プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスの3秒診断(仮審査)で借入可能かチェックしよう

プロミスは「3秒診断」という仮審査のコンテンツを提供しています。事前にこれで自分が借入可能かチェックするのがおすすめ。確実に審査に落ちる場合はこれで教えてもらえるので、その後の行動を考えやすいです。

もちろん審査に落ちる場合だけでなく、通る場合も教えてもらえます。自分が審査に通るか不安な人は、この仮審査で自分が通るか確かめておくと安心です。

プロミスの3秒診断(仮審査)について

どの消費者金融でも1秒診断・お試し診断などの借入診断をサイト上でしています。プロミスの場合は「3秒診断」という名前で、これで大体の審査の合否がわかります。

もちろんあくまで大体なので、本審査の結果とは違いますが、確実に落ちる場合は教えてもらえるので、そういう結果が出たら、プロミスよりも審査が甘い「独自審査の業者」などを検討しましょう。

他社の借入診断よりもプロミスは信用できる

借入診断・お試し診断は、どの消費者金融でもかなりアバウト。しかし、プロミスはその中で一番信用できる借入診断をしています。

他の消費者金融の場合「年収の3分の1ピッタリまで」借り入れOKとでます。

しかし、よく考えたらこの結果はおかしいですよね。3分の1ピッタリまですでに借りていたら、もうそこから1円も融資できないはずですから。(これは総量規制というルールによるものです)

プロミスは、3分の1の5万円手前までOK

他の消費者金融と違って、プロミスは「年収の3分の1ぴったり」だと落ちます。「5万円手前までOK」というシステムになっています。

たとえば年収300万円の人なら、3分の1の100万円まで借りられる…というのが貸金業法のルール。この場合、プロミスの3秒診断で「100万円」を希望すると落ちますが、「95万円」だと通るのです。(ちなみに、96万円は落ちます)

というように、プロミスの3秒診断は、他社の借入診断と違ってかなり正確です。仮審査とはいえある程度信用していいでしょう。

仮審査と本審査の結果が違う原因

プロミスの3秒診断はかなり信用できますが、それでもあくまで仮審査。実際の本審査とは当然結果が違います。

仮審査では受かっていたのに、本審査では落ちた…という原因はたくさんありますが、ここではその一部を説明します。

勤務先・自宅などの条件が悪かった

3秒診断では、勤務先情報や自宅情報については詳しく聞かれません。つまり勤続年数や会社の規模、雇用形態などは考慮されていないということです。

自宅が持家かどうか、自分名義かどうか、同居家族の人数はなども考慮されていません。

本来のキャッシング審査では、当然これらが重要になるので、ここで審査結果が変わるんですね。勤続年数があまりに短いとか、雇用形態が不安定(自営業など)という条件だと、仮審査では通っていても、本審査では落ちるということが多いわけです。

個人信用情報でブラックリスト入りしていた

個人信用情報というのは、その人のこれまでのキャッシング歴をすべて記録したもの。キャッシングはもちろん、クレジットカード・分割払い・住宅ローンなどすべての借金の履歴が残っています。

ここで遅延・延滞・強制解約・債務整理などの事故情報が残っていると、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるわけですね。これに入っている場合、仮審査で通っても、当然本審査では通りません。

3秒診断で個人信用情報までチェックするわけがありませんし、キャッシング審査で一番重要なのは、この信用情報。仮審査と本審査の結果が大きく食い違うことも、当然あるわけです。

プロミスに限らず、仮審査はあくまで参考

ここまで書いた通り、プロミスの3秒診断に限らず、借入診断というのはあくまで参考程度のもの。アコムの借入診断に至っては年収すら聞かれない、アコムの限度額は500万円なのに、800万円の借り入れでもOK…など、突っ込みどころが満載という評判です。

というのが借入診断の現状なので、あくまで参考程度にしてください。あと、余談ですがプロミスの仮審査は連続で2回までしかできません。なので、入力ミスには注意してください。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP