プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスの金利は高い?返済方法は多数あり、返済しやすい

プロミスの金利は実質年率で4.5%~17.8%。消費者金融の標準レベルですが、上限金利は微妙に一番安くなっています。(0.2%だけですが、最安なのは確かです)

返済方法は銀行引き落とし、プロミスのATM・コンビニ・銀行のATMでの返済、インターネット返済…と、多数の方法から選べます。ここでは、これらの返済方法の手数料もまとめます。

プロミスの金利は、消費者金融の平均レベル

先にも書いた通り、プロミスの金利は大手の消費者金融の標準レベルです。高くもないし、安くもありません。しかし、上限金利のみ17.8%と、消費者金融の平均の「18%」より、0.2%安くなっています。

下限金利は、半分の消費者金融よりは安い

プロミスの下限金利(安い方の金利)は「4.5%」。

消費者金融の中の半分はこれより高いので、プロミスの下限金利は「やや安め」といえます。大手消費者金融の下限金利を一覧にすると下の通りです。

  • プロミス…4.5%
  • レイク…4.5%
  • アイフル…4.5%
  • アコム…4.7%
  • モビット…4.8%
  • ノーローン…4.9%

見ての通り、下限金利ではプロミスはレイク・アイフルと並んで消費者金融の中で一番安くなっています。アコム・モビット・ノーローンは、やや高い下限金利になっています。(特にノーローンの4.9%が高いですね)

借入金額が大きい時には、プロミスがやや有利

このように下限金利が安いということは「借入金額が大きい時の利息が小さい」ということ。つまり「たくさん借りる時はプロミスが有利」ということです。

しかし、それほど劇的に有利になるわけではありません。というのは、この4.5%という最低金利が適用されるのは、500万円まで借りた場合だからです。(500万円というのは、プロミスの最大限度額です)

どの業者も500万円まで借りた時、上の最低金利になるのですが、そこまで借りて、ようやく0.2%とかそのくらいの違いなんですね。ということは「ぶっちゃけ、変わらない」ということです。

プロミスの低金利の真髄は、30日間無利息にある

ここまで書いた通り、純粋な実質年率で見たら、プロミスの金利は高くも低くもありません。しかし、他の消費者金融と大きく差がつく部分があり、それが「初回30日間無利息」なんですね。

30日間無利息の効果は、最初の1ヶ月だけでは終わりません。

また、数ヶ月だけでも終わりません。

金利が同じ以上、「最初の1ヶ月がゼロになった」分のリードは、ずっと続くんですね。時間が経つほどリードは小さくなりますが、それでも「永遠にリードしている」のは間違いありません。(その他の条件は同じわけですから)

こういう点で、プロミスのように30日間無利息のある業者は、消費者金融の中で「一番金利が安い」と言っていいのです。実質年率の細々した数字を見るより「30日間無利息があるかどうか」だけで判断していいんですね。

他に30日間無利息をやっている業者はアコムとレイクです。低金利を求める場合は、消費者金融ならプロミス・アコム・レイクのどこかにしましょう。(5ヶ月以上の借り入れなら、銀行カードローンの方が安くなります)

プロミスの返済方法と手数料

プロミスの返済方法は、銀行引き落とし、各ATMからの返済、インターネット返済…が主なものです。それぞれの手数料を説明します。

プロミスATMからの返済

プロミスの専用ATMからの返済、これは当然手数料無料です。街中のプロミスという看板の建物の中にあります。

特に東京や大阪などの都市部ならあちこちにあるので、いつも通る道のどこかにあるでしょう。

コンビニ・銀行のATMからの返済

コンビニATMは全て有料です。大手でも中小チェーンでも手数料がかかります。

銀行ATMは、三井住友銀行のATMのみ無料。あとの銀行ATMはすべて有料です。

銀行引き落としによる返済

毎月1回、決まった日に銀行口座から引き落とす方法。これはどの銀行を指定しても無料です。

プロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行と提携しているので、この2つの銀行だと返済日も自由に設定できます。

インターネット返済

これはプロミスの便利な返済方法。各銀行のオンラインバンキングから、無料で借入・返済ができます。

オンラインバンキングの契約や設定を先にする必要がありますが、それさえしていれば、いつでも好きな時に、たとえばスマートフォンからも無料で借入・返済できるのです。コンビニよりも、こちらの方が断然便利でしょう。

プロミスはあらゆる方法で便利に借入・返済できます。特に返済が便利だと完済も早まるので、大きな利点です。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP