イオン銀行カードローンなら専業主婦も審査OK!パート・アルバイトでも借りられる?

【厳選】カードローン 2020/11/25 6555view

イオン銀行カードローンの審査基準では、専業主婦でも借りられるようになっています。また、パート・アルバイトの人でも借入可能です。

消費者金融では無収入の専業主婦だと借りられないのですが、銀行カードローンだと借りられます。そして、その中でもイオン銀行は特に、自分の収入がない専業主婦の人が借りやすくなっています。

イオン銀行は配偶者の同意書なしで審査可能!専業主婦でも借りやすい

イオン銀行が無収入の専業主婦でも借りやすい理由、それは「配偶者の同意書が不要」ということにあります。配偶者の同意書というのは「夫の同意書」のことです。

当然ですが、自分の収入がない以上、夫の収入で借りることになります。これを「配偶者貸付」というのですが、これで借りるためには夫の同意書が必要です(これも当然ですが)。

しかし、イオン銀行はこの配偶者の同意書なしで借り入れできるんですね。多くの銀行カードローンが配偶者の同意書必須な中で、特に夫に内緒で借りたいという専業主婦の人にとっては、夫バレ・旦那バレしないで借りられるという点でもありがたい審査基準でしょう。

イオン銀行のカードローンはパート・アルバイトの人でも借り入れ可能です

無収入の専業主婦の人でも借りられるのだから当然ですが、自分の収入があれば誰でもOKということですね。

もちろん、実際には収入の金額も問われますし、現時点の借入状況(与信状況)や、過去の信用情報(事故情報がないか)なども問われます。こうして総合的に審査されるので「自分の収入があれば」必ず通るというわけではありません。

しかし、「パートだから借りられない」とか「アルバイトは融資不可」というようなことはないわけです。これらの職業・属性の方でも、現時点の借入総額・借入件数や、これまでの信用情報に問題がないようなら、自信を持って申し込みしてください。

アルバイト収入がいくらあれば審査に通るのか?

アルバイト・パートでもOKと聞くと「じゃあ、アルバイト収入がいくらだったら借りられるのか?」というのは、誰でも疑問に思うでしょう。イオン銀行のカードローン以外でも、よく聞かれる質問です。

アルバイト・パートの収入は大体月5万円が目安。

月5万円ということは年収60万円なので、年収の3分の1でも20万円まで借りられるということです。

実際には、年収60万円というのは吹けば飛ぶような金額ですし、そのくらいのアルバイトだとすぐに辞めることもあります。限度額は10万円程度になることが多いですが、それでも月5万円あれば、借りられる可能性は高いです。

クレジットヒストリーにも影響される

上に書いたものの、これはあくまで目安だと思ってください。同じ月5万円でも、これまでのクレジットヒストリーがいいか悪いかで、審査結果は大きく変わるからです。

クレジットヒストリーがいいというのは、返済に遅れていないというのはもちろん「たくさん借りている」というのも条件です。
たくさん借りている、長期間借りている、しかも遅延・延滞がない…というような人はクレジットヒストリーが極めて良好です。

逆にクレジットヒストリーが悪い人というのは、延滞・遅延が多いのももちろんですが、実は「借金したことがない」というのも、含まれます。
意外かも知れませんが、借り入れをした経験がない人は、野球でいうなら「打席に立ったことがない」という扱いで、どれだけクリーンでも「クレジットスコア・ゼロ」となるのです。

というような諸条件によって、イオン銀行のカードローンでも、パート・アルバイトの方が審査に通るかどうかが分かれます。
収入が多くてクレジットヒストリーがゼロの人よりは、収入が少なくてもクレジットヒストリーが良好な人の方が、審査に通りやすいわけですね。

【厳選】カードローンおすすめ解説記事