プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスの審査基準はパート・アルバイトでも収入が必要

プロミスの審査基準は「自分の収入がある」ということ。自分の収入さえあれば、パートの主婦の人や、アルバイト・フリーターの人でも問題なく審査に通ります。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込みが可能です。

逆に言えば無収入の専業主婦の人は通りません。自分の収入がない専業主婦の人が借りられないのは、大手の消費者金融はどこも同じなので、この場合は銀行カードローンで申し込みしましょう。

プロミスはパート・アルバイトでも借りられる

上にも書いた通り、プロミスはパート・アルバイトの人でも「自分の収入があれば」借りられます。いくらあればいいかですが、これはその他の条件によって異なります。

過去に返済トラブルを一切起こしていない、たくさん借りてたくさん返済している…というクレジットヒストリーが良好な人は、収入が少なくても借りられます。

逆に信用情報に事故情報が記録されているなど、いわゆるブラックリストに入っている人の場合、収入が多くても審査に落ちることがあります。

審査に通る目安は、月5万円

上のように書いたものの、一応大体の目安は「月5万円」です。これはプロミスだけでなく大手の消費者金融ならどこでも共通の目安。

月5万円ということは年収は60万円ということ。

総量規制の「年収の3分の1までOK」という借入金額の基準に合わせれば、20万円まで借り入れできる、ということです。

実際には、月5万円の収入の場合、プロミスでも他の貸金業者でも限度額は10万円程度になることが多いです。しかし、何はともあれ「借り入れすることはできる」ということです。(あくまで大体の目安ですが)

勤続年数はどのくらい必要か

これは大体半年は欲しいところです。

<@>1ヶ月では続くかどうかわからないですし、3ヶ月程度でもまだ不安です。

たとえばキャッシング審査で給与明細を求められる場合、どこでも数ヶ月分を提出します(直近のもの)。ということは、最低でも三ヶ月の勤務は必要、ということですね。

最低ラインは3ヶ月、できれば半年から1年以上…というのが理想でしょう。実際、3ヶ月未満のアルバイトは自分でも続くかどうかわからないでしょうし、仕事が続かなかったら、返済もできなくなるということです。

プロミスに限らず、キャッシングの審査の基準というのは、何だかんだでよくできています。「確かに、この基準に適合していないと、実際の返済も難しいだろうな」と思う内容になっています。
逆に言えば、適合していれば問題なく返済できる、ということです。

キャッシング審査にしても世の中の法律にしても、基本的に「人間を正しい生活(自堕落でない生活)に導いてくれる」ものなので、あまり敵視せず、受け入れた方がいいと思います。

プロミスは無収入の専業主婦では融資不可

これも冒頭にも書いた通り、プロミスは自分の収入がない専業主婦には融資してくれません。主婦だろうと学生だろうと「自分の収入がある」というのが絶対条件です。

無収入の専業主婦が借り入れできないのは、他のアコム・モビットなどの大手消費者金融もすべて同じ。

どうしても無収入の専業主婦の人が借り入れしたい場合は、銀行カードローンをおすすめします。銀行カードローンは「夫の収入で借りる」ことができるからです。(配偶者貸付というシステムです)

プロミスは学生でも借りられる

先にも少し書きましたが、プロミスは学生でもキャッシングできます。

「自分の収入がある」「20才以上」というのが条件です。

これもやはり、他の大手の消費者金融と同じ条件となっています。

学生の場合、このプロミスの条件を満たしていても、銀行カードローンでは「融資不可」となったり「親権者の同意が必要」となることもあります。それと比較すると、これだけの条件で借りられるプロミスは、比較的審査がやさしいと言えるでしょう。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP