応では、在籍しているかどうかが確認できません。

その場合はイオン銀行に電話をして派遣先に電話をしてもらうように伝えてみましょう。

専業主婦は在籍確認はナシ

忙しく洗濯をする主婦イオン銀行カードローンは専業主婦でも利用できます。ただし、その場合は本人は働いていないために、当然ですが在籍確認はありません。

また、夫の勤務先に電話が入ることもないので安心してください。

家族にバレる心配は少ないでしょう。

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP