お金がほしい!無職でもすぐにお金を作る方法はある!?

急遽お金が必要になったときどうする

お金がどうしても必要な時がありますよね。そんな状況を対処するためにはいくつか方法があります。

  • 家族にお金を借りる
  • 知り合いにお金を借りる
  • カードローンに申し込む
  • 消費者金融で借りる
  • 当日払いで対応してもらえるアルバイトをする

このように、選択肢が様々あります。しかし、どれもメリットもあればデメリットもあります。どの方法が有効なのでしょうか。

親に借りる

すぐに借りることができるという点を考慮すると、親にお金を借りるのが良いでしょう。もちろん、兄弟に借りてもかまいません。しかし、これができるのは1~2回程度。あまりにお金を借り続けると、親も貸してくれません。どうしても必要な時は親に頼るようにしましょう。

知り合いに借りる

親や知り合いにお金が借りられるのは、親の収入が安定している場合です。金額によっては親に頼みづらい状況もあるでしょう。そんな時の選択肢として考えられるのが、知り合いに借りるという方法です。しかし、知り合いにお金を借りる時はある程度のリスクを知っておかなければなりません。

知り合いにお金を借りることは難しいことではありませんが、その後の信頼関係に大きく影響が及んでしまう可能性があります。親友関係だった状態が解消されることも考えられます。このような状況を回避するためには、知り合いに借りる方法はあまりおすすめできません。

金融機関に借りる

金融機関の場合、カードローンや消費者金融など様々な選択肢があります。このような金融機関から借りることは、周りに迷惑をかける可能性が低いのでおすすめです。もちろん、返済できなかった時は周りの人に迷惑をかけることになるので、よく考えてから借りるようにしましょう。

安定した収入があれば、どの金融機関からでもお金を借りることが可能です。手続きは短時間で済むので、すぐに必要という時も借りることができます。しかし、15時以降を過ぎると金融手続きができない可能性もあるので、時間帯を見て申し込みをするように気をつけましょう。

無職の人が、今すぐお金が必要な場合

ここまでは、どちらかというとある程度の収入がある人に向けた選択肢を紹介してきましたが、無職の人が、お金が必要になった場合はどうでしょうか。こんな時に金融機関でお金を借りると考える人もいるのではないでしょうか。

金融機関は他の選択肢とは異なり、申し込みをすれば1時間以内でお金を借りることができる魅力的な手段です。そのため、どうしても今すぐお金が必要な状況であれば、金融機関からお金を借りると良いでしょう。しかし、金融機関でお金を借りると、気になるのは「本当に金融機関からお金を借りることができるのか」ということです。

結論をいうと、全ての無職が借りることができるわけではありませんが、条件を満たしていれば借りることが可能です。詳しく紹介していきましょう。

無職でも無審査で借りることができる状態とは

無職でも、金融機関からお金を借りることができます。ただし、金融機関からお金を借りる際は簡単な情報を入力する必要があります。全く審査なしで借りることができる金融機関は実在していません。

そのため、ここでは比較的簡単な情報を入力するだけで借りることができる方法を紹介していきます。また、無職の人が金融機関でお金を借りるために知っておくべきことをいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

無職の状態

一言で無職といっても、仕事を全くしていないニートから会社を退職したことで一時的に無職状態になっている状態まで様々です。そのため、無職の状態でも借りることが可能な状態があります。主に
次のような状態であれば、無審査で借りることが可能です。

  • 親の安定した所得がある
  • 会社を辞めたが現在就職活動中である
  • 資産がある。
  • 主婦または主夫である

このような状態が該当していれば、無審査でお金を借りることが可能です。しかし、借りることができるのも30~40万円程度です。総量裁量性という制度のためにMAXで借りることができるのは100万円までですが、初めての申し込みでは30万円程度しか融資されないということを覚えておくと良いでしょう。

ここで無審査でも、絶対に借りてはいけないのが闇金です。闇金は大手金融機関のような簡単な審査
はありません。免許証のコピーを送るだけですぐに借りることができます。しかし、闇金は違法な金利で貸すだけでなく、何かと理由をつけて完済させないようにするので、絶対に借りないようにしましょう。

どれだけ困っていても、闇金からお金を借りしてしまうと人生が破滅の道へ進んでしまうので、絶対に手を出さないでください。

借りることができない場合

借りることができる一方で、借りることが難しい場合もあります。次のような状況では借りることができないと思っておきましょう。

  • カードローン
  • 過去に金融事故を起こしたことがある
  • 自己破産者
  • ブラックリストに載っている

簡単な審査をして借りることができない場合は、次のような項目に該当している可能性があります。金融機関のカードローンは無職の状態で審査が通るのはまず考えられません。消費者金融は金利が高い代わりに審査が甘いので、無職でも比較的借りることが可能です。金利が比較的安いカードローンで借りる方法は除外するようにしましょう。

過去に自己破産をしている、金融事故を起こしていた場合は、ブラックリストに載っているのでやはり借りることができません。自分の状態が借りられるか分からない場合は、大手金融サイトが行なっているスピード診断で一度確認してみましょう。ブラックリストに載っていなければ借りることができます。

ここからは、金額別にお金をすぐに作る方法を紹介していきましょう。金額によっては金融機関に頼まなくても良い場合があります。金額毎に適した行動をするように心がけてください。

金額別今すぐお金を作る方法① 5万円

5万円をすぐに作ろうとなると、知り合いや親に頼んでも貸してもらえない可能性があります。そこで確実に借りるのであれば、大手の消費者金融機関に申し込みをして融資をしてもらうようにしましょう。大手の消費者金融機関とは、次のとおりです。

  • レイクALSA
  • プロミス
  • アイフル

どこも比較的審査が早く融資をしてもらうことが可能です。特に審査が軽く手軽に申請できるのが、レイクです。AIで融資判断をするため、他の金融機関よりも早く審査がおりることができます。また、24時間融資が可能なので、時間を気にせず申し込みをすることができます。

プロミス、アイフルでは電話であれば15時までに審査をすればその日に融資をしてもらうことが可能です。それ以降になると、店頭窓口に足を運ぶ必要があるので覚えておきましょう。5万円であれば、返済金額もかなり低くなるので、無理せず返済していくことが可能です。転職活動や今後収入が期待されるのであれば、消費者金融機関から融資をしてもらいましょう。

金額別今すぐお金を作る方法② 2万円

2万円がすぐに必要になった時は、金融機関だけでなく別の方法でお金を作ることができます。不要になった高級ブランド品や、ゲーム機器、最新ゲームソフトは高額で売れることもあるので、金融機関で借りることをしたくなければこのような方法を考えましょう。

金額別今すぐお金を作る方法③ 1万円

金融機関で借りることも可能ですが、1万円であれば本やゲームCD、不要になった衣類を買い取り業者に売れば1万円近くなるので、家にある不要になったものを売却することを検討しましょう。1万円のために金融機関に借りるくらいなら、自力でなんとかする方法をまずは検討してください。

お金がすぐに必要な場合こそ、しっかりとした計画を

お金がすぐに必要になった時は、様々な方法で乗り切ることができます。無職の人でもお金を借りることができる可能性があるのであらゆる手段を模索してみましょう。闇金でお金を借りる以外の方法であれば、しっかり返済計画を立てて返済していけば借りても問題ないので、ぜひ今回紹介した方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

あなたにピッタリのカードローン

「即日融資」で選ぶカードローン5月20日現在、「即日融資」で申込みが多いのは?

プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で即日の融資可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間
SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

「即日融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP