プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスで即日融資で今日中にキャッシング!21時までに申し込み

プロミスは消費者金融の中でも最短で即日融資が受けられる可能性が高いサービスと言われています。他の消費者金融の無人契約機は21時までしか営業していませんが、プロミスは朝9時から22時まで(※一部21時もあります)営業しています。

夜間でも即日審査できるだけでなく、土日・祝日でもOK。この点は他の業者も同様ですが、休日でもいつでも即日キャッシングできるということです。

プロミスの即日審査は何時まで受け付け?

プロミスの即日融資の審査は21時まで受け付けています。

無人契約機は、9:00~22:00(※一部21時もあります)まで開いていますが、プロミスの当日中の審査回答時間も22時まで

ということは、22時に自動契約機に入って審査を開始しても、審査自体はしてくれても、回答は当日中にはもらえないということです。翌日に持ち越されるということですね。

即日審査するだけでなく、当日回答ももらうことを考えると、プロミスでは21時までに申し込むということです。

プロミス以外の業者は20時まで

プロミスは上にも書いた通り、21時ごろまでに申し込めば最短で当日融資ができる可能性が大きいのですが、他の業者はもっと早く締め切ります。他の業者(アコム・モビットなど)の審査回答時間は21時まで。ということは、20時までには審査を開始しないといけないわけです。

というわけで、プロミスは他の消費者金融より1時間遅くまで、夜間の審査に対応しているということですね。特に夜間のギリギリで即日審査を受けたいという場合は、プロミスが一番おすすめです(おすすめというより、当日回答をもらえる可能性が一番高いのです)。

プロミスは深夜の借り入れもできる?

深夜の借り入れもできます。しかし、これはすでに審査に通って、ローンカードを持っていて、借り入れだけする…という場合です。

「深夜でも借りられる」のと「深夜でも審査してくれる」というのは全く別なんですね。ローンカードさえあれば、どの消費者金融でも銀行カードローンでも深夜でもキャッシング可能です。

この辺はよく勘違いされていますし、わざと勘違いさせるような記事を書いているキャッシング情報サイトもあります。これらの情報を信じて「プロミスは深夜でも即日審査できる」と思っていたら面倒なことになるので、注意してください。

プロミスは電話による職場連絡をなしにできる

プロミスの即日融資で一番大きなポイントは、時間もあるのですが、それ以上に「職場への電話連絡なしにできる」ということです。勤務先への電話確認ですね。

最短即日融資で一番重要なのは在籍確認の有無

これはキャッシングの専門家の間では常識ですが、最短即日融資で一番重要なのは「受付時間」ではないのです。「勤務先への電話による在籍確認をなしにできるか」ということなんですね。

というのは、勤務先への在籍確認が必須の場合、職場が休みの土日・祝日や夜間などは、どうしようもないからです。どんなにその業者や銀行が土日・祝日・夜間まで審査していようと、勤務先が閉まっていたら意味がない、ということですね。

電話以外の方法で在籍確認ができれば、最短即日融資の可能性が広がる

ということで、最短即日融資のためには「電話による在籍確認を回避できる」というのが一番重要なのですが、プロミスはその点も条件をクリアしています。

普通の消費者金融は電話による在籍確認が必須ですが、プロミス・モビットアコムだけは、電話連絡をなしにしてもその他の方法で在籍確認をしてもらえるのです。例えばプロミスは電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください、と描いています。

お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、その他の方法による在籍確認も可能なのです。ただし、審査状況によっては、ご要望に沿えない場合もあります。そのためまずはご相談ください。

プロミスで電話連絡なしにする方法

プロミスで勤務先への在籍確認の電話をなしにする方法は、申込完了後すぐに直接、オペレーターに相談することです。適用されるかどうかはわかりませんが、配慮してもらえます。

良く比較に出されるのはモビットですが、こちらは「給与明細」「会社の保険証」など在籍を確認できる内容の書類の提出をすることで回避できます。しかし、モビットの場合「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座が必要…という条件も追加されます。また、アコムは書類の提出は必要ありませんが、限度額10万円以下になります。

というように、モビット・アコムは制限があるので、プロミスが一番、柔軟に電話連絡以外の在籍確認にしやすいんですね。この点でも最短即日融資を受けやすいのはプロミスなのです。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP