プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスの在籍確認の電話を回避できる!職場バレなく内緒で借入

プロミスは勤務先への電話での在籍確認を避けたい方のために相談制度を用意してくれています。必要なのは申込後の電話連絡です。要望に添えない場合もありますが、モビットのように銀行口座の指定もないですし、アコムのように限度額10万円以下になることもありません。

電話での在籍確認を回避する方法

申込後すぐに電話の在籍確認を避けるよう依頼する

プロミスは電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談くださいと言っています。相談することで電話以外の在籍確認をする制度を持っています。これが通れば、勤務先への電話連絡をなしにできます。これは他の消費者金融と比較しても、かなりありがたい職場バレを防ぐ方法です。

他の消費者金融で電話連絡なしにする方法

たとえばモビットだと、上の条件に加えて「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座が必要です。アコムの場合、確認が取れるまで限度額10万円以下、という条件があります。後日確認が取れたら、限度額が普通になります。

その他の消費者金融については、ノーローン・アイフル・レイクと、すべて電話での在籍確認は必須となっています(レイクは銀行系カードローンですが、ここでは消費者金融に含めます)。

電話での在籍確認が避けられるのが最大のメリット

このように、他のどの消費者金融と比較しても、プロミスの電話での相談が一番、電話を無しにするためにおすすめの在籍確認方法となっています。「勤務先への電話による在籍確認をなしにしたい」と思っている人にとって、プロミスは一番ありがたい業者なんですね。

モビットなど他の消費者金融と比べてメリットは?

モビットでは電話の在籍確認を避けるには、在籍を証明できる書類が絶対必要

電話の在籍確認を避けたいのであれば、モビットなど他の金融機関では「会社の保険証」「給与明細」を提出することを義務化しています。「給与明細」は誰でも手に入るでしょうが、会社の保険証は、アルバイト・パートだとない場合も多いです。社員の人でも、まだ入社して間もない場合、保険証はないことも多いです。

こういう条件の場合、まずはプロミスに相談してみましょう。ただし会社の保険証なしで、電話連絡もなしにしてもらうなどは厳しいと思います。あくまで条件次第ですが、明言されていない以上、チャレンジした方が良いでしょう。

プロミスで電話連絡なしにする場合、どのみち口頭で相談します。

電話での在籍確認を避けたい方は、まずは電話か無人契約機から申し込みましょう。この申し込み時に「会社の保険証がないのですが…」と相談してください。可能性としては低いですが、色々な方法をアドバイスしてくれる可能性があります。

審査に通るかは申込者の信用度による

これで電話連絡なしにできるかどうかは、その申込者の信用度と、確認方法の種類、性質によります。これは電話確認の回避のみに限らず、キャッシング審査すべてに言えることです。

キャッシング審査に「この条件なら絶対こうなる」という条件はほとんどありません。大抵は審査する人が申込者のすべての情報を見て、それで臨機応変に審査が行われるのです。もちろん、それはより人間的で正確な審査をするために必要なことです。

というわけで、プロミスで電話連絡なしにできるかどうか、会社の保険証がなしでもいいかどうかは、その人の総合的な信用度次第。これまでの信用情報や今の与信状況、年収、自宅情報など、すべてで決まると思ってください。

プロミスの在籍確認で職場バレはしない

これはプロミスに限った話ではありませんが、在籍確認の電話によって職場の人にキャッシングがバレるということはありません。

そのようにバレてしまえば、当然その利用者はプロミスというサービスに不満を持ちます。それはプロミスの悪い評判に発展するので、それはプロミス自身が一番避けたいわけです。

ということで、プロミス自身が職場バレしないように、うまく在籍確認してくれます。プロミスという名前は当然出しませんし、SMBCという名前も出しません。ごく普通の個人の電話を装ってくれます(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです)。

自分が電話に出た時だけ注意

実は、プロミスに限らず在籍確認の電話というのは「自分が出た時」が、一番職場にバレやすいのです。

というのは「氏名・生年月日」などを聞かれるからです。

普通の電話でこのような内容が聞かれることはまずないので、キャッシングの電話確認だと感づく人もいる…ということですね。

自分が確認電話に出る可能性がある場合、うまい言い訳を考えておく必要があります。「生命保険の会社から確認された」とか「今度自動車ローンを銀行で組むから」というような内容ですね。

これらの確認だったら、確かに氏名・生年月日を聞かれることも多いですし、恥ずかしい内容ではないので、職場で気まずくなるということもありません。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP