おまとめローンの審査に通りやすい銀行カードローンは「おまとめ・借り換えOK」と明記

返済

おまとめローンの申し込みをしやすいカードローンというのは「おまとめ・借り換えOK」と明記されている銀行カードローンです。これが明記されていない銀行でもおまとめローンは利用できますが、明記されている銀行に比べると、やや難しいと考えた方がいいでしょう。

どの銀行カードローンならいいのか?

「おまとめ・借り換えOK」と明記している銀行カードローンは、具体的には楽天銀行スーパーローンイオン銀行カードローンなどです。

これらの銀行カードローンの公式サイトでは、はっきりと「おまとめ・借り換えOK」と書かれているので、おまとめローンの申し込みでも、比較的審査に通りやすいと考えていいでしょう。

その他の銀行カードローンの場合はどうなるのか?

その他の銀行カードローンでも、おまとめの審査は大抵問題なくできます。しかし、おまとめローンというのは審査がやや複雑なので、銀行によっては特別歓迎していない、ということもあるようです。(おまとめローンというだけで断るというわけではありませんが)

おまとめローンは銀行にとってリスクでもある

おまとめローンは多くの場合、業者・銀行にとって有利なものです。というのは、自分の売上を伸ばして、他社の売上を奪うことができるため。

銀行のデメリットは貸し倒れの可能性があること

しかし、必ずしもメリットだけではないんですね。デメリットもあります。それが「貸し倒れ」です。当たり前のようですが、多重債務に陥る人というのは、それだけ融資するのが「危険な人」なのです。

その人に対して大金を預けるようなものですから、おまとめローンはある程度、銀行にとってリスクがあるんですね。あまり積極的におまとめローンを手がけない銀行も多いのです。

借入件数が少ないのは、信用度の証になる

上のような理由で、借入件数が少ないというのは、ある意味で信用の証になるのです。借入総額が多くても、それが一つの業者・銀行に集中していたら、その業者・銀行が、その人に対してそれだけリスクを背負っている=信用している、ということなんですね。

重視するのは「借入件数 > 借入総額」

このような理由で、キャッシング審査では借入総額よりも借入件数が重視されるのです。そのくらい「多重債務を一つにまとめる」ということは重大なことなので、銀行によっては、積極的でないところもあるのです。

消費者金融の場合、どこがいい?

消費者金融の場合、銀行カードローンのように「おまとめ・借り換えOK」という表現ではなく、はっきりと「おまとめローン専用」のコースが設けられています。

大手だとプロミスアイフルアコムです。アイフルは「おまとめMAX」、プロミスは「おまとめローン」、アコムは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」という名前で、おまとめローンの専用コースを提供しています。

アコムのサービス名だけやたら複雑ですが、なぜこのような名前にわざわざするのか、正直わかりません。「おまとめ」というのは法的にも別に問題ない表現なので、アイフルやプロミスのような名前にしてもいいと思うのですが…。

各社のおまとめローンの金利一覧・比較

この3業者のおまとめローンの金利を、一覧で比較すると下の通りです。

  • アイフル…12.0%~15.0%
  • アコム…7.7%~18.0%
  • プロミス…6.3%~17.8%

高い方の金利(上限金利)だけ見ると、アイフルが一番低金利になっています。上限金利が安いということは「借入金額が小さい時は、アイフルの金利が一番安い」ということ。

逆に安い方の金利(下限金利)は、プロミスが一番安くなっています。これは「借入金額が大きい時は、プロミスが一番低金利」ということ。借入金額に応じてどちらで申し込むかを分けるといいんですね。

アコムに関しては、少々中途半端な気がします。上限金利は一番高いですし、下限金利もプロミスよりかなり高くなっています。(アイフルよりは大分安いですが)

ということで、アコムのおまとめローンについては、「すでにアコムで借りている場合」に利用するのがいいでしょう。その場合、アイフルやプロミスで新しくおまとめローンを申し込むよりも、手続きが楽でいいかと思います。(手続きにかかる時給やストレスなどを考慮すると、手続きが楽というのは、価値があります)

ほとんどの場合プロミスが一番おすすめ

上のように書いたものの、大抵の場合、おまとめローンでは金額が大きくなります。少なくとも100万円は超えることがほとんどでしょう。

上の3業者の、借入金額ごとの金利は正確にはわかりません。消費者金融は借入金額ごとの金利を定めていなくて、その人の信用度に応じて金利を変えているからです。

なので、どの金額でプロミスのおまとめローンが、アイフルのおまとめローンよりも低金利になるか、断言はできません。しかし、下限金利でこれだけの差があり、しかも両者の最大限度額はともに「300万円」です。

ということは、100万円を超えるあたりから、プロミスのおまとめローンの方が低金利になっているでしょう。100万円を超えるのが普通のおまとめローンでは、プロミスの方がおすすめと言えます。

あなたにピッタリのカードローン

おまとめローン・借り換えローンOKの銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

  • 来店不要!最短即日融資
  • 金利も1.9%~14.6%と低金利
  • 専業主婦申込み可

300万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日最短即日1,000万円1.9%~14.6%融資可能
専業主婦OK
-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

楽天会員ランクに応じて審査優遇あり!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「おまとめローン」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP